アヒル 囲い。 競馬&将棋ちゃんねる【アヒルマン】

居飛車・振り飛車・囲い|将棋の戦法紹介

アヒル 囲い

将棋の戦法には大きく分けて2種類あります。 飛車を元の位置から動かさないで戦う「居飛車」と、中央より左に振って(動かして)戦う「振り飛車」です。 図は先手が居飛車、後手が振り飛車です。 このようにどちらか一方が居飛車で、もう一方が振り飛車の場合は「対抗型」と呼ばれます。 両方とも居飛車なら「相居飛車」で、両方とも振り飛車なら「相振り飛車」です。 まずは居飛車と振り飛車、どちらを選んで戦うのかを決めることになります。 こちらのほうが強いというのはまったく決まっていません。 完全に自分の好みやそのときの気分で選ぶのがよいでしょう。 もちろんどちらかに集中して勉強したほうが上達は早いです。 ちなみに居飛車を好む人は「居飛車党」、振り飛車を好む人は「振り飛車党」などといいます。 以下が代表的な居飛車戦法です。 実際はこれらを元に、より細かく派生していきますが、まずは基本的な形を覚えてみましょう。 棒銀 居飛車戦法の中でも、もっともシンプルで覚えやすいとされるのが「棒銀」です。 右の銀を飛車の前に、棒のように真っ直ぐ繰り出していくことからこの名が付いています。 初心者はまずこれを覚えようと、よく言われています。 相掛かり 互いに飛車の先の歩を伸ばしていく戦法が「相掛かり」です。 これも比較的覚えやすく、最初に覚えるにはおすすめの戦法です。 角換わり 図は7七に上がっていた先手の角を、後手が自分の角で取った局面です。 このあと先手は、銀で角を取り返します。 このように序盤で角を交換して互いに手駒にしておく戦法が「角換わり」です。 角は強力な駒なので、どのタイミングで盤上に投入すればいいか考える楽しみがあります。 横歩取り 図は先手の手番で、飛車で3四にある歩を取れる形です。 横にある歩を取ることから「横歩取り」と呼ばれる戦法です。 お互いの角と飛車が素通しになっており、序盤から激しい戦いになりやすいため、初心者のうちはあまりおすすめできません。 右四間飛車 右から見て4筋目に飛車を据える「右四間飛車」です。 飛車を振るのですが、これは居飛車に分類されます。 以上の基本的な戦法に加えて「囲い」を覚える必要があります。 これは自分の王様をどのような形で守るかというものです。 代表的な囲いには以下のようなものがあります。 矢倉 建物の櫓(やぐら)に見立てた囲いで、上部からの攻めに強いです。 主に居飛車で用いられますが、振り飛車でも反転させた形にすれば可能です。 美濃囲い 振り飛車でもっとも用いられる囲いです。 横からの攻めに強く、また手数がかからないのが特徴で、初心者はまずこの囲いを覚えるのがいいでしょう。 居飛車でも反転させた形にすれば可能です。 その名称の由来は、美濃国の城に見立てて名付けられたという説や、美濃国出身の人によって考案されたという説があります。 船囲い 王様が船に乗っているように見える、居飛車用の囲いです。 相手が振り飛車の場合に用います。 手数はかかりませんが、守備力はさほどありません。 銀冠 王様の上に銀が乗っかる形の囲いです。 まず美濃囲いに組んでから、銀冠へと発展させるケースが多いです。 居飛車でも振り飛車でも用いられ、上部からの攻めには非常に強いです。 穴熊 王様が一番隅に潜り込み、周囲を金銀でガッチリと固める、最強の守備力を誇る囲いです。 それだけにもっとも手数がかかるので、初心者が使いこなすのは難しいでしょう。 居飛車か振り飛車か。 どの戦法で戦うか。 どの囲いで玉を守るか。 この3つの要素が、将棋を指す上での基本になります。

次の

““アヒル囲い”” vs ““無敵囲い””とか面白すぎるwww

アヒル 囲い

アヒル囲いを一時期使っていた者です。 まずアヒル囲い側の1番の狙いは大駒交換です。 アヒル囲いは飛車や角などの打ち込みのスペースがありませんが、居飛車側はどうしても囲いで金銀が偏り大駒の打ち込みスペースができます。 大駒を打たれて、その差で一方的に負けてしまいますので、まずは大駒交換させるのを止めましょう。 次の狙いは角を切って飛車成りを狙ったり端を破ることです。 アヒル囲いは端角にすることがあるので5筋の中央突破を狙ってきます。 なので5筋の守りを気を付けましょう。 端は端歩同士を交換した後、香車で端歩を取るのではなく角で取ってきます。 角と香車を交換してもアヒル囲いは勝負できるのです。 理由は上記の通り、大駒の打ち込みスペースがないので居飛車側に角が持ち駒になっても怖くないからです。 それよりも端攻めから飛車を敵陣に攻め込もうとしてきて、アヒル側の一方的な攻めが続きます。 気を付けましょう。 もし、相手が角で端歩を取ってきても誘いに乗らず、角頭に歩を打っておいて、端の守りも強化しておきましょう。 居飛車側の対策としては、雁木がいいかと思います。 角は攻めに使うより5筋や飛車先の歩の交換などをさせないように守りに使うのがよろしいかと思います。 銀1枚金2枚で雁木の囲いを作り、もう一枚の銀を使いながら歩をどんどん前に進めましょう。 アヒル側は飛車の行き場所がなくなり、手に困ります。 将棋ウォーズだと切れ負け狙いもありますので、アヒル相手だと慣れが必要ですが、ぼこぼこにされるかは切れ負けでもいいので、まずは守りを重視して、アヒル側からせめられないようにしましょう。 居飛車側の攻めとしては、できれば桂馬と香車を入手したいところです。 アヒル側は5筋に玉がいることが多いので、数の勝負で5筋に戦力を追加したいです。 その時に、香車と桂馬があればかなり有効的な攻めになります。 現在は知りませんが、昔はアヒル囲いにはプロの間でも有効的な突破はないといわれていました。 そのぐらい優秀な囲いでもあります。 崩すのは難しいですが、その分アヒル側も攻めるのが難しいので必死で攻めてきます。 まずは守りに守って、相手の指し手をつぶすことに集中したほうがかなり有効的です。 参考になれば幸いです。

次の

アヒルはペットとして飼える?飼育方法や寿命、販売場所や値段は?餌は?

アヒル 囲い

将棋の戦法には大きく分けて2種類あります。 飛車を元の位置から動かさないで戦う「居飛車」と、中央より左に振って(動かして)戦う「振り飛車」です。 図は先手が居飛車、後手が振り飛車です。 このようにどちらか一方が居飛車で、もう一方が振り飛車の場合は「対抗型」と呼ばれます。 両方とも居飛車なら「相居飛車」で、両方とも振り飛車なら「相振り飛車」です。 まずは居飛車と振り飛車、どちらを選んで戦うのかを決めることになります。 こちらのほうが強いというのはまったく決まっていません。 完全に自分の好みやそのときの気分で選ぶのがよいでしょう。 もちろんどちらかに集中して勉強したほうが上達は早いです。 ちなみに居飛車を好む人は「居飛車党」、振り飛車を好む人は「振り飛車党」などといいます。 以下が代表的な居飛車戦法です。 実際はこれらを元に、より細かく派生していきますが、まずは基本的な形を覚えてみましょう。 棒銀 居飛車戦法の中でも、もっともシンプルで覚えやすいとされるのが「棒銀」です。 右の銀を飛車の前に、棒のように真っ直ぐ繰り出していくことからこの名が付いています。 初心者はまずこれを覚えようと、よく言われています。 相掛かり 互いに飛車の先の歩を伸ばしていく戦法が「相掛かり」です。 これも比較的覚えやすく、最初に覚えるにはおすすめの戦法です。 角換わり 図は7七に上がっていた先手の角を、後手が自分の角で取った局面です。 このあと先手は、銀で角を取り返します。 このように序盤で角を交換して互いに手駒にしておく戦法が「角換わり」です。 角は強力な駒なので、どのタイミングで盤上に投入すればいいか考える楽しみがあります。 横歩取り 図は先手の手番で、飛車で3四にある歩を取れる形です。 横にある歩を取ることから「横歩取り」と呼ばれる戦法です。 お互いの角と飛車が素通しになっており、序盤から激しい戦いになりやすいため、初心者のうちはあまりおすすめできません。 右四間飛車 右から見て4筋目に飛車を据える「右四間飛車」です。 飛車を振るのですが、これは居飛車に分類されます。 以上の基本的な戦法に加えて「囲い」を覚える必要があります。 これは自分の王様をどのような形で守るかというものです。 代表的な囲いには以下のようなものがあります。 矢倉 建物の櫓(やぐら)に見立てた囲いで、上部からの攻めに強いです。 主に居飛車で用いられますが、振り飛車でも反転させた形にすれば可能です。 美濃囲い 振り飛車でもっとも用いられる囲いです。 横からの攻めに強く、また手数がかからないのが特徴で、初心者はまずこの囲いを覚えるのがいいでしょう。 居飛車でも反転させた形にすれば可能です。 その名称の由来は、美濃国の城に見立てて名付けられたという説や、美濃国出身の人によって考案されたという説があります。 船囲い 王様が船に乗っているように見える、居飛車用の囲いです。 相手が振り飛車の場合に用います。 手数はかかりませんが、守備力はさほどありません。 銀冠 王様の上に銀が乗っかる形の囲いです。 まず美濃囲いに組んでから、銀冠へと発展させるケースが多いです。 居飛車でも振り飛車でも用いられ、上部からの攻めには非常に強いです。 穴熊 王様が一番隅に潜り込み、周囲を金銀でガッチリと固める、最強の守備力を誇る囲いです。 それだけにもっとも手数がかかるので、初心者が使いこなすのは難しいでしょう。 居飛車か振り飛車か。 どの戦法で戦うか。 どの囲いで玉を守るか。 この3つの要素が、将棋を指す上での基本になります。

次の