コロナ ノン アルコール。 新型コロナ予防にアルコールが有効な理由 ただし飲むのは…

新型コロナウイルスに効くアルコールの種類

コロナ ノン アルコール

こんにちは。 Jewelです。 先日、普通に販売されている「ハンドクリーンジェル 300ml 」が、容器に貼付してあるラベルに「ハンドクリーンジェル Hand Cleaning Gel 手指用洗浄ジェル アルコール71%配合」と表示されているにも関わらず、 実際は、アルコールの配合割合は、71パーセントを大幅に下回っていた事実が発覚、大きなニュースとなり、多くの方が、「それはひどい!」と思われたかと思います。 私自身、今までは、除菌殺菌洗浄ジェルなどは1本家にあるかないくらいでしたが、最近は家に常備し、ネットでも洗浄ジェルを探す際に「アルコール〇〇%配合」かを気にして、弱アルコールとか書いてあるとこれでは、効果がないのかな、、、 などと不安になることがありました。 アルコール入りの手指の洗浄ジェルはコロナの影響で購入される方が増えたかと思いますが、 今回は、アルコール濃度がどのくらいあれば今回のコロナ対策に有効なのか、大学の研究結果を元に解説していきたいと思います。 コロナに有効なアルコール濃度は? 一般的な殺菌(除菌、消毒)に最適なアルコール濃度 現在、細菌などの菌類の殺菌や様々なウィルスの抗ウィルスに有効なアルコールの濃度(度数)は、 日本薬局方(局方): 76. 9~81. 5~71. WHOのガイドランと日本薬局方で随分差がありますね。。 そこでこの差を検証した研究があります。 2019年の実験では、殺菌・抗ウイルス効果をもたらすエタノール濃度が、 WHOの指標の数値では一部効果がない細菌やウィルスもあるという結果が出ています。 死滅させたい菌やウィルスによって有効なアルコール濃度が異なるので、全て同じアルコール濃度のもので対処していても意味がないわけです。 例えば300mlのジェルに対するアルコール濃度のことを言います。 エタノールとアルコールの違い エタノールはアルコールの一種となります。 アルコールには色々な種類がありますのでアルコール=エタノールという訳ではありませんが、消毒を目的としたエタノールは消毒用アルコールで間違いありません。 エタノールの濃度は、商品に記載されているアルコール〇〇%と同じ意味となります。 コロナを退治することを殺菌、除菌とは言わない 新型コロナウィルスは名前の通り、「ウィルス」です。 ウイルスには「エンベロープウイルス」と「ノンエンベロープウイルス」の2種類が存在し、ウイルスが膜状のものに包まれているか包まれていないかの違いで分けられています。 コロナはエンベローペウィルスで、膜状の物に包まれている状態です。 そして、このエンベロープウイルスは、アルコールなどの消毒剤で膜を破壊し、ウイルスにダメージを与えることができるのです。 このダメージを与えた状態のことを、「抗ウィルス効果があった」、「不活化効果」があったといいます。 「殺菌」はその名の通り、 「菌」を殺すことを指します。 ウィルスと菌(細菌や真菌など)はそもそも構造も感染の仕方、増殖の仕方なども違うため、全く別物なのです。 なので、ウィルスを殺菌した、除菌したとは言わないのです。 つまり、コロナの不活化(死滅)にはエタノール(アルコール)の濃度が50%以上のジェルやスプレーなどであれば効果が見込める可能性があるという事です! 1分間手指にゴシゴシジェルを揉みこむイメージでしょうか。 コロナ対策に有効な手指消毒のアルコール度数 いつも70%以上のアルコール濃度の除菌ジェルやスプレーを探してしまっていましたが、 コロナに対しては50%以上で効果があるかもしれないとなると、選択肢が広がって安心ですね。 あまり、アルコールが強いと肌によくないと考える方もいらっしゃると思いますので、自分の肌に合った効果があるものを使って行けるといいですね。

次の

新型コロナ予防にアルコールが有効な理由 ただし飲むのは…

コロナ ノン アルコール

厚生労働省が、新型コロナウイルス対策に関連して注意を呼び掛けている。 公式ツイッターで「新型コロナウイルス予防にアルコール消毒は効果がないという情報が広がっていますが、これは誤った情報です。 (以下略)」と発信した。 厚労省が注意を呼びかけることになった背景の一つには、ウイルスには様々な種類があり、ウイルスの種類によっては、エタノール(アルコールの一種)が「十分な不活化効果を示さない」(後述の国立医薬品食品衛生研究所による調査報告書より)例もあることに伴う混乱も関係しているようだ。 ただし、今回の新型コロナについては、WHO(世界保健機関)も特設サイトの「Q&A」欄の中で、自己防衛策として「アルコール消毒剤(an alcohol-based hand rub)か石けんと水」で頻繁に手を洗うよう回答している。 サイトでも「石けんやアルコール消毒液などによる手洗いを行っていただくよう... 」 厚労省の公式ツイッターは2020年2月6日、新型コロナとアルコール消毒について、次のような情報を発信した。 「【ご注意ください!】#新型コロナウイルス 予防にアルコール消毒は効果がないという情報が広がっていますが、これは誤った情報です。 厚生労働省では、咳エチケットや手洗い、うがいなどと並んで、『アルコール消毒』を行っていただくよう、国民の皆さまにお願いしています」 厚労省サイトでも「新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)」(2月6日時点版)で、「感染を予防するために注意すべきことはありますか。 (略)」の質問に 「まず、一般的な衛生対策として、石けんやアルコール消毒液などによる手洗いを行っていただくようお願いします。 (以下略)」 と答えている。 また、WHOの特設サイト「Novel coronavirus(2019-nCoV)」でも、2月6日午後に確認すると、「Q&A」欄の「自身を守るために何ができる?」の質問に対し5項目の回答があり、その第1項目に「アルコール消毒剤(an alcohol-based hand rub)か石けん(soap)と水」で自身の手を頻繁に洗うよう回答している。 インフルエンザウイルスでも「効果があります」 今回、厚労省がツイッターで注意を呼びかけた「誤った情報」については、たとえば、1月末頃に元医療関係者だという人物が「(略)ウイルスはアルコールでは消毒出来ないというのが通説です。 (略)」などとツイートしたことの影響も念頭にあるようだ。 ただ、このツイート主は、趣旨としては、石けんを使った手洗いを徹底すべきなのであり、「ウイルスの種類によっては有効、無効」といった議論はかえって人を混乱させかねず、また新型コロナウイルスに関する情報が完全ではない現状では、アルコール消毒に頼るのではなく、物理的にウイルスを洗い流す流水による手洗いの重要性を指摘した方が良いとの考えだったと、のちに説明した。 当初のツイートでも、そうした趣旨がにじむ記載もあった。 確かにウイルスには様々な種類がある。 国立感染症研究所サイトの「コロナウイルスとは」(1月10日掲載)によると、「ウイルス学的には、ニドウイルス目・コロナウイルス亜科・コロナウイルス科に分類される」とあり、他にも多くの種類があることが伺える。 アルコール消毒との関係については、ウイルスの種類によって効果に差があるとされる。 厚労省サイトを見ると、前述の新型コロナ対策だけでなく、「インフルエンザQ&A」(2019年度版)でも「インフルエンザウイルスにはアルコール製剤による手指衛生も効果があります」とある。 一方、同サイトの「ノロウイルスに関するQ&A」では、2015年に変更されるまでは「ノロウイルスの失活化には、消毒用エタノールや逆性石鹸(塩化ベンザルコニウム)はあまり効果がありません」との記載があった。 もっとも、その後の研究成果を受け、「あまり効果がありません」との表現はなくなり、現在(最終改定2018年5月31日)もそうした表現はない。 ただ、インフルエンザの場合のように「効果があります」などの積極的な表記も見当たらない。 ノロに関する他の回答欄でも、 「消毒用エタノールによる手指消毒は、石けんと流水を用いた手洗いの代用にはなりませんが、すぐに石けんによる手洗いが出来ないような場合、あくまで一般的な感染症対策の観点から手洗いの補助として用いてください」 としており、やはり新型コロナやインフルエンザの対策表記とは「温度差」が見受けられる。 厚労省結核感染症課に確認すると... 厚労省によると、このノロに関する記載変更に関係があるのは、「ノロウイルスの不活化条件に関する調査報告書」(2015年度、国立医薬品食品衛生研究所)だ。 同報告書には「代表的な消毒剤であるエタノールは一般に(編注:脂質二重膜の)エンベロープを持たないノロウイルスなどに対しては十分な不活化効果を示さないが、(略)」といった説明もある。 ただし、「近年エタノールに別の成分を添加し、不活化効果を高めたエタノール系消毒剤が各種市販されている」として、試験・調査した結果、エタノール系消毒剤でも「不活化効果を示すものが認められた」とし、ノロウイルスの不活化について「エタノール系消毒剤は手洗い後の消毒や調理場など比較的清浄な環境において、有効性を示す製品を選択し、正しい使用法で用いることが重要である」と指摘している。 J-CASTニュース編集部が2月6日、厚労省結核感染症課に確認すると、ウイルスの種類によってはアルコール消毒の効果に差があるのは事実だとしつつ、話を今回の新型コロナ対策に戻すと、 「厚生労働省のサイトやツイッターでの記載通り、『石けんやアルコール消毒液などによる手洗いを行って』いただきたい」 と話した。 また、「感染症対策一般」についても質問すると、 「基本は流水・石けんによる手洗いです」 とも指摘していた。

次の

新型コロナウイルスに有効なアルコール濃度のエビデンス|育児研究 着太郎|note

コロナ ノン アルコール

厚生労働省が、新型コロナウイルス対策に関連して注意を呼び掛けている。 公式ツイッターで「新型コロナウイルス予防にアルコール消毒は効果がないという情報が広がっていますが、これは誤った情報です。 (以下略)」と発信した。 厚労省が注意を呼びかけることになった背景の一つには、ウイルスには様々な種類があり、ウイルスの種類によっては、エタノール(アルコールの一種)が「十分な不活化効果を示さない」(後述の国立医薬品食品衛生研究所による調査報告書より)例もあることに伴う混乱も関係しているようだ。 ただし、今回の新型コロナについては、WHO(世界保健機関)も特設サイトの「Q&A」欄の中で、自己防衛策として「アルコール消毒剤(an alcohol-based hand rub)か石けんと水」で頻繁に手を洗うよう回答している。 サイトでも「石けんやアルコール消毒液などによる手洗いを行っていただくよう... 」 厚労省の公式ツイッターは2020年2月6日、新型コロナとアルコール消毒について、次のような情報を発信した。 「【ご注意ください!】#新型コロナウイルス 予防にアルコール消毒は効果がないという情報が広がっていますが、これは誤った情報です。 厚生労働省では、咳エチケットや手洗い、うがいなどと並んで、『アルコール消毒』を行っていただくよう、国民の皆さまにお願いしています」 厚労省サイトでも「新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)」(2月6日時点版)で、「感染を予防するために注意すべきことはありますか。 (略)」の質問に 「まず、一般的な衛生対策として、石けんやアルコール消毒液などによる手洗いを行っていただくようお願いします。 (以下略)」 と答えている。 また、WHOの特設サイト「Novel coronavirus(2019-nCoV)」でも、2月6日午後に確認すると、「Q&A」欄の「自身を守るために何ができる?」の質問に対し5項目の回答があり、その第1項目に「アルコール消毒剤(an alcohol-based hand rub)か石けん(soap)と水」で自身の手を頻繁に洗うよう回答している。 インフルエンザウイルスでも「効果があります」 今回、厚労省がツイッターで注意を呼びかけた「誤った情報」については、たとえば、1月末頃に元医療関係者だという人物が「(略)ウイルスはアルコールでは消毒出来ないというのが通説です。 (略)」などとツイートしたことの影響も念頭にあるようだ。 ただ、このツイート主は、趣旨としては、石けんを使った手洗いを徹底すべきなのであり、「ウイルスの種類によっては有効、無効」といった議論はかえって人を混乱させかねず、また新型コロナウイルスに関する情報が完全ではない現状では、アルコール消毒に頼るのではなく、物理的にウイルスを洗い流す流水による手洗いの重要性を指摘した方が良いとの考えだったと、のちに説明した。 当初のツイートでも、そうした趣旨がにじむ記載もあった。 確かにウイルスには様々な種類がある。 国立感染症研究所サイトの「コロナウイルスとは」(1月10日掲載)によると、「ウイルス学的には、ニドウイルス目・コロナウイルス亜科・コロナウイルス科に分類される」とあり、他にも多くの種類があることが伺える。 アルコール消毒との関係については、ウイルスの種類によって効果に差があるとされる。 厚労省サイトを見ると、前述の新型コロナ対策だけでなく、「インフルエンザQ&A」(2019年度版)でも「インフルエンザウイルスにはアルコール製剤による手指衛生も効果があります」とある。 一方、同サイトの「ノロウイルスに関するQ&A」では、2015年に変更されるまでは「ノロウイルスの失活化には、消毒用エタノールや逆性石鹸(塩化ベンザルコニウム)はあまり効果がありません」との記載があった。 もっとも、その後の研究成果を受け、「あまり効果がありません」との表現はなくなり、現在(最終改定2018年5月31日)もそうした表現はない。 ただ、インフルエンザの場合のように「効果があります」などの積極的な表記も見当たらない。 ノロに関する他の回答欄でも、 「消毒用エタノールによる手指消毒は、石けんと流水を用いた手洗いの代用にはなりませんが、すぐに石けんによる手洗いが出来ないような場合、あくまで一般的な感染症対策の観点から手洗いの補助として用いてください」 としており、やはり新型コロナやインフルエンザの対策表記とは「温度差」が見受けられる。 厚労省結核感染症課に確認すると... 厚労省によると、このノロに関する記載変更に関係があるのは、「ノロウイルスの不活化条件に関する調査報告書」(2015年度、国立医薬品食品衛生研究所)だ。 同報告書には「代表的な消毒剤であるエタノールは一般に(編注:脂質二重膜の)エンベロープを持たないノロウイルスなどに対しては十分な不活化効果を示さないが、(略)」といった説明もある。 ただし、「近年エタノールに別の成分を添加し、不活化効果を高めたエタノール系消毒剤が各種市販されている」として、試験・調査した結果、エタノール系消毒剤でも「不活化効果を示すものが認められた」とし、ノロウイルスの不活化について「エタノール系消毒剤は手洗い後の消毒や調理場など比較的清浄な環境において、有効性を示す製品を選択し、正しい使用法で用いることが重要である」と指摘している。 J-CASTニュース編集部が2月6日、厚労省結核感染症課に確認すると、ウイルスの種類によってはアルコール消毒の効果に差があるのは事実だとしつつ、話を今回の新型コロナ対策に戻すと、 「厚生労働省のサイトやツイッターでの記載通り、『石けんやアルコール消毒液などによる手洗いを行って』いただきたい」 と話した。 また、「感染症対策一般」についても質問すると、 「基本は流水・石けんによる手洗いです」 とも指摘していた。

次の