ぐらんぶる 与田 祐希。 乃木坂46与田祐希:白目をむいて金属バット振り回す 「ぐらんぶる」“夏の欲望オールイン”動画解禁

乃木坂46・与田祐希「ぐらんぶる」で映画女優デビュー! 金属バット振り回す“クーデレ”ヒロインに : 映画ニュース

ぐらんぶる 与田 祐希

ダイビングサークルを舞台にした漫画ながら、なぜかほぼダイビングをしないという型破りな青春コミックを実写映画化。 竜星涼、犬飼貴丈が出演し、『あさひなぐ』『映画 賭けグルイ』の英勉監督がメガホンを握った。 与田が演じるのは、竜星涼演じる北原伊織のいとこで、同じ伊豆大学に通うヒロイン・古手川千紗。 伊織と耕平(犬飼)のダイビングサークル仲間。 撮影は昨年7月から10月にかけて行われ、与田は「グループから離れた1人でのお仕事なのでとても緊張していましたが、いざ現場に入ってみると、スタッフの皆さんも、キャストの皆さんも、温かくて、賑やかで、優しくて、そのおかげで、私も楽しみながら撮影をすることができました」と振り返る。 「ファンの皆様には多大なる心配をおかけしていると思いますが、私が演じる千紗は、とてもたくましい女の子なので、ヤバい男たちには負けません。 なので、安心して劇場にお越しください。 きっと不安は吹き飛び、笑いに変わると思います!」と胸を張る。 普段から与田を支えている担当マネージャーは「与田祐希、そして乃木坂46を応援していただいている皆様、大変申し訳ございません。 きっと『こんな映画に与田ちゃんを出して大丈夫か?』と不安になっていることと思います。 」とファンの心情を推察しながら、「ヤバい奴ら相手に与田が金属バットを振り回し、飛び蹴りをかます姿を見ていただければ、きっと安心していただけるはずです」と、与田が見せる新境地に自信。 また、エグゼクティブプロデューサーの関口氏は、「原作を読んで千紗役には与田さん以外考えられなかった」とキャスティングの理由を明かし、「撮影現場では、漫画から抜け出た千紗がそこに存在しているよう」だったと語った。 映画『ぐらんぶる』は、5月29日(金)全国公開。 与田祐希 コメント グループから離れた1人でのお仕事なのでとても緊張していましたが、いざ現場に入ってみると、スタッフの皆さんも、キャストの皆さんも、温かくて、賑やかで、優しくて、そのおかげで、私も楽しみながら撮影をすることができました。 私は、このオファーをいただく前にテレビ番組の企画でウミガメを探すためにダイビングの資格をとったのですが、まさかこんな形で活かせるとは思ってもいませんでした(笑) それはさておき、ファンの皆様には多大なる心配をおかけしていると思いますが、私が演じる千紗は、とてもたくましい女の子なので、ヤバい男たちには負けません。 なので、安心して劇場にお越しください。 きっと不安は吹き飛び、笑いに変わると思います! 与田祐希マネージャー コメント 与田祐希、そして乃木坂46を応援していただいている皆様、大変申し訳ございません。 きっと「こんな映画に与田ちゃんを出して大丈夫か?」と不安になっていることと思います。 ご安心ください。 とっても素晴らしい映画になっております。 ただ、予告映像だけだと信じられませんよね。 ただのヤバい映画だと思ってしまいますよね。 その抱えてしまった不安を払しょくするには、劇場に足を運び、映画を見ていただくしかありません。 ヤバい奴ら相手に与田が金属バットを振り回し、飛び蹴りをかます姿を見ていただければ、きっと安心していただけるはずです。 お忙しい中大変恐縮なのですが、皆様のご来場、心よりお待ちしております。 エグゼクティブプロデューサー:関口大輔 コメント 原作を読んで千紗役には与田さん以外考えられず、『ぐらんぶる』のような企画に出演依頼しても良いものか悩みましたが、思い切ってオファーしたところまさかの快諾で驚きました。 撮影現場では、漫画から抜け出た千紗がそこに存在しているようで不思議に感じたほどでした。 キャストの皆さんには撮影前にスクールに通ってもらいスキューバダイビングの免許を取得して頂いたのですが、与田さんはすでに免許を所持されていて、順調にスキューバシーンの撮影ができました。 プロデューサーである自分ですら驚くことが多い英監督の独特の演出ですが、そんな監督のどんな要求にも対応する与田さんの女優魂と、アイドルらしからぬ体当たりの演技に驚き、感動しました。

次の

乃木坂46・与田祐希「ぐらんぶる」で映画女優デビュー! 金属バット振り回す“クーデレ”ヒロインに : 映画ニュース

ぐらんぶる 与田 祐希

2人を取り巻く女性キャストとして、・のほか、、、の出演が発表された。 大学生活に夢と希望を抱いた男子たちを翻ろうするキャラクター性を紹介していく。 原作は累計発行部数460万部を突破しており、18年7月からはTVアニメ化もされた人気作品。 竜星が演じる主人公・北原伊織は大学進学を機に海辺の町に引っ越し、叔父が営むダイビングショップ「GRAND BLUE(グランブルー)」に下宿。 きれいな海とかわいい幼なじみと憧れのキャンパスライフに期待していた。 与田が演じるヒロイン・古手川千紗は、伊織のいとこで心からダイビングを愛する大学のマドンナ的存在。 伊織と耕平も、千紗の影響でダイビングの魅力に気づくも、バカ騒ぎばかりの2人に対し、千紗は虫けらを見るようにさげすみ、時には白目をむきながら暴れまわるドSな一面も。 本作で、映画初出演の与田が、どのようにドSな面を表現するかに注目したい。 朝比奈演じる古手川奈々華は、与田演じる千紗の姉。 重度のシスコンだが、伊織の乱れた生活を心配する面もあり、母親的存在でもある。 今回、下着姿で伊織を誘惑するような場面カットも解禁になった。 なにかと空回りをする行動も多いが、伊織と耕平と出会ったことでダイビングを始めることになる。 さらに、伊織と耕平をサークルに誘った先輩たちの場面写真も解禁。 昼間は勉学に励むも、夜になると雰囲気が一変。 浴びるようにお酒を飲み、野球拳をするという超体育会系男子になってしまう。 伊織と耕平はこの洗礼とどう立ち向かうのかも、本作の見どころだ。

次の

乃木坂46・与田祐希、実写「ぐらんぶる」で金属バットを振り回すヒロインに

ぐらんぶる 与田 祐希

ボケ、ギャグ、ツッコミ満載の青春コメディとなっている。 大学進学を機に海辺の町に引っ越すことになった北原伊織 竜星涼 は、叔父が営むダイビングショップ「GRAND BLUE グランブルー 」に下宿することになるも、憧れのキャンパスライフを前に待っていたのは男だらけのダイビングスクールだった。 与田が演じるヒロイン・古手川千紗は、伊織 竜星涼 と耕平 犬飼貴丈 のダイビングサークル仲間で、普段はクールだがダイビングのことになると優しくキュートになしぐさを見せる美少女。 伊織と耕平のバカ騒ぎを蔑んだり、男たちを足で踏んだり、さらには白目を剥く変顔などこれまでの与田のイメージを覆す演技にも体当たりで挑んでいる。 与田は、「グループから離れた1人でのお仕事なのでとても緊張していましたが、いざ現場に入ってみると、スタッフの皆さんも、キャストの皆さんも、温かくて、賑やかで、優しくて、そのおかげで、私も楽しみながら撮影をすることができました」と撮影を回顧。 「私は、このオファーをいただく前にテレビ番組の企画でウミガメを探すためにダイビングの資格をとったのですが、まさかこんな形で活かせるとは思ってもいませんでした 笑 」と不思議な縁にも驚き、「それはさておき、ファンの皆様には多大なる心配をおかけしていると思いますが、私が演じる千紗は、とてもたくましい女の子なので、ヤバい男たちには負けません。 なので、安心して劇場にお越しください。 きっと不安は吹き飛び、笑いに変わると思います! 」とファンに呼びかけている。 また、与田のマネージャーは、「与田祐希、そして乃木坂46を応援していただいている皆様、大変申し訳ございません。 きっと『こんな映画に与田ちゃんを出して大丈夫か? 』と不安になっていることと思います」と異例の謝罪コメント。 その上で、「ご安心ください。 とっても素晴らしい映画になっております」と太鼓判を押し、「ただ、予告映像だけだと信じられませんよね。 ただのヤバい映画だと思ってしまいますよね。 その抱えてしまった不安を払しょくするには、劇場に足を運び、映画を見ていだくしかありません。 ヤバい奴ら相手に与田が金属バットを振り回し、飛び蹴りをかます姿を見ていただければ、きっと安心していただけるはずです。 お忙しい中大変恐縮なのですが、皆様のご来場、心よりお待ちしております」と与田と同じくファンに向けてメッセージを送っている。 撮影現場では、漫画から抜け出た千紗がそこに存在しているようで不思議に感じたほどでした。 キャストの皆さんには撮影前にスクールに通ってもらいスキューバダイビングの免許を取得して頂いたのですが、与田さんはすでに免許を所持されていて、順調にスキューバシーンの撮影ができました。 プロデューサーである自分ですら驚くことが多い英監督の独特の演出ですが、そんな監督のどんな要求にも対応する与田さんの女優魂と、アイドルらしからぬ体当たりの演技に驚き、感動しました。 予めご了承ください。 関連記事•

次の