ワンゲーム。 Game|事業内容|株式会社ドワンゴ

アイズワンの公式リズムゲーム『SUPERSTAR IZ*ONE』が配信決定!

ワンゲーム

\日本初/ 【eスポーツに特化した障がい福祉施設】 就労継続B型支援事業所「ONEGAME [ワンゲーム]」が群馬県太田市にオープン!! 群馬県を中心に障害福祉サービスを運営する株式会社ワンライフで、日本初となる「eスポーツ」に特化した"就労継続支援B型事業所"「ONEGAME [ワンゲーム]」を2020年6月に開所することとなりました! 現在、生活介護事業所「iba-sho」では重度障害をもつ利用者の方々がすでにeスポーツに取り組み、これからの未来を切り開こうとしています。 今回、就労継続支援B型事業所「ONEGAME」では3つのコースを用意。 eスポーツの選手コースだけでなく、イベントコースと実況解説MCコースでeスポーツに携わるための技術を学びながら仕事いしていきます。 ・ONEGAMEシステムにより、自身の実力が可視化されることで次への目標設定を明確にし、自身のプレイ技術の向上を図る。 ・様々なイベントを想定し、イベント設営に必要な機材に触れながら、1からイベントセッティングできる設営技術を学ぶ。 ・定期的に開催されるONEGAME大会のイベント設営、運営チームとして活躍できる。 ・表現力の練習方法としてゲーム実況を生配信で行うことで言葉遣いやゲームを伝える楽しさを学んでいく。 ・定期的に開催されるONEGAME大会のイベント設営、運営チームとして活躍できる。 <ONEGAMEの目指すビジョン> eスポーツは「2018年アジア競技大会」の公式公開種目に採用されるなど、急激にその規模を拡大しています。 そういった動きの中で、eスポーツは今後、「大きな舞台で健常者と対等に戦える新しい場」になるのではないかと予想しています。 健常者と障害者の壁を無くし、いずれは日本を代表出来るような団体になることを目指して、One Gameは日々活動していきます。 <eスポーツとは> 「エレクトロニック・スポーツ」の略で、広義には、電子機器を用いて行う娯楽、競技、スポーツ全般を指す言葉であり、コンピューターゲーム、ビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉える際の名称です。 アジア版オリンピック「2018年アジア競技大会」の種目に採用されるなど急激にその規模を拡大しており、近い将来必ずパラリンピックなどの種目になってきます。 そういった動きの中でeスポーツは今後、「大きな舞台で健常者と対等に戦える新しい場」になると考えています。 【障がい者eスポーツに関する実績】 株式会社ワンライフではいち早く障がい者のeスポーツ参加に取り組んできました。 生活介護事業所「iba-sho」では重度障害を持ちながら、eスポーツを通して夢と希望を追いかけていくプログラムを提供。 各自の障がいに合わせた機材を導入し、専門のコーチを配属しプロを目指して日々トレーニングに励んでます。 また、2019年8月31日にはオンラインバトルゲーム「League of Legends」を用いた日本初の障害者eスポーツ大会を開催。 賞金100万円とし、将来はeスポーツで活躍する障がい者が輝ける舞台を用意しています。

次の

\日本初/ 【eスポーツに特化した障がい福祉施設】 就労継続B型支援事業所「ONEGAME [ワンゲーム]」が群馬県太田市にオープン!!

ワンゲーム

1日あたりの平均残業1時間。 家族やプライベートに費やす時間を 削り続けてしまってはいつか限界がやってきます。 「ゲーム業界の仕事がしたいけど 無理のある働き方は避けたい」 そんな方に月の平均残業20時間以下の ウィットワンをおすすめします。 定時になれば帰る準備をする社員も少なくありませんし そんな彼ら、彼女らに後ろ指を指す社員もいません。 事前に稼働する時間を見積もり、お客様とすり合わせるため 社員が無理なく働ける業務設計を前提としています。 こうしたビジネスモデルは業界的に珍しく 業界経験者からは「とても働きやすい」と好評。 経験者にこそ、魅力を感じやすい職場だと自負しています。 でも、スポーツのように仲間と力を合わせて ゴールに向かっていく側面もありますし 接客の仕事のように相手を心地よくさせる コミュニケーション術が必要なこともあります。 ゲーム以外の経験も立派なスキルです。 ぜひここで新しい風を吹かせてください。 私たちのお客様はスマホゲームを 中心に企画・制作している大手ゲーム会社。 日夜生み出される新作ゲームの企画やテストに 関わるのが、私たちの仕事です。 しかし、日々進化を遂げるゲーム業界。 当社を必要としてくださるお客様からの案件が増え続け、泣く泣くお断りする事態に…。 未来に向け強固な体制づくりを目標に、今回新しい仲間を募集することにしました。 仕事の内容 国内外で展開するスマートフォン向けゲームのプランニング・ディレクション業務 【具体的には】 App StoreやGoogle Playランキングのトップ20位以内にランクインするような、 ビッグタイトルのスマホゲームの数々を生み出す大手ゲーム会社がお客様となります。 これらを 「よりヒットさせるには?」、「アプリのダウンロードを盛り上げるイベント施策は?」など 日々クライアントから投げかけられる課題に対し カスタマーサポート事業で培った当社の知見を活かして取り組みます。 つまり、ゲームのプランニング・ディレクション業務が中心です。 先輩社員に同行させてもらいながら、仕事の流れを覚えていきましょう。 長らく取引を頂いているお客様の案件が多く、 未経験からでも、幅広くゲーム業界での経験を積めます。

次の

eスポーツに特化した障がい福祉施設「ONEGAME(ワンゲーム)」が群馬県太田市にオープン

ワンゲーム

\日本初/ 【eスポーツに特化した障がい福祉施設】 就労継続B型支援事業所「ONEGAME [ワンゲーム]」が群馬県太田市にオープン!! 群馬県を中心に障害福祉サービスを運営する株式会社ワンライフで、日本初となる「eスポーツ」に特化した"就労継続支援B型事業所"「ONEGAME [ワンゲーム]」を2020年6月に開所することとなりました! 現在、生活介護事業所「iba-sho」では重度障害をもつ利用者の方々がすでにeスポーツに取り組み、これからの未来を切り開こうとしています。 今回、就労継続支援B型事業所「ONEGAME」では3つのコースを用意。 eスポーツの選手コースだけでなく、イベントコースと実況解説MCコースでeスポーツに携わるための技術を学びながら仕事いしていきます。 ・ONEGAMEシステムにより、自身の実力が可視化されることで次への目標設定を明確にし、自身のプレイ技術の向上を図る。 ・様々なイベントを想定し、イベント設営に必要な機材に触れながら、1からイベントセッティングできる設営技術を学ぶ。 ・定期的に開催されるONEGAME大会のイベント設営、運営チームとして活躍できる。 ・表現力の練習方法としてゲーム実況を生配信で行うことで言葉遣いやゲームを伝える楽しさを学んでいく。 ・定期的に開催されるONEGAME大会のイベント設営、運営チームとして活躍できる。 <ONEGAMEの目指すビジョン> eスポーツは「2018年アジア競技大会」の公式公開種目に採用されるなど、急激にその規模を拡大しています。 そういった動きの中で、eスポーツは今後、「大きな舞台で健常者と対等に戦える新しい場」になるのではないかと予想しています。 健常者と障害者の壁を無くし、いずれは日本を代表出来るような団体になることを目指して、One Gameは日々活動していきます。 <eスポーツとは> 「エレクトロニック・スポーツ」の略で、広義には、電子機器を用いて行う娯楽、競技、スポーツ全般を指す言葉であり、コンピューターゲーム、ビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉える際の名称です。 アジア版オリンピック「2018年アジア競技大会」の種目に採用されるなど急激にその規模を拡大しており、近い将来必ずパラリンピックなどの種目になってきます。 そういった動きの中でeスポーツは今後、「大きな舞台で健常者と対等に戦える新しい場」になると考えています。 【障がい者eスポーツに関する実績】 株式会社ワンライフではいち早く障がい者のeスポーツ参加に取り組んできました。 生活介護事業所「iba-sho」では重度障害を持ちながら、eスポーツを通して夢と希望を追いかけていくプログラムを提供。 各自の障がいに合わせた機材を導入し、専門のコーチを配属しプロを目指して日々トレーニングに励んでます。 また、2019年8月31日にはオンラインバトルゲーム「League of Legends」を用いた日本初の障害者eスポーツ大会を開催。 賞金100万円とし、将来はeスポーツで活躍する障がい者が輝ける舞台を用意しています。

次の