ギガファイル ダウンロード 文字化け。 MacZip4Win

MacZip4Win

ギガファイル ダウンロード 文字化け

「7-Zipのダウンロードページ」を開く• 「ダウンロード」をクリックする• ダウンロードした「7-Zip」をクリックする• 「Install」をクリックする• 「Close」をクリックする• Googleドライブで「フォルダ」をダウンロードする• step 1「7-Zipのダウンロードページ」を開く まずは、「7-Zip」のダウンロードページを開きましょう。 基本的には「64ビット」のバージョンで問題ありません。 step 3ダウンロードした「7-Zip」をクリックする すると、ダウンロードされますので、画面左下にダウンロードされた 「7-Zip」をクリックしましょう。 step 4「Install」をクリックする 「7-Zip」をクリックしたら、セットアップ画面が開きますので、 「Install」をクリックしましょう。 step 5「Close」をクリックする 無事インストールが完了したら、 「Close」をクリックしましょう。 step 6Googleドライブで「フォルダ」をダウンロードする 次は、Googleドライブを開きまして、文字化けしてしまう フォルダをダウンロードしましょう。 ダウンロード方法は、.

次の

Windows10でZIPやRARを解凍するとファイル名が文字化けする時の対処法!

ギガファイル ダウンロード 文字化け

パターン1. ダウンロードした圧縮ファイルの文字エンコードが違う インターネット上の圧縮ファイルは、一般的なWebサーバーのOSである「Linux」上で圧縮されていることが多いです。 Linux上で圧縮されたファイルの文字コードは「UTF-8」が使われることが多いです。 しかし、Windowsの文字コードは「Shift-JIS」の文字エンコードが使われるため、解凍ソフトが文字コードの変換に対応していないと文字化けが発生してしまいます。 対処法 ダウンロードしたファイルが文字化けするのは、主にWindowsで発生することが多いです。 Windowsで解凍したファイルの文字化けを防ぐには、「UTF-8」に対応した解凍ソフトを使って解凍を行いましょう。 文字化けしないWindowsの解凍ソフトは「7zip」がおすすめです。 参考: パターン2. WindowsとMac間の圧縮ファイルのやり取り ファイルの送り側と受け取り側が同じOSであれば、文字化けの心配はさほど気にすることではありません。 原因としては、Linuxと同じようにMacの文字コードが 「UTF-8」を使用しているためです。 文字化けのトラブルは、WindowsとMacの間に起こる長年の問題です。 特にクリエイティブな職場でMacを使う方にとっては辛い現象と言えます。 対処法 対処法としてファイルの展開・圧縮時に 「Explzh」というソフトを使うと、文字コードやOSを気にせずにファイルの受け渡しができることが確認されています。 プリインストールされている圧縮・解凍ソフトを使うのではなく、文字コード対策ができるソフトを使うことによって、ファイル交換もスムーズに行えるでしょう。 パターン3. 同じ名前のフォントがインストールされている Windows10の場合ファイルの展開時に文字化けを起こす事例が多数報告されています。 原因としては OS ビルド(14393. 1198)前のWindows10で同じフォント名のフォントが2種類以上インストールされていると不具合が現れます。 例えば「msmincho. ttc」と「MSMINCHO. TTF」という同じ内容のフォントがインストールされていると文字化けの原因となるようです。 対処法 このフォントの多重登録を解消するには2つの方法があります。 OSをアップデートする Windows 10 Anniversary Update Version 1607 で文字化けが報告されているのに対して、Microsoft側もフォントの多重登録に対して対策済みのアップデートを用意しています。 それが、 OS ビルド 14393. 1198となります。 普段自動アップデートを有効にしていない場合は、 OSの更新をしてみると文字化けも解消される可能性が高いです。 Windowsの自動更新はユーザビリティだけでなく、OSの脆弱性によるウイルス対策のアップデートも含まれているので自動更新は必ずオンにしておくことをオススメします。 コマンドプロントを使ってどちらか一方のフォントを削除する コマンドプロントとは分かりやすく言うと、PCをOS特有の言語で操作するツールです。 フォントを削除するには、コマンドで以下のように入力します。 ttf フォントを削除するにはコマンドプロントを触った方が確実ですが、初心者にとってはとても敷居が高いと言えますので不意なトラブルを防ぐためにも避けた方がいいでしょう。 パソコン操作に自信がない場合は、素直にWindowsをアップデートしましょう。 パターン4. Windowsのシステムロケール設定がおかしい Windowsでは、システムのロケール設定によってデータ処理が行われます。 そのため、ロケール設定が日本語以外になっているとアプリケーションで文字化けが発生する原因になります。 対処法 日本語以外のシステムロケールの場合、Windowsのロケール設定で「Unicode UTF-8」の使用をチェックすると文字化けが防げます。 システムロケールでUTF-8を使用することでWindowsの圧縮ファイルやメモ帳の保存もUTF-8形式で保存できるようになります。 そのため、日本語使用の場合も設定を変更することでOS間も文字化け対策になります。 システムロケールの設定を変更するには次の手順で操作します。 Windowの設定画面が表示されるので「地域と言語」をクリックします。 左メニューの「地域と言語」をクリックします。 「関連設定」の項目までスクロールして「日付、時刻、地域の追加設定」をクリックします。 コントロールパネル「時刻と地域」の設定画面が開きます。 「地域」をクリックします。 ダイアログが開くので「管理」タブをクリックします。 「Unicodeではないプログラムの言語」の「システムロケールの変更」をクリックします。 地域の設定が表示されるので「ベータ:ワールドワイド言語で Unicode UTF-8 を使用」にチェックを入れて「OK」をクリックします。 システムロケールを変更すると再起動の確認画面が表示されます。 「今すぐ再起動」をクリックしてパソコンを再起動します。 参考: 再起動が完了したら、文字化けするファイルの圧縮・解凍を行ってみましょう。 結局のところ一番確実な文字化け対処法は…… Windowsの文字コード「Shift-JIS」とMacの文字コード「UTF-8」という壁を難なく乗り越え文字化けを防ぐ方法があります。 それが 「ファイル名を半角英数で入力する」という手段です。 記号は半角アンダーバーのみ使うことが望ましいです。 「もしも相手が違うOSだったら……」という意識を常に持って、ファイル名を半角英数にすることはとても親切な手段だと言えます。 ファイル名の親切な付け方とは どのようなファイル名か、いつ受け取ったのかを明記すると受け取り主も安心します。 例として2017年12月20日の会議の資料を送るとしましょう。 ここでは英単語を使うよりも、日本語をローマ字表記にすると分かりやすいでしょう。 OS間の文字コードの違いは解決される? Windowsがパソコンで一般的なOSであることに違いはありませんが、オフィスにMacが置いてある職場も少なくはありません。 また、サーバー上のOSとしてはLinuxが昔から根強い人気を誇っています。 個人的には、MacやLinuxが「UTF-8」を使っている以上、Windowsも同じ文字コードに統一してほしいと思います。 しかし、現在のところWindowsの文字コードの改善の話は出ていないので、アプリもしくはユーザー自身で文字化け対策をする必要があります。 普段から半角英数でファイル名を決めたり、日付を先頭に付け加えたりすると相手もファイルの扱いに戸惑うこともありませんね。

次の

Googleドライブでダウンロード時の文字化けを防ぐ対処法2選!

ギガファイル ダウンロード 文字化け

また、. app を「アプリケーションフォルダ」に入れてください。 MacZip4Win. app のエイリアスをDockに置くと使い易いでしょう。 アンインストールは、MacZip4Win. app を「アプリケーションフォルダ」から取り出し、捨てます。 ファイルと同じディレクトリに. zipファイルが作成されます。 複数のファイルを同時に選択した場合には、一つずつアーカイブされます。 appをダブルクリックすると設定ができます。 No Compressを選択すると、無圧縮でアーカイブのみ行います。 Encryptを選択すると、パスワード付きの暗号化ZIPファイルが作成されます。 これらの設定はMake Defaultをクリックすると保存されます。 他のOSバージョンやCPUでは動作しない恐れがあります。 問題がありましたらご一報いただけると幸いです。

次の