インスタグラム アクセスがありました。 【10分で解決】インスタで不具合?直し方や問い合わせ方法まとめ

【10分で解決】インスタで不具合?直し方や問い合わせ方法まとめ

インスタグラム アクセスがありました

Instagramの様なSNSではそのサービスを利用する為にアカウントが必要となります。 このアカウントは個人でもサークルや何かの団体などの複数人でも作成することが可能ですが、基本的には個人のアカウントがあって、そのアカウントでグループのアカウントに参加すると考えてください。 ですので、これらのサービスを利用している全てのユーザーがインターネット上での自分の分身となるアカウントを持っています。 これらのアカウントはユーザー名やメールアドレスとともにパスワードを登録することで、セキュリティの管理がされています。 ユーザー名とメールアドレスを知っていても、パスワードを知らなければ、そのアカウントの利用者としてログインすることはできません。 もちろん、この逆の場合も同様です。 普段Instagramをスマートフォンで利用しているユーザーがPC等の普段使わないデバイスからアカウントにログインすると「不審なアクティビティ」の警告を受けることになります。 これは、いつもと違う環境からのアクセスがありましたが、これはあなたの任意のもと行われていますか?とInstagram側が確認をしてくれているのです。 何かのきっかけでアカウント情報が漏れ、不正に利用されているかもしれないといったセキュリティ面での確認です。 任意であろうと故意であろうと普段利用しているものとは別のデバイスからのアクセスを確認すると自動的に送られてくるメッセージですので、自分の任意のもとにおこなったアクセスであれば特に気にすることはありません。 いつも通りにサービスを利用しましょう。 まずはこの警告に表示されているアクセスに覚えがない場合です。 Instagramから届く通知にはどのデバイスからアクセスされたのか、その種類とアクセス時間が記載されています。 これらの情報を元にあなた自身の記憶を辿ってみてください。 それでも身に覚えがない場合は、何らかの原因でアカウント情報が盗み取られてしまった可能性があります。 そうなると、知らない誰かに不正にアカウントを利用されてしまうなどの被害に遭う可能性が高いので、もう一度アカウントのセキュリティを確立しなければなりません。 一番簡単で安全なのは、不正アクセスされたアカウントを削除し、新たなアカウントを作ることですが、今までの投稿やInstagramでつながりを持っていた友達等の記録は消えてします。 そこで、アカウントはそのままに、パスワードや登録しているメールアドレスを変更することでセキュリティ状態を向上させる方法をとるユーザーが多くいます。 これらの設定は自分のホームページにある設定アイコンから変更することが可能なので、不正アクセスが疑われる場合には早急に設定の変更をすることをお勧めします。 ところが、中には時すでに遅しと言ったところでしょうか、すでに不正アクセス先の何者かにこれらの情報が書き換えられている場合があります。 全ての設定を変更することは本人以外ではかなり難しくなっているので、この様な状況になっても慌てずに対処していきましょう。 まずは、Instagram側に不正アクセスによりアカウントの利用ができなくなってしまった、もしくは各種設定の変更ができなくなってしまったことを伝えましょう。 アカウント登録時に設定した様々な情報からアカウントの復元や設定変更を手伝ってくれます。 Instagram側にコンタクトをとることなくアカウント状態を確認することはほぼ不可能なので、早めにヘルプページからコンタクトを取りましょう。 Instagramは他のSNSサービスとも連携して投稿することが可能です。 特にfacebookとは強いつながりを持っていて、Instagramにfacebookのアカウントを利用してログインしている方も多いのではないでしょうか。 Instagramのアカウント情報が漏れてしまったということは、それと連携しているfacebookの情報も漏れてしまっている可能性があります。 こちらのアカウントについても不審なアクティビティがなかったかどうかを確認しておきましょう。 仮にその様なアクセスがなかったとしても、念のためにパスワード等のセキュリティ情報を新たなものに更新しておくことをお勧めします。 様々なインターネット上のサービスを利用することで、その分自分のアカウント情報やセキュリティに関する情報が外部に漏れてしまう危険性は高まります。 今回はInstagramへの不正アクセスだったにしても、その情報は他のSNSサービスから漏れたものかもしれません。 今後の被害を防ぐ為にもこの不正アクセスをきっかけに、一度全てのアカウントについての見直しをしてみるのもいいでしょう。 Instagramに限らず、様々なSNSのサービスを利用している人が増えていますが、その一方で自分のアカウント情報やそれらのセキュリティについては無関心な人が多くいるのも現状です。 「不審なアクティビティ」についての警告が届くということは、どのような理由であれ一時的に自分のアカウントが不正利用の危険性を持ったということです。 自分の任意のもとに他のデバイスからアクセスする場合も、図書館やネットカフェ等の公共の場、不特定多数の人が利用するようなデバイスからのアクセスはできるだけ控えましょう。 もちろん、写真投稿等のサービス利用後はきちんとログアウトをしこれらのデバイスにパスワード等を残すことのない様に気をつけてください。 この類の警告が届かないことが一番ですが、警告がないからと言って油断してはいけません。 自分の様々な情報を守る為にも、定期的にパスワードの変更をするなどセキュリティについては常に意識しておきましょう。 これらのちょっとした気配りをするだけで安全にInstagramを利用することができます。 「不審なアクティビティ」の警告があった際には上記のことを思い出し、アカウント情報等を見直すきっかけにしましょう。

次の

Instagram「今日アクセスがありました」 DMを開くときに表示されてるこ

インスタグラム アクセスがありました

InstagramなどSNSアカウントが乗っ取りされたときのトラブルリスク これまでにもTwitterやFacebookなどでは不正ログインによるアカウントの乗っ取り被害が報告されてきました。 LINEなどで友達に対しプリペイドカードの購入や送金を促すような詐欺メッセージを送ってしまうといった被害も報告されています。 Instagramでの乗っ取り被害も多く報告されています。 利用者が多くいるということは、それだけ狙われるリスクも比例して大きくなるということなのです。 企業アカウントや自分のアカウントが乗っ取られてしまうと、ビジネスの運営や自己ブランディングに支障をきたし、 今まで積み上げてきた信用を損なってしまいます。 まず、以下のような3つのリスクと影響があることをよく認識しておきましょう。 犯罪に利用される可能性がある アカウントが乗っ取られてしまうと、自分のアカウントから意図しない投稿がされたり、フォロワーに対して誤解を招くようなDM ダイレクトメッセージ を送信される危険性があります。 また、悪質な場合は出会い系サイトやアダルトサイトなどの宣伝とそのサイトへの誘導、架空請求などの詐欺サイトへの誘導などが行われてしまう可能性もあります。 さらに、プロフィール内のURLリンクが変更される可能性もあります。 インスタグラム経由で自社サイトに誘導するはずのユーザーがフィッシングサイトへ誘導され、個人情報やカード情報を奪われるという二次被害を生む重大な事件につながることもありうることです。 アカウント凍結などで全ての投稿やフォロワーを失う可能性がある それまで投稿したコンテンツや写真を削除されてしまう可能性があります。 ブログやホームページにインスタグラムの投稿を埋め込んでいる場合、投稿も削除されて表示されなくなってしまうのでさらに被害が広がります。 また、1で説明したようなスパム投稿やダイレクトメッセージでの詐欺行為、違法サイトへの誘導が行われるとアカウント凍結措置が取られる可能性もあります。 インスタグラムのアカウントが凍結されてしまう理由は主に以下です。 違反報告が多いアカウント• 商標を無断使用した場合• 長期間使用されていないアカウント• 利用規約違反したアカウント アカウントが凍結されて復旧ができなくなってしまうと、そのアカウントで獲得した全てのフォロワーと自分でアップしてきた投稿すべて失うことになってしまいます。 DM ダイレクトメッセージ に含まれる個人情報流出が最大のリスク 企業アカウントとしてインスタグラムを運営している場合、顧客の個人情報を保護することは企業責任として求められています。 フォロワーの氏名、電子メールアドレス、電話番号といった個人情報をDM ダイレクトメッセージ でやり取りしていた場合、乗っ取りによりそれらの個人情報も流出してしまうことになります。 過去の2014年に起きたベネッセホールディングスの3,504万件にも及ぶ顧客データの流出事件は大きく報道され、企業の情報管理体制、セキュリティリスクへの姿勢が厳しく批判を受けました。 何らかの形で顧客の個人情報を扱っている企業の責任者は、個人情報流出が最大のリスクになる事を認識しておく必要があります。 万が一インスタグラムアカウントが乗っ取りされてしまったときの対処法 ここでは、ヘルプセンターに掲載されているインスタグラムの乗っ取り(不正アクセス)への対処方法を紹介します。 インスタグラムアカウントにログインできる場合の対処法 アカウントが不正アクセスされたと思われる場合で、ログインできるときは、まず以下の項目を行いましょう。 パスワードを変更するか、 自分宛てにパスワードの再設定メールを送信する• 不審なサードパーティアプリのアクセスを無効にする• セキュリティを強化するために二段階認証をオンにする パスワードの流出が一番の問題ですので、まずはパスワードを変更してしまいます。 Twitterとの連携アプリなどで不審なサードパーティアプリを使っている場合は、連携を無効にしましょう。 そして二段階認証を設定することでセキュリティ性を向上させます。 (設定方法は後述) もし、アカウントにログインできなくなっていた場合は、以下の方法を順に試してみましょう。 自分のメールアカウント宛てにInstagramからメッセージが届いていないか確認する インスタグラムでメールアドレスを変更した場合、登録しているメールアドレス宛にインスタグラムから情報変更した旨のメールが届きます。 インスタグラムからメールアドレスの変更を知らせるメールを受け取った場合、メールに記載されている [この変更を取り消す]オプションを使って元に戻すことができます。 パスワードなど、その他の情報も変更されていて、メールアドレスを元に戻せない場合は、そのアカウントを報告してください。 不正アクセスされたアカウントを報告する アカウントを元に戻せない場合、そのアカウントをインスタグラムに報告しましょう。 Androidの場合• ログイン画面で [ログイン]の下の [ログインのヘルプ]をタップします。 ユーザーネーム、メールアドレス、電話番号を入力して、 [次へ]をタップします。 [ヘルプが必要な場合]をタップして、画面の指示に従います。 自分だけが利用できる安全なメールアドレスを入力します。 リクエストを送信したら、Instagramから次の手順を知らせるメールが届くので指示に従います。 iOS iPhone の場合• ログイン画面の [パスワードを忘れた場合]をタップします。 [ログインリンクを送信]の下にある [ヘルプが必要な場合]をタップして、画面の指示に従います。 自分だけが利用できる安全なメールアドレスを入力します。 リクエストを送信したら、Instagramから次の手順を知らせるメールが届くので指示に従います。 IDを認証する リクエストを送信すると、InstagramのセキュリティチームからIDの認証を求める自動返信が届きます。 認証には、次のいずれかまたは両方を使用します。 Instagramからお送りしたコードを手書きした紙を持っているあなたの写真。 登録に使用したメールアドレスまたは電話番号と、登録時に使用したデバイスタイプ 例: iPhone、Android、iPadなど。 ID認証用の情報を送信すると、先ほど指定した安全なメールアドレス宛てに、アカウントを元に戻す方法を記載したメールがInstagramから送信されます。 記載されている内容をもとに、アカウントを元に戻しましょう。 インスタグラムのヘルプセンターではアカウントが不正アクセスされたときの対処法などが詳しく掲載されています。 困っている場合は記載されている内容にすべて目を通しましょう。 以下の条件をまず確認しましょう。 英数字の小文字と大文字を含ませる• 数字や記号を含ませる• 名前、誕生日など個人情報から予想できない文字列にする• 他のサービスで使っているパスワードと違うものにする そのうえで、不正アクセスによる乗っ取りを防ぐ有効な対策として、 ログインの二段階認証を行いましょう。 二段階認証とは、通常のIDとパスワードによるログインの他に、認証コードを使ってログインを二段階に分けて行う仕組みです。 認証コードは自身のスマートフォンでのみ確認できるので、万一ログインパスワードが流出してしまっても、不正ログインを防ぐことが可能です。 ログイン時に2種類の情報入力が必要となり手間が増えますが、アカウントの乗っ取りによって重大な問題が発生するよりはマシでしょう。 以下、二段階認証の設定方法を解説します。 プロフィールを開いて右上の設定をタップ まず、インスタグラムの設定画面を表示させましょう。 設定アイコンは、Aandroidは縦3点、iPhoneは歯車です。 オプションを開き二段階認証をタップ オプション画面に「二段階認証」の項目があるので、タップします。 「セキュリティコードをオンにする」のスイッチをオン セキュリティコードをオンにしましょう。 アカウントに電話番号が追加されていない場合は「電話番号を追加してください」のダイアログが開きますので「電話番号を追加」をタップし設定します。 スマートフォンのSMSで「認証コード」を確認 自分のスマートフォンの電話番号当てにSMS(ショートメッセージ)が届きますので、認証コード(セキュリティコード)を確認しましょう。 「認証コード」を入力 インスタグラムのアプリに戻り、届いた認証コードを入力し、右上の「完了」をタップします。 バックアップコードのスクリーンショット保存 万一スマートフォンを紛失してしまった場合に備え、 バックアップコードのスクリーンショットを必ず保存しておきましょう。 認証コードをバックアップしておけば、スマホや携帯を紛失してもログインを再現することができます。 以上でインスタグラムの二段階認証の設定完了です。 万が一ログインパスワードが奪われても、二段階認証によるセキュリティがはたらいているため、不正アクセスされるリスクが大幅に減ります。 企業などで複数の人がインスタグラムのアカウントを共有する場合のセキュリティー対策 企業アカウントの運用の場合、複数の担当者がログインをする場合が多いでしょう。 また、個人アカウントと比較して攻撃の対象となる可能性も格段に高い企業アカウントは、非常に不正ログインリスクの高いアカウントですので、しっかりとした対策が必要です。 インスタグラムを複数人で運営する企業アカウントのセキュリティー対策 企業アカウントのセキュリティーをしっかりと守るためには、個人の場合と同様にパスワードを複雑にすることや二段階認証の設定をすることに加え、 運用ルールを明確化する必要があるでしょう。 多くのセキュリティーツールの販売会社が推奨している共通点をまとめると、次のような対策があげられています。 従業員の不適切な利用を制限するガイドラインの作成• 運用者の数を限りなく少なくする• セキュリティーソフトの導入やソフトウエアの更新を適切に行うなどのパソコン自体のセキュリティー強化 企業アカウントのSNSは企業の顔ともいえますので、しっかりと対策をとって不正アクセス防止に努めましょう。 まとめ 今回はインスタグラムのアカウント乗っ取りにおけるリスクや対処法をご説明しましたがいかがでしたか? 一度アカウントが乗っ取られて被害を顧客やフォロワーに対して出してしまうと信頼を取り戻すことは困難です。 またアカウントが凍結された場合は二度とログインすることもできません。 そのような悲劇的な事態を防ぐため、今回紹介した方法でインスタグラムのセキュリティ対策をしっかりと行うようにしましょう。 本メディア「インスタラボ」を運営する では、企業のアカウントやSNS広告の運用代行を承っております。 セキュリティはもとよりブランドセーフティも意識した運用により、ブランド価値を高めるお手伝いをさせていただきますのでお気軽にお声がけください。 今話題のインスタグラムを活用してマーケティングをしよう!とは言ったものの、 思うようにフォロワーが伸びなかったり、売上につながらないという悩みを抱える企業は非常に多いのが現状です。 何から始めて良いのか分からないとお困りの企業担当者は、 「インスタグラム・マーケティング」の専門家にしっかりと相談しましょう。 インスタラボを運営するFind Model(ソーシャルワイヤー 株 )は、 ・ ナショナルクライアント様を中心とした 事例・実績は1500件以上 ・ インスタグラムに特化した 国内最大級メディア「インスタラボ」運営の豊富なナレッジ ・ 企業SNSマーケティングの戦略コンサルティングから公式アカウントの運用代行やSNS広告運用までワンストップサポート 豊富な事例やナレッジをベースに、貴社のマーケティング課題を解決します。 ぜひこの機会に インスタグラムを活用したマーケティングの実施を検討していきましょう。

次の

インスタグラムのIDとアクセストークンを取得する

インスタグラム アクセスがありました

インスタグラムを見るだけの人、「見る専」とは!? インスタグラムやTwitter、Facebookなどで見るだけの人のことを「見る専(みるせん)」と呼んでいます。 誰にもバレずに見る専用のアカウントを作る場合は以下の記事を参考にしてみて下さい。 関連記事 ではインスタグラムのアカウントを作成する事なく、芸能人や友達のインスタグラムの投稿は見る事はできるのでしょうか。 相手のユーザーネーム?ちょっと分かんないんだけど… この様に中には 相手のユーザーネームが分からないと言う人もいると思いますので、相手のユーザーネームが分からない場合についてもご紹介したいと思います。 関連記事 インスタのアカウントなしで相手ユーザーネームが分からない時 インスタグラムでアカウントを作成していない(アカウントなし)、また、相手のユーザーネームが分からない時でも投稿を見るだけであれば可能です。 instagram. この時のユーザーネームですが、相手のユーザーネームが分からない為、多分いるだろうと思われるユーザーネームを入力します。 すると以下の様にスターバックスコーヒーの公式アカウントが表示されます(画像はPCブラウザ版) そしてここからが大切なのですが、表示されたアカウントの上の方に検索窓が表示されていると思います。 この検索窓をクリックします。 そして検索したい芸能人や知り合い、友達の名前などを入力します。 今回は「ARASHI」と入力してみました。 入力すると検索窓の下に関連性のあるユーザーや「 (ハッシュタグ)」がズラ〜っと表示されます。 画面右を見て頂くと「ログイン」や「登録」の文字があることから、アカウントなしでも閲覧できている事が確認できます。 インスタグラムで芸能人や友人知人の投稿を見るだけの場合は以上の手順で検索する事が可能です。 そして対象のアカウントの画像をどれか一つ表示させ、両サイドの矢印ボタンをクリックする事でポップアップが表示される事なく閲覧する事ができます。 ただ、現段階(2020年)ではこの方法も有効ですがいつインスタの仕様が変更されて見れなくなるかも分かりませんのでその辺りは了承ください。 そして、検索結果に表示されたユーザーが写真や動画を投稿しているはずなのに 閲覧する事ができないユーザーも中にはいます。 非公開アカウントユーザーの投稿を閲覧するためには、インスタグラムのアカウントを作って相手にフォローリクエストを出して承認される事で閲覧する事が可能となります。 フォローする際、無言でフォローしてもいいのかどうかなど、インスタならではの疑問について次の記事では紹介しましたので参考にしてみて下さい。 関連記事• スマホにインスタアプリをインストール• 新規登録してアカウント取得 以上の手順を行うだけで簡単にインスタグラムを始める事ができます。 インスタグラムを利用するにあたって必要な情報は「電話番号」または「メールアドレス」のどちらかです。 電話番号を利用する場合はSMSによる電話番号認証。 メールアドレスの場合は。 それぞれの認証によってアカウントを作成する事ができ、登録後は同時にパスワードも設定する様になります。 また、初めはインスタを始めたことを公にしたくない人もいると思いますので、次に紹介する設定をしておくことでひっそりとアカウントを作成できるはずです。 インスタプロフィールの公開設定 初めてインスタグラムを始める場合は、 インスタグラムの公開設定を非公開にしておくといいかもしれません。 プロフィールを公開すると言う事は、言うなれば世界に公開されると言うことでもありますので、少し抵抗がある場合は非公開設定にしてから始めるのがいいかもしれませんね。 インスタグラムのアカウントの公開・非公開については以下の記事が参考になると思います。 関連記事 電話帳(連絡先)とはリンクしない インスタグラムを始めたことを知られたくない場合は、 登録時にスマホ内の電話帳(連絡先)とのリンクをしない様に設定した方がいいかもしれません。 もちろん知り合いや友人に知られてしまう条件はこれに限りませんが、一つの対策として知っておくと良いと思います。 絶対にバレたくないと言う場合には以下の記事を読むことをお勧めします。 関連記事.

次の