コロナ だじゃれ。 【全訳】メルケル首相、自宅隔離から復活のスピーチ「“その後”は必ず訪れます」

ラスベガス在住プロレスラーが語る「新型コロナでカジノの街が死んだ」話

コロナ だじゃれ

・布団がふっとんだ ・ハエは速え ・内臓がないぞう ・シャベルが喋る ・トロイはとろい ・イランはいらん ・ウランは売らん ・移管はイカン ・妖怪に用かい? ・梅はうめえ ・仏像がぶつぞう ・ナイスな椅子 ・太陽に会いたいよう ・土管がどかん ・仏なんてほっとけ ・洋梨は用無し ・このカレンダーは彼んダー ・魚の差かな? ・イルカは居るか? ・イクラはいくら? ・パンダのパンだ ・亀を噛め ・ラクダは楽だ ・ミロを見ろ ・入れ歯でいれば? ・カッターを買ったー ・替え刃を買えば? ・ホテルで火照る ・冷やし中華は冷やし中か? ・コンドルの家はいつも混んどる ・砂漠で鯖食う? ・ミスターがミスったー ・お菓子買ったらおかしかった ・最大のサイだい ・カラスの脳は空っす ・焼肉は焼きにくい ・ひき肉は挽きにくい ・肉が憎い ・鶏肉は取りにくい ・板前はそこにいたまえ ・肝臓がない。 こりゃいかんぞう ・母艦が爆発した。 ボカーン!! ・やけどをしたんやけど。 ・コンドルが食い込んどる ・委員会に行かなくていいんかい? ・ジャイアンじゃいあーん! ・のび太が伸びた ・ドラえもんはドラーええもん持っている ・しずかちゃんしずかじゃん! ・スネ夫がすねを蹴る ・銅像をどうぞー ・父さんが倒産 ・カリーナを借りーな ・刀を買ったな? ・アルミカンの上にあるミカン ・あったかいコーヒーはあったかい? ・あんな肉あんなに食うか? ・秋はあきた ・頭があったまる ・上履きが降って来た!「うわ!」バキッ! ・蟻ってあり? ・あっしの足 ・イカすイカ墨 ・石はおいしい ・イタチの生い立ち ・犬が居ぬ ・今、居間にいる ・今井君!今行く! ・鵜(う)がうがいする ・馬はウマい ・英和辞典はえぇわ〜 ・おじさんを持参 ・蚊か? ・学生が臭ぇ ・火星を貸せぃ ・カッパをかっぱらう ・かねがね金がねぇ ・お金はおっかねぇ ・カバをかばう ・体だからだ ・カレーは辛ぇ ・漢字って感じ? ・北から来たから? ・切手を切って ・教会にいくのは今日かい? ・草が腐った ・下駄を投げた ・車が来るまで待とう ・コーディネートはこうでねぇと ・紅葉見に行こうよう ・カナリヤかなりヤバい ・コマが困った ・最近の細菌 ・サイは何歳? ・サイはくさい ・猿が去る ・鹿しかいない ・竹刀しない? ・シマウマになってしまうまで ・ショウガがないとしょうがない ・センスない扇子 ・ソ連のカミソリは剃れん ・鯛たべたい ・タイに行きたい ・電話にでんわ ・ドイツ人はどいつだ!? ・動詞同士どうしよう ・トイレにいっといれ ・道場に同情 ・床屋にいくとこや ・虎をとらえる ・ナイターを見て泣いたー ・ナイスな椅子 ・内容がないよう ・西にしなさい ・忍者は何人じゃ? ・ネギを値切る ・猫が寝転ぶ ・橋の端 ・箸の端 ・ハングライダーに乗ったのは一時間半ぐらいだー ・豚がぶった ・ブドウを一粒どう? ・ブドウの武道 ・僕さーボクサーなんだー ・へちまが減っちまう ・星がほしい ・ホットケーキはほっとけー ・本棚だな ・「しょうゆかソースどっち?」「ソーッスねぇ・・・」「しょうゆーことか・・・。 」 ・枕で真っ暗 ・マジでまじぃ ・虫は無視 ・眼鏡をとったら目がねぇ ・木星も臭ぇ ・土星が驚いた。 「ドシェー!」 ・モグラはもぐらない ・モノレールにもう乗れる? ・森に行くつもり ・シャレはやめなしゃれ ・ダジャレを言ったのはだれじゃ? ・門を開けるもん ・屋根はやーねー ・ライターをひらいたー ・レモンのいれもん ・惑星は臭ぇ ・わしは鷲 ・わたくしはタクシー ・ワニが輪になる ・ワラを笑う ・大仏に、ほこりがだいぶつもったのぉ ・紅白のあとしまつ。 ほうきでどう掃くの?「こう掃くの!」 ・兵士もひげをソルジャー ・胃が痛い-と、私は言・・いたい。 ・毛蟹を食べたケガ人 ・島根県人にしまねぇ事した。 ・再雇用・課長のクビを拾う(火中の栗を拾う) ・安い中華料理店・『鴨無く鱶(フカ)も無く』 ・山形で射った矢曲がった。 ・田から宝 ・明るいところで、重い荷物を持った。 「あ、軽い」 ・ハワイ在住の真珠好きのおばあちゃん。 ・ネットワークでどうなるの?コーヒー飲めるよ。 」 ・ハリケーンでは張り裂けーん ・いつも五千円ありがとう」「それを言うなら『ご声援』!」 ・鉄砲盗まれちゃったよ。 がーん。 ショコラへんだよ! ・「週末バーベキューでもどお?」「忙しいんだ、またコンロにしよう」 ・「婦人服メーカーに就職内定。 アパレル産業よ」「俺は組事務所に。 アバレル産業だぜ」 ・ドリアを気合入れて食べる。 「ドリァー!! 」 ・昔の人気ディスコグループ、去る時はいつも「アバよ」 ・ついたてが付いたでぇ。 ・「西さんって、いいすとだね〜」 ・ひょうにであった。 (生きるべきか、死ぬべきか) ・古本屋で怪しい奴が居る。 ハッピーバステイ! ・クイズタイムショックで全問不正解。 息切れ・めまい。 ・海の上で蚊にさされたら、かい〜じょ〜 ・「彼女、酒豪なんだって・・・」「へーしゅごーい!」 ・うわっ!小さい子が運転してる!児童じゃ〜 ・モヤがかかって、前が見えない!「も嫌!」 ・豚小屋をノックした。 トントン・・・ ・食器洗い機が突然壊れて、思わず、・・・・・ショック笑い。 ・改装かい?そうかいそうかい。 ・縄跳びが日課の少年。

次の

独メルケル首相、台湾・蔡総統…新型コロナ対応で株を上げた女性リーダーたち

コロナ だじゃれ

首脳会談や記者会見などで常に余裕のある笑顔を見せるドイツのメルケル首相=ベルリンで2018年7月20日、ベルリン支局助手メルリン・ズグエ撮影 パンデミック(世界的大流行)となった新型コロナウイルスの累積感染者は、米ジョンズ・ホプキンズ大のまとめで20日に240万人を超え、死者も16万5000人以上に達した。 国や地域によって対応に相当の違いがあり、評価を大きく上げた政治リーダーもいれば批判の集中砲火を浴び続ける国家首脳もいる。 主な国、地域での現状を眺めると、「株を上げた」女性指導者の姿が目立っている。 ドイツのメルケル首相の新型コロナウイルス対応を、普段は辛口の欧米メディアも評価している。 ドイツの国際放送ドイッチェ・ヴェレの記者は、感染抑止の必要性に関し物理学者でもあるメルケル氏が4月15日の会見で行った説明が優れているとして、英語字幕を付けた動画をツイート。 AP通信も3月末の記事で「コロナウイルス危機対応で輝くメルケル」と評価した。 英ガーディアンは4月2日付記事で、メルケル氏の支持率が3月末の世論調査で11ポイント急上昇し79%に達したことに触れ「驚くべき数字」と述べた。 「ドイツ第2公共放送」が4月6~8日に1175人を対象に行った定例の世論調査では、74%が政府の感染抑止策を評価した。 最大500億ユーロ(5兆8500億円)の中小企業や芸術家向け給付金などの経済支援対策も69%が支持した。 多数の死者を出しているイタリア(2万3660人)、スペイン(2万453人)、フランス(1万974444人)、イギリス(1万6095人)に比べ、ドイツの死者数は4642人(いずれもジョンズ・ホプキンズ大調べ20日午前)と相対的に低い。 メルケル氏の人気の背景には、危機の最中でも冷静に対策の必要性を説き、影響を受ける人々に手厚い経済支援を提供する一方、感染被害の抑止にも一定の成果を出している点がありそうだ。 メルケル氏は15日、中小規模店舗の20日からの営業再開を認める一方、3人以上で集まることなどを禁じた接触制限を5月3日まで延長した。 台湾の累積感染者数は420人で、死者は6人と少ない。 早期の水際対策と徹底した隔離対策が効力を発揮したとされ、「世界最高レベルの対応」(米CNN)と評価されている。 3月19日に外国人の入港禁止措置を実施。 海外から戻った人や濃厚接触者に14日間の隔離を義務づけ、違反者には最高100万台湾ドル(約360万円)の罰金を科した。 マスク供給も政府が管理しており不足は報告されていない。 また、歯科医でもある陳時中・衛生福利部長(衛生相)が連日記者会見を行い、記者の質問に徹底して回答。 温かい語り口もあって「鉄人大臣」として国民の信頼を獲得した。 また、唐鳳(オードリー・タン)政務委員(閣僚級)はIT担当として「マスク配布システム」を仕掛け、市民エンジニアらの協力でオンライン薬局在庫表示を推進した。 台湾は16日、日本側にマスク200万枚を送ると発表している。 こうした「専門家内閣」を率いる蔡英文総統の支持率は、3月末に地元TVBSテレビの世論調査(3月20~25日実施)で60%に達した。 2月中旬の前回調査から6ポイント上昇している。 防疫対策に満足だと回答した人は84%にも上った。 蔡総統は4月16日、米タイム誌(電子版)への寄稿で「医療専門家や政府、民間と社会全体が防衛を固めた」などと述べ、社会が一丸となったことで成果が出たとの見方を示した。 また、台湾では37人が死亡した2002~03年の重症急性呼吸器症候群(SARS)対応の教訓が生きたとも説明した。 ニュージーランドの女性首相ジャシンダ・アーダン氏も感染対策で高い評価を得ている。 調査会社コルマーバートンが4月3~5日に実施した調査では、3月23日に発表された全土での外出制限措置など、政府の新型コロナウイルス対応を支持する人が84%に及んだ。 日本を含む主要7カ国(G7)の平均は54%だった。 首相自身の支持率は13日に発表された世論調査では過去最高の51%で、2月の結果から7ポイント上昇した。 米誌アトランティックは、アーダン氏が「世界で最も効果的な指導者かもしれない」と持ち上げた。 同国のクラーク元首相は「説教をするのでなく、我々と共に立ってくれる」と指摘、39歳のアーダン氏の共感を重視したリーダーシップを評価したという。 ニュージーランドの累積感染者数は20日現在1431人で、死者は12人だ。 一方、世界の男性指導者の中には批判に直面する人も目立つ。 新型コロナウイルスの累積感染者が約76万人、死者約4万人で世界最悪となった米国では、野党民主党や一部主要メディアによるトランプ米大統領への批判が続く。 「不要な死と経済的災厄をもたらした」。 ペロシ下院議長(民主党)は14日、民主党下院議員あて書簡でトランプ氏の感染抑止策などを厳しく指弾した。 米国では….

次の

さまざまな場面での激励の言葉例文集|激励会・新入社員・取引先

コロナ だじゃれ

昔、私の父親は個人タクシーしていました。 そのとき乗っていた車が、トヨタ・コロナ2 000GT。 たしかたしかディーゼル車でした。 そんな思い出もあり、新型コロナウィルスと聞いた瞬間に「新型コロナ誕生!」のネタが思いつきました。 それで、なんかネタになるものないかと検索するとがありました。 コロナとならば、いつまでも。 オチとしては弱い。 YouTubeのCM動画もあって見入ってしまいました。 長嶋監督も出ていたのですね。 「コロナ」の意味を調べると、「王冠」の語源でした。 新型コロナは、いつかはクラウンに (画像はから) さすがトヨタ。

次の