山本太郎 消費税0。 「消費税ゼロ」で日本は甦る! れいわ新選組・山本太郎が考えていること。|文藝春秋digital

山本太郎は消費税廃止の旗を下ろすな!および東京五輪は中止ではなく返上せよ!

山本太郎 消費税0

れいわ新選組の山本太郎代表は25日までに、新型コロナウイルス感染拡大に伴う経済対策として「コロナ緊急事態だからこそ消費税0%に」とする提言案を自身のSNSで発表し、与野党に同意への協力を求めた。 提言は「緊急経済対策として消費税を0%とするための、消費税特例法について」と題し、消費税率を0%にするための特例規定を盛り込むことを提案。 消費税率について「当分の間、消費税法第29条の規定にかかわらず、0(ゼロ)とする」とした上で、消費税収入がなくなる期間、税収で影響を受ける財源は、赤字国債発行でまかなうことなどを主張している。 その上で、与野党の有志で法案を作成国会に提出するよう、求めた。 山本氏は「党の力がなきゃ次の当選危うい? だから声だけ上げて終了? それではこの国に生きる人々は救われない」と、与野党議員に呼びかけた。 「この事態においても大胆な判断をしない政党などブッチ切って新しい枠組みで古い体制ひっくり返しましょう」とも訴えた。 SNS上でも広く賛同を呼びかけている。 山本氏率いるれいわは今月、設立から1年を迎えた。 昨年の参院選では「消費税廃止」を掲げて比例代表で約200万票を獲得し、2議席を獲得した。 山本氏は今月6日、コロナ禍での経済対策として100兆円規模の財政出動を求める内容の緊急提言を、安倍晋三首相にあてて提出。 この中でも、消費税を1年間ゼロにする特例法の制定などを盛り込んでいる。 net MMT信者じゃなかったの? お札をガンガン刷って配ればいいんじゃない? 一人1000万円ずつとか。 GDP400%増えるぜ。 net もはや枯れた人。 net 令和は今国会に誰も登院できてないからね。 比喩でも何でもなく、何の役にもたってねーよな。 net 経団連が大反対.

次の

山本太郎の「消費税ゼロ」で日本は甦るのか

山本太郎 消費税0

『山本太郎に、心からの反省と謝罪を求め!猛省を促します』 私は昨年の参院選で、比例区は山本太郎に、選挙区は共産党に投票したのですが、山本太郎さんの動きには心底ガッカリしました。 というのも特定枠に重度障碍者の2名を入れ党首である山本太郎本人が落選したからです。 重度障碍者を国会議員にするのは大いに結構ですが、私が怒り心頭に発したのは、障害者を矢面に立たせた事です。 これは極左の手法ですよ! 『自ら弱者を守り抜く姿勢を示さなかった事が全ての間違い』 極左の集会で昔から気持ち悪かったのは障碍者の方々を一番前に集めるアレで私には弱者を盾にする様に見えたのです。 障碍者の社会参画は大いに結構ですが、盾にする事は許されませんよ!れいわ新選組の候補者選びは、正にその嫌な空気感を感じたのです。 本来は、山本太郎本人がどんな事があっても当選し、その上で、重度障碍者の議員をサポートするのが筋じゃないですか? 『消費税ゼロでは無く、存在感ゼロの山本太郎』 本人は三人当選するつもりだったなんて言っていますが、リスクを考えないのは、政治家として失格です。 安全保障を軽視する左派的なバックグラウンドが裏目に出ました。 結局その後の政局では、存在感ゼロです!消費税ゼロ!を訴えて、大注目を集める安藤裕議員とは雲泥の差となりました。 重度障碍者の議員はコロナの感染リスクで休みましたが当然の事です。 問題なのは、障碍者を国会という戦場に放り込んで逃亡した山本太郎の方です! 『都知事選立候補をどうみるとか?』 チャンネル桜の水島社長は、山本太郎が都知事選挙に出ると警鐘を鳴らしていましたが、出る訳無いだろう!と私は、思っていましたが、立候補する噂があります。 彼は昨年の段階で、早々に解散総選挙がある!とか言っていましが、コロナ禍で、国政選挙は来年の秋以降でしょう。 私は、早々に総選挙があると言っていた山本太郎の政治臭覚の鈍さにも呆れていたのですが、れいわ新選組を売り込み意味でも、立候補を検討しているのでしょうナ。 (追記事項:6月15日に山本太郎は都知事選挙に出馬表明しました。 本エントリーは、その前に投稿した記事です) 『消費税0%を都知事選挙の公約の中心に据えよ!』 山本太郎が昨年の参院選で注目を集めたのは、やはり消費税廃止を掲げたのが大きかったと思います。 私が都知事選挙に絶対出ないと思っていたのも、都知事には消費税を廃止する権限が無いからです。 しかし、それでも都知事に立候補するなら提言したいのは、その公約の柱に消費税0%を掲げる事です。 だとしたら今までの、政治戦略上のミスは水に流します! 『都債を発行し消費税を全額還付すれば消費税0%は可能!』 東京都は通貨発行権が無いですから、財政上の制限はあります。 しかし同時に東京都は、全国47都道府県の中で最大の支出能力を持ちます。 仮に消費税0%を掲げて都知事に当選した場合は、地方債を発行し、消費税を事業者に全額還付すれば、理論的には消費税を0%に出来ます。 これを最大の争点にするのです! 『消費税ゼロ!米軍基地ゼロ!CO2ゼロ!の三つのゼロ』 今はまだ6月ですが、東京は既に真夏日となるなど、地球温暖化は深刻な問題です。 山本太郎さんは元々放射脳の反原発カルトですが、福島原子力災害でも直接の死者はゼロ!だったのですから方針転換し、CO2ゼロを掲げて火力発電ゼロで、積極財政で原発推進派に転向すべきです。 そこで発生する放射性物質を利用して核武装も行い、米軍基地ゼロも掲げて、横田基地も返還して貰いましょう!ヤンキーゴーホームです。 『弱者救済、環境保護、平和は、日本のサヨクのお家芸』 山本太郎さんは、フリースタイルを自認し、左右に囚われない政治姿勢がモットーです。 ならば、消費税ゼロは弱者救済、原発推進でCO2ゼロは環境保護、核武装で在日米軍ゼロは平和と、サヨクのお家芸をフリースタイルで更新する事になります。 都知事選挙には極左弁護士の宇都宮が出るみたいですが、差別化を図るために、70年も塩漬けにしている都内の計画道路は全て事業化する!くらいの積極財政は掲げて欲しいものです。 『来年の東京五輪は潔く返上し2032年に延期せよ!』 来年に延期となった東京五輪ですが、どう考えてもパンデミックが収まる見込みはなく、まだ開催できると信じている方は、頭がイカれています。 新都知事は潔く2021年の五輪を返上し、2024年パリ、2028年ロス、の次の2032年に五輪を延期するように、東京都自ら提言すべきです。 私は、あのイオンモールみたいな隈研吾デザインの競技場で五輪が開催されるのが我慢できません!スタジアムは本当にイオンに高値で売却して本物のイオンモールにした方が良いと思いますヨ。 『来年7月に日本だけのオリンピックつまり国体を、国体の威信を掛けて開催しよう!』 SARS-CoV2感染症のパンデミックは、来年まで終息するのは不可能ですが、日本国内に限れば、鎖国状態を維持すればウイルス封じ込めは十分可能です。 ならば、コロナ禍克服を世界にアピールする日本だけのオリンピック(つまり国体)を来年7月に開催したら良いのです。 イオンモールみたいな隈研吾のデザインは、国体レベルのイベントには丁度良いでしょう。 開会式は予定通り、野村萬斎と椎名林檎の演出でお願いします! 『大風呂敷を広げて国会へ』 消費税ゼロ!CO2ゼロ!米軍基地ゼロ!の大風呂敷は、到底都知事レベルで解決できる話では無いですが、それが、この公約のミソです。 来年には衆議院選挙がありますから、その際に、都知事選の公約を実現するために、国政に打って出ます!と言い易いのです。 コロナ禍で安倍総理と自民党が無能なのは、十二分に国民に知れ渡ったので、消費税ゼロの具現化が可能となります。 『橋下徹首相を阻止しよう!』 私が一番恐れているシナリオは、小池百合子が再選し大阪維新の吉村知事と連携し、橋下徹とトロイカ体制を構築し国政選挙で大勝し、今の安倍政権をもっと悪くした緊縮ネオリベ構造改革政権が誕生する事です。 コロナ禍で積極財政は待ったナシですが、現実には9月入学などドアホな改革路線に全く歯止めが掛からない日本の惨状を憂う時、小池百合子を都知事選挙で「死に体」にする意義は計り知れません。 山本太郎さんは今は無職なのですから、3密ならぬ3ゼロを掲げてチャレンジしたら良いのです!.

次の

「『消費税ゼロ』で日本は甦る」れいわ新選組・山本太郎が本気の「政策論文」を寄稿

山本太郎 消費税0

選挙が近づいてきて、政治家のみなさんがバラ色の約束をするようになりました。 中でもわかりやすいのは、山本太郎さんの「消費税の廃止」という公約ですが、8%の消費税をやめると18兆円の財源がなくなります。 国民年金(と基礎年金)の財源は半分、消費税から出るので、消費税をなくすと年金が減ります。 年金について彼は何も語りませんが、年金財政の赤字をどうやって埋めるつもりなんでしょうか? の を動画にしました 騙されてはいけない、国の借金はあなたの借金ではない — enserio enseriomajide 山本さんは国債で埋めればいいといっています。 彼の話では「国の借金はあなたの借金ではなく資産だから問題ない」そうです。 これはまちがいではありません。 国債は政府が日本国民から借りるお金ですから、国としては得も損もしません。 日本を一つの家庭と考えると、お父さんがお母さんからお金を借りても、家の中でお金が動くだけです。 でも国債を将来返すときは、増税しなければなりません。 家の中でいうと、お父さんがお金を使ってしまって、お母さんに返すお金がないので、子どものおこづかいを取り上げるようなものです。 このときも家としては得も損もしませんが、お父さんは消費でき、お母さんは貸したお金に金利をつけて返してもらえるのに、子どもはおこづかいが減るだけです。 つまり納税者は 税金を取られるだけで消費できないので、消費は減ります。 これが将来の納税者の負担です。 山本さんの支持者も、今は消費税がなくなると得しますが、将来は年金をもらえなくなります。 山本さんも所得税の累進税率を強化し、法人税を累進課税! にするといっています。 これは結局同じことですね。 つまり彼は、 今の消費税を将来の税金に置き換えているだけなのです。 「インフレ税」で年金給付は減る 永久に増税しない方法もあります。 日銀がお札を印刷して国債を買うのです。 お札を印刷できる国では、借金を返せないということはありません。 消費税が18兆円足りなくなったら、1万円札を18億枚印刷すれば赤字は埋められます。 でも日本でいま流通しているお札は約100兆円ですから、18兆円もお札が出てくるとインフレになるんじゃないでしょうか? 大丈夫です。 ハイパーインフレになりそうだったら、印刷をやめるのです。 それで足りない財源は緊急に増税すればいいのです。 でもインフレになってから増税するといって、すぐできるんでしょうか? 山本さんは「ハイパーインフレは先進国では起こらない」といっていますが、それは彼のような政治家が政権をとらなかったからです。 頭のおかしい独裁者が政権をとった途上国では、ハイパーインフレはよく起こります。 れいわ新選組が政権をとって、山本首相が「借金は返さない」と宣言したら、国債が暴落して物価が上がり、ハイパーインフレになるでしょう。 物価が2倍になったら、みなさんの銀行預金の値打ちは半分になり、国の借金も半分になります。 インフレは税金と同じなので、 インフレ税と呼ばれることがあります。 これは政治的に手をつけられない年金給付を減らす最後の手段です。 預金に課税するので格差は縮小しますが、医療や介護や生活保護などの社会保障も切り下げられます。 要するに老後までの人生を考えると、 いま払う税金を減らしてもどこかで負担は発生するのです。 山本さんの世代には、それがまだ見えていないだけです。 それが彼が年金の話をしない理由でしょう。 どっちみち彼は年金をもらう年齢まで政治家を続ける気はないから、若い有権者に夢を見せて今年当選すればいいと思ってるんでしょう。 それは選挙の戦術としては合理的です。 そういう政治家が参議院東京選挙区で当選するのが、日本の民主主義なのです。

次の