渋谷うなぎ。 関西風うなぎを食べるなら!関東でおすすめの鰻屋7選 [うなぎ] All About

関西風うなぎを食べるなら!関東でおすすめの鰻屋7選 [うなぎ] All About

渋谷うなぎ

ひょうたん屋 1丁目店 うな重特上 銀座一丁目にある「ひょうたん屋 1丁目店」。 入口右手の焼き場前にカウンター席と奥にテーブル席がある。 歯ごたえのある皮と肉厚でプリプリとした身は、一口ごとに広がる脂の旨味がありボリューム満点だ。 タレは、甘すぎず程よく辛めで蒲焼とタレの相性も良くご飯がすすむ。 カウンター席に座れれば、炭火での「焼」の作業を見ながらうな重を楽しめる。 姉妹店である「」では、蒸さないうなぎを酒の肴に一杯飲みたい人におすすめだ。 2015年11月にオープン、際コーポレーションが展開する関西風地焼専門店だ。 古民家を移築したようなレトロモダンな雰囲気の店内には、テーブル席個室、座敷席などを備える。 かなり歯ごたえのあるブリブリッとした食感でマニアックな関西風の蒸さないうなぎが楽しめる。 「白焼き蒲焼食べ比べ」では関西風の蒲焼と白焼きの食べ比べができる。 2Pサイズという大きなうなぎにこだわり、一切一切れにガツンとくる力強さがある。 蒲焼は、たまり醤油、ザラメなどで調合した甘め濃厚なタレ。 白焼きは、皮をパリッと仕上てあり身は甘く濃厚、噛みしめた時にうなぎのパワフルさを感じる。 テーブル席、カウンター席、座敷席を備えている。 日本酒へのこだわりがあるお店で、カウンター席の上には日本酒の一升瓶が並ぶ。 身の表面の照り感もあり、やや弾力のあるプリッとクニュっとした食感。 皮はパリッと焼かれ、身と皮がハラッっとはがれる感じで、脂の旨味甘みを楽しめる。 タレはほんのり甘めで蒲焼とタレ、ご飯とのバランスが良い。 こちらでは、蒸を入れた関東風か蒸さない関西風か選ぶことができる。 お酒に合わせたり、その日の気分で選べるのも嬉しい。 入口左側には一枚板のカウンター5席と座敷席、テーブル席がある。 お好みで蒸した関東風、蒸さない関西風を選ぶことができる。 関西風でしたら、カブト 頭 付けましょうか? 身は分けますか? 焼きは強めにしますか? 店主がお好みを聞いてくれ、写真のような蒲焼が登場する。 そんな店主とのやりとりも楽しい。 カブト 頭 付のうなぎは大迫力、頭からかぶりついてもよし、ブリブリの身は噛めば噛むほど味わい深い。 ワサビや山椒でアクセントをつけ、味の変化も楽しめる。 店主と相談しながら自分らしいうなぎの楽しみ方を見つけられるかもしれない。 "うなぎラーメン"を出す店としてテレビなどでも紹介されている。 店内は居酒屋風、もともと関東風のうなぎを出していたが、お客さんの要望を聞いているうちに、蒸さない関西風のうなぎも出すようになったという。 蒸さない関西風白焼きは、皮はパリッと仕上げてあり、身の表面はサクサク。 ややプリッとした柔らかな身は、うなぎ本来の旨味とジューシー感を楽しめる。 ねぎポン酢でいただく夏季限定の"鰻冷しゃぶ"は、うなぎの皮も一緒にしゃぶしゃぶにしているので、プリプリの食感と濃厚感が楽しめクセになる一品だ。 モダン和風の内装のお洒落な店内は、カウンター、テーブル、小上がり席がある。 こちらも、蒸した関東風、蒸さない関西風を選ぶことができる。 面白いのが裏メニューのひとつ、通称「あぐり重」は関東風と関西風の蒲焼が同時に楽しめる。 お重の手前が蒸さないうなぎ、奥が蒸したうなぎ、ご飯には甘めのタレをまぶし、蒸したうなぎには辛めのタレ、蒸さないうなぎには甘めのタレがかかっていて複雑な味わい。 柔らかく仕上げた身と表面のサクサク感とジューシー感が楽しめる。 うなぎの創作料理もいろいろあり"うなぎの皮焼き串"は、鮭などの魚の皮が好きな人におすすめ。 ヒレ焼とも違うこってり感が楽しめる。 こちらは蒸さないうなぎなのだがプリッとした食感ではなく、トロッとした身が特徴的。 1948年 昭和23年 に初代が創業したころから蒸さない蒲焼のスタイルを現在の三代目若店主が受け継いでいるという。 店主が焼きはじめると、身の表面にフツフツとして脂が出てくると同時に、身がふっくらとしてくる。 照りと艶、ふっくらとトロッとした食感にボリューム感もあるがくどすぎない。 タレは、ややコクのあり甘め、東京では珍しい甘めのタレだ。 愛知や岡谷あたりの蒸さない地焼うなぎとも違う珍しいタイプだ。 蒸さないうなぎも、焼き方によってプリプリにもトロッとした身になるのだ。

次の

うなぎ 徳 渋谷店(渋谷/うなぎ)

渋谷うなぎ

ひょうたん屋 1丁目店 うな重特上 銀座一丁目にある「ひょうたん屋 1丁目店」。 入口右手の焼き場前にカウンター席と奥にテーブル席がある。 歯ごたえのある皮と肉厚でプリプリとした身は、一口ごとに広がる脂の旨味がありボリューム満点だ。 タレは、甘すぎず程よく辛めで蒲焼とタレの相性も良くご飯がすすむ。 カウンター席に座れれば、炭火での「焼」の作業を見ながらうな重を楽しめる。 姉妹店である「」では、蒸さないうなぎを酒の肴に一杯飲みたい人におすすめだ。 2015年11月にオープン、際コーポレーションが展開する関西風地焼専門店だ。 古民家を移築したようなレトロモダンな雰囲気の店内には、テーブル席個室、座敷席などを備える。 かなり歯ごたえのあるブリブリッとした食感でマニアックな関西風の蒸さないうなぎが楽しめる。 「白焼き蒲焼食べ比べ」では関西風の蒲焼と白焼きの食べ比べができる。 2Pサイズという大きなうなぎにこだわり、一切一切れにガツンとくる力強さがある。 蒲焼は、たまり醤油、ザラメなどで調合した甘め濃厚なタレ。 白焼きは、皮をパリッと仕上てあり身は甘く濃厚、噛みしめた時にうなぎのパワフルさを感じる。 テーブル席、カウンター席、座敷席を備えている。 日本酒へのこだわりがあるお店で、カウンター席の上には日本酒の一升瓶が並ぶ。 身の表面の照り感もあり、やや弾力のあるプリッとクニュっとした食感。 皮はパリッと焼かれ、身と皮がハラッっとはがれる感じで、脂の旨味甘みを楽しめる。 タレはほんのり甘めで蒲焼とタレ、ご飯とのバランスが良い。 こちらでは、蒸を入れた関東風か蒸さない関西風か選ぶことができる。 お酒に合わせたり、その日の気分で選べるのも嬉しい。 入口左側には一枚板のカウンター5席と座敷席、テーブル席がある。 お好みで蒸した関東風、蒸さない関西風を選ぶことができる。 関西風でしたら、カブト 頭 付けましょうか? 身は分けますか? 焼きは強めにしますか? 店主がお好みを聞いてくれ、写真のような蒲焼が登場する。 そんな店主とのやりとりも楽しい。 カブト 頭 付のうなぎは大迫力、頭からかぶりついてもよし、ブリブリの身は噛めば噛むほど味わい深い。 ワサビや山椒でアクセントをつけ、味の変化も楽しめる。 店主と相談しながら自分らしいうなぎの楽しみ方を見つけられるかもしれない。 "うなぎラーメン"を出す店としてテレビなどでも紹介されている。 店内は居酒屋風、もともと関東風のうなぎを出していたが、お客さんの要望を聞いているうちに、蒸さない関西風のうなぎも出すようになったという。 蒸さない関西風白焼きは、皮はパリッと仕上げてあり、身の表面はサクサク。 ややプリッとした柔らかな身は、うなぎ本来の旨味とジューシー感を楽しめる。 ねぎポン酢でいただく夏季限定の"鰻冷しゃぶ"は、うなぎの皮も一緒にしゃぶしゃぶにしているので、プリプリの食感と濃厚感が楽しめクセになる一品だ。 モダン和風の内装のお洒落な店内は、カウンター、テーブル、小上がり席がある。 こちらも、蒸した関東風、蒸さない関西風を選ぶことができる。 面白いのが裏メニューのひとつ、通称「あぐり重」は関東風と関西風の蒲焼が同時に楽しめる。 お重の手前が蒸さないうなぎ、奥が蒸したうなぎ、ご飯には甘めのタレをまぶし、蒸したうなぎには辛めのタレ、蒸さないうなぎには甘めのタレがかかっていて複雑な味わい。 柔らかく仕上げた身と表面のサクサク感とジューシー感が楽しめる。 うなぎの創作料理もいろいろあり"うなぎの皮焼き串"は、鮭などの魚の皮が好きな人におすすめ。 ヒレ焼とも違うこってり感が楽しめる。 こちらは蒸さないうなぎなのだがプリッとした食感ではなく、トロッとした身が特徴的。 1948年 昭和23年 に初代が創業したころから蒸さない蒲焼のスタイルを現在の三代目若店主が受け継いでいるという。 店主が焼きはじめると、身の表面にフツフツとして脂が出てくると同時に、身がふっくらとしてくる。 照りと艶、ふっくらとトロッとした食感にボリューム感もあるがくどすぎない。 タレは、ややコクのあり甘め、東京では珍しい甘めのタレだ。 愛知や岡谷あたりの蒸さない地焼うなぎとも違う珍しいタイプだ。 蒸さないうなぎも、焼き方によってプリプリにもトロッとした身になるのだ。

次の

お品書き<本店>|鰻 渋谷 松川 (うなぎ しぶやまつかわ)| 東京・渋谷、老舗の鰻と和食,日本料理

渋谷うなぎ

名物お櫃うなぎ茶漬け• 名物お櫃うなぎ茶漬け 漬物、吸物 (小麦) 2,915円• 名物お櫃うなぎ茶漬け 漬物、吸物、小鉢 (小麦) 3,685円• 名物お櫃うなぎ茶漬け 漬物、吸物、小鉢 (小麦) 4,400円• うな重• うな重 漬物、吸物 (小麦) 2,695円• うな重 漬物、吸物、小鉢 (小麦) 3,520円• うな重 漬物、吸物、小鉢 (小麦) 4,180円• うな重 漬物、吸物、小鉢 (小麦) 5,500円• うなぎ御飯• 蒲焼御飯 漬物、吸物 (小麦) 2,695円• 蒲焼御飯 漬物、吸物、小鉢 (小麦) 4,180円• 白焼御飯 漬物、吸物 (小麦) 2,695円• 白焼御飯 漬物、吸物、小鉢 (小麦) 4,180円• うなぎ御膳• うなぎ御膳 前菜、サラダ、茶碗蒸し、うな重ハーフ、漬物、吸物 (卵・小麦・海老) 3,245円• うなぎ茶漬御膳 前菜、サラダ、茶碗蒸し、うなぎ茶漬ハーフ、漬物、吸物 (卵・小麦・海老) 3,465円• うなぎ御膳 雅 前菜3品、小鉢、お造り、茶碗蒸し、うな丼、漬物、吸物 (卵・小麦・海老) 4,125円• 塩焼 天然塩でシンプルに焼き上げました。 塩焼 2,420円• 塩焼 3,960円 白焼・蒲焼合盛り• 白焼・蒲焼合盛り 蒲焼と白焼を半分ずつ盛り込みました。 (小麦) 4,675円 鰻一品料理• 肝焼 約10尾分のうなぎの肝(肝臓)をたれに付け、焼いてあります。 (小麦) 825円• うまき うなぎの卵焼き。 うなぎの蒲焼きを出し巻き卵で巻いております。 当店秘伝のたれでお召し上がりください。 (小麦・卵) 1,870円• うざく うなぎの酢物。 うなぎの蒲焼きを一口大に切り、胡瓜もみとともに土佐酢にてお召し上がりください。 (小麦) 1,870円• たたき 薬味とともにポン酢でお召し上がりください。 (小麦) 2,585円• うなぎ茶碗蒸し (小麦・卵) 990円 一品料理• お造り盛り合わせ 3点盛 (えび・小麦) 1,870円• いわし黒はんぺん焼 (小麦) 550円• 板わさ (小麦・卵・えび) 660円• しらすおろし (小麦) 550円• しらすサラダ (小麦) 660円• セロリ土佐酢漬け (小麦 550円• 漬物の盛り合わせ (小麦) 770円• もずく酢 (小麦) 440円• 季節のおひたし (小麦) 550円 デザート• アイスクリーム (乳) 550円• シャーベット 550円 コース料理• うなぎ弁当 (タレ、山椒、吸物付) (小麦) 2,646円• うなぎ弁当 (タレ、山椒、吸物付) (小麦) 3,456円• うなぎ弁当 (タレ、山椒、吸物付) (小麦) 4,104円• うなぎ弁当 (タレ、山椒、吸物付) (小麦) 5,400円• うなぎ茶漬弁当 (タレ、薬味、山椒、だし、吸物付) (小麦) 2,862円• うなぎ茶漬弁当 (タレ、薬味、山椒、だし、吸物付) (小麦) 4,320円• 蒲焼 (タレ、山椒付) (小麦) 2,376円• 蒲焼 (タレ、山椒付) (小麦) 3,888円• 白焼 (小麦) 2,376円• 白焼 (小麦) 3,888円.

次の