メロン アレルギー 症状。 スイカのアレルギー症状でかゆみや蕁麻疹が!対処法をご紹介

メロンアレルギーの症状や検査、治し方は?花粉との交差反応かも!メロンパンもNG?

メロン アレルギー 症状

口の中の粘膜が腫れ、痒みやしびれを起こす• 喉の奥にも痒みやイガイガとした不快感が出る• 唇などにも腫れや痒み、しびれが起きる などが挙げられます。 鶏卵や牛乳、小麦などの代表的なアレルギー物質と比較すると、全身性の蕁麻疹や呼吸困難、意識障害などに陥るアナフィラキシーショックなどに及ぶことは 稀です。 ただし、重度の場合には、花粉症のように鼻や目の粘膜などにも症状が現れ、くしゃみや鼻水が止まらなくなったり、目が充血して痒みが出たり、顔が浮腫んでしまうこともあります。 きゅうりを食べた時に現れるアレルギーは、 別名・ラテックスアレルギーとも呼ばれており、 花粉症に似た性質の症状が現れやすくなっています。 Sponsored Link きゅうりアレルギーの原因と検査方法は? きゅうりアレルギーを発症する人は、 花粉症を併発していることがほとんどです。 今や国民病といわれ、 日本人の3割弱が花粉症を発症しています。 そのうちの1割程度は、 特定の野菜や果物にアレルギー反応を示すことがあるといわれています。 きゅうりの場合は、 「サリチル酸化合物」という仮性アレルゲンが原因となって症状を引き起こしています。 このサリチル酸化合物は、 トマト、じゃがいも、バナナ等にも含まれていて、特に ブタクサの花粉症を持っている人が多く発症します。 いずれにしても、このような 「口腔アレルギー症候群」の場合、きゅうりを食べた後15分以内に反応が出ることがほとんどです。 ただし、きゅうりアレルギーなどのように野菜によって症状が現れるケースでは、 血液検査の精度が良くないため、原因物質が特定できないこともあります。 血液検査よりも 皮膚検査の方が精度が高く、検査費用も低いのでおすすめです。 ズッキーニやスイカ、メロンでも起こる危険性は? 検査をした結果、きゅうりアレルギーと診断された場合、同じ仮性アレルゲンの サリチル酸化合物を含む野菜や果物に注意する必要があります。 例えば、同じ ウリ科のズッキーニ、スイカ、メロンの他、りんごやバナナなどです。 きゅうりは生で食べることが多いので症状が出やすいですが、 加熱して食べれば出ないことが多いです。 過去にスイカやメロンなどウリ科の野菜で同じような症状が現れたり、いつもきゅうりを食べると腹痛を起こすなどがあれば 加熱調理をするとよいでしょう。 また、食べ過ぎたことがきっかけとなりアレルギーを発症する危険性もあります。 きゅうりやズッキーニよりも、夏に甘くて美味しいスイカやメロンの 過剰摂取に注意しましょう。 赤ちゃんの離乳食にきゅうりを使う時は加熱するべき? 口腔アレルギー症候群は、幼児期よりも 成人に多く見られるという特徴があります。 ですので、きゅうりは 離乳食の初期から利用できる食材です。 きゅうりアレルギーを持つ人の場合、 花粉症を併発してい確率が非常に高いため、赤ちゃんや幼児期はあまり心配ないようです。 ただし、生食は胃腸への負担が大きいため、最初は加熱してから与えるようにしましょう。 皮も固いので、ピーラーなどで剥いて 内側だけを利用します。 生食ができるようになるのは、離乳食後期の 生後9ヶ月以降からです。 細くスティック状にカットすれば、手掴み食べの練習にも役立ちますね。 きゅうりアレルギーについてご紹介しました。 ブタクサの花粉症との関係性も大きいため、春だけでなく夏から秋にかけても要注意です。 カテゴリ• 103• 215•

次の

口腔アレルギー症候群とは?治療と対策 [アレルギー] All About

メロン アレルギー 症状

メロンイガイガの理由は? メロンを食ると喉や口の中に、 かゆみや、いがいがするなどの違和感を感じる原因は 「ククミシン」というタンパク質分解酵素の影響によるものです。 このタンパク質が口内の粘膜へ刺激を与えることで違和感を感じてしまいます。 個人差はあるようですが、 メロンを食べて違和感を感じるのは酵素の影響によるものです。 メロン以外にも、 パイナップルでしたら「ブロメライン」というタンパク質分解酵素が含まれています。 パイナップルを食べる時なども、 口内や喉に違和感を感じることも多いのではないでしょうか。 ですが、なかにはアレルギーの場合も考えられます。 花粉症などのアレルギーの場合、 果物にも反応する口腔アレルギー症候群が考えらえます。 アレルギーの原因となるメロンが口腔内粘膜へ接触し、 イガイガやかゆみを感じるアレルギー反応が引き起こされてします。 近い構造を持つ花粉に反応するので、 もしも ブタクサ花粉にアレルギーが現れるようでしたら、 メロンにも注意が必要となります。 スポンサーリンク メロン イガイガはなぜおこる? メロンには、 タンパク質分解酵素の「ククミシン」が含まれています。 この「ククミシン」によって舌や喉など口内に刺激を受けることで 口の中がいがいがしたり、かゆみを感じてしまいます。 アレルギーの場合でしたら、 タンパク質が原因となります。 原因物質のことをアレルゲンといいます。 アレルギーの発症初期には、 口腔内のかゆみや、イガイガなどの違和感のみでも、 アレルゲンを摂取し続けることで蕁麻疹や喘息、 重篤化するとアナフィラキシーショックを引き起こすことも考えられます。 メロンイガイガする対処方法は? 口腔アレルギー症候群を引き起こすタンパク質は 熱や消化によって分解されやすいそうです。 メロンを食べるとイガイガする、 この症状を治す場合、 加熱した後に摂取することもひとつの方法のようです。 口腔アレルギー症候群の対処方法ですが、 抗ヒスタミン剤などを投与することで症状の改善が期待できるそうです。 併せて花粉症の治療を行なうことで、 メロンなどの口腔アレルギー症候群を 引き起こしてしまう食べ物を食べてしまっても、 かゆみやイガイガを軽減する効果が期待できます。 我慢できないほどイガイガしたり、 かゆくなるわけではないから大丈夫、 多少の違和感はいつものことだ、 そう考えてメロンを食べ続けていると、 アレルギーに対して重篤な反応を示すことも考えられるため、 症状が軽い時に病院へ行き、 アレルギーの検査を受けてみてはいかがでしょうか。 カテゴリー• 888• 408• 119• 187• 148•

次の

ある時突然果物アレルギーを発症したので、症状や原因を考察してみる

メロン アレルギー 症状

何が原因? ウリ科の植物であるメロン、スイカ、キュウリなどのタンパク質が原因です。 Point! ウリ科の野菜や果物 ウリ科の植物のほとんどが巻きひげを持つ蔓《つる》性の草です。 多くは熱帯に分布します。 代表的なものに、キュウリ、スイカ、カボチャ、ズッキーニ、ヒョウタン、ヘチマ、トウガン、テッポウウリ、ユウガオ、ツルレイシ(ニガウリ、ゴーヤー)、メロンなどがあります。 スイカ ヘチマ アレルギーの特徴は? 最近 フルーツを食べた後に 唇が腫れてしまったり、口の中が痒くなったり、目や顔が腫れてしまったりする 口腔アレルギー症候群や 花粉食物アレルギーと言われるアレルギーの人が増えてきています。 Point! 果物アレルギーとは 果物アレルギーは食物アレルギーです。 果物アレルギーの 多くはPR-10というタンパク質が原因になり、PR-10が原因の場合は口に入れてすぐ反応が現れる事が多いので 口腔アレルギー症候群 OAS と言われたり、花粉との交差反応が原因の事が多いので 花粉食物アレルギー PFA などと言われたりします。 口が腫れたり、ピリピリとした違和感を感じるので大量に食べる前に気づく事多いのですが、気づかずに食べると下痢や蕁麻疹などを起こすことがあります。 摂取量が多いとアナフィラキシー(*)になることもあります。 (*) アナフィラキシーとは、アレルギーの原因物質(アレルゲン)が身体に侵入したことで、急性の過剰反応が起こり、蕁麻疹などの皮膚反応、腹痛や嘔吐などの消化器症状、息苦しさなどの呼吸器症状などが複数おこる症状。 アナフィラキシーに血圧低下や意識障害を伴う場合を アナフィラキシーショックと呼ぶ。 対策は? 症状がでるようになったら食べないのが一番です。 加熱しても防げない果物アレルギーもあります。 その場合はジャムや缶詰のように加熱加工していても症状がでることがあります。 Point! 交差反応とは? アレルギーの原因物質(アレルゲン)に似た構造を持つ別の物質に、身体が誤ってアレルギー反応を起こすこと。 メロンやスイカがブタクサやカモガヤの花粉アレルゲンと似た構造を持っているため、それらの花粉症の人がメロンやスイカを食べると身体がブタクサと誤って過剰に反応し、口の中がイガイガしたり、腫れるなどのアレルギー症状が起こる可能性があります。 呼吸器、アレルギー、総合内科の専門医資格を持っており、主に喘息やアレルギー疾患の治療と研究を行っている。 2002年3月 東邦大学医学部卒業• 2002年4月 順天堂大学医学部附属順天堂医院 内科臨床研修医• 2005年4月 順天堂大学呼吸器内科入局• 2011年4月 順天堂大学医学部大学院博士課程卒業• 2012年4月 越谷市立病院呼吸器内科 医長• 2014年9月 順天堂大学医学部呼吸器内科学講座 助教• 2019年4月 現職 東邦大学医学部在籍中は美術部に所属。 2009年から2019年まで日本免疫学会主催のイベント「免疫ふしぎ未来」のポスター原案を手掛けている。 (日本免疫学会HPより) 2018年5月には、アレルギー検査結果を医師が患者さんにわかりやすく簡潔に説明するための本『アレルギー検査のミ・カ・タ』を上梓した。

次の