ゴシップ 速報。 GOSSIP速報

【最新版】サラリーマンの平均年収、大発表!!: GOSSIP速報

ゴシップ 速報

サラリーマンの平均年収は432万円 国税庁の民間給与実態統計調査によると、平均年収は432万円(2017年分・民間給与実態統計調査)。 前年と比較すると2. 5%伸びています。 この平均年収は、民間企業の従業員(非正規を含む)と役員の年収が対象となっていて、賞与も含まれています。 平均年収の内訳は、給料分が364万円、賞与分が68万円です。 給料分を12カ月で割った金額が月収30万3000円となります。 他の統計も確認してみましょう。 厚生労働省の「賃金構造基本統計調査(2018年)」での平均月収は30万6000円、平均賞与は90万円です。 年収にすると486万円となります。 日本を代表する企業が加盟している日本経済団体連合会(経団連)の定期賃金調査では、平均月収は43万8000円(2018年6月度)です。 大企業が多いだけあって、国税局や厚生労働省の調査した平均年収を大きく上回っています。 この3つの統計を見るだけでも、調査の方法や対象などによって、結果にばらつきがあることがわかります。 これらの平均年収は、新入社員から定年退職間際の社員までの年収、 大企業と中小企業の年収などが入り混じったものなので、実感とはギャップを感じてしまう人もいるはずです。

次の

GOSSIP速報

ゴシップ 速報

サラリーマンの平均年収は432万円 国税庁の民間給与実態統計調査によると、平均年収は432万円(2017年分・民間給与実態統計調査)。 前年と比較すると2. 5%伸びています。 この平均年収は、民間企業の従業員(非正規を含む)と役員の年収が対象となっていて、賞与も含まれています。 平均年収の内訳は、給料分が364万円、賞与分が68万円です。 給料分を12カ月で割った金額が月収30万3000円となります。 他の統計も確認してみましょう。 厚生労働省の「賃金構造基本統計調査(2018年)」での平均月収は30万6000円、平均賞与は90万円です。 年収にすると486万円となります。 日本を代表する企業が加盟している日本経済団体連合会(経団連)の定期賃金調査では、平均月収は43万8000円(2018年6月度)です。 大企業が多いだけあって、国税局や厚生労働省の調査した平均年収を大きく上回っています。 この3つの統計を見るだけでも、調査の方法や対象などによって、結果にばらつきがあることがわかります。 これらの平均年収は、新入社員から定年退職間際の社員までの年収、 大企業と中小企業の年収などが入り混じったものなので、実感とはギャップを感じてしまう人もいるはずです。

次の

【最新版】サラリーマンの平均年収、大発表!!: GOSSIP速報

ゴシップ 速報

サラリーマンの平均年収は432万円 国税庁の民間給与実態統計調査によると、平均年収は432万円(2017年分・民間給与実態統計調査)。 前年と比較すると2. 5%伸びています。 この平均年収は、民間企業の従業員(非正規を含む)と役員の年収が対象となっていて、賞与も含まれています。 平均年収の内訳は、給料分が364万円、賞与分が68万円です。 給料分を12カ月で割った金額が月収30万3000円となります。 他の統計も確認してみましょう。 厚生労働省の「賃金構造基本統計調査(2018年)」での平均月収は30万6000円、平均賞与は90万円です。 年収にすると486万円となります。 日本を代表する企業が加盟している日本経済団体連合会(経団連)の定期賃金調査では、平均月収は43万8000円(2018年6月度)です。 大企業が多いだけあって、国税局や厚生労働省の調査した平均年収を大きく上回っています。 この3つの統計を見るだけでも、調査の方法や対象などによって、結果にばらつきがあることがわかります。 これらの平均年収は、新入社員から定年退職間際の社員までの年収、 大企業と中小企業の年収などが入り混じったものなので、実感とはギャップを感じてしまう人もいるはずです。

次の