有名無実 類語。 「名ばかり」の意味とは!類語や言い換え

「名は体を表す」の意味は?正しい使い方や類語を詳しく解説

有名無実 類語

「名ばかり」とは? 「名ばかり」の表現の使い方• 「名ばかり」を使った例文と意味を解釈• 「名ばかり」の類語や類義語・言い換え 「名ばかり」とは? 「名ばかり」というのは名前だけで実質が伴わない、という意味になります。 形式だけ残り、意義が失われている、有名無実、などという時に使われる表現であり、名前は素晴らしいけれど内容がそれに見合っていないという時に使われています。 例えば、 「名ばかりの管理職」と表現することがありますよね。 管理職と言えば聞こえが良いですが、実は労働基準法40条2号には、管理監督者には労働時間や休憩、休日に関する規定が適用されないことになっています。 つまり、管理監督者には残業代や休日手当を支払わなくても良いということになり、本来ならば管理監督者として受けるべき処遇が与えられないまま、賃金圧縮のために管理監督者になってしまうということがあります。 これが 「名ばかりの管理職」という意味になります。

次の

「徒花」の正しい意味と使い方!類語・英語表現も解説

有名無実 類語

「完全無欠」の英語表現と類義語 「完全無欠」の英語表現 「完全無欠」は、英語で以下のように表すことができます。 perfect and faultless(完成していて、欠点がない• immaculately(完璧な、欠点のない 「perfect」は、「完成されており、理想的である様子」を表します。 「faultless」は、「欠点や足りないところがない」という意味の形容詞です。 一方 「immaculately」は「完全であり、欠点がない」という言葉であり、一語で「完全無欠」の意味を表すことができます。 やはり英語で表現するのもわかりやすいですね。 「完全無欠」の類義語 「完全無欠」の類義語は、以下の言葉です。 円満具足(えんまんぐそく• 金甌無欠(きんおうむけつ)• 完全無比(かんぜんむひ) 「円満具足」とは、「十分足りていて、不足がないこと」を表します。 「円満」も「具足」も完全に満ち足りている様子を表します。 「金甌無欠」は難しい四字熟語ですが、「物事が完璧であり、欠けた部分がない様子」を指し、特に外国からの侵略を受けず、安全である国家を示す際に使われます。 黄金の甕(かめ)に欠けた部分がないことから出来た熟語です。 また、 「完全無比」は「十分に足りていて、他に比べようもないほど素晴らしいこと」を表します。 「完全無欠」に似ている類義語は数多く見られますね。 「完全無欠」の使い方 それでは、「完全無欠」の使い方を例文で見ていきましょう。 【例文】• 「日本代表は完璧な連携を見せて圧勝し、完全無欠の試合だった。 「彼はテクニックが素晴らしく、完全無欠のプレイヤーだ。 「城の守りは盤石であり、完全無欠であるように見えた。 「どんな人にも長所と短所があり、完全無欠の人はいない。 「はじめは完全無欠だと思っていたが、次第に欠点が見えてきた。 」 「完全無欠」は、完成されており欠点がないことについて、肯定的にも否定的にも使われる言葉です。 人または物に対して使います。 また「~は完全無欠だ」「完全無欠の~」という形の表現で用いられます。 日常会話でもよく使われる四字熟語ですので、しっかり覚えておきましょう。

次の

「有名無実」の意味とは?使い方や類語・英語も解説(例文つき)

有名無実 類語

魯魚亥豕のように似ている字を間違えて覚えてしまっていた。 面白い四字熟語【笑える!変な四字熟語編】:その他 面白い四字熟語の笑える変な四字熟語編その他を紹介します。 笑える意味を持つ四字熟語や変な意味を持つ四字熟語、読み方が面白い四字熟語があります。 難しい四字熟語だけでなく、こういった少し変わった四字熟語もいくつか覚えておくと会話の幅がぐっと広がりそうですね。 笑える!変な四字熟語:その他• 1一六勝負(いちろくしょうぶ):勝負や博打を表す言葉。 運任せ。 2極楽蜻蛉(ごくらくとんぼ):何も悩むことなくのんびりと暮らしている人のこと。 3人三化七(にんさんばけしち):3割は人間に7割は化け物に見えること。 不細工であること。 4無手勝流(むてかつりゅう):自分の考え・自己流のやり方で相手に勝利すること。 5三日天下(みっかてんか):とても短い期間だけ権力を手にすることのたとえ。 6有頂天外(うちょうてんがい):我を忘れて大喜びしているようす。 7擲果満車(てきかまんしゃ):非常に優れた容姿を持つ少年のたとえ。 8馬耳東風(ばじとうふう):人の意見や批判などはすべて聞き流すこと。 9四面楚歌(しめんそか):周りを見渡しても、一人も味方がいない状態のこと。 10曖昧摸糊(あいまいもこ):なんとなく曖昧なぼんやりとしていることを表す言葉。 面白い四字熟語15選【前向き!笑顔になれる四字熟語編】 面白い四字熟語【前向き!笑顔になれる四字熟語編】:破顔一笑 前向き笑顔になれる四字熟語編1つ目は「破顔一笑(はがんいっしょう)」です。 「顔全体をほころばせながら、にっこりとほほ笑むこと」という意味があります。 類語には「喜色満面(きしょくまんめん)」があります。 彼は音吐朗々とあの懐かしの曲を歌い上げた。 面白い四字熟語【前向き!笑顔になれる四字熟語編】:その他 前向き笑顔になれる四字熟語編その他を紹介します。 面白い四字熟語の中でも、特にその意味で前向きになれる力をくれる四字熟語です。 くじけそうになってしまったり、心が負けてしまいそうなときにはこの四字熟語を思い出して、前向きな気持ちで笑顔になれると良いですね。 前向き!笑顔になれる四字熟語編:その他• 1洒洒落落(しゃしゃらくらく):態度や性格など人となりがさっぱりとして拘りのない人の事。 2嫣然一笑(えんぜんいっしょう):にっこりとにこやかに笑っているようす。 3呵々大笑(かかたいしょう):大きな口で大声で豪快に笑っているようす。 4活発轆地(かっぱつろくち):元気よく生き生きとして良いことの例え。 5歓天喜地(かんてんきち):勢いよく立ち上がったり、座り込んだりして大喜びしていること。 6活気横溢(かっきおういつ):あふれんばかりに生き生きとした気持ちがみなぎっているようす。 7元気溌剌(げんきはつらつ):体中が気力に満ち溢れて生き生きとしているようす。 8自由奔放(じゆうほんぽう):周囲を気にかけることなく、自分自身の心のままに行動するようす。 9愉快適悦(ゆかいてきえつ):楽しく心地が良くて満足しているようす。 10抱腹絶倒(ほうふくぜっとう):面白すぎてお腹を抱えて転げまわりながら大笑いしているようす。 面白い四字熟語15選【珍しい四字熟語編】 面白い四字熟語【珍しい四字熟語編】:冠前絶後 珍しい四字熟語編1つ目は「冠前絶後(かんぜんぜつご)」です。 「周囲とは比較にならないほどにずば抜けていること。 または珍しいことを表す言葉」という意味があります。 類語には「空前絶後(くうぜんぜつご)」があります。 彼は独具匠心で、常に我々に新しい驚きを提供してくれている。 面白い四字熟語【珍しい四字熟語編】:その他 面白い四字熟語の珍しい四字熟語編その他を紹介します。 四字熟語を表す漢字が珍しいものであったり、読み方が珍しいもの、使うシーンが独特で珍しいものなど「珍しい」四字熟語はまだまだたくさんあります。 使うシーンが限られたものも多いので、1つだけでも覚えてみても良いかもしれません。 珍しい四字熟語:その他• 1逸事奇聞(いつじきぶん):知られていないとても珍しい物語や話。 2南蛮渡来(なんばんとらい):ポルトガルやスペインからもたらされた異国風の珍しい品や文化。 3怪力乱神(かいりきらんしん):秩序を乱すようなことや奇怪なこと。 4奇々怪々(ききかいかい):常識では考えられない不思議なことが起きるさま。 5不可思議(ふかしぎ):考えてもなかなか理解できずに、言葉にも表すことができないようす。 6麟凰亀竜(りんぽうきりゅう):麒麟・鳳凰・亀・竜の伝説上の霊獣のこと。 聖人や賢人のたとえ。 7百花繚乱(ひゃっかりょうらん):様々な才能もつ人や優秀な人が一堂に会する状況のこと。 8意味深長(いみしんちょう):言動や表現に深い意味があることや趣があるようすのこと。 9三千世界(さんぜんせかい):全宇宙やこの世のすべてのことを表す言葉。 10荘厳美麗(そうごんびれい):非常に重々しくて荘厳なさま。 面白い四字熟語15選【かっこいい座右の銘前編】 面白い四字熟語【かっこいい座右の銘編】:鳥語花香 かっこいい座右の銘編1つ目は「鳥語花香(ちょうごかこう)」です。 「穏やかな春ののどかな情景を表す言葉。 または春のような穏やかな人を表すための言葉」という意味があります。 類語には「桃紅柳緑(とうこうりゅうりょく)」があります。 必死に仕事を続けるよりも閑人適意な生活を送ることに魅力を感じる。 面白い四字熟語【かっこいい座右の銘編】:その他 面白い四字熟語のかっこいい座右の銘編その他を紹介します。 座右の銘としても使うことができそうなかっこいい四字熟語です。 字面のかっこよさや意味のかっこよさなど、さまざまな面から見たかっこよさを持った四字熟語です。 かっこいい座右の銘編:その他• 1白砂青松(はくさせいしょう):白い砂と青い松の美しい海岸の景色を形容した言葉。 2風霜高潔(ふうそうこうけつ):清らかに澄んだ秋の空気や景色を形容した言葉。 3幽寂閑雅(ゆうじゃくかんが):とても物静かで風雅な趣があるようす。 4嘯風弄月(しょうふうろうげつ):自然の景色と風流を愛して楽しむこと。 5風流韻事(ふうりゅういんじ):俗世から離れて自然を友とすること。 6延年転寿(えんねんてんじゅ):長寿を祈り祝う言葉。 長命を保つこと。 7鶴寿千歳(かくじゅせんざい):鶴の寿命が千年と言われていることから、長寿を表す言葉。 8三平二満(さんぺいじまん):少しのものでも満足でき、心が穏やかに過ごせるようす。 9晴耕雨読(せいこううどく):俗世に煩わされることなく、満ち足りた生活を送ることの例え。 10一騎当千(いっきとうせん):だれよりもずば抜けて強い人のたとえ。 1人で1000人分の力があるという意味。 面白い四字熟語を楽しもう! 面白い四字熟語を紹介しました。 たった4文字から作られているとは思えないほどの、いろいろな意味や読み方をする四字熟語。 自分自身の座右の銘として覚えている人も多いのだそうです。 今回紹介した面白い四字熟語は、話のタネとしていくつか覚えておくと、会話が弾んで良いかもしれませんね。 今回紹介した面白い四字熟語以外にも、自分の座右の銘としてピッタリなかっこいい四字熟語や、ことわざから成り立った四字熟語があります。 下記の記事で詳しく紹介しているのでぜひそちらもご覧ください。

次の