生理中 体重増加 いつ戻る。 【医師監修】生理中は体重が増える!? 気になる原因と対処法|ウーマンエキサイト

生理前の体重増加っていつから始まるのか?

生理中 体重増加 いつ戻る

生理中の体重増加はむくみが原因 気になる生理中の体重増加は、むくみが原因です。 この体重増加のせいで生理前後は痩せにくいと勘違いする人も多いですが、むくみと太ることはまた別の話です。 「生理前や生理中は何をしても痩せないから、ダイエットをしても無駄。 だからダイエットを休憩しよう。 」 「生理後の痩せ期になれば体重が減りやすくなるので、痩せ期にダイエットを再開しよう。 その方が楽に痩せられる。 」 このような考え方は無意味であり、ダイエットの停滞期に陥る(体重が減らず停滞する)原因になるだけです。 なぜなら、肥満は体に脂肪が付くことであり、むくみは体が抱える水分量が増えることです。 体がどれだけむくもうと太ったわけではなく、逆にむくみが引いても痩せたことにはなりません。 生理前から生理後まで体脂肪率が一定であれば、生理中にむくみで体重が2キロ増えても、生理後にはちょうど2キロ減って元に戻ります。 必ずです。 例えば生理前の体重が55キロなら、生理中にむくみで体重が57キロに増えても、生理後には再び55キロに戻ります。 だけど、「生理前と生理中のダイエットは無駄なので、ケーキを食べてダイエットを休もう。 」と考えてケーキを食べ、体脂肪が1キロ増えれば、生理後には体重が1キロ増えています。 生理前に55キロだった体重が、生理中に58キロに増え(むくみで+2キロ、体脂肪で+1キロ)、生理後には56キロになるわけです。 (結果的に+1キロの体重増加) また、「痩せ期は体重が減りやすいので一気に痩せよう。 」と考えて極端な食事制限(断食)などを行った場合、基礎代謝が下がってその後の体重が減りにくくなります。 ダイエットはコンスタントに続けてゆっくり結果を出すものであり、「何をしても体重が減らない時期」「痩せ期」などと分けて考えれば失敗の原因になるのです。 生理中の体重増加はいつ戻る? 生理中に体重が増加した後いつ戻るのか、が気になるのではないでしょうか。 基本的には、生理が開始するとともに、むくみが引き始めます。 よって、「生理中の体重増加分は生理開始後に減り始め、日を追うごとに減っていき、次第に元に戻る」が「いつ戻る?」に対する回答です。 生理前後の体重増加が始まる時期をより正確に表現すれば、生理の10日前から3日前にかけた時期です。 もちろん個人差がありますし、同じ人でも毎回異なったりします。 また、生理中の体重増加が何キロくらいなのかは、個人差がありますが1~2キロくらい、人によっては(同じ人でも状況によっては)それ以上の場合もあります。 生理前や生理中のむくみの原因は? それでは、生理前から生理中にかけてのむくみの原因は何なのでしょうか。 実は、生理に関係するむくみの原因は、月経前症候群という女性に特有の症状です。 月経前症候群とは、生理前(正確には生理の3日前から生理の10日前)に発症する症状で、精神的・肉体的に不快な症状です。 具体的な症状は、精神的なものでは、精神の不安定、うつ、不安を感じる、怒りやすくなる、疲れやすくなる、孤独感、不眠(または過剰に眠たくなる)などです。 また、肉体的な症状は、体のむくみ(体重増加)、下腹部の膨満感(腹痛)、乳房が張る(乳房の痛み)、腰痛や関節痛などです。 この月経前症候群の不快な症状は、生理開始と同時に減り始めて消えていきます。 上記の通り、生理前や生理中のむくみも月経前症候群の症状の1つです。 生理前から生理中にかけて体重が増加する傾向にあるのは、女性であれば当然のことです。 ただし、月経前症候群の症状の出方には個人差があり、症状が重い人もいれば症状が全く出ない人もいます。 また、同じ人でもある生理では症状が重かったり、ある生理では症状が軽かったりします。 月経前症候群の正確な原因はまだ特定されていませんが、可能性がある原因としてはホルモンバランスの変化(エストロゲン、プロゲステロン)、栄養不足(栄養の偏り)、運動不足などが考えられます。 対症療法には低用量ピル(ホルモン療法)、抗うつ薬、利尿薬、鎮痛薬などが挙げられますが、できれば薬に頼りたくないものです。 そこで、まずは栄養不足や運動不足を改善していくようにしましょう。 栄養バランスに優れた食事を行い、運動も適度に行うと良いです。 よって、大豆イソフラボンの摂取が月経前症候群の改善に役立ち、これを原因とする生理前から生理中のむくみの改善にも役立ちます。 生理周期の体重増加は無視する 生理周期に関係する体重増加はただのむくみであり、むくみが引いた後は体重が元に戻ること。 そして結局、肥満に関わるのは体脂肪であること。 冒頭でも書きましたが、生理周期を「ダイエットが無駄な時期(生理前と生理中)」と「痩せ期(生理後)」に分けて考えるのは、非科学的でおすすめしません。 生理中の体重増加に対して悲観的にならず、生理後の体重減少に歓喜せず、ただ黙々と体脂肪を減らすためのダイエットを継続していくことが大切です。 また、生理の体重増加を緩和しつつ、体脂肪を減らしていく一石二鳥のダイエット方法に、野菜原料が主体の酵素ドリンクを利用した酵素ダイエットが挙げられます。 上にも書いた通り、月経前症候群の原因の1つが栄養不足であり、野菜原料が主体の酵素ドリンクで栄養を補えば生理の体重増加を抑えることができます。 さらに酵素ドリンクには基礎代謝を上げる効果があるので、体脂肪もコンスタントに減らしていくことができます。 野菜原料が主体の酵素ドリンクには優光泉酵素があり、これは九州産野菜を主原料にしており、これをコップ1杯飲むとバケツ1杯分の野菜の栄養を補えます。 さらに、優光泉酵素は酵素ドリンクでは唯一、酵素原液100%です。 酵素を一番多く補える酵素ドリンクなので、基礎代謝を上げる効果は全製品中で最高です。

次の

生理前に体重増加が3キロも!その理由と月経前症候群について

生理中 体重増加 いつ戻る

スポンサーリンク 生理前になると、体調の変化を感じる人は少なくありません。 頭痛や腹痛、微熱といったものが主となっていますが、体重増加もそうした体調変化の1つです。 これは、生理前になると体の中に水分が増えることが原因となっています。 そのため体重増加とともに、顔や足がむくみやすい状態にもなるのです。 こうした変化はいつから始まるのかというと、生理の3〜4日くらい前からというのが一般的です。 早い人ですと、1週間くらい前から始まる人もいます。 しかしこれは病気ではありませんので、心配の必要はありません。 生理が始まれば、自然と解消されるものなのです。 ですので症状が特に酷いといった事がなければ、治療の必要もないのが通常となっています。 スポンサーリンク 病気ではないとはいえ、やはり体重増加やむくみは起こらないにこしたことはありません。 ではどうしたら良いかと言えば、体重増加の始まる時期、つまり生理の3〜4日くらい前から塩分を控えると良いのです。 塩分を多く摂ると、どうしても体の中に水が貯まりやすくなります。 また、軽い運動をすることも予防には適しています。 運動することで血液の循環が良くなりますので、むくみにくい状態となるのです。 症状が酷い場合などには、利尿剤を利用するのも効果的となっています。 とにかく体内に余分な水分を貯めないことが大切なので、トイレも我慢せずにすぐに行くことが重要です。 このように生理の数日前から、水分を貯めないよう心がけることで、かなりの症状の改善が望めます。 スポンサーリンク.

次の

生理前の体重増加週間も乗り越えられるようになりました!|「やせるおかず」で本当に痩せる! 31歳ワーママJ子 vol.13

生理中 体重増加 いつ戻る

生理前に太るのは、女性ホルモンの影響によるもので、 プロゲステロンという黄体ホルモンが増加することが原因です。 黄体ホルモンの分泌増加は、体に以下のようなことを引き起こします。 個人差はありますが、生理が始まる約10日~3日前頃から現れます。 ) このような原因から、生理前は体重が増えてしまいます。 前述したように、体が栄養を蓄えようと働き、食欲が増すだけでなく体質的にも脂肪を溜め込みやすい状態になり、食べたものがそのまま体についてしまいやすい時期ですので暴飲暴食にも注意が必要です。 カフェインは、月経前症候群(PMS)の症状を悪化させるとも言われています。 特にイライラしやすい生理前は、コーヒーが好きな人はコーヒーを飲む量が増えてしまう人も多いかもしれませんが、この時期のカフェイン摂取は控えめにすることを心がけましょう。 コーヒーなどカフェインを含むものを控えることで、過食などの症状が抑えられ、太りすぎることも回避できます。 コーヒーが飲みたくなったら、ハーブティを飲むようにするのもおすすめです。 おすすめは、サフランのハーブティです。 サフランのハーブティーの効能としては、ホルモンバランスを調整する作用があり、生理痛など女性に多い症状に効果があるとされています。 また、血行促進作用もあり、冷え性の改善にも繋がります。 精神面では、心を落ち着かせる働きもあるので、飲み物はハーブティを選ぶようにすると良いです。 生理前は血糖値をコントロールするホルモンである「インスリン」のバランスが崩れやすくなる影響で、食欲が止まらず食べ過ぎてしまう人もいます。 血糖値が急激に上がるチョコレートなど甘いお菓子などは控えると良いでしょう。 生理前には幸せホルモンと呼ばれる神経伝達物質 「セロトニン」が不足しがちになります。 そのため、イライラすることがあります。 セロトニンの原料は、たんぱく質の一種である「トリプトファン」です。 PMSや体重増加を抑えるためにも、このトリプトファンを多く含む食べ物を摂取するようにしましょう。 食事と食事の間をあけすぎないようにするなど工夫し、血糖値をコントロールしながら食事をすることで食べ過ぎを防ぐことができます。 食事の際は野菜などの食物繊維を先に食べることで、満腹感を得ることができ、血糖値の上昇も緩やかになるので食欲を抑制することもできます。 無理のない範囲で心地良く体を動かすことができるものが良いです。 体を動かすことで、生理中のイライラやストレスを緩和させることもできます。 ダイエット中の人も、生理の期間は、無理をして体重を落とそうとせずに現状を維持できたら良いかなくらいの軽い気持ちで行うことも大切です。 体に負担をかけるような激しい運動は避けるようにしましょう。 ホルモンバランスが乱れているということもあり、激しい運動は体にとって余計にストレスになってしまうのです。 最後に 前述してきましたように、生理前に2kg前後太るのはホルモンバランスの関係で体が溜め込む時期であり仕方ないことなので、心配することはありません。 生理前に、体重が増えたり、むくんでしまうのは自然な現象です。 また、生理前は、多くの女性がだるかったり気分も落ち込みがちなので、自分だけがこうなってしまっているなどと不安に感じる必要はありません。

次の