足の親指の付け根 痛い。 足の親指の付け根が痛い女性は必見!女性に多い原因と対処法を大公開!

痛みが出やすいのは、足の親指の付け根!痛風予防のためにできること

足の親指の付け根 痛い

踏まれた、重い物を落としたなどの心当たりがないにもかかわらず、足の指に痛みを感じた場合、原因によっては注意が必要なこともあります。 足の指が赤く腫れて、ズキズキと痛む• ハイヒールが好きで長年履いていたが、最近、足の指が痛いと感じるようになってきた• 爪の形がいびつで、指に食い込んで痛い このような場合に考えられる原因には、どのようなものがあるでしょうか。 病気による足の指の痛み 足の指が痛いとき、骨や関節の病気、皮膚や爪の病気などが原因となっていることがあります。 骨・関節の病気による足の指の痛み 足の指の痛みの原因となる骨や関節の病気には、次のようなものがあります。 外反母趾 足の親指が人差し指を圧迫するように曲がった状態です。 足の指の痛みのほか、関節のを招くこともあります。 患者のほぼ9割は女性で、遺伝的な要素やハイヒールなどによる指の圧迫が原因となるといわれています。 痛風 尿酸塩の結晶が関節や腎臓にたまり、周りの組織を刺激することで強い痛みが現れます。 普段は、痛みなどがないことがほとんどですが、一旦痛み発作が起こると激しい痛みを伴って関節が赤く腫れます。 足首や足の親指などに好んで起こることが知られています。 数日で痛み発作はよくなっていきますが、痛みがよくなったあとも継続的に治療をすることが大切な病気です。 モートン病 主に足の中指と薬指の間に痛みやしびれが生じる病気です。 症状の出方には個人差があり、ほかの指同士の間が痛くなる人もいます。 ハイヒールを含む、つま先立ちの姿勢が長時間続くことで起こりやすくなるといわれています。 ハンマートウ 足の指がZ型に曲がり、変形してしまった状態です。 ほかにも、指が丸まったように変形したクロウトウや、第一関節だけが曲がったマレットトウなどがあります。 末梢神経の障害で、足の指の間の筋のバランスが崩れたりすると生じやすいです。 また、指の骨がもともと長く圧迫を受けやすい人や、合わない靴を長年履き続けたような場合に起こることがあります。 関節リウマチ 関節の炎症によって、関節の痛み、腫れ、こわばりなどを伴う病気です。 体の免疫システムが誤って自分の細胞を攻撃してしまうの一種であるため、全身に症状が出ることもありますが、主に関節軟骨や滑膜が標的となるため、関節の症状が現れやすいとされています。 発熱、倦怠感などの全身症状が出ることもあるので注意しましょう。 皮膚や爪の病気による足の指の痛み 足の指の痛みの原因となる皮膚や爪の病気には、次のようなものがあります。 陥入爪 かんにゅうそう ・爪周囲炎 爪のふちが皮膚に食い込んで炎症を起こす、ささくれなどの小さな傷から細菌が侵入して感染を起こす爪周囲炎ともに、足の指の痛みの原因となることがあります。 不適切な爪に切り方で生じることが多く、痛みだけではなく、赤みや腫れを伴うことがほとんどです。 巻き爪 爪の先端が丸く内側に巻き込むように皮膚に食い込み、炎症を起こしている状態です。 食い込みがひどいと傷になったり、傷から感染を起こすこともあるため注意が必要です。 蜂窩織炎 ほうかしきえん 皮膚の脂肪組織など、深部が細菌に感染して炎症を起こす病気です。 全身のどの部位でも起こることがあります。 感染した部位は赤く腫れ、熱を持ち、痛みを感じることがほとんどです。 程度によっては発熱など全身の症状が出ることもあります。 受診の目安とポイント 突然激しい痛みを感じた、腫れや赤みを伴って痛むような場合には早めに受診が必要です。 また、そこまで強くはないものの痛みが続いているような場合や、指や爪の変形がある場合にも一度受診しておきましょう。 受診科目は、指の変形などがある場合には整形外科、爪の変形や爪周囲に限った赤みや痛みなどがある場合には皮膚科がよいでしょう。 自分では判断がつきにくい場合もありますので、迷った場合にはレントゲンなどを撮ることができる場合の多い整形外科への受診がよいでしょう。 受診の際は、いつから足の指の痛みがあるのか、ほかの症状はいつからどんなものが出ているのか、普段好んで履く靴のタイプなど、医師へできるだけ詳しく伝えることがポイントです。 日常生活上の原因と対処法 日常生活に原因があり、足の指が痛むこともあります。 足に合わない靴 ヒールが高い、サイズが小さいなどの足に合わない靴も痛みの原因です。 足に合う靴を見つけるには 指先が圧迫されないよう適度なゆとりのある靴を選ぶことは大切ですが、逆にサイズが大きすぎても足には負担となることがあります。 靴を買う際には必ず試着し歩いてみて、大きすぎないか・窮屈でないかを確認しましょう。 また、どうしてもフィットする靴が見つけにくい場合には、シューフィッターのいる店でフィッティングを受けるのもよいでしょう。 冷え・血行不良 血行不良により、足の指の毛細血管まで血液が届かなくなると冷えを起こします。 特に、足の指のような 末梢 まっしょう は冷えを感じやすく、冷えが強いことで痛みのように感じることもあります。 冷え・血行不良を防ぐには 足の冷えを感じやすい人の場合には、夏であっても靴下を履くなど、冷やさないようにすることが大切です。 また、足指をマッサージするなど、血行を促すのもよいでしょう。 よくならないときには 自分でできる対処法を行っても足の指の痛みが治らないときには、思いもよらぬ原因が潜んでいる場合もあります。 一度、病院で相談してみましょう。

次の

足の親指?もしくは付け根が痛い?

足の親指の付け根 痛い

サイト改善に向けた5分程度のアンケート実施中。 回答はから。 患者プロフィール1人暮らしの32歳の男性。 食べるのが好きで、食事はほとんど外食。 休日は有名レストランを巡ってレビュー記事を書き、ブログにアップするのが楽しみ。 お酒も好きで、レストランでは食事に合わせてワインを、平日の会社帰りには同僚とビールを飲むことが多い。 受診までの経緯明け方に突然、左足の親指がひどく痛んで目が覚めた。 原因が分からないのでしばらく様子をみてみようと思うが、痛みはだんだんと強くなっていき、治まる気配がない。 一瞬、同僚たちの「今に痛風になるぞ」という言葉が脳裏をよぎる。 しかし実は、同じところがひどく痛むようなことは半年前にもあった。 その時は忙しくて病院に行けなかったが、3日くらいで痛みがなくなったので、すっかり忘れていた。 ネットで「痛風」と検索しているうちに、どんどん不安になってきた。 会社に連絡を入れ、朝一番に近くの整形外科クリニックを受診した。 診察・検査足を見せると、ほかに痛いところはないかと聞かれた。 特になかったので、「ありません」と答えると、医師は足の親指の関節を触って、腫れや痛みの具合を診察した。 自分では気付かなかったが、「関節が少し腫れていて、熱っぽいですね」と言われた。 続けて、血液検査、エックス線(レントゲン)検査を行った。 レントゲンでは、関節の骨に異常はなかったと言われた。 だが、血液検査でCRP、白血球数という炎症を示す値が高くなっており、尿酸値も8. 尿酸値が高いので、やはりこの痛みの原因は痛風の可能性が高いという。 「以前にも関節がひどく痛むようなことがありましたか?」と聞かれ、半年前に同じ部位が痛んだことを話した。 医師によると半年前の痛みもおそらく痛風発作だそうで、痛風は、発作が起きては自然に治まるのを繰り返す病気なのだと言われた。 しかも発作を繰り返すと、痛風結節と呼ばれる「こぶ」のようなものができることもあるし、だんだん骨や関節が破壊されて変形し、最終的には痛みが続くようになるとも言われ、受診してよかったと思った。 この日は痛み止めの処方をされ、帰宅した。 診断・治療方針数日で痛みは少し残るものの、気にならない程度になった。 1週間後の受診では、痛風発作を起こさないためには尿酸値の値を低く維持することが大事だと説明を受け、尿酸値を下げる薬を内服することになった。 治療としては、「尿酸が作られにくくする薬」か「尿酸の排せつを促す薬」を使うと説明を受けた。 「尿酸クリアランス」という検査を受けると、尿酸値が高くなっている原因や腎機能の状態が分かると言われたので、後日検査を受けることにした。 検査当日は朝食をとらずに病院へ行き、まず水を飲んですぐに排尿した。 その後は1時間分の排尿を我慢して1時間後に排尿、全量を提出した。 また、最初の排尿後30分で採血検査も行われた。 おおむね2時間程度で検査はすべて終了。 1週間後、検査結果を聞くために受診をすることになった。 再度病院へ行くと、自分の痛風のタイプは尿酸が過剰に産生されてしまう「産生過剰型」だということが分かった。 そこで、尿酸が作られにくくする薬を飲むことになった。 医師からは「自分の痛風タイプに合った薬を飲んで尿酸の値を6. 一緒に治療を頑張っていきましょう」と言われた。 また、薬をきちんと飲むことはもちろんだが、やはり一番は運動量を増やし、食事量を減らすことだという。 平日の食べ歩きや同僚との飲み会はしばらく控えて、夜は定食屋で野菜中心の和食を食べることにした。 そのかわりと言っては何だが、ストレスをためすぎないためにも、土日だけは好きなものを食べ、酒を飲んでもよいことにした。 治療の経過1カ月後、外来で血液検査を受けた。 尿酸値は7. 医師からは「ゆっくり生活習慣を変えていきましょう」と言われた。 ひとまず、ウォーキングのかわりに一駅前で降りて、家まで30分ほどかけて歩くことにした。 加えて、自分でも痛風のガイドブックなどを読んで、プリン体(尿酸の原料)を多く含む食材はなるべく避けるようにした。 新しい生活にも慣れて、食事・運動ともにコツがつかめてきたこともあり、今は3カ月に1度、外来で経過をみてもらっている。 サイト改善に向けた5分程度のアンケート実施中。 回答はから。

次の

第4回 足指の付け根にしびれや痛み~それって「モートン神経腫」かも~|足の悩み、一挙解決|時事メディカル

足の親指の付け根 痛い

もくじ• 痛みが出やすいのは、足の親指の付け根 血液中の尿酸値が何らかの原因で高くなり、7. 結晶化した尿酸が、関節に沈着(付着)すると、激痛を伴う関節炎を引き起こします。 それが痛風です。 尿酸は、尿や便で体外へ排出されます。 しかし、体内で作られる尿酸の量と、体外へ排出される量のバランスが崩れると「尿酸値」が高くなり、余分な尿酸が結晶化して、痛風を引き起こします。 激痛は、発作のように現れるので、「痛風発作」と呼ばれます。 痛風発作の多くは、足の親指の付け根に現れます。 他にも、足首・ひざ・ひじ・アキレス腱(けん)などに、痛みが出る場合があります。 そのまま我慢していると、症状が軽ければ3日、重い時でも10日ほどで、痛みは治まります。 ここで放置してしまう人が、多いようです。 しかし、そのままにしておくと、発作の頻度が増えたり、腎臓の働きが低下したりしてしまうこともあります。 食物にもプリン体は含まれているので、暴飲暴食でも尿酸値は高くなります。 激しい運動でも痛風になるって、本当? 痛風は、高尿酸血症が原因で、引き起こされます。 高尿酸血症が起こる理由を、いくつか挙げてみましょう。 腎臓から尿酸を排せつする機能の低下• 暴飲暴食• 重度の肥満(尿酸が作られやすい)• 激しい運動(新陳代謝が活発になり尿酸値が高くなる) 尿酸値が高いのは、危険なの? 高尿酸血症は、痛風をおこすサインです。 健康診断で血清尿酸値が7. 8~7. 4~5. 糖尿病・脂質異常症・高血圧症などの、生活習慣病が原因の高尿酸血症もあります。 生活習慣病と診断された方、治療中の方も注意が必要です。 女性が痛風になりにくいのは、なぜ? エストロゲンという女性ホルモンには、尿酸の発生を抑え、体外に排せつしやすくする働きがあります。 そのために、女性は尿酸値が上がりにくく、男性よりも痛風患者が少なくなる傾向にあります。 しかし、閉経後はエストロゲンの分泌量が減少するので、尿酸値は高まりやすくなります。 定期的に尿酸値を検査するといいでしょう。 痛風の症状が出ていなくても、尿酸値が上がっている場合もあります。 痛風を予防するには? 生活習慣を改善しつつ、尿酸値を下げる薬を使った治療が行われます。 目標は、1日2000ml以上の排尿 尿酸のほとんどは尿から排せつされます。 1日に2000ml以上の排尿を目標に、できる範囲での水分摂取を心がけてください。 そのときに、糖分の入っている炭酸飲料やジュースなどの清涼飲料水・アルコールは避けるようにしてください。 水やお茶など、糖分のない水分摂取が望ましいと思います。 内臓脂肪を減らす努力を 肥満も尿酸の産生を促します。 内臓脂肪が多いと、尿酸値が上がりやすくなるので、体格指数 BMI の正常値(18. 5以上~25. 0未満)をキープしましょう。 線維質が多い食事を心がける 食べ過ぎは要注意です。 食べる量を減らす(適正にする)ことで、体重も適正となり、尿酸値が下がりやすくなります。 肥満を気にしている人・尿酸値を下げたいと思っている人は、次のようなローカロリーで繊維質や利尿作用のある食品の摂取を心がけてください。 ひじきやワカメ、コンブなどの海藻類• ほうれん草、ニンジン、キャベツ、ナスなどの野菜類• サツマイモ、里芋などのイモ類• バナナ・メロンなどの果物類 肉食中心から野菜中心へ 肉食が中心だった人は、野菜中心の食生活に切り替えてみてください。 野菜類を汁物に入れる• 煮る・蒸すなどの調理法を取り入れる 牛乳・乳製品は尿酸値を下げる 牛乳と言うと、カルシウムを想像する人が多いかもしれません。 牛乳・乳製品には、尿酸値を下げ、痛風になるリスクを下げる働きが、期待されているのです。 牛乳なら1日にコップ1杯、ヨーグルトなら100~200gのどちらかを、毎日摂取するのがおすすめです。 アルコールはひかえるように お酒は、できるだけ控えめにしてください。 アルコールは尿酸生成を高め、尿からの尿酸排せつを抑制してしまうからです。 定期的な有酸素運動を 軽い有酸素運動を、定期的に行うと良いでしょう。 ウオーキング• ジョギングなど 短時間の激しい運動は、逆に尿酸値を上げてしまうので注意が必要です。 どんな治療をするの? 二通りの薬物療法 尿酸値を下げる薬は二種類あります。 尿酸が上がる原因によって、使い分けています。 尿酸産生抑制薬:尿酸産生過剰型の方に処方されます。 肝臓で、プリン体が尿酸に分解されるのを抑制します。 尿酸排泄促進薬:尿酸排泄低下型の方に処方されます。 腎臓で、尿酸が尿中へ排せつされるように働きます。 激痛が走った時は、どうすれば…? 痛風の痛みは、発作のように現れるので「痛風発作」と呼ばれています。 鎮痛薬の使用には注意が必要なので、医師の診察を受けて、消炎鎮痛薬を使用します。 まとめ 痛風について、お分かりいただけましたでしょうか。 尿酸値が高いと言われたことがある方は、生活習慣を見直し、病院を受診することをおすすめします。 もし、痛風の発作が起きてしまった時は、痛みのある所を冷やして、安静にしてください。 痛みが治まっても放置せず、なるべく早く内科、または整形外科を受診してくださいね。 【参考文献】 ホームメディカ編集委員会. 1514-1516 参考サイト:公益財団法人 痛風財団.痛風を知りたい方へ . 高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン - 日本痛風・核酸代謝学会(P12) 高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン 第2版.

次の