ユニット バス ウォシュレット。 株式会社アイズ ホテル用ウォシュレット・シャワートイレ

電源の無いワンルームマンションの3点ユニットバスに、温水洗浄便座を取り付ける事は可能ですか?

ユニット バス ウォシュレット

ユニットバスでウォシュレットは使えるのか解説します ウォシュレットといえば、コンセントが必要であるという印象がありますよね。 それ故にユニットバスではウォシュレットは使用できない、と思っている方も多いのではないでしょうか。 ユニットバスタイプのお風呂がベターであるアメリカではウォシュレットがあまり普及していないということからもユニットバスではウォシュレットが使用できないということが伺えますしね。 しかし、実はユニットバスのトイレでもウォシュレットを利用することが可能なのです! そこで今回の記事ではユニットバスのトイレについて 「ユニットバスのトイレをウォシュレットに!電源不要のシャワートイレを」 という内容でお届けしていきます。 今現在住んでいる部屋がユニットバスタイプで、ウォシュレットにできないか悩んでいるという方はぜひこの記事を参考にしてみてください。 ユニットバスでウォシュレットが使えない理由 ユニットバスでウォシュレットが使用できない理由は何なのか。 まずはその理由について紹介していきます。 ユニットバスということなので、シャワー等の水しぶきが飛ぶ可能性がどうしても高くなってしまいます。 そのためコンセントを設置することができず、ウォシュレットも使用できないということですね。 この理由からもわかる通り、ユニットバスではウォシュレットが絶対に設置できないわけではありません。 実際にホテルなんかのユニットバスにはウォシュレットが備えつけられていますからね。 しかし如何せんその値段が高いです。 安いウォシュレットの5倍程度の値がしてしまいます。 お金に糸目をつけないからどうしてもユニットバスにウォシュレットをつけたいという方であればユニットバスでも付けることは可能ですが個人では中々現実的ではないでしょう。 ということでユニットバスでウォシュレットが使えない理由として、値が高いからということになります。 参考元: ユニットバスでウォシュレットが使えない理由に関しては以上になります。 実はユニットバスにOKなウォシュレット、電源不要な簡易式シャワートイレがある 上記までを読んでやはりユニットバスでウォシュレットが使えないのか、と思ってしまった方も安心してください。 電源不要で、しかも値段も1万円以下というお手頃価格でウォシュレットを使用することができる商品もあります! それが以下の商品になります。 そのためユニットバスなのでコンセントを設置することができないという家でも十分に使用することができるウォシュレットなのです。 ちなみに冷水だけでなく、近くに温水が流れる配管がある場合のみですが温水に切り替えることも可能です。 普通のウォシュレットのような多機能面では劣るでしょうが、電源を必要としないということでアース工事を行う必要も電気代がかかることもないという利点もあります。 ユニットバスでもウォシュレットを使用したいという方はぜひこちらの商品を利用してみてください。 ユニットバスに電源不要のウォシュレット"簡易式シャワートイレ"を取り付ける方法 それでは上記で紹介したユニットバスにも使用可能な電源不要ウォシュレットの取り付け方について下記より紹介していきます。 最初に水を止めておかないと、作業中に水がかかる可能性がありますので必ず弁を閉めた後に本格的な作業を開始してください。 次に ウォシュレットの本体部分を便座との間に挟み込むように取り付けてください。 その際、カチッといった音が鳴ればきちんと取り付けできているということになります。 上手く取り付けができれば、ナットを元の状態に戻しましょう。 ここまでできれば、後は接続できたT字パイプと冷水ホースを接続し、そのホースをウォシュレット本体に取り付け、ウォシュレットがきちんと動作するか、水漏れしている部分はないか等確認すれば作業完了です。 ちなみに温水を使用しないのであれば、ウォシュレット本体にキャップを取り付けておいてください。 使用したいのであれば、別途温水の配管に上記と同様の手順で作業を行ってください。 Amazonの商品説明では10分程度で完了するとの記載がありますが、慣れていない方が行えば30分から1時間程度かかることが予想できます。 焦る必要はありませんので、丁寧さを心がけて作業を行ってくださいね! 参考元: ユニットバスにおすすめの電源不要な簡易式シャワートイレ それでは次にユニットバスにおすすめの電源不要、簡易式シャワートイレを紹介していきます。 ちなみにシャワートイレというのはウォシュレットの別称のようなものです。 とはいっても、上記で紹介した商品とほぼ変わりません。 違いを挙げるとすると、デザイン面でしょうか。 上記で紹介した商品では少々メタリックでカッコいいようなデザインでしたが、こちらは一般的なウォシュレットらしいデザインとなっています。 特に女性の方はこちらの商品の方を好むかもしれませんね。 冷水温水の切り替え、水圧調整等機能面ではそれほど違いはありませんので上記のメタリック系のデザインはちょっと、という方は購入者からの評価も高いこちらの商品を購入してみてください。 ユニットバスに電源不要のウォシュレットを取り付けるのが不安だったら ここまでで紹介してきた通り、 電源不要のウォシュレットも販売されていますので、ユニットバスでも取り付けることは十分可能です。 賃貸物件でも問題なく取り付け可能なので、その点は凄く嬉しい点だと思います。 しかしながら、こういったウォシュレットを取り付けるには業者ではなく基本自分が取り付け作業を行う必要があるということに不安を感じる方もいるでしょう。 そのように自分で取り付けることができるか不安だ、という方は設置式のウォシュレットではなく、 携帯式のウォシュレットを利用してみてはいかがでしょうか。 参考までに携帯式のウォシュレットとはどういった商品なのか、と言うとこちらになります。 しかしながら取り付けできないかもしれない、と思いながら設置式の電源不要ウォシュレットを購入するよりかは手に持つという不便さを覚悟で、携帯式という安全策を選んだ方が良いのではないでしょうか。 旅先でも使用可能であることから無駄になることもありませんので、一つは持っておいてもいいかもしれませんね! ユニットバスのウォシュレットについて疑問が残ったら ユニットバスに取り付け可能な電源不要ウォシュレットについて、この記事ではすべてを伝えることができたわけではありません。 よってこの記事を読んだ後も、疑問が残ったという方もいるかもしれません。 そのように疑問が残った際にはぜひ当サイトのお問い合わせフォームからその疑問についてお伝えください。 お伝えいただいた内容を元に加筆や修正を適宜行わせていただきます。 どういう点を疑問に思ったのか、読者目線での声をお聞かせ願えると幸いです。 まとめ ユニットバスでは基本的にウォシュレットを利用することはできません。 これには以下の点がその理由として挙げられます。 電源が確保できないから• ユニットバス用のウォシュレットが高いため 値段は気にしないという方であれば、ウォシュレットをユニットバスでも利用可能ですが中々現実的ではないですよね。 しかし従来の電源を必要とするウォシュレットではなく電源不要のウォシュレットであればユニットバスでも使用することは可能です! 自分で取り付け作業を行う必要があるため少々手間ですが、値段も安く、なおかつ通常のウォシュレットと同じような働きをしてくれますので、ユニットバスタイプのお部屋に住んでいるという方はぜひお試しください。

次の

【DIY】え?ユニットバスでウォシュレットを?→できらあ!

ユニット バス ウォシュレット

電源不要ウォシュレット購入に至った経緯 約3ヶ月前に引越した今の賃貸部屋は、お風呂とトイレが一緒の ユニットバス。 実に10年ぶりのユニットバス。 そしてウォシュレットもなく 電源もなし。 ここんところウォシュレットの生活になれていたため、賃貸部屋に元々ウォシュレットがなくても、電源があれば自分で設置したりもしていました。 ただ今回の賃貸物件はトイレに電源もなし。。。 まぁ、最初はウォシュレットなくてもいいかなぁ~と思っていたんですが、住んで3ヶ月、やっぱりウォシュレットが欲しくなってきた。 今回買った電源不要ウォシュレット 今回は アマゾンで買いました。 もちろん、いつものように 楽天・Yahooショッピングも物色してアマゾンで買いました。 ちなみに私が購入する時には、この商品はAmazonにしかなかったです。 で、これが今回買った電源不要ウォシュレット 本体と付属品一式。 ウォシュレット本体も意外と小さいです。 商品説明に『長期海外出張や海外赴任などにも携行可能』と書いてたのもうなずけます。 ちなみに操作はめっちゃシンプルで 『お尻洗い』と 『ノズルクリーニング』だけです。 あえてシンプルのを選びました。 理由は次項目で。 で、これがノズル部分。 と、ついでに取扱説明書も。 今回Amazonで買ったものです。 私が買った時は、この商品はアマゾンだけでした。 Amazon以外にも楽天やYahooショッピングでも何種類かあって、結構値段もバラツキがあったんで買う前にチェックしてみてください。 このウォシュレットを選んだ理由 今回 電源不要ウォシュレットを選ぶにあたって、何種類かありました。 丸々便座ごと交換するもの(これは高かったです^^;)や、ビデや温水機能付きのものも。 ただ今回は、常温のみでビデもなしの シンプルなものにしました。 理由としては、 ・商品自体が安価なものなんで、 耐久性を考え、不要と思われる機能は省いたものにしました。 ・温水に関しては、蛇口からの出水と同じ仕組みなので、 温まるまでに時間がかかること。 (まぁ、女性が使うときも、ビデよりお尻が重宝すると思いますので) ・操作パネルがシンプルで小さいので、掃除のときなど 邪魔にならないこと。 といった理由で、構造も操作もシンプルなこの商品にしました。 電源不要ウォシュレットの取り付け方法 取付けは めっちゃ簡単でした。 動画や写真の撮影しながらで1時間ぐらいかかりましたが、撮影もしなければ 30分もあれば完了すると思います。 まずは施工前のユニットバスのトイレはこんな感じです。 ここにウォシュレットに付属されてる 接続アダプタを取付けます。 接続アダプタに、これまた付属の丸ワッシャー(ゴムパッキン)をグイッと奥まではめ込んでおきます。 で、取り外した水栓の元に取付けます。 コレも最後はモンキーレンチでキュッと締め付けます。 そして、外していたタンク側のホースを繋げます。 このとき接続アダプタ分だけホースがきつくなるので、ホースを グイッと曲げて、接続アダプタとの接続位置にピタッと来るように調整。 コレもモンキーレンチでクイッと締めて完了~。 うちのトイレの場合はこの目隠し蓋を外すと、プラスネジがあったんで、 その2本をプラスドライバーで外すだけです。 ネジはこんな感じで長いのでした。 ちなみにネジの受け側は、特にナットがあるわけでなく、ゴムチューブみたいのが付いてて、共回りすることなく簡単に外せました^^。 で、便座を外したところ。 なんか西洋風~(勝手なイメージですが^^;) そして、 ウォシュレット本体を位置調整して先程のプラスネジで締め付けて、しっかり固定します。 (写真には便器を拭き取ったティッシュがありますが、便座を拭いただけです。 ) で、便器に 電源不要ウォシュレットの取付け完了~ ノズルは特に見えないようになってますね。 水を流すとシュコっと出てくるんですかね^^。 まず接続アダプタに付いてるナットをいったん外して、付属されてる白いパイプ(ホース)に通します。 そして、接続アダプタにグイッと白いパイプをねじ込んで、通しておいたナットで締め付けます。 一応ここもモンキーレンチで仕上げました。 今度はウォシュレット側の接続ですが、 まず本体付属のプラスチックナットをパイプに通しておきます。 で、先っちょにコレも本体付属の コネクタを差し込みます。 ただ、 コレが硬いんで手だけではなかなか最後まで刺さりません。 で、床や壁に押し付けるとグイグイ刺さりました。 で、ウォシュレット本体の裏っ側に取付口があるので、ねじ込んでいきます。 これは工具無しで、 手だけでOKです。 電源不要ウォシュレットの使用感 操作レバーをクイッと回すとノズルがシャコンと出てきて、水がブシャーっと。 水圧も十分です。 もちろん操作レバーの開き具合で 水圧調整できます。 水道の蛇口と一緒ですね^^。 そういえば、それっぽい穴がありました。

次の

ユニットバスにウォシュレット

ユニット バス ウォシュレット

日本が生み出した発明品のなかで、もっとも肛門に優しい商品といえば、言わずと知れたTOTOの「ウォシュレット」であろう。 他メーカーのウォシュレット的な商品は「シャワートイレ」と呼ばれているが、 通称するならウォシュレットだ。 そんなウォシュレットは基本的に電源が必要。 風呂トイレ別の部屋ならば、たいていトイレにもコンセントは付いているが、ユニットバスには付いていないことが多い。 よってユニットバスではウォシュレットの恩恵を受けられない……と思いがちだが、あきらめるのはまだ早い! が古くからバリバリ売られているのだ! ・2種類の「簡易シャワートイレ」が流通している ためしにAmazonなどで「電源不要 簡易シャワートイレ」などのワードで検索してみると良い。 出るわ出るわ、わんさかヒットする! すべて海外では実際に使われている商品らしく、「これが正式名称」といった名前は存在しないっぽいのだが、大きく分けて2種類の簡易シャワートイレが売られているのだ。 ひとつは「ツマミ」が3つ付いたタイプ。 もうひとつはツマミが2つ。 ともに価格は5000円くらい。 それぞれの細かい違いは、この記事の最後に説明したい。 ・水の勢いだけでノズルが出てくる まず最初に、どのようにして「簡易シャワートイレ」が動くのかを簡単に説明したい。 ツマミをひねると、簡易シャワートイレ本体に水道水がダイレクトに流れ、その水の勢いでノズルが「ニュッ」と顔を出し、ものすごい勢いで「ジャーーーーッ!」と肛門めがけてストライクといった感じである。 詳しくはを参照だ! もちろん肛門だけではなく「ビデ」モードもあるので女性も安心。 ツマミのひねりぐあいで水圧の強弱もつけられる。 ノズル位置などの調整はできないが、そこは簡易シャワートイレを設置するときに、固定位置を微調整すれば問題なし。 また、「ノズル洗浄」モードも完備しているぞ! なお、 唯一の難点は「お湯が出ない」ということ。 電源の付いているウォシュレットは電気の力で水を温めている。 しかし、この「簡易シャワートイレ」には、お湯を温める能力はない。 冬場は「ヒャー」と冷たいが、きっとそのうち慣れてくる。 ・工作が得意な人なら20分くらいで設置完了 次に設置方法を簡単に説明したい。 まずはトイレのタンクに水を送り込む部分の「実は蛇口」的なところをマイナスドライバーでしっかりと閉じ、水が出ないようにする。 次に工具を使って、「トイレのタンクに水を送り込むパイプ」を取り外す。 あとは簡易シャワートイレに同梱されている「分岐ホース」を取り付けて第一段階終了。 次に便座を取り外し、便器と便座の間に簡易シャワートイレを取り付ける。 そして最後に、簡易シャワートイレと分岐ホースを接続したら……夢のウォシュレット生活があなたのもとへ! 工作が得意な人なら20分くらいで設置完了することだろう。 多少の工具は必要になるが、私(筆者)場合はプライヤーとマイナスドライバーだけで設置した。 ・デザイン重視か、使い勝手重視か 最後に、Amazonなどの通販サイトで現在よく見かける「2種類ある簡易シャワートイレ」の違いについて説明しよう。 まず、デザイン的には圧倒的に「ツマミが3つ」のほうがスタイリッシュ。 だが、その「ツマミ」を回すとき、ちょっと固くて力が必要……という難点がある。 一方の「ツマミが2つ」のデザインは、なにやらトロピカルな南国ムードが漂っており、「余計なプリントするんじゃねえ!」と突っ込みたくもなってくるが、ツマミの回し具合と「柔らかさ」にかんしては、こっちのほうが断然イイ。 デザイン重視か、使い勝手重視か……といった選択になることだろう。 しかし、 どちらを選んでもユニットバスでも夢のウォシュレット生活があなたのもとへ! だ。 健闘を祈る。 Report: Photo:RocketNews24.

次の