ポケモン 剣 盾 ダメージ 計算。 【ポケモン剣盾】最強ダメージ計算ツール使用方法【Soldier Calc.】

【ソードシールド】ドリュウズの育成論!汎用性・抜き性能の高いアタッカー【ポケモン剣盾】

ポケモン 剣 盾 ダメージ 計算

ダメ計も 厳選するべき パーティ作成や耐久調整など、対戦考察で役に立つダメージ計算ツール。 実は、ツールによって機能が全然違うという事実をご存知でしょうか。 とりあえず有名なやつを選べば良い、 ダメ計なんて全部同じだろ、と思っている方。 それは間違いです。 あらゆるツールを試して自分に合うものを厳選するべき。 ダメージ計算ツールによって、あなたが生きている間にできる対戦考察の量と質が決まります。 どのようなポケモンバトルができるかは、ダメージ計算ツールの機能によって決まると言っても過言ではありません。 機能とは ダメージ計算ツールは「最小〜最大ダメージ」を計算する以外にも様々なことができます。 各ツール開発者の 理想を具現化したものが機能として現れているのです。 ポケモン登録• パーティ登録• ダメージ16個を全て表示• 2つのダメージを合わせる加算機能 などです。 あなたの ポケモンバトルへの情熱と考え方が、必ずしもツールの開発者と合うとは限りません。 あらゆる機能を試して、自分に合ったツールを厳選しましょう! ダメージ計算アプリVS 前置きが長くなりましたが、今回紹介したいのは【VS 剣盾 SWSH】というダメージ計算アプリです。 VSには、対戦中でも間に合うよう 素早くダメージ計算をする機能が搭載されています。 対戦中に「倒せるか分からない」「耐えられるか分からない」という経験は誰にでもあります。 そういった場面でVSを使えば、ダメージ感覚を補えるようになるわけです。 4つの技を同時に計算 最大の機能は、 4つの技のダメージを同時に計算できることです。 対戦中に技の入力をする必要が無くなり、何秒か短縮することができます。 たった数秒、されど数秒。 その数秒の差がプレイングのミスを減らし、勝利に近付くかもしれません。 539匹が登録済み フシギバナ、リザードン〜ムゲンダイナまで、最終進化やガラルサニーゴなど 539匹が最初から登録されています。 努力値や技が登録されているのは勿論、環境に合わせて自動で更新されます。 ポケモンだけ選べばダメージ計算が完了するので、 対戦中に努力値や技を入力する必要はありません。 自分のポケモン1000匹を追加可能 自分が対戦で使うポケモンを登録して、ダメージ計算で使うことができます。 対戦中にいつでも計算できるよう、自分のチームの6匹を登録しておくのがオススメ。 技を12個登録できるのが特徴で、5個目以降はダメージ計算で「他の技」ボタンを押すと確認することができます。 ダメ計の 厳選を始める 最速のダメージ計算アプリ【VS】の機能を3つだけ紹介しましたが、これ以外にもたくさんの機能あります。 スマホのタッチパネルで 操作して初めて分かることもあるので、この続きは皆さんが実際に確かめてみてください! VS iOS版 ポケモン1000匹に加え、6つのチームと1000個の対戦記録を登録できます。 VS Android版 あらゆる性能のスマホで動くよう、徹底して軽量化されています。 VS ウェブページ VSの制作背景など、さらに詳しく知りたい方はこちらのページをご覧ください。

次の

【焼きキノコ】ポケモン対戦ガチ勢は「パラス」と聞くと最大火力計算をしたくなってしまう謎wwwwww

ポケモン 剣 盾 ダメージ 計算

ポケットモンスターソード・シールド 剣盾 用のダメージ計算機です。 【特徴】 4つのわざのダメージを同時に計算できます。 自分のポケモンを1000匹まで登録することができます。 登録したポケモンをダメージ計算で使うことで、素早く結果を得ることができます。 ばけのかわ、ステルスロック、まきびし、回復きのみ、パワースポットなど幅広い補正に対応しています。 【初期データ】 対戦でよく使われる539匹のポケモンが初期データとして登録されています。 例えばミミッキュなら「じゃれつく」「かげうち」といった技や、性格「いじっぱり」、努力値「攻撃252」などが初めから登録されています。 【初期データの自動更新】 初期データは対戦環境に合わせて自動で更新されます。 自動更新をOFFにして手動で編集することもできます。 【記録できるもの】 1000匹のポケモン以外にも6つのチーム、1000個の対戦記録を登録できます。 1000個を超えた対戦記録は古いものから削除されます。 com のものを使わせて頂きました。 【非公式アプリ】 個人が制作した非公式アプリであり、公式の企業(任天堂株式会社、株式会社クリーチャーズ、株式会社ゲームフリーク)とは一切関係ありません。 【ダメージ計算式】 サン・ムーン世代専用 ダメージ計算式調査スレッドの調査結果をベースに、剣盾で追加された要素を加えた計算式を使用しています。 すぐに修正します。 【ポケモン新規登録】 【登録済みポケモン編集】 自分のポケモンデータを登録したい場合は「ポケモン新規登録」を、 編集したい場合は「登録済みポケモン編集」を押してください。 技は12個まで登録でき、5個目以降の技はダメージ計算にて「他の技」を押すこと確認できます。 【通信対戦開始】 対戦記録を作成することができます。 「ダメージ計算」を押せば、対戦しながらダメージ計算をすることもできます。 【ダメージ計算】 初期データや登録したポケモンを使ってダメージ計算をします。 攻守交代は矢印ボタン、フォルムチェンジは虹色のボタンです。 ダメージの右側にあるボタンを押すと、詳しい補正、16段階のダメージなどが表示されます。 「ダメージを加算する」ボタンは加算機能です。 加算したダメージと合わせて計算するようになります。 例えば「かげうち」+「シャドークロー」のダメージ計算が可能です。 【素早さ比較】 ダメージ計算の「素早さ」ボタンを押すと2匹のポケモンの素早さ比較ができます。 「こだわりスカーフを持っていたらドラパルトより速くなるか?」 といった比較を数秒で行うことができます。 【対戦記録】 通信対戦開始で作成した記録を見返したり、選出率などを分析することができます。 今回は私が使ってみて良い点と悪い点を紹介します。 語彙力がなく、至らぬ点があると思いますが読んで頂けると幸いです。 良い点 ・ダメ計の早さ:何よりもダメ計がしやすいです。 他のアプリだと1個1個の技のダメ計しか出来ませんが、このアプリなら、そのポケモンが覚えている技全てのダメ計の結果がすぐにわかるので対戦中でも時間はかからないと思います。 ・対戦記録:今作はバトルレコーダーがなく、過去の対戦記録がとれないのですが、このアプリの仕様のおかげでバトルの記録をとることができ、助かっています。 ・技スペの多さ:登録しているポケモンの技を最大10個まで記録することができるので、技候補を記録しておくことでダメ計がより早くできると思います。 悪い点 ・記録したポケモン:記録したポケモンが消せないので必要無くなったポケモンが少し邪魔になることがあります。 ・覚える技:技を登録する際に毎回全ての技から選ぶので、そのポケモンがなんの技を覚えるかがわからず他のアプリを行き来するのに時間の手間がかかります。 以上です。 個人的にはDLCで新たに追加された技を登録したいのでアップデートが早くくることを願っています。 ここまで読んでくれた皆様ありがとうございました。 自身のポケモンを登録できることや、ダメ計の見やすさが素晴らしいです。 ありがとうございます。 ただ1つだけ我儘を言わせてください笑。 ポケモンの技を登録、選択する際に、そのポケモンが覚える技のみを表示するようにしてもらえると嬉しいです。 ダメージ計算の際、私は良く4つ以外の技ならどのくらいダメージが入るのか等を確認したり、新しくポケモンを調整している際に、このポケモンは他にどの技を覚えるのか等、試行錯誤を繰り返します。 その際に、他のサイト等を見れば済む話なのですが、このアプリのみで全て完結出来たらいいなと思ってしまいました。 ポケモンの数も大変多いので無理難題を言っているのはわかっています。 更に、素早さ比較もこれからのアップデートで出来るようになったりと、アプリをより良くする為に尽力を尽くしている下さっている事は重々承知していますので、本当にもし余力がありましたら検討してもらえると嬉しいです。 大変長くなりましたがこれからもこのアプリを使わせて頂きますので応援しています。 デベロッパの回答 、 レビューありがとうございます。 実機での計算式の調査からアプリのデバッグまで全て行っているので、レビューや改善点を頂けてとても嬉しいです! >そのポケモンが覚える技のみを表示 確かにVSのみで全て完結出来たら便利なのですが、事情があってできないのです。 公式ガイドブックの売上を落としたり、ポケモン徹底攻略のアクセス数を奪うことになります。 つまり、対戦文化を支え続けている方々に損害を与えることになります。 ポケモン徹底攻略の文章が他のサイトに無断転載される事件がありましたよね。 種族値などは必要なので使わせて頂いていますが(報告済み)、それ以外はなるべく使わないようにしたいです。 他のツールは課金や広告を視聴しないと計算結果を見せない仕様のため露骨な集金に嫌気がさし使うのをやめました。 こちらのツールに乗り換えて正解でした。 上記の理由含め使いやすさも素晴らしいです。 デベロッパの回答 、 レビューありがとうございます! VSは検索順位が低いので知らない方も多いのですが、4つのダメージを同時に計算できる世界レベルのツールなんです。 ぜひ多くの人に知って欲しいです。 先ほどアップルの審査に通ったver. 6にて「ばけのかわダメ+」という特性を追加しました。 ポケモン編集でミミッキュの特性を変更してから登録してください。 通常の「ばけのかわ」は今まで通りロックブラストなどの連続攻撃のダメージ計算に使えます。

次の

【ダメージ暗算】ダメージ暗算保険付き読みつっぱり【ポケモン剣盾】

ポケモン 剣 盾 ダメージ 計算

技 イカサマ 分類 ぶつり タイプ あく 威力 95 PP 15 命中 100 対象 相手1体選択 効果 相手の「こうげき」の能力値で ダメージ計算する。 通常、物理技を使う時には攻撃側の「こうげき」と防御側の「ぼうぎょ」でダメージを計算します。 しかし、イカサマは攻撃側の「こうげき」ではなく、 防御側の「こうげき」の数値で計算します。 相手の能力ランクが影響するため、「いばる」などで相手の「こうげき」が上昇していると、ダメージが大きくなります。 自身の能力ランクは関係しません。 攻撃側のポケモンが悪タイプだと、威力が1. 5倍になります。 これは普通の技と同じです。 タイプ相性も他の技と同じように考慮されます。 ダイマックスした場合 ダイマックス状態で使うと悪タイプで威力130のダイマックス技、「 ダイアーク」になります。 これは物理技であり、自分の「こうげき」の数値で計算します。 状態異常・特性・持ち物の影響 状態異常・持ち物・特性などの効果は、他の通常の技と同じく、 攻撃側の状態に従います。 「やけど」状態の場合• 攻撃側がやけど状態だとダメージが下がります。 相手がやけどであっても影響は受けません。 「こだわりハチマキ」「いのちのたま」を持っている場合• 攻撃側の、「こだわりハチマキ」などの攻撃アップアイテムは影響します。 相手が持っていても影響は受けません。 特性「てんねん」の場合• 攻撃側の特性が「てんねん」の場合、防御側の「こうげき」ランクは影響しますが、「ぼうぎょ」ランクは「てんねん」により無視されます。 防御側の特性が「てんねん」の場合、防御側の「こうげき」ランクは「てんねん」により無視されます。 簡単に言うと、てんねんは 自分の攻撃時は、防御のランク補正を無視し、 相手の攻撃時は、攻撃のランク補正を無視するものです。 その他、通常とは違う能力で計算する技 サイコショック• 「サイコショック」は相手の「とくぼう」ではなく 「ぼうぎょ」の能力値でダメージを計算します。 この技自体は特殊技であり、「ひかりのかべ」で半減されます。 あくまで、ダメージ計算に防御の値を用いる、というだけです。 「サイコショック」に対してミラーコートは効果があり、カウンターは効果がありません。 ボディプレス• 「ボディプレス」は自身の「こうげき」ではなく 「ぼうぎょ」の能力値でダメージを計算します。 「てっぺき」などで「ぼうぎょ」ランクを上げると、同時にボディプレスの威力も上がります。 「イカサマ」と同様に、 やけど状態だとダメージが半減します。 「こんらん」で自傷する場合• 自身の「こうげき」と「ぼうぎょ」の能力値でダメージ計算を行います。

次の