トイレット ペーパー 転売 違法。 【悪VS悪】メルカリでトイレットペーパー転売ヤーVS落札してもお金払わないユーザーの外道な戦いが勃発中。これ頭良すぎだろwww

トイレットペーパーやティッシュの転売は違法?最低など批判の声

トイレット ペーパー 転売 違法

オーストラリア南部のスーパーチェーン「ドレイクス」の取締役ジョンポール・ドレイクは、今月8日にYouTubeに動画を投稿し、さらに地元ラジオ局の番組に出演して、トイレットペーパーをグループで大量に購入していた「転売屋」への怒りをぶちまけた。 「昨日、32ロール入りトイレットペーパー150パックと、1リットル入りハンドサニタイザー(手指の消毒液)150個を返品したいと言ってきた客がいた。 ふざけるな、と言ってやった」と、ドレイクは動画でカメラに向かって中指を立てた。 さらにドレイクは、地元ラジオ局「ABCラジオ・アデレード」の番組にも出演し、その客がネットオークションサイト「eBay」のアカウントで転売ができないため返品しようとしてきた、と説明した。 「話しているとその客は、自分のeBayアカウントが閉鎖され、転売で暴利を得られないから、と言うのだ」とドレイクは語った。 客が返品しようとした商品の総額は約1万ドルに上るという。 新型コロナウイルスの感染拡大によって、「パニック買い」は今や世界中に広がっている。 各国で外出禁止や隔離措置が実施され、多くの人がトイレットペーパーや消毒液を買いだめする必要があると考えている。 パニック買いの発生や様々な商品の買いだめに対応して、ドレイクスをはじめ多くのスーパーマーケットが、「1人あたり何個」といった商品の購入制限を設けている。 しかしドレイクによると、今回返品しようとした客はその制限を回避する「抜け道」を使っていた。 「1人1個しか買えなかったので、この客はグループで商品を買っていた」と、ドレイクはラジオ番組で語った。 「つまり150回に分けて買ったのだ。 全く恥知らずな行為だ」 <他にも大量買いの事例が> 「ドレイクスでは、こうした行為(グループによる購入)があるため、客が必要以上に購入しないよう注意しなければならなくなった。 対応に苦慮している」とドレイクは話している。 こうした事態は3月初め、オーストラリアとニュージーランドで最大のスーパーチェーン「ウールワース」でも起きた。 各店舗でパニック買いが増加したため、同社は客に対して返品方針の変更を告知するチラシを配布した。 「2020年3月11日水曜以降、方針変更の告知があるまで、ウールワースで購入した特定の商品について『要らなくなった』という理由だけでの返品は受け付けない」と、告知には書かれている。 対象の商品は、トイレットペーパー、鎮痛剤、除菌シート、ハンドサニタイザーなどだ。 米ジョンズ・ホプキンズ大学のまとめによると、オーストラリアでは17日時点で、COVID-19(新型コロナウイルス)の感染者数が6462人に上り、63人が死亡している。 マシュー・インペリ.

次の

トイレットペーパー転売に「転売屋バスター」が怒りの反撃。落札して払わず転売屋を私刑

トイレット ペーパー 転売 違法

トイレットペーパー高額転売は違法なのか トイレ紙と国民生活安定緊急措置法 国民生活安定緊急措置法という法律があります。 国民生活安定緊急措置法は、物価の高騰その他の日本経済の異常な事態に対処するため、国民生活との関連性が高い物資及び国民経済上重要な物資の価格及び需給の調整等に関する緊急措置を定め、国民生活の安定と国民経済の円滑な運営を確保することを目的として、1973年に制定された日本の法律である この国民生活安定緊急措置法の特定品目にトイレットペーパーが入っているかです。 国民生活安定緊急措置法は1973年(昭和48年)に制定されました。 当初、特定品目にトイレットペーパーが入っていたそうですが、1976年(昭和51年)に特定品目から削除されているようです。 2020年現在、特定品目にトイレットペーパーは入っていないので、国民生活安定緊急措置法違反にはならないようです。 しかし、今回の件で再びトイレットペーパーが特定品目に入るかもしれません。 ちなみに特定品目を高額(特定標準価格を超えるという意味)で販売した場合、課徴金を支払わなければならないようです。 (課徴金) 第十一条 主務大臣は、特定品目の物資の販売をした者のその販売価格が当該販売をした物資に係る特定標準価格を超えていると認められるときは、その者に対し、当該販売価格と当該特定標準価格との差額に当該販売をした物資の数量を乗じて得た額に相当する額の課徴金を国庫に納付することを命じなければならない。 古物営業法違反の可能性 転売に関する法律といえば、古物営業法。 古物商の許可を得ず、すなわち無許可で転売すると古物営業法違反となります。 自分で使ったものを販売する行為は古物商の許可が不要なので違法ではありません。 大量に販売するなど、ビジネス目的での転売を無許可で行った場合、古物営業法違反になる可能性があります。 罰則は3年以下の懲役または100万円以下の罰金です。 転売屋をなんとかできないか 今回の件で「足元を見る転売屋をなんとかできないか」と思った人はきっと多いはず。 まずは転売屋から買わないことです。 みんなが転売屋から物を買わなくなれば、儲からなくなるので、転売屋はいなくなります。 私は転売屋からは絶対に買いません。 「ネットでマスクを買おうとしたら送料が4万円だった」という話も聞きます。 買わない人がほとんどだと思いますが、それでも買う人がいたらその人は・・・それ以上は言いませんが。。。 この記事では、国民生活安定緊急措置法と古物営業法についてお話しましたが、高額転売は他の法律に違反していないのでしょうか。 転売のために買い占める人がいて、多くの人が迷惑しているので、もし、これが法律的に問題が無いのであれば、高額転売を取り締まる法律を作る必要がありそうです。 転売屋が何かに違反してそうなことはないだろうかと考えてみたら、「転売屋は確定申告しているのかな?」と思いました。 転売屋の売上は申告しなければならないので、申告していなかったらヤバイことに。 転売屋は意外と申告していないかもしれません。 トイレットペーパーを高額転売している人を見つけたら覚えておき、翌年の確定申告期間後に国税庁に通報すると転売屋は税務調査されるかもしれません。 情報提供(通報)は以下の国税庁のホームページよりできるようです。 国税庁「課税・徴収漏れに関する情報の提供」 転売屋をぶっ壊す!笑.

次の

生理用品、介護用品や紙おむつの転売は違法なの?買い占めはしなくても大丈夫!

トイレット ペーパー 転売 違法

スポンサーリンク 転売屋バスターとは!トイレットペーパー転売ヤーに落札して支払わず撃退! 転売屋バスターとは!転売ヤー撃退方法! 転売屋がメルカリで高額出品している悪行に対抗し、 転売屋バスターは落札して払わないことで骨折り損のくたびれ儲けにさせて対抗しているのでした。 転売屋からマスクやペーパー類をコンビニ払いで購入し、代金は支払わずに支払い期限まで放置。 期限が切れて出品者がキャンセル、これをまた購入するというのを繰り返すと。 嫌儲の連中が主体になってやってるらしい(笑) — 防音室より電話番号教えろよ N国党支持 hikikomori38 そんな、転売バスターの転売ヤー攻撃手順は以下となっています。 不当な高額出品を落札• 「コンビニ払い」にして支払いの猶予を2日間にする• 支払いをしないで2日後に落札が自動キャンセルになる• キャンセルにより転売屋は売れずに再出品しなくてはならない この上記の攻撃手順を繰り返すことにより、転売ヤーは何度も再出品しては骨折り損のくたびれ儲けをする方法です。 確かに転売ヤーを困らせることは出来ますが、これで自分の時間を費やすよりも他のことをしたほうが良いと思うのは自分だけでしょうか… スポンサーリンク テッシュ・トイレットペーパー品薄はデマ! テッシュ・トイレットペーパーがコロナの影響で品薄になると買い占めが起きましたが、日本で生産しているので完全なデマだと話題になりました。 【拡散希望】 トイレットペーパー・箱ティッシュ・生理用品・オムツはなくなりません。 デマです。 — ましろい mashiroi1103 新型コロナウイルスの影響でマスクが店頭から消えた。 さらにここ数日、トイレットペーパーやティッシュペーパーも売り切れる店が続出している。 「紙不足でトイレットペーパーがなくなる」といったデマがネット上で広まり、多くの人が慌てて買ったことが原因だ。 実際は在庫もあり、マスクとは状況が異なる。 国やメーカー、小売店などは、デマに惑わされないよう呼びかけるが、騒動は収まっていない。 「マスクの次に不足するのは原材料が中国から入らないトイレットペーパーだ」といったデマが、早い段階からSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で飛び交っていた。 引用: また、デマと分かってもとりあえず買おう、買い占められたことで店にトイレットペーパーが無くなり、無くなった惨状を見てついつい多めに買ってしまって買い占めの連鎖が起きているのでした。 最初はネット上での誤った情報だったものが、心配になった一部の人が実際に購入。 熊本市など一部の地域の店で、局所的に売り切れる事態となった。 空になった棚の写真がSNSなどで拡散され、「本当にないんだ」と思った人が買いに行くことで、他の地域にも品不足が広がっていった。 その状況が報道されることで、「デマかもしれないがとりあえず買っておこう」という人が増えた。 デマを収束させにくくしている要因としては、小売店など企業の構造的な弱点もある。 十分に商品を店頭に並べれば、そもそもパニックはおきない。 売り切れたら、すぐに倉庫から補充すればいいはずだ。 だが、企業は収益力を高めるため、在庫を出来るだけ減らすことに力を入れてきた。 平均的な売り上げに応じて、必要最小限のものだけ並べる。 店の倉庫は小さく、商品は巨大な物流センターに集約し、定期的にトラックで運ぶのが一般的だ。 このやり方は効率的で人手もかからないが、いったん想定外に売れる商品があると、対応できなくなる。 「トイレットペーパーのようなかさばるモノは、店頭に並べられる量に限りがあります。 物流センターから補充しようとしても、すぐには持ってこられないんです」(大手スーパーの担当者) 小売店に限らず企業は、人員をぎりぎりまで削減している。 トラックの運転手らの人手不足も深刻で、緊急事態に対応できる余裕は少ない。 リストラなどで「経営のスリム化」を推し進めた結果、想定外に対応できる柔軟性が弱まってしまったのだ。 引用: このように転売屋のデマから、デマだと分かっても買い、買い占められたことで店にトイレットペーパーがない惨状を見て買い占めしまう麩の連鎖が起きてしまったのでした。 テッシュ・トイレットペーパー買い占め画像がヤバい! そんな転売屋のデマを信じてしまい、コストコやドラックストアだったりと長蛇の列が出来、トイレットペーパーを買い占めている状態が起きてしまったのでした。 (画像引用元:) (画像引用元:) (画像引用元:) (画像引用元:) (画像引用元:) (画像引用元:) 上記が問題の長蛇の列ですが、ここまで転売屋のデマを信じてしまうとは信じられませんね… スポンサーリンク トイレットペーパー品薄デマは転売屋の理由! トイレットペーパーが品薄になる情報を流した方の辿るとメルカリ転売屋で、複数の転売屋が発信しているとバレました。 トイレットペーパー買い占め騒動の出所特定したらメルカリ転売屋だったわ本当クソ。 — しとばむ?? musitoban (画像引用元:) (画像引用元:) (画像引用元:) 【補足】 発信源この人だけじゃないようです。 それ以前にも買い占めがありました 複数の転売屋が同時多発的に発信したっぽい。 — しとばむ?? musitoban トイレットペーパーが品薄だと、言葉に責任を持とうと言った喜楽屋さんがデマを流しましたが、この方は転売屋だったようです。 そのため、トイレットペーパーが品薄となり、メルカリで高額で売りつけようとするデマ流しをしたのかと疑惑が深まったのです。 また、この喜楽屋さんだけでなく、複数の転売屋が発信して高額で売りつける計画をしていたと言われているのでした。 ちなみに、現在は消されたデマを流して言葉に責任を持とうと言った喜楽屋さんのブログは以下のURLから飛ぶことが出来ます。 しかし、この方法がモラル的にはどうかと思い、まさに目には目を的な対抗となっているのです。 果たして転売屋バスターの戦いはいつまでつづくのか、今後もその抗争に注目ですね。 せばな~.

次の