2019 亡くなっ た 有名人。 今年2019年、癌(がん)を公表した芸能人・有名人まとめ

2019年に亡くなった有名人6

2019 亡くなっ た 有名人

2月21日 大杉漣急死 俳優、タレント、北野武監督の映画「ソナチネ」や「HANA-BI」などに出演し、ドラマやバラエティー番組でも親しまれた俳優の大杉漣(おおすぎれん)(本名孝=たかし)さんが二十一日、急性心不全のため死去した。 六十六歳。 徳島県出身。 葬儀・告別式は近親者で行う。 名脇役として知られた。 テレビ東京によると放送中の連続ドラマ「バイプレイヤーズ」の撮影を終え、ホテルに戻った後に不調を訴えたという。 大杉さんは一九七四年に劇団「転形劇場」に入団し、八〇年に「緊縛いけにえ」で映画デビュー。 九〇年代以降には北野監督の映画やSABU監督の「ポストマン・」、崔(さい)洋一監督の「犬、走る DOG RACE」のほか、では「シン・ゴジラ」の首相役などで存在感を発揮。 迫力のあるやくざから、気弱な父親役まで、幅広い役を巧みに演じた。 1月30日 有賀さつき 死亡が報じられたのは、6日後の2月5日。 病名や死因が明らかにされなかったことから、様々な憶測が飛び交ったほどだった。 「2月6日に、父の洋さんが報道陣の取材に応じてくれました。 その時点では、洋さんもさつきさんの遺志もあり死因を聞かされていなかったそうです」 (ワイドショー関係者) 洋さんによると、有賀さんは1月中旬に体調を崩して入院。 その後、容体が悪化し、30日の午前8時頃、病院から死去の連絡が入った。 洋さんだけでなく、元夫で、当時フジテレビ解説委員、和田圭氏(65)との間に生まれた中3の娘(15)も、看取ることはできなかったという。 「病名は本人の強い希望で家族にも伏せられていたそうです。 亡くなる3日前に洋さんが見舞った時は、食欲がなく点滴を受けていたものの元気な様子だったそうです。 葬儀・告別式は2月1日に密葬で営まれました」(前出・ワイドショー関係者)死因は、乳ガンだったと見られるが、有賀さんは昨年2月、自身のブログで〈ずいぶん私も病んでいました〉と闘病をにおわせていた。 激痩せぶりとカツラ着用が一部で話題となったこともある。 1月4日 星野仙一野球選手 監督 プロ野球の中日、阪神、楽天で監督を務めチームをリーグ優勝や日本一に導き、「闘将」とも呼ばれた星野仙一さんが4日、亡くなりました。 70歳でした。 これは、星野さんが球団の副会長を務めるプロ野球の楽天が発表しました。 楽天に よりますと、星野さんはおととし、すい臓がんであることがわかり、その後、闘病 を続けてきましたが、先月下旬に病状が悪化し、4日午前5時25分に亡くなったと いうことです。 1947年、岡山県出身。 明大から69年に中日入りし通算146勝。 74年は先発、 救援で活躍し、最多セーブと沢村賞を受賞。 監督として88、99年に中日、2003 年に阪神でリーグ優勝。 13年に楽天で日本一となり三原脩氏と西本幸雄氏に並ぶ 3球団でのリーグ制覇を達成。 08年北京五輪では日本代表監督。 監督通算1181 勝は歴代10位。 () 12月8日 野村沙知代, 野村克也の妻 プロ野球ヤクルトや阪神で監督を務めた野村克也氏(82)の妻でタレントの野村沙知代(のむら・さちよ)さんが8日午後4時9分、都内の病院で死去した。 85歳だった。 福島県出身。 この日午後、都内の自宅で意識を失い病院に緊急搬送され、そのまま帰らぬ人となった。 歯に衣(きぬ)着せぬ「毒舌」で知られ、「サッチー」の愛称で芸能マスコミを何度もにぎわせた傑人だった。 12月28日 真屋順子 女優、欽どこで母親役 バラエティー番組「欽ちゃんのどこまでやるの!(欽どこ)」(テレビ朝日系)の母親役などで知られた女優、真屋順子(まや・じゅんこ、本名・高津詔子=たかつ・しょうこ)さんが昨年12月28日、死去していたことが分かった。 75歳。 葬儀・告別式は近親者のみで行った。 後日「欽どこ」関係者でお別れ会を行った。 昭和36年に俳優座養成所に入所し、舞台や映画、テレビドラマなどで活躍。 51年から始まった萩本欽一さんの番組「欽どこ」では、萩本さんの妻役を務め、軽妙な掛け合いで人気を集めた。 平成12年に脳出血で倒れ、左半身まひなどの後遺症が残ったが、夫で俳優の高津住男さんとの共著で闘病記「ありのまま」を出した。 検索 カテゴリー• 15 アーカイブ アーカイブ 固定ページ• カチモリパチスロ常勝メソッド.

次の

2019年に亡くなった人々/命日データベース

2019 亡くなっ た 有名人

平成が終わり、新たな令和の時代を迎えた今年2019年も、残すところあと数か月。 本サイトでは、今年も癌 がん)闘病を経験した芸能人・有名人の方を数多く紹介してきました。 芸能人の癌(がん)のニュースは、毎年話題が絶えず、2017年にはアナウンサーの小林麻央さん、2018年は星野仙一さんや漫画家・さくらももこさんらが癌 がん によってこの世を去り、大きな話題となりました。 そして、今年2019年は、2月に白血病を公表した競泳・ 池江璃花子さん 19 や、8月に 上皇后・美智子さまが乳がんを公表したニュースが私たちの記憶に新しいところです。 そこで今回は、 『今年2019年に癌(がん)で亡くなった芸能人・有名人』の方たちを一挙紹介します! スポンサードリンク 目次• 太田裕美さんと言えば、1974年に歌手デビューし、『木綿のハンカチーフ』 1975 が大ヒット。 門倉有希さんと言えば、演歌歌手として1996年に紅白歌合戦に出場し、1998年にリリースした『ノラ』が大ヒットしたことで知られています。 ロッド・スチュワートさんと言えば、アーティストとして50年以上のキャリアを持ち、世界で累計2億枚以上のアルバムセールスを誇る音楽界のレジェンドです。 長山洋子さんと言えば、1980年代、アイドル歌手として活躍しながらも、1993年以降、演歌歌手に転身。 以降、NHK紅白歌合戦や日本有線大賞の常連となり、演歌歌手として不動の地位を確立してきました。 室井佑月さんと言えば、テレビ番組のコメンテーターとして歯切れの良いコメントや毒舌で人気を獲得してきました。 小笠原早紀さんは、大ヒットアニメゲームアプリ「アイドルマスター ミリオンライブ! 」の野々原茜役や、数多くのアニメ作品に出演してきた人気声優です。 岡村孝子さんと言えば、80年代、加藤晴子さんとの2人組の女性デュオグループ・あみんとして活動し、『待つわ』が大ヒット。 あみん活動休止後も、ソロシンガーとして活動を継続し、1987年にリリースした彼女の代表曲『夢をあきらめないで』は、世代を越えて知られる応援歌となっています。 宮本亜門さんと言えば、ミュージカル・ストレートプレイ・オペラ・歌舞伎等…様々なジャンルを手掛け、世界的にも活躍されている演出家です。 堀ちえみさんと言えば、1980年代にアイドルとして歌やドラマに活躍。 主人公を演じたドラマ『スチュワーデス物語』 1983 をきっかけにブレイクし、劇中のセリフは当時の流行語も獲得しました。 池江さんは、1月18日から合宿先のオーストラリアでトレーニングをしていましたが、合宿中に体調不良となったため緊急帰国。 2月8日に検査を受けた結果、白血病を患っていることが発覚しました。 山本譲二さんと言えば、日本の演歌・芸能会を牽引してきた北島三郎さんを筆頭とする北島ファミリーの1人であり、演歌界の重鎮でもあります。 手術のために、シーズン開幕の復帰は間に合わなかったものの、夏に1軍復帰し、7月に開催されたオールスターゲームでは奇跡的とも言える大復活を果たします。 河村隆一さんと言えば、日本を代表するロックバンド・LUNA SEAやTourbillon、ボーカリストとして平成の音楽シーンを盛り上げてきたアーティストです。 河村隆一さんの現在の容態は? 今年 2019年、癌 がん でこの世を去った芸能人・有名人たち ここまでは、今年2019年に癌(がん)を公表した芸能人・有名人の方たちを紹介してきました。 ここからは、惜しくも今年2019年に癌(がん)闘病の末に亡くなられた芸能人・有名人の方たちを紹介します。 40才でした。 山梨県出身の宮川典子さんは、高校教師の経歴を持ち、昨年2018年10月までは文部科学大臣政務官も務めた人物です。 教育問題や女性の政治進出に熱心に取り組んだ宮川さんだけに、40才という若さでの早すぎる死去報道に、インターネットでは「残念」の声が多く投稿されています。 しかしながら、健康なうちや、身近な人に癌(がん)を経験されている方がいないと、なかなか日頃から癌(がん)について関心を持つことは難しいものです。 日頃からインターネットやテレビで流れてくる芸能人・有名人の方たちの癌(がん)闘病のニュースは、 私たちが癌(がん)について考えるきっかけを与えてくれるサインなのかもしれません。 今回紹介した芸能人・有名人の方たちは、あくまで今年2019年に癌(がん)を公表した方々ですが、過去には多くの芸能人・有名人の方たちがこの病気と闘っています。 ぜひ、あなたが関心を寄せる芸能人の方の癌(がん)闘病をきっかけに、癌(がん)に関する知識や備えについて考えてみてはいかがでしょうか。

次の

【訃報】2019年(平成31年

2019 亡くなっ た 有名人

平成が終わり、新たな令和の時代を迎えた今年2019年も、残すところあと数か月。 本サイトでは、今年も癌 がん)闘病を経験した芸能人・有名人の方を数多く紹介してきました。 芸能人の癌(がん)のニュースは、毎年話題が絶えず、2017年にはアナウンサーの小林麻央さん、2018年は星野仙一さんや漫画家・さくらももこさんらが癌 がん によってこの世を去り、大きな話題となりました。 そして、今年2019年は、2月に白血病を公表した競泳・ 池江璃花子さん 19 や、8月に 上皇后・美智子さまが乳がんを公表したニュースが私たちの記憶に新しいところです。 そこで今回は、 『今年2019年に癌(がん)で亡くなった芸能人・有名人』の方たちを一挙紹介します! スポンサードリンク 目次• 太田裕美さんと言えば、1974年に歌手デビューし、『木綿のハンカチーフ』 1975 が大ヒット。 門倉有希さんと言えば、演歌歌手として1996年に紅白歌合戦に出場し、1998年にリリースした『ノラ』が大ヒットしたことで知られています。 ロッド・スチュワートさんと言えば、アーティストとして50年以上のキャリアを持ち、世界で累計2億枚以上のアルバムセールスを誇る音楽界のレジェンドです。 長山洋子さんと言えば、1980年代、アイドル歌手として活躍しながらも、1993年以降、演歌歌手に転身。 以降、NHK紅白歌合戦や日本有線大賞の常連となり、演歌歌手として不動の地位を確立してきました。 室井佑月さんと言えば、テレビ番組のコメンテーターとして歯切れの良いコメントや毒舌で人気を獲得してきました。 小笠原早紀さんは、大ヒットアニメゲームアプリ「アイドルマスター ミリオンライブ! 」の野々原茜役や、数多くのアニメ作品に出演してきた人気声優です。 岡村孝子さんと言えば、80年代、加藤晴子さんとの2人組の女性デュオグループ・あみんとして活動し、『待つわ』が大ヒット。 あみん活動休止後も、ソロシンガーとして活動を継続し、1987年にリリースした彼女の代表曲『夢をあきらめないで』は、世代を越えて知られる応援歌となっています。 宮本亜門さんと言えば、ミュージカル・ストレートプレイ・オペラ・歌舞伎等…様々なジャンルを手掛け、世界的にも活躍されている演出家です。 堀ちえみさんと言えば、1980年代にアイドルとして歌やドラマに活躍。 主人公を演じたドラマ『スチュワーデス物語』 1983 をきっかけにブレイクし、劇中のセリフは当時の流行語も獲得しました。 池江さんは、1月18日から合宿先のオーストラリアでトレーニングをしていましたが、合宿中に体調不良となったため緊急帰国。 2月8日に検査を受けた結果、白血病を患っていることが発覚しました。 山本譲二さんと言えば、日本の演歌・芸能会を牽引してきた北島三郎さんを筆頭とする北島ファミリーの1人であり、演歌界の重鎮でもあります。 手術のために、シーズン開幕の復帰は間に合わなかったものの、夏に1軍復帰し、7月に開催されたオールスターゲームでは奇跡的とも言える大復活を果たします。 河村隆一さんと言えば、日本を代表するロックバンド・LUNA SEAやTourbillon、ボーカリストとして平成の音楽シーンを盛り上げてきたアーティストです。 河村隆一さんの現在の容態は? 今年 2019年、癌 がん でこの世を去った芸能人・有名人たち ここまでは、今年2019年に癌(がん)を公表した芸能人・有名人の方たちを紹介してきました。 ここからは、惜しくも今年2019年に癌(がん)闘病の末に亡くなられた芸能人・有名人の方たちを紹介します。 40才でした。 山梨県出身の宮川典子さんは、高校教師の経歴を持ち、昨年2018年10月までは文部科学大臣政務官も務めた人物です。 教育問題や女性の政治進出に熱心に取り組んだ宮川さんだけに、40才という若さでの早すぎる死去報道に、インターネットでは「残念」の声が多く投稿されています。 しかしながら、健康なうちや、身近な人に癌(がん)を経験されている方がいないと、なかなか日頃から癌(がん)について関心を持つことは難しいものです。 日頃からインターネットやテレビで流れてくる芸能人・有名人の方たちの癌(がん)闘病のニュースは、 私たちが癌(がん)について考えるきっかけを与えてくれるサインなのかもしれません。 今回紹介した芸能人・有名人の方たちは、あくまで今年2019年に癌(がん)を公表した方々ですが、過去には多くの芸能人・有名人の方たちがこの病気と闘っています。 ぜひ、あなたが関心を寄せる芸能人の方の癌(がん)闘病をきっかけに、癌(がん)に関する知識や備えについて考えてみてはいかがでしょうか。

次の