キャリア プランニング 能力。 ジョブ・カードとは|ジョブ・カード制度総合サイト|厚生労働省

キャリア教育とは?伸ばすべき能力や目的、企業事例を紹介

キャリア プランニング 能力

キャリアプランニングとはどんなことなのでしょうか。 まずキャリアという言葉で印象に残るのが、技術・知識・経験など豊富な人、またさまざまな職歴を持っている人、出世コースを進んでいる人などがあるのではないでしょうか。 またキャリアは国家公務員採用総合職試験に合格して官僚として採用されている人のことをキャリア官僚といった言葉で呼び、国家公務員採用一般職試験に合格して官僚として採用されている人のことをノンキャリアと呼んでいます。 そんな印象や意味を持っているキャリアと、計画をするの意味を持っているプランニングが合わさった言葉キャリアプランとは、目標に向かって自分のスキルアップを目指すための転職などの具体的な行動のことです。 簡単に言うと キャリアプランニングを簡単に言うと、自分がどんな職種の業務で働きたいかなどの、将来の目標を設定してその目標を達成するために、計画を立てて実行する一連の流れのことをいいます。 またキャリアプランニングでできることには、キャリアプランを実行する上で大事な自己分析をすることです。 自己分析によって自分の現在の知識、技術などの実力を知ることができます。 さらにキャリアプランを実行することで目標がしっかり設定されるので目標を持って行動することができるようになります。 会社のキャリアプランとは 従来の日本の会社は、就職して勤続年数や年齢が増えるとその人の成果や能力に関係なく、地位や賃金が上がるいわゆる年功序列方式でした。 しかし会社形態の見直しやアメリカの実力主義的な思想の影響により、年功序列方式ではなく、実力方式に変わってきました。 そんな背景の中で生まれたのがキャリアプランです。 キャリアプランは、従業員のキャリアアップのための現場における教育や指導であるOJT、off-JT、集合研修や、セミナーなどの教育訓練、職能資格制度、能力評価制度などを取り入れた総合的に人事を管理する制度のことです。 OJTとは OJTとはどんな指導なのでしょうか。 OJTとは実際に仕事をしながら知識やスキル・技能の習得に適しているOn the job Training(職場内研修)のことです。 現場での個人への教育になるので、効果を上げやすいといった特徴があります。 off-JTとは off-JTとはどんな指導なのでしょうか。 off-JTとは、 OJTのように現場で教育を受けるのではなく、専門の講師などのセミナーなどで研修を受ける(職場外研修)です。 専門の講師での研修なので、難しい知識・技術を学ぶことができるといった特徴があります。 年功序列とは 年功序列は、その個人が持っているスキルや個人が上げた実績などを評価して賃金をアップするなどの行為をするのではなく、その会社に勤めている年数や年齢を重視して主任・課長といった役職につかせて賃金を上昇させる会社が行う人事制度のことです。 年功序列のメリット 年功序列にはどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。 年功序列のメリットは、賃金や待遇に不満を持って会社を退職する人が少なくなります。 また長く会社に勤務した人がリーダーになるため現場や社員間で連帯感が強まります。 年功序列は、その会社に勤めている年数や年齢を重視して賃金や役職が上がっていくので人事評価が簡単にできることです。 年功序列のデメリット では年功序列のデメリットにはどんなものがあるのでしょうか。 年功序列のデメリットは、会社に勤めている年数の応じて賃金をアップしていくので人件費が高いことです。 また会社に勤めている年数の応じて賃金をアップしていくので、年配の社員が仕事への情熱が薄れる傾向があり、実力がある若い世代の労働者が仕事への意欲が低下します。 キャリアプランの書き方で自分に質問をする例文として下記のようなものがあります。 キャリアプランの書き方でのポイント価値感の分析の例文 ・どんな職種や仕事をすれば自分に達成感があるのか ・どんな問題や課題が起きても積極的に取り組めますか ・生活と仕事との調整は可能ですか 自分がどんな職種や仕事につきたいのかといった理想やイメージ像の分析の例文 ・どんな職種や業務を担当したのか ・マネージャーなど将来どんなポストにつきたいのか 自分の得意分野と不得意分野などのスキルの分析の例文 ・目標を達成するまで自分の得意分野を追求できるのか ・自分に足らないスキルはどんなものがあるのか などが例文です。 社内のキャリアプランの書き方 社内でキャリアアップしていくキャリアプランの書き方のポイントは、自分の現在持っているスキルの向上のため、3年後、5年後、10年後を見据えたキャリアプランの立て方です。 例えば3年後に企画力やプレゼンテーションの能力などどんなスキルを習得するか、またそのためにどんな行動をするのかといったことをキャリアプランに盛り込むことが重要になります。 SEのキャリアプランの書き方 SE(システムエンジニア)のキャリアプランの書き方で大事なポイントは、ビジネスにおけるさまざまなの知識や技術を習得した人材を目指すのか、それともSE(システムエンジニア)としての専門知識を向上させてスペシャリストを目指すのかといった選択が必要になります。 営業のキャリアプランの書き方 営業職のキャリアプランは会社で管理職の道へ進むのか、営業のスペシャリストとして進むのか、営業職で実績をあげて大手の企業での営業を目指すのかといった選択が必要です。 会社で主任・係長・課長・部長といった管理職の道を目指すのであれば、営業のスキルと共にマネジメントスキルも磨く必要があります。 営業のスペシャリストとして進むのは、営業職を選んだ人の最高のキャリアプランと言えます。 キャリアプランの面接でのポイント キャリアップしていくにはキャリアプランが重要です。 しかしいざキャリアプランを立ててみたけどなんだか自分にあっていないような気がする、自分が目指すものと違うような気がするといって悩む人も多くいます。 ではキャリアプランはどのような考え方をすればよいのでしょうか。 無理な目標を設定するのではなく、現在の自分のスキルのアップから目指すようにしましょう。 またキャリアプランを考えるときに使われるのが自分がどんな仕事をしたいかという意思を伝えるWill、自分に何ができるのかのCan、自分が何をすべきであるのMustといった「Will・ Can・ Must」のフレームワークが使われます。 Will・Can・Mustのフレームワークとは Will・Can・Mustの定義を確認しますとWillが今自分のやりたい業務、Canが今自分が持っているスキルでできること、Mustが目標に向かって自分が今やらなければいけないことです。 詳しく説明しますと、「Will」が自分がこのような業務や仕事をしてみたい、このような皆から尊敬される人になりたい、自分のスキルを活かして楽しく仕事がでるような人生を送りたいなどがあります。 しかし実際このような考え方を持っている人は少ないのが現状です。 「Can」は自分が今までに積み上げてきた知識やスキルでできることです。 「Can」では自分が気が付いていない能力を発見することもあります。 「Must」はMustが目標に向かって自分が今やらなければいけないことが理想ですが現実は会社からの指示や命令のことです。 転職のキャリアプランの考え方 転職のキャリアプランの考え方で大事なポイントは、転職でキャリアアップを目指す人によく質問されるのが、あなたの5年後のビジョンを教えてくださいです。 5年後、10年後を見据えた将来の自分を描くことが大事です。 そのためには現在自分を持ている知識やスキルを理解することが重要になります。 またどんなに自分のスキルが高くての会社のビジョンとマッチしていなければ意味がないのでそこはよく考えて選択する必要があります。 新卒のキャリアプランの考え方 以前の年功序列から実力主義に変わった現在では、新卒の段階からキャリアプランを考える必要があります。 では新卒のキャリアプランはどのような考え方をすればよいのでしょうか。 新卒のキャリアプランの考え方は、3年後にどんな企画や提案をする、5年後には自分の提案した製品やサービスをヒットさせる、10年後には転職も視野に入れながら知識やスキルをアップさせるなどの長期間車にわたるキャリアプランを立てることが重要です。 キャリアアップを目指しましょう! 3年後・5年後・10年後などに自分はどんな職種のどんな業務を担当しているのか、またどんな役職についているのかなどを決める一連の流れであるキャリアプランについて説明してきましたが理解できたでしょうか。 キャリアプランの大切さがわかっていただけたでしょうか。 しっかりとしたキャリアプランを立てることで自分のキャリアアップにつながりますのでよく理解して実行することが大事です。 キャリアプランを実行するキャリアプランニングの方法、キャリアプランニングの書き方・考え方などを参考にしていただき自分のキャリアプランを立てて、キャリアアップを目指しませんか。 ドライバーの仕事情報を探す 現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!.

次の

キャリアプランシートを作成する手順や例、面接対策まで解説!

キャリア プランニング 能力

医療技術が発達してきて、人生100年時代と言われてるのが今の日本です。 平均寿命が年々伸びていて、その分老後に必要となる資金も増えています。 そのため、より一層人材価値を高めるためのキャリア・プランニングが大切になってきます。 ここでは、なぜキャリア・プランニングが必要なのか、人材価値を高めるための戦略はどう考えていけば良いのかについて解説をしていきます。 生きていくにはお金が必要 当たり前のことですが、生きていくにはお金が必要です。 基本的にお金は、稼いで、貯めて、運用して、将来の稼ぎが落ちたときに取り崩してという流れになります。 この流れの中で、「稼ぐ」という段階にフォーカスを当てて考えてみましょう。 働いて稼ぐときに、職選びによって大きく収入は変わってきます。 仕事は時間を使って、お金を稼ぐ手段となり、アルバイトだとしても長時間働くことで、多く稼ぐこともできます。 しかし、時間は全員に平等でかつ、有限なものです。 稼ぐ効率を上げるためにも、専門的な知識やスキルを身に付け「価値のある人材」になることが大切となってきます。 つまり、お金を効率的に稼ぐためには、キャリア・プランニングをしっかり立てて、若いうちから「価値のある人材」を目指すことが重要なのです。 キャリア・プランニングが必要な理由 先程話をしたように、キャリア・プランニングをしっかり立てて、「価値のある人材」に成長することができれば、お金を稼ぐという面において、効率良く稼ぐことができます。 もちろん、睡眠時間や余暇に使う時間を削って、アルバイトを掛け持ちするなどして、時間と体を犠牲に多くのお金を稼ぐことはできます。 しかし、この方法は若い内なら可能かもしれませんが、長くは続きません。 稼ぐことに効率性を求めるときには、人材価値を高めるための「キャリア・プランニング」が大切なのです。 人材価値を高める戦略 人材価値を高めるためには、能力と実績を作る戦略とプランニングが大切になってきます。 仕事の世界では、「能力」が高いだけでは、価値として評価されません。 その能力を使って、実際に働いた「実績」があるのかが見られ、この「能力」と「実績」のふたつの側面から「価値のある人材」かどうかが判断されます。 更に、「働ける年数」は、例えば30歳と40歳の人がいて、二人とも同じ能力と実績を持っていたとしたら、どの企業でも30歳の人を採用します。 単純に10年間多くその能力を企業に使ってくれる、かつ更なる能力の向上がこの10年間で望めるからです。 このように、「人材価値」は、「能力」と「実績」だけでは判断されず、「働ける年数」を含めて判断されるのです。 さんざん「価値のある人材」と言ってきましたが、ここで言う「価値のある人材」とは、経済的にあ価値を意味しており、人間的な価値を指しているわけではありません。 では、「価値のある人材」になるための戦略はどのように立てるべきなのでしょうか。 キャリア・プランニングを考えるときに、意識すべき年齢があります。 それは、28歳、35歳、45歳です。 簡単に説明すると、28歳までに自分の職を選択肢、35歳までに自分の人材価値を確立し、45歳を向かえたらセカンドキャリアの準備を始めます。 75歳まで働くことを想定したときに、スキルや学びなおし、顧客の開拓などの時間が必要で、その準備を始めるのに適している年齢が45歳と言われています。 若い頃から「人材価値」を高めるプランを考えよう 若い頃は、将来のことを具体的に想像し、プランを考えるのは難しくもあります。 また、若い頃はそのときの楽しいことに時間とお金を使いたがってしまうため、中々自分の「人材価値」を高めるためにキャリア・プランニングをしっかり立てて、それに向けて行動をしていけないものです。 しかし、将来歳を重ねたときに、そこまで苦労せずに充実した生活や仕事ができている人は、こういったプランを必ず立てており、将来の準備をしっかりと進めています。 「まだ若いし、将来のことは考えたくない」と思っている人もいるとは思いますが、なるべく早い内から「キャリア・プランニング」を立て、将来を見据えておきましょう。 投稿ナビゲーション.

次の

キャリアプランの書き方と例・面接時の上手な返答例

キャリア プランニング 能力

キャリア教育登場〜早いうちからやりましょう〜 情報化・グローバル化の流れの中、社会人として自立した人間を育てる観点から、1999年、中央教育審議会答申「初等中等教育と高等教育との接続の改善について」の中で、はじめて「キャリア教育」の必要性が言及された。 答申の中で、 1. 小学校段階から発達段階に応じて実施すること 2. 家庭や地域と連携して体験的な学習を重視すること 3. 教育課程に位置付けて計画的に行うこと など今後のキャリア教育についての改善点が示された。 特に1. の早い段階からキャリア教育を行う必要を示した点に注目したい。 キャリア教育は高校生から、というようなものではないのである。 1999年当時は小学生から、となっていたが最新の答申では幼児期からやりましょうとなっていることに注意 「4領域8能力の例」が広まったはいいものの… 2004年、文部科学省は「キャリア教育の推進に関する総合的調査研究協力者会議報告書 〜児童生徒一人一人の勤労観、職業観を育てるために〜」の中で、「職業観・勤労観を育む学習プログラムの枠組み 例 」をキャリア教育推進計画の一例として紹介した。 「職業観・勤労観を育む学習プログラムの枠組み 例 」はキャリア教育で必要な力を人間関係形成能力、情報活用能力、将来設計能力、意思決定能力の4つの領域にまとめ、さらにそれぞれの領域を2つずつの能力で示した「4領域8能力の例」として有名なものである。 下リンク先の下部にあるのでご覧いただきたい。 文科省としては上の例を参考に各学校ごとに特色のあるキャリア教育を進めてもらおうという意図であったが、現場では「文科省から出てるものだからこれをコピーして使えばOK」と、日本中の学校でほとんど同じキャリア教育計画が大量生産される結果につながった。 また、シートには高等学校までのことしか書かれてないため、生涯を通じて育成される能力という観点が薄い点も課題となった。 「基礎的・汎用的能力」の育成へ 上記の課題を克服するため、中央教育審議会が改めて分析を加えて「分野や職種にかかわらず、社会的・職業的自立に向けて必要な基盤となる能力」として再構成して提示されたのが2011年の「今後の学校におけるキャリア教育・職業教育のあり方について 答申 」に示された「基礎的・汎用的能力」である。 「基礎的・汎用的能力」は、「人間関係形成・社会形成能力」、「自己理解・自己管理能力」、「課題対応能力」、「キャリアプランニング能力」の4つの能力によって構成される。 リンク先P15に「4領域8能力の例」との対応図があり、大変わかりやすいので一度見ておくと良い。 文部科学省「小学校キャリア教育の手引き 改訂版 」 キャリア教育関係の重要用語 ここでは、キャリア教育に関する用語をいくつか確認する。 引用元はすべて、先述の答申「今後の学校におけるキャリア教育・職業教育のあり方について 答申 」である。 キャリア教育の定義 「キャリア教育」とは、「一人一人の社会的・職業的自立に向け、必要な基盤となる能力や態度を育てることを通して、キャリア発達を促す」教育である。 上の定義を読むと、キャリア発達とは何か?、そもそもキャリアとは?という疑問に達すると思われるので、それらについても引用しておく。 キャリアとは 前略 人が,生涯の中で様々な役割を果たす過程で,自らの役割の価値や自分と役割との関係を見いだしていく連なりや積み重ねが,「キャリア」の意味するところである。 キャリア発達とは 社会の中で自分の役割を果たしながら,自分らしい生き方を実現していく過程を「キャリア発達」という。 演習を2題分行う。 演習 問1. 次の表は、我が国の主なキャリア教育推進施策の展開をまとめたものである。 表中のア 〜ウの内容の記述として適切なものを次のA〜Cからそれぞれ選べ。 平成11年12月 中央教育審議会答申「初等中等教育と高等教育との接続の改善について」……ア 平成14年11月 国立教育政策研究所「児童生徒の職業観・勤労観を育む教育の推進について 調査研究報告 」 平成15年6月 「若者自立・挑戦プラン」 平成16年1月 文部科学省「キャリア教育に関する総合的調査研究協力者会議」報告書……イ 平成16年2月「若者の自立・挑戦のためのアクションプラン」 平成18年 「若者の自立・挑戦のためのアクションプラン 改訂 」 平成19年 「キャリア教育等推進プランー自分でつかもう自分の人生ー」 平成23年1月 中央教育審議会答申「今後の学校におけるキャリア教育・職業教育の在り方について」……ウ A 「キャリア発達にかかわる諸能力 例 」 4領域8能力 をキャリア教育の枠組みの例として取り上げ、「各学校においてキャリア教育を推進する際の参考として幅広く活用されることを期待したい」と指摘した。 B キャリア教育を「一人一人の社会的・職業的自立に向け、必要な基盤となる能力や態度を育てることを通して、キャリア発達を促す教育」と定義し、四つの能力によって構成される「基礎的・汎用的能力」を示した。 C 「キャリア教育を小学校段階から発達段階に応じて実施する必要がある」とし、さらに「キャリア教育の実施に当たっては家庭・地域と連携し、体験的な学習を重視するとともに、各学校ごとに目的を設定し、教育課程に位置付けて計画的に行う必要がある」と提言した。 次の文は「今後の学校におけるキャリア教育・職業教育の在り方について」 平成23年1月 中央教育審議会 におけるキャリア教育に関する記述である。 これらの正誤判定をせよ。 1 キャリア教育で育成する力を「一定又は特定の職業に従事するために必要な知識、技能、能力や態度」であるとしている。 2 キャリア教育の推進について、「キャリアが子ども・若者の発達の段階やその発達課題の達成と深く関わりながら段階を追って発達していくことを踏まえ、幼児期の教育から高等教育に至るまで体系的に進めることが必要である」としている。 教職教養の標準的な知識を30枚にまとめた、おまとめプリント2020シリーズです。 YouTube動画を視聴しなが... 4,005ビュー• 第1回目のランダム演習です。 一覧ページはこちら。 ランダム演習では、教職教養の各分野から、難問や奇問を排除し... 1,813ビュー• 教員採用試験の教職教養解説の記事一覧です。 86の記事で、教職教養の知識が一通り身につくようになっています。 1,681ビュー• 教員採用試験で出題される教職教養の基本的な内容が演習できます。... 1,253ビュー• 今回は適応規制の話。 フロイトによる、エス、自我、超自我の話を思い出そう まだの方は以下の記事もご覧いただき... 1,196ビュー• 服務関係はどの自治体でも頻出事項である。 面接試験でも聞かれる可能性があるし、何より現場入りして必ず必要な知識に... 1,061ビュー• 今回は発達に関する理論。 内容を対比させながら整理すれば難しくない。 環境優位説のワトソン ワトソンは前回記事に... 863ビュー• 教員採用試験に向けて、平成29年度告示の学習指導要領で最低限おさえておくべき内容を示します。... 844ビュー• 教員採用試験で問われる質問例を多数集めてみました。 聞き方が違うけれども本質的に「あなたは教員になるための心構え... 646ビュー• 既に扱ったものもありますが、個人の学習に力点を置いた教授法について、3点まとめます。 発見学習 発見学習につい... 618ビュー.

次の