紫外線アレルギー 症状。 日光アレルギーの症状は?かゆみや目の充血、頭痛も。検査と治療法とは

紫外線アレルギーは治る?紫外線アレルギーの原因や対策&治療方法!

紫外線アレルギー 症状

紫外線アレルギーとは? 紫外線アレルギーと呼ばれる症状は、 紫外線を浴びたことが原因で起こるアレルギー症状のことをまとめてこう呼んでいます。 光線過敏症という表現をすることもあります。 アレルギーといっても、皮膚に症状を起こすケースもあれば、アナフィラキシーショックのように、強いアレルギー反応を起こすケースもあるので、アレルギーと言っても、その症状は個人差があります。 紫外線アレルギーの軽い症状では、日焼けをした後に赤くなった皮膚がかゆくなり、ボロボロの湿疹になってしまうことがありますが、それも紫外線アレルギーの一種です。 紫外線アレルギーの種類 紫外線アレルギーには、原因や症状によって区別することで、的確な予防や治療が行えるので、まずは種類を知っておきましょう。 日光蕁麻疹 日光にあたると、その部分がかゆくなり、赤くなってきます。 はじめは小さなブツブツの肌の隆起が徐々に大きくなり、みみず腫れのようになってしまうこともあります。 とても強いかゆみがあることと、 日光にあたった直後に症状が出るのが特徴です。 10分から15分ほどで症状が出始めるのが一般的です。 そして、症状が出た部位を隠すと、すぐに引いていきます。 即時型のアレルギーで、今までは大丈夫だったのに、ある日突然起こることもあります。 多形日光疹 紫外線アレルギーの中でも、 若い世代の女性に多く起こるもので、 強い紫外線を浴びると出やすいアレルギーです。 日光蕁麻疹とは違って、症状が出るまでに少し時間がかかります。 1時間以上たってから症状が出始めることが多く、数時間経ってから出てくることもあります。 一度症状が出ると、数日間かゆみが続くこともあるので、蕁麻疹のようにすぐに消えないことで区別しやすいでしょう。 薬剤性光線過敏症 紫外線アレルギーの中には、 服用中の薬品や、貼り薬、塗り薬などに含有されている成分が紫外線に反応し、アレルギー症状を起こすものもあるのです。 貼り薬や塗り薬を塗布した部分を、日光に当てないように隠すことで予防はできますが、内服薬の場合はそうはいきません。 アレルギー体質ではなくても、起こることがあるので、今までよりも日焼けしやすくなったとか、皮膚に痒みを起こしやすくなるなど、変化を感じたら注意しなくてはいけません。 広告 紫外線アレルギーの原因と症状 紫外線アレルギーの原因は、ハッキリと解明されていない部分もあるのですが、わかっていることは、 皮膚に紫外線が当たることで、皮膚の血管付近にあるマスト細胞と呼ばれる肥満細胞が刺激され、ヒスタミンという物質を放出するのです。 ヒスタミンというのは、皮膚だけじゃなく様々な部分に炎症や痒みを起こす物質なので、アレルギー症状を抑えるためには、ヒスタミンの放出を抑えることが大切だと言われています。 ヒスタミンは、皮膚の毛細血管を拡張させるという変化も起こしますので、 血管拡張によって皮膚を腫らしたりするのです。 紫外線アレルギーの検査 原因がよくわからない皮膚炎や蕁麻疹に悩まされることがあるのなら、光線過敏症の検査を医療機関で受けてみるといいでしょう。 紫外線や可視光線など、可能性のある光線を、直接皮膚にあてて、どのような反応を起こすのか観察することで、対策方法がわかります。 紫外線アレルギーには、日光蕁麻疹や多形日光疹など、分けて対策することで予防できることがあるので、どちらかわからない場合は、検査してみると安心です。 紫外線アレルギーの予防のポイント 紫外線アレルギーの予防としては、 紫外線を浴びないことが何より大切です。 ただし、紫外線アレルギーの中には、紫外線の波長とはあまり関係なく起こることや、日焼け止めでケアしていても防げないことがあるので、一度でも紫外線アレルギーを起こしたことがある人は、症状が起った時に素早く処置することがポイントになります。 20代から40代くらいまでの人に多く起こる多形日光疹の場合は、 日焼け止めをきちんと使うことで予防できますから、基本は日焼けをしないことです。 できるだけ屋外では、 肌を覆う衣類を選ぶようにして、 帽子や日傘も活用するといいですね。 UVカット機能のついている衣類と日焼け止めクリームを併用すると、日焼け止めクリームの効果が消えた後でも肌を守ることができます。 アレルギー体質は、免疫機能のバランスを崩すことが原因の一つになると考えられているので、身体が疲れて免疫力が低下しているような時は、紫外線のリスクに影響されやすいので、注意して生活するようにしましょう。

次の

紫外線アレルギーの症状と治療方法。顔のかゆみや目の腫れ対策。

紫外線アレルギー 症状

Sponsored Link 日常の紫外線が、アレルギー症状につながるのが 紫外線アレルギーです。 この病気は、なかなか完治が難しい病気です。 今回は、そんな 紫外線アレルギーの症状と治療についてです。 ・紫外線アレルギーとは?原因は? ・紫外線アレルギーの症状 顔、目、腕など は? ・紫外線アレルギーの治療方法は? ・紫外線アレルギーの予防対策方法は? Sponsored Link 紫外線アレルギーとは?原因は? 紫外線ダメージ これまで問題なかったのに、急にアレルギー反応が出ることがあります。 これは、 紫外線によるダメージが蓄積して、限界を超えた場合です。 日焼け止めや化粧品 皮膚に付けるものが原因になることがあります。 化粧品や日焼け止めなどが肌に触れた時に皮膚がトラブルを起こし、その弱った肌に光を浴びることで、顕著な症状が現れます。 飲み薬 紫外線アレルギーというと、体の表面だけの問題と思われがちです。 しかし、 内服薬なども原因になることがあります。 正式には、 光線過敏型薬疹(こうせんかびんがたやくしん)と呼ばれる症状です。 チアジド系の降圧利尿薬が代表的な薬です。 食品 「ソラレン」を含む食品が原因となることもあります。 ソラレンを含む食品の代表的なものは、 セロリ、きゅうり、かんきつ類などです。 摂取後約2時間で光毒性が一番発揮されますので、思い当たる場合は、 ソラレンを含む食品は夜にたべるようにします。 遺伝 実は、 別の病気という可能性もあります。 遺伝による病気で、紫外線アレルギーと似たような症状を引き起こすことがあるのです。 小さい子どもが、紫外線アレルギーのような症状になったときは疑ってみるべきです。 紫外線アレルギーの症状は? 紫外線アレルギーと一口にいっても、症状は様々です。 主な症状をみてみましょう。 顔や腕などの皮膚 真夏の海などで日焼けをした時のように、赤みや痛み、水ぶくれのような症状が現れます。 具体的には、 皮膚の赤み、かゆみ、湿疹、じんましん、水ぶくれなどです。 紫外線アレルギーの人は、それほど強い紫外線にさらされたわけではないのに、このような症状が出ます。 目 ダメージを受けやすい目が赤くなったり、ゴロゴロしたりします。 結膜炎などを起こすこともあります。 その他 皮膚など表面的な症状のほかに、 吐き気や頭痛、発熱などを起こすこともあります。 Sponsored Link 紫外線アレルギーの治療方法は? 紫外線カットと同時に、 原因となりうる化粧品の使用を控えます。 それでも症状が和らがない場合は、皮膚科を受診します。 病院では、まずは検査を行います。 紫外線アレルギーの検査をしてもらえる病院は少ないので、あらかじめ確認するといいでしょう。 検査の種類 血液検査 アレルゲンの特定を行います。 光線過敏症テスト 装置を備えている病院でしか検査を受けられません。 紫外線に対して、どのくらい皮膚が反応すのかを調べます。 パッチテスト 薬剤や接触物を皮膚に貼って、反応を見ます。 治療方法 1. 紫外線カット 日傘や帽子、サングラス、長袖の服などで紫外線を防ぎます。 日焼け止め 3. 外出は控える 夏場の外出は出来るだけ控えます。 夏でなくても、紫外線が強い、午前10時~午後2時も気をつけましょう。 窓からの紫外線カット 家や車の窓に紫外線対策をします。 今回は、 紫外線アレルギーの症状と治療についてでした。 紫外線アレルギーかな?と思ったら、まずは 紫外線を防ぎましょう。 そして、 化粧品や薬、食べ物に原因がないかチェックが必要です。 日光はどこにでも降り注ぎますから、紫外線アレルギーは、なかなか対処がし辛い病気です。 記事を参考に対策をしても効果が出ない時には、皮膚科で相談してくださいね。

次の

紫外線アレルギーの症状が出た時の対処法。皮膚科の検査はどんなもの?

紫外線アレルギー 症状

光線過敏症テスト可能な病院は? 紫外線アレルギーが疑われる場合は医療機関で検査を行い診断してもらいます。 紫外線アレルギー検査は、皮膚科かアレルギー科のある、専門の病院か総合病院に受診して行います。 割と大きな総合病院でもこの検査が受けられなかったので、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。 紫外線アレルギーの検査方法は? 紫外線アレルギーは原因も様々です。 一度、発症するとなかなか治りにくいとされているアレルギーでもあり、発症後は紫外線に当たらないようにするなどの注意も必要なので紫外線アレルギーと断定するには 、 光線過敏症検査が行われます。 検査内容は、基本的にはUVBやUVAの光線を背中などに直接照射し皮膚の反応をみます。 1)UVB照射試験• ベッドにうつ伏せになり、背中の検査部位以外の場所をすべて布で覆って遮光します。 背中の検査部位にUVBを段階的に照射量を変えて数カ所に照射します。 照射した24時間後に皮膚を観察します。 2)UVA照射試験• ベッドにうつ伏せになり、背中の検査部位以外の場所をすべて布で覆って遮光します。 背中の検査部位にUVAを段階的に照射量を変えて数カ所に照射します。 照射した48時間、72時間後に皮膚を観察し、UVAに対する光線過敏があるか診断します。 検査当日、24時間後の判定、48時間後の判定と 3日の通院が必要になります。 場所によっては72時間の判定が必要なところもあります。 この検査異常がみられたら、血液検査やパッチテストなどを行います。 紫外線アレルギーの検査費用は? 紫外線アレルギー検査で、紫外線照射検査・血液検査・光パッチテストを行った場合で検査費用は大体 4000円から5000円位になります。 検査方法や検査料金は、その時の症状や病院によって違いがありますので、事前に確認しておくと安心ですね。 私の場合は皮膚科の医師から紫外線アレルギーと分かっても治療は同じと言われたので、 光線過敏症検査は行っていません。 診断書は必要?いくらくらいかかる? 検査は光をわざわざ当てて観察するので、皮膚がぶつぶつになる、かゆみがでるなどの症状が出てしまうことが多いです。 しなくても済むならしない方がいいですよね。 特に子供には出来ればさせたくない検査です。 しかし、学校での生活に支障があるなら、診断書が必要な場合もありますが、検査を受ける前に学校に確認してみるといいかもしれません。 特にプール際の対処が必要になってくると思いますので、その点は予めプールに入れるか?どのような条件なら可能か?など担当医に確認しておくといいかもしれませんね。 診断書は病院によって違いがあるので、 1,500~5,000円くらいと幅広いです。 あらかじめ病院に確認してから診断書をお願いした方が安心ですね。 まとめ いかがでしたか? 紫外線アレルギーはまだまだ食物アレルギーに比べると理解してもらえないことが多くて心ない言葉に傷ついたという話もよく耳にします。 友達から言われてしまうのはかわいそうですし、親としては腹立たしさも感じるかもしれませんね。 何より大切なのは、親が子に適切な対応をしてあげることです。 きちんとケアしてできるだけ症状を悪化させないようにしてあげれるのはあなたしかいません。 ぜひ一番の理解者になってあげてくださいね。 こちらでは、私の紫外線アレルギー体験を書いています。

次の