ウチ の 親父 が 最強。 梅棒 2nd ACT 『ウチの親父が最強』を観てきました

多和田任益、横山結衣らが出演 梅棒EXTRAシリーズ『ウチの親父が最強』が開催決定

ウチ の 親父 が 最強

ノンバーバルという新しい世界 梅棒とは…… ストーリー性の有る演劇的な世界観をジャズダンスとJ-POPで創り上げる、エンタテインメント集団。 「多くのお客様が感情移入し、共感、感動できるパフォーマンス」を信条に、「劇場型ダンスエンタテインメント」を提供。 より引用 ノンバーバルとは「非言語」。 顔・表情・髪型・服装・仕草・態度などで表現する。 そもそも演劇自体を観るようになったばかりの自分にとっては未知の世界だった。 わたしは舞台を観に行く際に予習なしで行く方が楽しめるタイプなのでな~~んにも知らない状態で観劇。 その結果、衝撃オブ衝撃の忘れられない体験ができた。 ダンスの楽しさ、身体表現の大切さを知る 曲によっては手拍子があったけれど、舞台でもコンサートでも「こんなに自然に一所懸命に手拍子したことってある????」ってくらいにナチュラルに手拍子をしていた。 恥ずかしさとか全くなく、とにかく楽しくて身体が動いていた。 普段は手拍子すらテレテレしちゃう引っ込み思案だけど、本当に楽しくて一所懸命に手を叩いた。 ダンスに対する価値観がガラッと変わった作品だった。 わたしは典型的な日本人で、ダンスも感情表現も恥ずかしくて躊躇してしまう引っ込み思案で奥手でトロい人間だったしダンスとは無縁の人生だった。 自分で踊ることなんて絶対にできないし見ることすら戸惑ってしまうような、身体表現とは無縁の生活だった。 自分の感情を表に出すことが怖かったし恥ずかしかった。 わたしにとって身体表現は隠すべきものだった。 でもそんなことはなかった。 言葉無しに、身体だけで、こんなにも感情を表現できる。 同時に、感情を表現することの大切さも実感した。 人の感情は、こんなにも他人の感情を揺さぶることができる。 ジャンルはダンスではあるけれど、これは芝居。 身体表現による芝居。 スポンサーリンク 一文字くんに恋して オラついてる推し、最高だった。 いつもあんなにニコニコしてるのに、一文字くんはオラついてるの????ってなった。 今までも推しのクールな役は見てきたけれど、闇は抱えつつも正義感で溢れていたり、勝利に向かって静かに熱く心を燃やしているような役のイメージだったので、一文字くんのような、 間違ったことは大嫌いだけども ワルの部分が占めている、性格が荒々しくてオラついててスカしてるようなクール役を目の当たりにして、自分の新たな扉が開いたのを感じた。 オラついてる 何回言うの 推し、完全にハマった。 もっとオラオラした役が観たい。 最初スカしてんのがやばい。 ああワルになりたかったんだな。 最初あんなにスカしてオラついてるのに、後半あんなにニコニコしてるのもやばい。 子が産まれるときに尋常じゃないくらいにガクガク震えてて白目剥いてんだろ!?ってレベルでブルッてたのがほんと笑った。 オラつき一文字くんの唯一のギャグなのでは!?と思った。 今人さんのインタビューでも言っていたけど、一文字くんは一番ふざけちゃいけない役だったから最後に思いっきりふざけていて、アー……(語彙力を失う) 普段はあんなにニコニコしている人だしウチパパの終盤はあんなにあったかい表情をしているのに、最初はすごい冷たい顔をしてる。 スカしてるというか無感情なのか。 その顔が美しすぎた。 切れ味が良すぎる。 造形美。 朝加圭一郎のときも思ったけど 唐突にルパパト 、造形美って、真剣な表情のときにこそ美しいと感じるんだなあと。 ソロダンスのシーン、良すぎて記憶が飛んでいる。 脳がめちゃめちゃ喜んでたのは覚えてる。 一文字くん、まちがいさがしの間違いの方に生まれてきたような気がしていたのか……でも確かに、この人生じゃなかった 正解の方 ら、あられちゃんには出会えなかったのかと思うと苦しい……。 ワルになりたいとか言うけど、そもそものあられちゃんとの出会いのきっかけは「痴漢を撃退」じゃんかよ……良い子じゃん……まあ荒々しいキック入れてたけど……良い子だった……今までワルの世界にいて、愛とかなかったのかもしれないしだからこそのあの冷たい目だったのかもしれないけど、あられちゃんに出会って、真っ直ぐ見つめられて愛を向けられて、一文字くんの冷たい心も溶けていったのかと思うともうもうもう……推しの感情の爆発を感じて凄かった。 とにかく脚が長すぎる。 あんな長いのにそんな高度なステップ踏んで、絡まないのか???って思った は?。 頭身が……手足が長すぎた。 スタイルが良すぎる。 好きしか浮かばない。 このスタイルは本当に生まれ持ったギフトだと毎回思う。 もちろん本人の努力もあるけど、ほんとにこれは……一般人離れした……こんなに背格好が好きだと思った人は他にいない。 立っているだけでサマになるのに、動いていてもサマになる。 少女漫画から飛び出してきたような体型。 ありがとうございます。 脚が長すぎて、ひっくり返ったときの開脚の長さといったら。 何度か出てきたキックの打点の高さ、美しさ。 最初のトーク部分(現在のしぐれお兄さん)が可愛くて可愛くて一瞬で心を奪われた。 そのあとずっとしぐれを目で追っている自分がいた……。 終盤でおじいちゃん(雲水さん)が覚醒したシーン、気付いたときには服を脱いでた。 て、鉄棒~~~~~~~~!と思ったけど、後で調べたら上西隆史さん、鉄棒ダンスユニットを結成しているらしい。 本業か……すごい技を観てしまったな。 なので2曲目にかかったときはイントロの時点で涙腺が緩んでいたのだけれど、ダンスのあまりの美しさに冒頭でわんわん泣いた。 まとめ 完全に語彙力を失っているけど、ほんと推しを応援していて良かったって思える舞台でした。 絶対に面白くする自信があります。 客演をただのゲストとしてではなく生かしてファンの方々にお返しすることをプライドとして持っているので、多和田くんをちゃんと作品に生かしたい。 フカヒレの話をしましたが、フカヒレ目当てで来た人たちに「この店の飯は旨かったね。 そういえばフカヒレも美味しかったね」と後で気が付いてもらうような生かし方ですね。 もう本当にありがたい。 まさに推しの良さが最大限に発揮された舞台でした。 わたしの推しってこんなにも素晴らしかったのねと思ったし、推しを通して今まで知らなかった世界を知ることができました。 推しが梅棒さんの舞台出演を切望するきっかけとなった舞台について「終わったあとにアトラクションに乗ったような気持ちになって大興奮しました」と言っていて、今回のウチパパもほんとそれって思った。 わたし的にディズニーランドだったんだよね、推しが「何回も観てほしい」って言っていたのが分かる。 美しくて楽しいパレードを観ているようでした。 あっという間の時間で、目が足らなくて、そのテンションが、雰囲気が、空間が好きでした。 もっともっと素晴らしい舞台だったのに自分の語彙力と文章力のせいで全然伝わらないのがつらい。 もっと書きたいことはたくさんあるのに。 すんごく良かったのに。 とにかく観てほしい…… ウチパパを観て、自分の人生観が変わりました。 ひとつの作品に触れて、こんなに自分の価値観に変化が起きることは今までなかったです。 感情表現の大切さに気付かせてくれた梅棒さんに感謝です。

次の

梅棒「ウチの親父が最強」大阪公演リポート![B

ウチ の 親父 が 最強

出演者について 今回は梅棒メンバーが8人(全11人)出演。 そして外部から5人という構成のようです。 梅棒メンバー• 伊藤今人(イマジン)• 梅澤裕介(うめ)• 遠山晶司(としょ)• 遠藤誠(まこと)• 塩野拓矢(たくや)• 櫻井竜彦(たっさん)• 天野一輝(かずき)• 野田裕貴(すいーつ) ()内はニックネームです。 呼び捨てにしてることもあるけどだいたい「さん」か「くん」をつけてるかな。 外部メンバー• 多和田任益• 横山結衣<よこやまゆい>(AKB48 チーム8 兼 チームK)• パイレーツオブマチョビアン• 上西隆史• 永洞奏瑠美 多和田任益 仮面ライダーシノビに主演している俳優さん 若手俳優さんがたくさん出てる「テニミュ」ことミュージカル「テニスの王子様」にも出演経験があるそうです。 ステージぴあ(関西版) ちょろっと載ってました。 出演者のことと再演だよってことだけなので ほとんどネタバレなしです! グッズ等 今回のグッズは、4種類。 グッズは開場の15分前から販売開始。 大阪公演は最終地なので売り切れあるかも? 前回はキーホルダーが悩んでるうちに売り切れました。 公演パンフレット 2,000円• アクリルキーホルダー 700円• オリジナルPOPSOCKETS(2種) 各1,800円• オリジナルTシャツ(3種) 各3,000円 梅棒の公演パンフレットは毎回A4サイズで統一されていて 保管がしやすい! なによりも公演に使用された曲が掲載されているので あの時の曲なんだっけな? っていうときに重宝する購入必須のアイテムです。 大阪公演の会場は新しいTTホール これまでの大阪公演は、ABCホール、森ノ宮ピロティホール、シアタードラマシティときて今回初めての 「COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール」 です。 最寄駅は「森ノ宮」か「大阪城公園」。 行きしはいいけど、 帰り、大阪駅方面に帰るなら森ノ宮から環状線に乗るのがオススメ。 大阪城ホールでのライブ帰りの人とぶつかると大変なので 手前である森ノ宮から乗るのが平和です。 どうせ混雑に巻き込まれるんだけどね。 周辺のお茶スポットは? 森ノ宮駅前か大阪城公園のジョーテラスがおすすめ。 少しだけ離れますが、森ノ宮キューズモールもあるよ。 ジョーテラスは大阪城ホールでの公演がある場合かなりの混雑が予想されます。 天気が良ければ大阪城公園内をお散歩したり 公園内のベンチでのんびりするのも この時期いいかもしれないですね。 大阪公演の特別イベント 26日土曜日の公演のみ、特別プログラムが実施されます。 昼公演、夜公演ともに大阪府内の高校ダンス部がオープニングアクトを務めるそうです。 2019年10月25日(金)19:00•

次の

【ウチの姫さまがいちばんカワイイ】リセマラのやり方と手順

ウチ の 親父 が 最強

2019年9月5日(木)博品館劇場(東京)を皮切りに、2019年10月27日(日)COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール(大阪)まで、ダンスエンタテインメント集団『梅棒』の新たなプロジェクト・EXTRAシリーズ『 ウチの親父が最強』の開催が決定した。 東京、福岡、三重、大阪の4都市・5会場を巡る全28公演のツアーで、ステージ数は梅棒過去最多。 三重・四日市での公演は初となる。 梅棒EXTRAシリーズとは、本公演とは一味違う試みを行う新プロジェクト。 今回上演される『ウチの親父が最強』は、本シリーズ第1弾として行われる。 同作品は2014年に初演され、全公演が完売した梅棒の人気作。 今回のステージは、梅棒主宰の 伊藤今人が作・総合演出を務め、梅棒メンバーはもちろんのこと、ミュージカルからストレートプレイまで幅広く活躍する若手注目株の俳優・ 多和田任益、国民的アイドルグループ・AKB48からダンススキル抜群の 横山結衣が出演する。 伊藤今人 梅棒 <プロフィール> ストーリー性の有る演劇的な世界観をジャズダンスとJ-POPで創り上げる、エンタテインメント集団。 「多くのお客様が感情移入し、共感、感動できるパフォーマンス」を信条に、「劇場型ダンスエンタテインメント」を提供。 2009年、ストリートダンス界最大のコンテスト『JAPAN DANCE DELIGHT vol. 16』にて特別賞を受賞。 当時、ジャズダンスを用いたチームでは前例のない偉業を成し遂げる。 2012年、国内最大の振付作品コンテスト『Legend Tokyo chapter. 2』にて圧倒的な得票で優勝を飾り、日本一の称号を手にする。 同年より、活動の中心を劇場公演へ移す。 演劇・ダンス・音楽ファンなど様々なエンタメ好きに好評を博し、東京芸術劇場、PARCO劇場、世田谷パブリックシアター、俳優座劇場、東京グローブ座、Zeppブルーシアター六本木等、数々の劇場を満員札止めに。 2018年度の梅棒公演の動員数は25,000人を突破。 劇場公演以外でも幅広く活動し、話題のTVドラマやミュージカル、アーティストLIVEやミュージックビデオ等の演出・振付を手がけ、業界各所からの注目度も急上昇中。 近年の代表的な作品としては『キューティ・ブロンド』、『MANKAISTAGE A3!

次の