危険 運転 通報 サイト。 【お知らせ】サービス終了と今後の掲示板利用について

危険運転は放置せず通報しよう!あおり運転の通報の手順と流れを解説

危険 運転 通報 サイト

あおり運転にあったらどうする? 後続車が極端に車間を詰めたり、ハイビームやパッシングをしてきて「煽られている」と感じた場合は、以下の方法で対処しましょう。 なるべく早く道を譲る• 道を譲ってもしつこく煽ってくる場合は、徹底的に無視• 悪質で危険と判断したら、十分な距離を取る• 停車して安全を確保したい場合は、サービスエリアやガソリンスタンドなど、人がいる場所に停車する(高速道路上では絶対に停車しない!)• 相手が車を降車し、文句を言いに来ることもあるので、ドアはしっかりロック• 相手に脅されたり、挑発されたりしても決して外に出ない• 緊急性のある事故や事件、暴行などを受けた場合はその場で110番通報 あおり運転を通報するには? あおり運転ドライバーから停車を強要されたり、その場で暴行や脅迫をしてきた場合は、その場で警察に連絡しましょう。 相手の言い分を無視して、警察の到着を待っても何も問題はありません。 悪質なあおり運転にあい、 後日警察に通報する場合、ドライブレコーダーの映像は必須です。 さらに、実際のトラブルの状況、相手のナンバーや車種、進行方向などを伝える必要があります。 通報時の注意点は以下の通りです。 ドライブレコーダーの映像を提出する準備をしておく• トラブルの状況、相手のナンバーや車種、進行方向などを整理しておく• 緊急性のある事故や事件、暴行などを受けた場合はその場で110番通報 ヘルプネットの活用も有効 通報は携帯電話やスマホでも可能ですが、自身の車が ヘルプネット搭載車種の場合、そちらを利用することもできます。 「ヘルプネット」は、トヨタの「Tコネクト」やホンダの「インターナビ」など、各メーカーのサービスで利用できる緊急通報サービス。 近年は標準装備化も進んでいます。 搭載車は車のエアバッグの展開を感知してセンターに自動通報してくれますが、ナビ画面や車内にあるヘルプネット専用ボタンを押してもオペレーターと話すことができます。 ヘルプネットを利用すれば 、あおり運転にあって自分で110番するのは不安があるという場合でも、センターを介して警察と会話することができます。 ナンバー通報サイト・動画投稿サイトは利用すべき? あおり運転を行った車のナンバープレート情報や、あおられた際のドライブレコーダー映像などを投稿する「 あおり運転通報サイト」が、いくつか散見されます。 こうしたサイトがあおり運転の抑止力として有効かどうかは賛否両論あり、利用するかどうかは個人の判断にゆだねられています。 YouTubeやTwitterで多くの人が同じドライバーや車両を「危険」と報告していると、警察も捜査に乗り出しやすくなるというメリットがあります。 しかしその反面、車両画像やナンバープレートといった個人を特定できるきっかけになり得る情報を、無許可でインターネットに掲載することの是非も問われています。 ナンバー通報・動画投稿サイトを利用するかは、 これらを理解したうえで判断したほうがよいでしょう。 また、 重大事故を引き起こしかねない悪質で危険なドライバーの場合、警察へ通報したほうが早期解決に繋がります。 地元警察が情報提供サイトを設置する例も 2019年11月、岡山県が危険運転やあおり運転などの情報提供を呼びかけるwebページを開設しました。 今後は、このようなあおり運転の情報提供を受け付ける県警の体制が普及していく可能性もありますので、うまく活用していきましょう。

次の

煽り運転を通報するには|通報サイトや動画投稿は有効?

危険 運転 通報 サイト

ドライブレコーダーは、常時録画型と衝撃検知型の2つに大別することができます。 それぞれの特徴は以下のようなものです。 ・常時録画型 その名の通り、走行中ずっと録画するタイプです。 違反している車、危険運転車の暴走行為などを記録するには、常時録画であることが前提です。 最近では、駐車中のいたずらや車上荒らしなどの犯罪に有効な「パーキングモード」「駐車監視機能」を備えた機種も増えています。 録画時間は、長いものでは48時間連続で録画できるものもありますが、記録メディアの容量を超えてしまうと上書きされていきます。 ・衝撃感知型 車両になんらかの衝撃が加わった際に、衝撃を受けた数秒前からの録画を記録します。 高額な機種では、衝撃を検知して記録された映像と、常時録画で記録された映像を分けて保存する機能がついています。 かつてドライブレコーダーといえば、衝撃や加速度の変化を感知した時だけに作動する衝撃検知型が主流でした。 しかし現在は、常時録画型が主流。 microSDなど記憶媒体の値段が昔に比べて大幅に安くなってきたこともあり、昨今では常時録画機能がないドライブレコーダーはほとんど存在しません。 また、一般的にドライブレコーダーはフロントに装着しますが、リアに装備する車も増えています。 追突されたり、後続車から煽られたりした場合もずっと記録されています。 その車が危険行為をした後に、事故を起こした場合、被害者がいる場合などは、他車のドライブレコーダーの映像が有力な証拠となり、捜査がスムーズになることがあります。 しかし、危険運転行為の映像だけで罪を問えるのかというと、実際のところケースバイケースということになります。 危険運転行為を警察が確認しない限り、ドライバーが記録したドライブレコーダーの映像のみで「逮捕」となるケースは少ないようです。 しかし、YouTubeなどの動画投稿サイトに危険運転行為がアップされるケースなどは例外。 ドライバー自身が注目を浴びたいという理由で、明らかな速度違反をしたり、ボンネットの上に人を乗せて走ったり、子どもに運転させたりなど、自車の危険運転行為を投稿し、多くの人の「非難」を浴びた場合、それがきっかけで警察が捜査に乗り出し、結果、ドライバーが逮捕されました。 録画された映像によって逮捕にいたるケースは、確実に誰が運転をしていたのかがわかること、また動画投稿サイトなどで多くの人の目に触れ、社会への影響が大きいことなどが条件となるようです。

次の

危険!「あおり運転」はやめましょう|警察庁Webサイト

危険 運転 通報 サイト

2020年2月17日 近年、悪質なあおり運転による事故が大々的にメディアに取り上げられ、あおり運転等の危険運転行為の重大さが見直されています。 ドライブレコーダーの売上が著しく伸び、一時品薄になるなど影響は大きく、この記事をご覧の方でもドライブレコーダーを取り付けられた方も多いのではないでしょうか。 通報しよう!「たかが交通違反」ではない 例えば、あなたがあおり運転の被害にあったとしましょう。 何事もなく過ぎ去れば、そのまま放置してしまっていませんか? とても嫌な思いをしたり、怖い思いをしたとしても、何事もなく過ぎ去れば通報などしないのではないでしょうか? たかが交通違反で通報なんて大袈裟な そんな風に考えてしまう方が大勢居られます。 しかし、交通違反はそんなに軽いものではありません。 あまりにも日常に溶け込んでいるために忘れがちですが、車は テロの道具に使われるほど手軽に人を死傷し得る道具です。 その危険度はナイフの比ではなく、下手をすれば拳銃よりも凶悪です。 通報は警察の助けになる この記事を投稿している9月下旬は、全国交通安全運動期間です。 多くの方が、街中に走るパトカーや白バイ、警察官が多いことに気が付いているでしょう。 警察官は経験則や過去の実績をもとにパトロールや警戒に当たっています。 しかし、実際に危険運転車両を目撃した/被害に遭った際に通報することで、より高い精度で取り締まりを行うことができるのです。 先述の通り、交通違反は非常に危険な行為であり、通報に値します。 「たかが交通違反」という考えは捨てましょう。 実際に通報しても、「そんなことで通報するな」とは言われません。 通報の手順と流れ 通報は電話で行います。 一部都道府県ではWebサイト上の入力フォームに入力することもできますが、基本的には電話による通報しかできないのが現状です。 通報先は 110番もしくは 9110番です。 110番はみなさんご存知の通報窓口です。 9110番は緊急性を伴わない通報や相談の窓口です。 基本的に110番で構いませんが、110番に通報するのが躊躇われる場合には 9110番でも構いません。 すぐに対応が必要と判断されれば適切な窓口に転送されます。 通報して危険な車両がいた旨を伝えると、以下の3点を聞かれるはずです。 違反車両の車種や色、ナンバーなどの特徴• 具体的な違反行為• 発生場所と違反車両の向かった方向 危険車両を見かけた際には、自らの安全を第一に行動しつつ、可能であれば上記3点を確認すると良いでしょう。 最後に、対応結果の報告を希望するかどうかを聞かれ、名前と電話番号を聞かれます。 この名前と電話番号は何かに利用されるということではなく、単純に何か確認が必要な場合の連絡先としての意味を持ちます。 そのため名前は名字だけでもOKです。 追記 何度かの通報経験を経てわかったのっですが、特に悪質な運転と判断された場合にはより詳しい情報を聞かれることがあります。 例えば悪質な煽り運転や危険な追い越しなど、事故につながる可能性が高いと判断されると上記3点に加えて以下のような情報を聞かれることがあります。 自身の住所• 自身の車両の特徴 これらの情報は当然加害ドライバーに伝えられることはありませんが、捜査のために使用されることがあるそうです。 住所や自身の車両についてまで聞かれた場合には特に重要に受け取ってもらうことができたと判断ができると思います。 なお、通報は基本的に被害にあった/目撃した直後に行うのが望ましいです。 特に実際の被害が発生したケース(轢き逃げなど)でもない限りは、後日の通報の場合には、警察としても特に対応が取れず、情報共有に留まることが多いようです。 みんなが通報すれば、安全になる 「あおり運転なんてよく見かける、自分が通報しても変わらないだろう」 そんな風に考える方も居るかもしれません。 しかし、そうした危険ドライバーが悪目立ちするだけで、安全に運転しているドライバーの方がずっと多いのです。 そうした危険ドライバーを放置することで、あなたやあなたの身の回りの人が被害にあう恐れがあります。 警察に通報したところで、ドライブレコーダーなどの証拠映像があってもすぐに罰則を与えることはできません。 しかし、その情報は間違いなく警察の中で共有・蓄積され、取り締まりの際の有効な情報になります。 もしあなたが被害にあった/危険な車を目撃した際は、躊躇わずに通報してください。 実際に危険な車を通報してみた話 あおり運転被害に遭った時の対応手順 危険ではないけどお行儀が悪い運転の違法性を検証する「これって違反?」シリーズ katamichinijikan.

次の