仮面ライダーゼロワン 決め台詞。 アルトじゃないと (あるとじゃないと)とは【ピクシブ百科事典】

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーゼロワン ライジングホッパー レビュー

仮面ライダーゼロワン 決め台詞

画像引用元 2019年9月から好評放送中の『仮面ライダーゼロワン』は、2000年から続いてきた平成仮面ライダーから魂を受け継いだ、令和初の仮面ライダー作品です。 「ゼロワン」という名前には令和の01号ライダー、「企業のNo. 1」に立つ社長ライダー、そして「0と1のデジタル世界を駆けまわる仮面ライダー」という3つの意味が込められています。 今作のテーマは「AIによる影響で今後激変するであろうと予想される仕事」。 今やAI搭載型のスマートスピーカーやお掃除ロボなどAIは私たちにとって身近な存在。 そんなAIの可能性と脅威、向き合い方を主軸に置いた重厚なヒーローアクション作品となっています。 製作会社は、『スーパー戦隊シリーズ』や『平成仮面ライダーシリーズ』でおなじみの東映。 脚本は『仮面ライダーエグゼイド』を手がけた高橋悠也が担当しています。 AIテクノロジー企業の社長となった青年がみんなの笑顔を守るため、ハッキングされた暴走ヒューマギアをデリート、人類滅亡の危機に立ち向かうストーリーです。 人類滅亡の危機に社長ライダーが立ち上がる! 画像引用元 主人公は、売れないお笑い芸人から社長になった青年、飛電或人。 これまで『平成仮面ライダーシリーズ』には、個性的な社長ライダーがたくさん登場しましたが、主人公は初めてです。 或人が社長を務める会社「飛電インテリジェンス」は、AIロボ・ヒューマギアの開発、生産、運用、アフターサービスまで担当する大企業。 ヒューマギアは、医療現場、運送業界、芸能界など多岐に渡る現場の最前線で活躍しています。 しかし、彼らの強い仕事意識が自我に成長すると、テロリスト「滅亡迅雷. net」の餌食に。 ハッキングと取り付けられた「ゼツメライザー」と「ゼツメライズキー」によってヒューマギアは怪人化してしまうのです。 怪人「マギア」に対抗できるのは「プログライズキー」と変身ベルト「ゼロワンドライバー」のみ。 社長にのみ許されたこの力で、或人は仮面ライダーゼロワンに変身! 人類の夢と希望を守るため、ヒューマギアの可能性を証明するため、怪人マギアを生み出す「滅亡迅雷. net」に立ち向かいます。 果たしてこの戦いの先に待っているのは、AIとの共存か、人類の滅亡か。 シリアスで重厚な展開にダイナミックなアクション、或人のシュールなギャグが加わり大人から子どもまで楽しめる作品に仕上がっています。 魅力あふれる多彩なキャラクター達に注目! 画像引用元 ここからは『仮面ライダーゼロワン』の主な登場人物を紹介します。 ギャグセンスが壊滅的で秘書のイズにギャグの解説をされることも。 数々の試練と逆境に立ち向かう熱い主人公です。 或人の仕事と戦闘を全力でサポートし、彼に関わるうちに感情豊かな表情、ユーモアあふれる会話ができるほど人間らしく成長していきます。 」の隊長。 或人とは対立した考えの持ち主ですが、誰も笑わない或人のギャグに笑いをこらえる一面も。 」の技術顧問。 ヒューマギアを道具としか見ていません。 net」の実行係。 無邪気な性格ですが、自我が芽生えたヒューマギアに友好的に近づき、ゼツメライザーでマギア化させてしまいます。 net」の司令塔。 冷酷な性格の持ち主ですが、人類よりもAIが優れていると信じ、人類を滅亡させるためヒューマギアをハッキングしています。 仮面ライダーサウザーの変身音や必殺技エフェクトに「ZAIA」を必ず入れるほど自社を全力でアピール。 飛電インテリジェンスを買収しようと画策しています。 他にも、飛電インテリジェンスの創業者・飛電是之助役に西岡徳馬、亡き或人の父・其雄ヒューマギア役に山本耕史が出演。 山本耕史は映画『仮面ライダー令和・ザ・ファーストジェネレーション』で仮面ライダー1型に変身し、その格好良さが話題になりましたね。 個性と理念が異なるキャラクター達のぶつかり合いとダイナミックなアクション、スリリングな展開から目が離せませんよ。 制作側・キャストの気合いのこもった変身がアツい! 画像引用元 『仮面ライダー』シリーズといえば、格好いい変身シーンとスタイリッシュな必殺技が魅力的ですよね。 今回は子どもも大人も真似したくなる格好いい変身シーンを2つ紹介します。 ひとつめは仮面ライダーゼロワンの基本フォーム・ライジングホッパーへの変身です。 プログライズキーの展開とスキャンの鮮やかな手付き、プログライズキーを入れた時の差し込んた時のドライバー内部のメカニカルな演出、変身完了後の「A jump to the sky turns to a rider kick. 」の英語音声がとにかく格好よくて、見入ってしまいます。 もうひとつは、仮面ライダーバルカンシューティングウルフへの変身です。 バルカンに変身する不破諫は、プログライズキー展開に上司・刃唯阿の認証が必要であるにも関わらず、力ずくでこじあけて変身します。 滅亡迅雷. netへの強い怒りを込めた表情、叫び声を上げながら全力でプログライズキーを展開。 エイムズショットライフルで撃った後、敵に跳ね返った弾丸が飛び散り、腕から徐々にアーマーに変化する演出が胸熱ですね。 ふたりの気合いのこもった変身シーン、アツい演出に釘付けになりますよ。 他にも多彩な変身シーンが満載ですので、お気に入りの変身シーンを見つけてみてくださいね。 大人もハマる!鮮やかで格好いい必殺技! 画像引用元 『仮面ライダーゼロワン』も『平成仮面ライダーシリーズ』同様、CGを駆使したダイナミックな必殺技がたくさん登場します。 なかでも魅力的な必殺技を2つ紹介します。 1つ目は、仮面ライダーゼロワンシャイニングアサルトホッパーの必殺技「シャイニングストームインパクト」。 ジャンプして足先に光のエネルギーを一点集中、超高速キックを打ち込みます。 戦う両者の必殺技名のテロップが粉砕されるほどの凄まじい破壊力に圧倒されますよ。 もうひとつは、仮面ライダー滅の必殺技「スティングディストピア」。 悠然とした足取りで敵の足にサソリの尾を巻き付け、キックで一撃。 キックを食らわせた後、炎をバックに静かに去る姿がとにかく格好いいです。 仮面ライダー滅は『ミスター平成ライダー』こと高岩成二が演じており、ベテランの実力を見せつける演出が最高にアツいですよ。 どの必殺技も大人も釘付けになるかっこよさが満載です。 是非、必殺技にも注目してご覧ください。 主題歌はライダー新時代に相応しい激アツロックナンバー! イントロの「ゼロワンゼロワンゼロワンゼロワン... 」から自然と体がノッてきますね。 この「ゼロワン」の繰り返しがサビ前、1番と2番の間にも使われており、聴いていてワクワクせずにはいられません。 ギターやベースが効いた力強いロックサウンドと疾走感のあるメロディー、西川貴教のパワフルな高音とJの低音、ふたつの歌声のハーモニーが最高にカッコいいです。 オープニング映像では、暴走する大量のヒューマギアを圧倒していくゼロワン、バルカン、バルキリーが最高にカッコいいです。 サビ前のロングヘアのイズの正体、涙を流す理由、ラストに彼女が消える演出もとても気になりますね。 歌詞には「検索」や「404 not found(探しているページが見つからないエラー)」などインターネットを意識した言葉や英語が散りばめられていて、『仮面ライダーゼロワン』の世界観を音楽と歌詞で忠実に再現しています。 「夢を実現させるには自分の目で真実を見極めなければいけない。 それができるのは君だけ!」というメッセージが込められており、或人の夢「ヒューマギアと人間の共存」を信じて奮闘する姿と重なって、仮面ライダーゼロワンを応援したくなるでしょう。 (あなただけだ!)」も或人の決め台詞「お前を止めるのはただ一人、俺だ!」と重なっており、最後まで熱い気持ちのままでいられるのもたまらないです。 ライダー名を連呼する懐かしさと英語の響きによる現代らしさの融合、作品の世界観を凝縮したメロディーと歌詞が胸に響く最強主題歌ですね。 新展開の行方も見逃せない! 画像引用元 『仮面ライダーゼロワン』は、ラーニング次第で善にも悪にもなるAIの脆弱性や、人間とヒューマギアの絆、人類の存亡を賭けた戦いを描いた作品です。 2020年2月9日の放送では、「滅亡迅雷. ヒューマギアではなく人間を怪物「レイド」にさせるベルト「レイドライザー」を取り付ける謎の人物の正体とは?、「滅亡迅雷. net」の最後の構成員・亡はどこにいるのか? 深まる謎と、後半戦でどんな盛り上がりを見せるのか目が離せませんよ。 あなたも新世代仮面ライダー「ゼロワン」の活躍をお見逃しなく! 最新情報はこちらから TEXT Asakura Mika.

次の

【令和最初の仮面ライダー映画】ゼロワンチームとジオウチームが集結!イベントレポ&親子で楽しめる見どころ解説!

仮面ライダーゼロワン 決め台詞

仮面ライダーゼロワン感想口コミ評判! 令和最初の仮面ライダーとなる「仮面ライダーゼロワン」 いつもよりも注目度の高い仮面ライダーシリーズとなる今作ですが、みんなの感想口コミ評判はどうなっているのか? 是非みんなの意見を見てみましょう! 仮面ライダーゼロワン面白い?つまらない? 仮面ライダーゼロワンは面白いのかつまらないのか、みんなの感想はこちら。 ・令和初の仮面ライダー。 決め台詞がちゃんとあるのですが、元々のキャラ設定がが売れないお笑い芸人。 笑顔をいろんな方に届けるために仮面ライダーの道を選んでいる。 ストーリーの途中に挟まれる「つまらない、笑えない」ギャグがシュールに描かれています。 なぜかアンチ役のヒーローだけがストライクゾーンにいるのが不思議でしょうがない。 ヒーローとしては王道の主人公がどれだけ活躍することができるかを問われている内容で、非常に面白みがあります。 できるだけ飽きさせないように開始から今までは常に新しいライダーを登場させてこれからが徐々に物語が進んでいくのかと思うと楽しみです。 デイブレイクの謎やアルトの父親がなぜヒューマギアになっているのかなど、気になる点がてんこ盛りで今後の展開が楽しみでしょうがないです。 ・仮面ライダーシリーズが大好きですが、ビルド・ジオウは、個人的には面白みがなくつまらないものでした。 そんなシリーズが続いていたので、仮面ライダーゼロワンが発表されたときに、「ライダーはバッタのようで良いけれど、AI?面白いのだろうか…」と不安に思いました。 しかし、いざ始まって見てみると、面白い!ビルド・ジオウはちょっと重い雰囲気のあるストーリーで苦手だったのですが、ゼロワンはちょいちょい笑える部分もあり面白くて良かったです。 また、イズも可愛い!仮面ライダードライブの霧子以降、可愛いなと思うヒロインがいなかったため、今回のイズは久々に可愛い子が出てきたとわくわくしました。 今後のストーリーが楽しみです。 そして、アンジャッシュの児嶋さんも出演しているのがいいです。 最近は、いろんなドラマに出てきていて、しかも演技も上手いので今後どんな演技を見せてくれるかも楽しみです。 ・家族で毎週見ています。 今回の仮面ライダーは、スーツのデザインがスマートでかっこいいと思います。 近年の仮面ライダーのスーツデザインには愛嬌たっぷりの印象を抱いていたので、今年度になって昔のかっこいい系に少し路線を戻したのかな?と勝手に思っています。 また、落ち目のお笑い芸人だった主人公が社長になり、そして色々な問題を解決していくストーリー展開が、できすぎな気がしないでもないです。 でも、ストーリーの最後に主人公が芸を見せて、それがすべって、さらにいつもそばにいるイズが芸の解説を大真面目にするとことが気に入っています。 昨日報道されたドラマでは、バルカンの不破が立ち去るときに少し笑っていたのが印象的で、おもしろいと思いました。 ・最初は黄色い単色カラーでちょっとダサいなっと言うイメージでしたが戦っている姿を観るとやっぱりカッコいいなっと思うスタイリッシュなフォルムの仮面ライダーだなっと思いました。 AIと人間、近い未来に世界が直面するであろう問題を定義していて考えながら観てしまいます。 滅亡迅雷ネットなど実際に存在しそうで怖いです。 4話目にして既に4人の仮面ライダーが登場して物語がどんどん加速していくのが楽しみです。 オープニングも意味ありげな映像が盛りだくさんで今からどうなっていくのかドキドキしながら見ています。 或人とリズの夫婦漫才のような掛け合いや。 バルカンに変身するのに力技なところなど笑える場面もあり楽しいです。 時々昭和ライダーのオマージュのようなシーンも垣間見えるので探し物をする様に観ていきたいと思います。 ・令和になっての初めての仮面ライダーで原点に帰った感じがあるので楽しみです。 これから物語が進んでいくと思いますが、できれば最近の仮面ライダーではない勧善懲悪がいいかなと個人的には思います。 未来もテーマにあるのでアンドロイドっぽく演じている女の子は非常に好感がもてます。 主人公もそこまでかっこよくなく目立ちすぎてないのでこれからどんな展開になったり色んなアイテムがでてどのように物語が進んでいくのかが非常に楽しみです。 できれば今回もう一つお願いしたいのですが、過去のライダーとあまり関わらないようにして欲しいなと思います、平成はジオウで終わり令和はゼロワンからスタートする意味でもその方がいいように思えます。 ・AIが日常に溶け込んで人間の生活を支えているという設定はいつか実現しそうな少しリアルな設定で話に引き込まれました。 様々なSF映画に描かれている「AIの暴走」は面白いテーマだと思います。 売れない芸人が突然大企業の社長になって仮面ライダーになるというのはとても面白いです。 主人公の行動で自我を持ったヒューマノイドが滅亡迅雷. netに目をつけられてマギアになってしまうのが少し悲しくなってしまいます。 ヒューマノイドは人間の希望だと信じる仮面ライダーゼロワンと、人間の敵だと言う仮面ライダーバルカンの対立が今後どうなっていくのかがとても楽しみです。 そして序盤から登場した女性ライダーの仮面ライダーバルキリーがどう活躍するかも楽しみの1つです。 ・最近話題のAIとの共生をテーマに扱っていて、大人の私もとても興味深く見ています。 また、各ストーリーで様々なお仕事の紹介を行っているので、小さな子供にも親しみの持てる内容になっていると思います。 ここ数年の仮面ライダーは最初から小難しい雰囲気が多いと思っていましたが、今回は子供向けをしっかり意識しているように感じ、好感が持てます。 ロボット、社長、お笑いと小さな男の子が好きそうなモチーフだなと思いました。 仮面ライダーゼロワンのデザインもシンプルでカッコいいです。 そして、女性ライダーが最初から登場するのは斬新でした。 男性ライダーに負けず劣らず、カッコいいところがとても良いです。 令和ライダーとして、今までの平成ライダーとうまく差別化できているように思います。 ・令和最初のライダーということで、初代の仮面ライダーのようにバッタモチーフな所がいいと思います。 変身後の黒と蛍光グリーン姿は今までのライダーにない、シンプルなデザインですが、かっこいいです。 初回の遊園地でのバトルシーンはカメラワークも凝っていて面白かったです。 AIの暴走というのも、現代から未来を想像させ、これからどう話が進んで行くのか楽しみなテーマだと思います。 必殺技の名前が文字で画面いっぱいに出る演出はかっこいいと思いました。 5歳の息子が、この技は何て名前?と興味津々で聞いてきます。 女性のライダーがメインで活躍する事が今まで無かったので、そこもこれから楽しみです。 アクションシーンも迫力があってかっこ良かったです。

次の

アルトじゃないと (あるとじゃないと)とは【ピクシブ百科事典】

仮面ライダーゼロワン 決め台詞

amazon. 『仮面ライダー』では、悪の組織ショッカーによって改造手術を受けた改造人間であるが故の悲哀や葛藤が色濃く描かれ、敵と同じ力をもって敵を制するというテーマが印象的だった。 『人造人間キカイダー』にも同じことが言えて、完全なる人造人間である主人公が不完全な人工回路であるが故の苦悩や葛藤が描き出されている。 「人間の良心とは?」「正義とは何か?」を敵組織との戦いをもって、学んでいく姿が印象深かった。 うってかわって『キカイダー01』は、「完全な良心回路」を持っていることから、弱者を抑圧する存在に対して容赦なく戦いを挑むなど、前作との差別化に成功。 人間には絶対に手を出せないという設定もまた功を奏し、『人造人間キカイダー』とは異なる設定が設けられている。 また、キカイダーは左右非対称の頭部などが印象的だったが、キカイダー01は左右対称の頭部に赤と青のカラーリングと、より人間らしさを纏っていたのも斬新で、太陽電池によるエネルギーで活動しているため、昼間しかパワーを発揮できないという障害も面白い。 トランペットを吹きながら敵の前に現れ、「悪のある所必ず現れ、悪の行われる所必ずゆく、正義の戦士キカイダー01!」の決め台詞で登場するその姿は、「令和」になった今観ても、全く見劣りしないカッコ良さで、まさに正義のヒーローと言えるような存在だ。 さらには前作『人造人間キカイダー』の続編として位置付けられているため、前作の主人公であるジローことキカイダーが兄イチローのピンチを救いにきたりと、クロスオーバー要素も魅力の作品になっている。 「昭和」の時代に活躍した「ゼロワン」は、不完全なヒーロー像を体現しながらも、逆境を乗り越え、懸命に日本の平和を守っていた印象が強い。 「令和」のゼロワンこと『仮面ライダーゼロワン』もまた人工知能をテーマにした作品となっており、今後、主人公が人間と人造人間ヒューマギアの狭間で苦悩する姿が描かれそうだ。 くしくも『キカイダー01』と相通ずるものがある。 「昭和」から「令和」へと受け継がれた「ゼロワン」の遺伝子を継承した活躍に期待したいものだ。

次の