水酸化ナトリウム水溶液 作り方。 フェノールフタレイン溶液の色の変化と作り方をわかりやすく解説

1MのNaOHの作り方が知りたいです。

水酸化ナトリウム水溶液 作り方

次亜塩素酸水の種類とその作り方 次亜塩素酸水には、• 次亜塩素酸ナトリウムと酸などを混ぜて作る方法と• 食塩(または塩酸)と水を電気分解して作る方法 があります。 厚生労働省が食品添加物として定める成分規格の定義は、強酸性、弱酸性、微酸性の3種類があり、詳細にはそれぞれ異なりますが、製法は「2」です。 本品は、塩酸又は塩化ナトリウム水溶液を電解することにより得られる、次亜塩素酸を主成分とする水溶液である。 としています。 ではこの一文をより具体的にご説明しましょう。 電気分解やイオンに関しては中学理科で教わっていますが、おぼえていますか? 欲しい次亜塩素酸水は、HとClとOでできていますので、水素と塩素と酸素をどこかからもらってこなければなりません。 HとOは水からとれますね。 ではClは?そうです、食塩「塩化ナトリウム」のNaClからもらうことができます。 食塩とは、ナトリウムNa(金属)と塩素Clが合体した物質です。 食塩水(塩化ナトリウム水溶液)の電気分解 ナトリウムNaなどの金属元素はすべてプラスの電気を帯びています。 このように、電気的に中性の物質が水溶液の中でイオンに分かれることを電離といいます。 塩素Cl-は原子のため、2個くっついて塩素分子Cl2をつくり、気体の塩素が発生します。 この塩素が水H2Oと混ざると、次亜塩素酸HClOと塩酸HClが生成されます。 強酸性次亜塩素酸水をつくるには 0. 具体的には、陽極・陰極が角膜で仕切られている有隔膜二室型電解槽を使用して(もしくは三室型電解槽)電解します。 陽極側から得られる水溶液が強酸性次亜塩素酸水です。 pH2. 2~2. pH2. 7~5. 陽極側から得られる水溶液が微酸性次亜塩素酸水です。 pH5. 0~6. この場合、陽極側にできる水溶液(酸性の次亜塩素酸水)よりも、陰極側にできる水溶液(水酸化イオンOH — アルカリ性)の量が多いため、混ざると電解槽内の水溶液はアルカリ性を帯びます。 pH7. 6以上• 有効塩素濃度 100~1000ppm 明確な違い1 pHと有効塩素濃度 両者の明確な違いは、pHと有効塩素濃度の範囲です。 前述の通り次亜塩素酸水のpHは、pH2. 2~6. 5(高くとも7. 5未満)で、有効塩素濃度が10~100ppmの酸性電解水です。 一方、次亜塩素酸ナトリウムのpHは、7. 6以上で、有効塩素濃度は100~1000ppm この両者の中間に位置するのが、電解次亜水と呼ばれる水溶液です。 pH7. 5、有効塩素濃度は30ppm以上で、次亜塩素酸ナトリウムの希釈液と同等の殺菌力を有します。 また食品添加物として厚労省にも認められています。

次の

中学受験の理科 水溶液の覚え方~これだけで受験対策は完ペキ!

水酸化ナトリウム水溶液 作り方

3.水溶液の作り方 (1)酸性の水溶液 酸性の水溶液には、塩酸、硫酸、炭酸水、酢(酢酸)などがあるが、小学校で最も多くの 機会に使われるのは塩酸ではないでしょうか。 塩酸のうすい水溶液の作り方を中心に説明 します。 指導書などには試薬の塩酸( 12N、800円前後)を用いるような記述もありますが、小学校の実験では工業用の塩酸で十分です。 (約35%・ 500gで300円前後) 金属と反応させて水素を発生するには、 ・ 10%塩酸(35%塩酸:水を1:2で希釈) ・3N塩酸( 12N塩酸:水を1:3で希釈) の濃さで十分です。 基本的に酸を水でうすめる場合、発熱して濃い酸が飛び散ることがことがあるので、水を三角フラスコの中に入れてから、水に塩酸を加えなくてはなりません。 (2)アルカリ性の水溶液 小学校で用いるアルカリの水溶液の代表的なものはアンモニア水、水酸化ナトリウム、石灰水(水酸化カルシウム水溶液)です。 児童たちにも「塩酸はこわい、危険」というイメージがあっても、アルカリ性の水溶液に対してはそのようなイメージはありません。 しかし、アルカリ性の水溶液のほうが、いろんな意味で危険であることを教師も理解しておかなくてはなりません。 というのは、1滴の水溶液で目が失明したり、1粒で死に至ったりします。 それゆえ、酸よりも扱いに は十分な注意が必要です。 酸性の水溶液には、塩酸、硫酸、炭酸水、酢(酢酸)などがあるが、小学校で最も多くの機会に使われるのは塩酸ではないでしょうか。 塩酸のうすい水溶液の作り方を中心に説明します。 実験で用いるには、2%で十分です。 (濃アンモニア水:水=1:4)。 大量に必要なときもあるので、ぜひとも多めに作って保管しておきたいものです。 理科の教材カタログには石灰水採取容器などもありますが、どうしても急に必要な場合は、ろ過して用いましょう。 学校に理科備品の予算があれば、吸引ろ過をお勧めします。 水酸化ナトリウムはすぐに潮解するので、使用後は必ずしっかりと栓をしめておきましょう。 実験に用いる水溶 液は約2%でも十分濃いくらいです。 (水98gに水酸化ナトリウム2g) (3)リトマス紙の使い方 リトマス紙は1cm四方で十分です。 教科書では1枚を使うことになっていますが、1枚を4つくらいに切って用いれば、児童数が多い学級でも、全員が実験することができます。 ガラス板などに並べて用いると便利です。 リトマス紙はそれほど敏感な試験紙ではありません。 弱い酸や弱いアルカリを調べるにはBTB溶液を用いることをおすすめします。 ( BTB溶液の色は、 黄色 =酸性 緑色=中性 青色=アルカリ性 ).

次の

飽和水溶液の作り方

水酸化ナトリウム水溶液 作り方

今回は、水酸化ナトリウムの作り方について。 水酸化ナトリウムは、 塩化ナトリウムの電気分解で作られます。 食塩が原料なので 水酸化ナトリウムは超安いです。 500gで300円ぐらい。 塩化ナトリウム水溶液を 電気分解すると、 陰極では水素、 陽極では塩素が発生しますね。 しかし水酸化ナトリウムは 陽極の塩素と反応してしまいます。 なので、陽極側の塩素水溶液と 陰極側の水酸化ナトリウム水溶液が まざらないように、 イオン交換膜で仕切ります。 この方法をイオン交換膜法と言います。 イオン交換膜で仕切らずに 塩化ナトリウム水溶液を電気分解しても 水酸化ナトリウムは作れません。 「家で水酸化ナトリウムを作ろう」 と思っても無駄ということです。 塩化ナトリウム水溶液を 電気分解すると有毒な塩素も発生するので 絶対に家ではやらないでください。 食塩水の電気分解なんて やろうと思えば出来てしまうのが 怖いところですが、 命にかかわるのでやめておきましょう。 それでは、今回はここまで。

次の