和歌山 足場 事故。 鉄パイプ、作業員「過って落とした」 死亡事故で説明:朝日新聞デジタル

【和歌山】作業員「誤って落とした」 鉄パイプ落下事故 安全管理不徹底か 事故の4日前にも鉄パイプ落下

和歌山 足場 事故

和歌山市十三番丁鉄パイプ落下事故 業者は「SIGN TAKASE」と下請けの「ヒロケン」 19日、和歌山市のビルで工事用の足場から鉄パイプが落下し男性が死亡した事故で、警察は、業務上過失致死の疑いで工事を請け負っていた市内の2つの業者を捜索しました。 このビルでは事故の4日前にも鉄パイプが落下していて、警察は資料を押収し、現場での安全管理の状況を詳しく調べることにしています。 19日、和歌山市十三番丁にある12階建てのビルの屋上付近に設けられた工事用の足場から重さ5キロほどの鉄パイプが落下し、近くを歩いていた大阪市に住む26歳の銀行員の男性の頭部を直撃して死亡しました。 この事故を受け、警察は20日、業務上過失致死の疑いで、いずれも和歌山市にある工事の元請けの「SIGN TAKASE」と下請けの「ヒロケン」の捜索しました。 このうち「SIGN TAKASE」には、午前9時半すぎ捜査員が段ボールを持って建物の中に入っていきました。 今回の事故をめぐっては、4日前の今月15日にも同じように鉄パイプが落下していて、2つの業者がビル側に再発防止策を取ると申し出て18日工事が再開されたばかりでした。 警察は、業者から資料を押収し、安全管理が徹底されていたかなど、詳しい状況を調べることにしています。 ビルの最上部で9月上旬から商社の看板の補修工事が行われ、現在は工事が終了し、足場の解体作業中だったということです。 工事は、商社が和歌山市内の業者に発注しており、同署は業者の安全管理体制に問題がなかったか、業務上過失致死容疑も視野に捜査する予定。 またこの業者については和歌山市にある工事の元請けの「SIGN TAKASE」と下請けの「ヒロケン」だということが判明しました。 既に業務上過失致死の疑いで警察の家宅捜索も入っている模様。 なお、この元請けの「SIGN TAKASE」については高瀬睦信さんという方が代表(社長)のようです。 住所は、和歌山県和歌山市加納283-4となっています。 小さめの町の土建屋という感じでしょうか。 和歌山市十三番丁鉄パイプ落下事故現場 事故現場は酒直本社ビル。 12階建てのビルですが、この最上部から鉄パイプが落下したということです。 ,LTD 創業 1905年(明治38年) 設立 1949年1月(昭和24年) 代表者氏名 代表取締役社長 酒本 徹 本社所在地 〒640-8150 和歌山市十三番丁30番地 Tel 073 431-1231 Fax 073 431-8028 URL 資本金 4,800万円 従業員数 200名 グループ会社• 株式会社 酒直レミコン• 和歌山ゼロックス 株式会社• エスエヌ商事 株式会社 酒直鉄パイプ落下事故 施工業者の足場撤去作業が雑すぎる 鉄パイプが落下したのは酒直本社ビルの看板部分の道路に面した側の足場。 酒直ビルからは数日前にも鉄パイプが落下していた 事故があったビルでは、4日前の11月15日にも鉄パイプ落下事故が起きており、この時に被害者が出ていてもおかしくなかった。 この15日の落下事故を受け、施工業者は• 防護ネットの設置• 鉄パイプに補助ロープをつける などの対策を講じたうえで、18日から工事を再開していた。 なんですが… 防護ネットも意味なし! 防護ネットが設置された様子はありますが、実際、パイプはその防護ネットをすり抜けて地面まで落下しいるわけです。 防護ネットの取り付け方自体に問題があった可能性が高いです。 落下した鉄パイプには補助ロープなし! 警察の発表によると、19日朝に落下した鉄パイプに補助ロープはついていなかったということ。 何よりも「安全第一」を優先しないといけないような危険な現場で、作業効率の方を優先したということでしょうか?4日前にも落下させているのに? 今回、このアホ業者の「慢心」や「作業効率重視の施工方法」が原因で、若い板垣さんの命は奪われました。 防護ネット、補助ロープと2重の落下防止対策ができたにもかかわらず、この業者はその両者ともで手を抜きました。 そして何より「安全第一」という心構えが欠けていたのではないでしょうか?板垣さんの死は「不運過ぎる死」とも言われていますが、これは完全にこの業者の過失です。 和歌山市十三番丁鉄パイプ落下事故みんなの反応 これ、下のネットの幅が短すぎないですかね? バウンドもすると思うし。 こういうことになるんじゃないかといつもヒヤヒヤ。 足場なんて中卒か元ヤン上がりの馬鹿が威張り散らしているし絶対に何か起きると思っておいたほうがいい。 — 海乱鬼 🌸 Emperor of Japan 大洋ノ党 🎌 仕事は死のシーズン直前 ShinshuPoseidon たまにあるよね、、、極力工事してるところは避けたほうがいい。 これくらいのことしかできないし。 — みないでください mdapbdgjtjtj.

次の

和歌山市鉄パイプ落下事故 現場は酒直本社ビル【板垣智之さん】に直撃… 数日前にも落下

和歌山 足場 事故

和歌山市内にある12階建てのビルから鉄パイプが落下し、通行人の頭に衝突し死亡してしまう事故が発生しました。 先週にも鉄パイプを落下させるなど安全管理義務を果たしていたのか疑問の声も上がっています。 過去に起きた工事現場での事故、業務上過失致死の可能性について紹介します。 【ビルから鉄パイプ 男性が死亡】 19日午前、和歌山市中心部のビルの屋上から鉄パイプが落下した。 道路を歩いていた20歳代男性の頭に当たり、男性は病院に運ばれたが、死亡した。 — Yahoo! 職業は銀行員だったそうです。 遺族の方もこんなことで亡くなってしまってはやりきれない気持ちでしょう。 被害者には何の落ち度もありませんでした。 以下目撃者の証言 「ガラガラという音がして振り返ると私の身長に近い鉄パイプが落ちていました。 工事は先月からやっていたように思います。 近くでこんな事故が起きて怖いです」 このビルには地元の商社の本社が入る予定とのことですが、かなりのイメージダウンになってしまいました。 現場作業員は恐らく賠償金を払えないので、商社に対しても被害者遺族から民事裁判での賠償金請求がくるかもしれません。 今のところ状況を見る限りでは施工管理者と現場監督者が安全管理義務を怠っていたように思いますが、その辺はこれから明らかになるでしょう。 和歌山西署は既に業務上過失致死の可能性も視野に入れて捜査しているようです。 朝顔(防護棚)の設置は 12階建てビルの12階で作業していたようなので、通常は朝顔と呼ばれ防護柵の設置義務があります。 (労働安全衛生法で定められています。 ) JR東日本秋葉原ビルの解体工事ですが、総武線ホームから、中央通りの車が見えるまでになりました。 また、駅側の朝顔も一部撤去したようですね。 あと、東西自由通路の上の部分は慎重にやるみたいですね。 ちなみに設置基準は以下 地上から10m以上の足場では1段以上、20m以上の場合は2段以上取付ける。 朝顔の突出しの長さは足場から水平方向に2m以上とし水平面に対する傾きは20度以上必要。 安全管理を遵守していれば、鉄パイプを落とした末端の現場作業員が一番の責任を問われることになりそうです。 こんな言葉では片付けられませんが、通行人の方はとんでもない不運に見舞われてしまいました。 工事現場での事件史 割と頻繁に発生しています。 足場の設置作業中は特に気を付けたいです。 直管パイプは直撃したらとても無事ではいられません。 また2019年には、沖縄県で71歳の男性と55歳の男性がそれぞれ別の現場でなくなる事故が発生しています。 時折通行人も巻き込まれてしまうので、極力現場の下を通らないなどの自己防衛を心がけた方が良さそうです。 ネットの反応 都市部は危ない。 田舎ではありえない事故。 — HOW OLD ARE ゆ〜 HOWOLDARE3 信じられないくらいにバカな事故?です。 起きない筈が起きるのは、事故じゃないくらいの過失があったという事です。 どんなに会社がしっかり管理しようと思っても、現場の底辺DQNチンピラに「落としてみたwwwうぇーいwww」とかやられたら、どうしようもない。 — 愛してんだろ? ODWPSsUvRvOWi5G 勿論、落とす側が一番悪いんだけれど。 悪くないから死なない訳では無いので、色んな物を疑って掛かるしかない。 >工事中のビルから5キロの鉄パイプ落下 男性の頭直撃 死亡 NHKニュース — 誤ロン dara2goron ご冥福をお祈り致します。 高所で作業する工事現場の方には頭が上がらないですが、最悪の事態のことを想定して慎重に行動していただきたいところです。

次の

鉄パイプ落下事故!解体業者の名前は?事故の発生原因は?安全確保されてなかった?

和歌山 足場 事故

左はこの事故とは関係ないが参考として。 少し見づらいが、写真左下部分のようなコンパネでハネ出した養生を作る事も出来る。 この形だと養生の上部分の足場を解体時の落下は防げる可能性が高い。 ただ、この場合も最終的にこの養生部分を解体する時には真下を出入り禁止にする以外現実的な方法が無い。 TVでインタビューを受けていた足場業者が「こういった場合は落下防止にロープで一本一本縛りながら解体していく」と答えていたが、正直そんな事をしている業者はほとんどいないと思う。 真下に解体した部材を降ろすのであればロープを使うと思う。 ただ今回は現場の状況を見る限り解体した部材を横移動で屋上に一度置くはず。 そうなると横移動の際にロープが邪魔になるので恐らくロープは使わずに作業すると思います。 結局は作業する人がどれだけ注意して作業するのかの部分が多いのが現在の看板業の現状だと思います。 そういった事を踏まえても私が一番疑問なのは作業時間です。 事故が起きた時間が8時20分。 通勤時間帯で人の通行が多い時間帯です。 なぜこんな人が多い時間帯から作業をしたのか。 多くの現場で音が鳴る作業や道路を使う作業は9時以降というルールが設けられています。 警察が出す道路使用許可も基本は朝は9時以降です。 9時以降だったら落下が無かった、という事にはなりませんが、危険な作業を行うのにわざわざ人通りが多い通勤時間帯に作業するのは疑問です。 あとは、この元請けの看板屋は個人だったようですが、これだけの規模・危険性のある仕事を請けるだけの体制があったのかどうかも気になる所です。 マスコミの報道で気になった点 マスコミの報道で「落下物に対する安全措置が無かった」と言った内容を見ました。 上に書いたように今回の吊り足場という工法では落下物に対する安全措置は難しい部分があります。 上記写真の左が今回の事故のあった看板。 右がニュースで「こういった形の安全措置が無かった」と報道されたのと似た形の安全措置 朝顔養生と言います です。 見て分かる通り、右は地面から足場を建ててその途中に朝顔養生を設置して落下物に対する安全措置としています。 左はどうでしょうか?地面から建っていませんよね?上から吊って必要な部分だけに足場を架けています。 元々の足場の架け方が違うので左の足場では右の足場のような安全措置は不可能なんです。 このぐらいは少し専門家などに聞けばわかる事だと思うんですが、そういったチェックがされずに誤った情報が電波に乗っているのはなんだかなぁ・・・って感じでした。 恐らくほとんどの人がニュースでこの内容を聞いていたとしても気にしないでしょうし、気にしてたとしてもしばらくすれば忘れる程度の内容だと思いますが、報道にはもう少し正確で合って欲しいなぁと思います。 まとめ 看板屋という仕事上、どうしても高い所での作業が多く危険が伴います。 自分が落下するのはもちろん、何かを落としてしまうと人の命まで奪ってしまいかねない仕事だと言う事を再認識させられました。 幸い私と私の協力業者の方達で大きな事故を起こした人はいませんが、今後も無いように気をつけていかないと・・・。 それには正直施主側の協力も必要になります。 口では安全安全と言いながら、その実金額と納期が優先になっている所のなんて多いことか・・・・ 施工サイドからは「この作業内容ならお店を休業させて欲しい」と伝えたにも関わらず、お店を休むとその分売上が無くなる事から営業中に作業をさせておいて、いざ作業中に事故 人身ではなく軽微な物損 が起きた時に「なぜ事故が起こったのか」と騒いで報告書を作らせる施主なんてのもいます。 いやだから店休んで欲しいって最初に言うてるやん・・・・.

次の