ご多忙中にも関わらず。 「ご回答ありがとうございます」の敬語・ビジネスメールの言い方

「ご回答ありがとうございます」の敬語・ビジネスメールの言い方

ご多忙中にも関わらず

「お忙しい中」の類語としては、「お忙しいところ」「ご多用の中」「ご多忙中」などといった言葉が挙げられます。 ビジネスシーンでは、そのときの状況や相手にあわせて使い分けると良いでしょう。 例えば、「お忙しい中〜ですが」は話し言葉としては言いやすいですが、メールなど文章にする場合には、「ご多用の中〜ですが」も同じように使うことができます。 「お忙しい中、恐れ入りますが」や「お忙しい中すみませんが」などは、柔らかい印象を受けるので、話し言葉で使用する人が多いです。 一方で、メールや書面などの文章では、「ご多用中、お手数をおかけしますが」や「ご多忙の中、誠に恐縮ですが」 などといった表現を使うことで、よりしっかりとした印象を与える文章を作ることができます。 このように、言葉の頭につける枕詞はいくつかのパターンがありますので、把握しておくと大変便利です。 「お忙しい中」とは敬語なのか? 「お忙しい中」という言葉は、相手が実際に忙しいかどうかは関係なく、使うことができるので、使用に際しての注意点としては、時間に余裕があることが明らかな場合など、嫌みに聞こえてしまうことがあります。 そのような状況の場合には、あえて「お忙しい中」を使わないという判断も賢明です。 また、その他の注意点として、「お忙しい中」を使用した場合は、相手に要求しすぎないことが大切です。 相手のことを考慮した言葉を使って、自分のお願いごとを聞いてもらっているにもかかわらず、納期を決めたり、複数のことを依頼したりすることはやめておきましょう。 そして、「お忙しい中」を使用した際は、相手に「指図」をしないようにしない気を付けましょう。 例えば、「早めのご返信お待ちしております」といった書き方は、相手に「早く返信するように」と指図していることになるので、このような書き方はやめましょう。 「お忙しい中」を使用するときの多くは、何か相手にお願い事をしたり、相手に回答を求めたりと、相手側に何かと労力や時間をかけさせてしまいそうな時によく使用します。 特に、上司や先輩といった目上の人に使用します。 「お忙しい中」という枕詞をお願い事をする際、冒頭に付け加えるだけで、相手の状況に気を遣っていることが伝わりますし、謙虚な姿勢で自分がお願い事をしているという状況も伝えることができます。 また、「お忙しい中」には、相手に猶予をもって取り組んでもらう、といった意味合いもあります。 相手の状況を配慮し、「お忙しい中」を付け加えることで、「もし可能であれば」といった意味合いや、「あなたのタイミングや都合に合わせます」といった意味合いをお願い事に付け足すことができます。 その結果、依頼された相手もそこまで負担感を持つことなく、お願い事を受け入れてもらいやすくなります。 正しい使い方2:感謝の気持ちを込めて 自分のために、誰かが何か時間を割いてしてくれたとき、相手の手間や労力を想像して「お忙しい中〜してくださってありがとうございます」などと使うことができます。 相手は、自分自身でもやることがある中、依頼した自分のためにわざわざ時間を割いてくれたことに感謝している気持ちを表しています。 実際に、相手からもし「お忙しい中」と言われた場合、もしかすると流してしまうような定型文でもあるのですが、「お忙しい中」を言われなかったら言われなかったで、なんだか寂しい気持ちになってしまう人もいることでしょう。 ただ、「ありがとう」と言われるよりも、プラスアルファで「お忙しい中」と言われた方が何だか嬉しい気持ちになるのではないでしょうか。 正しい使い方3:時間を割いてもらった時 「お忙しい中」という言葉が出てくるのは、相手に時間を割いてもらっている、という意識があるから言えることです。 例えば、「お忙しい中ありがとうございます」を英語で表現すると、「Thank you for taking your time. 」といいます。 英語にしてみると表現が率直でさらに相手に時間を割いてもらっている、ということが伝わります。 どのような内容であったとしても、相手に時間を割いてもらっている、時間をかけてもらっていることに関して、英語でいう「time」の部分を日本語では「お忙しい中」と表現していることがわかります。 それでは続いて、「お忙しい中」の挨拶の例文をご紹介しますので、参考にしてみてください。 例文1:「お忙しい中恐れ入りますが」 英語で「お忙しい中」を表現する際、先ほどの「Thank you for taking your time. 」(お忙しい中ありがとうございます)の他にも、下記のような表現があります。 ・I know you must be busy.(あなたが忙しいことを知っている。 ) ・your busy schedule.(あなたの忙しいスケジュール) 上記の表現を使用した例文をご紹介します。 (すみません、あなたがお忙しいことは分かっていますが、少しお時間をいただきたいです。 ) ・Thank you for taking time out of your busy schedule. (忙しいスケジュールの中、お時間を割いてくださってありがとうございます。 ) 「お忙しい」とよく似ている表現に「ご多忙」があります。 こちらも「お忙しいところ」と同じように意味にほとんど違いはありません。 強いていうならば、口頭では「お忙しい」、書面では「ご多忙」の方がよく使用されている傾向があります。 また、似ている言葉で「ご多用」という表現もありますが、この言葉も「お忙しい中」や「ご多忙のところ」とほぼ同じ意味で使います。 「ご多忙」に「折」をつけた「ご多忙の折」という表現もありますが、これも「お忙しい中」という表現と大きな違いはありません。 「ご多忙の折」とは、会合やイベントなどの招待状でよく使用される表現です。 この場合の「折」というのは、時間や場所、機会や状況を表します。 一般的に、ビジネスの世界では、基本的に決められたスケジュールや時間の中で、忙しく働いているという前提があります。 そのような前提の中で、忙しい相手に対して、手間を必要とする仕事や予定以外の調べものなどを依頼する場合、誰でも多少なりとも恐縮してしまいます。 つまり、お願い事をする相手に対しての申し訳なさや謙虚さを表現している「お忙しい中」が、仕事を円滑に進める上で大変重宝されています。 後者の方が、格段に相手への印象が良く、その後の仕事もお互いにやりやすくなることが明確です。 今回、「お忙しい中」という言葉から、類似した意味を持つ言葉まで、色々な例文の挨拶パターンや正しい使い方をご紹介してきました。 今まであまり意味を深く考えずに、定型文として使っている機会もあったことでしょう。 また、中にはどのような場合に使うべき言葉なのか、毎回定型文として使用して良いのか、といった疑問を持ったこともあったのではないでしょうか。 本来の「お忙しい中」という意味を考え、相手の状況や立場を踏まえることで、これからは「お忙しい中」の使い方に対する迷いは少なくなるのではないでしょうか。 また、自分が相手にお願い事をする場面に直面した際、相手にどのような言葉を伝えたら快く引き受けてくれるだろうか、ということを常々考えながら、自分のためにも相手のためにもその都度、言葉を選んで上手に使っていきましょう。

次の

「ご多忙中にもかかわらず」意味と使い方・ビジネスメール例文

ご多忙中にも関わらず

【例文】 ご多忙中にもかかわらずご連絡いただき、誠にありがとうございます• 【例文】 ご多忙中にもかかわらずご返信いただき、ありがとうございます• 【例文】 ご多忙中にもかかわらずご参加いただき、感謝申し上げます• 【例文】 ご多忙中にもかかわらずご出席いただき、厚くお礼申し上げます などがあり、どの例文も社内メールで目上の人(上司や先輩)につかっても、社外のビジネスメールにつかってもよい丁寧な敬語表現です。 なお言い換えとしては• 【言い換え】 ご多忙の折にもかかわらず~• 【言い換え】 ご多忙の中にもかかわらず~• 【言い換え】 お忙しい中にもかかわらず~ などがあり、どれを用いても丁寧です。 ざっくりとした解説はこれにて終了。 くわしくは本文中にて意味と使い方、注意点を述べていきます。 つづいて後半部分。 「〜にもかかわらず」は「〜にも関係なく」の意味。 「かかわる」に打ち消しの「ず」をくわえると「かかわらず」という語になります。 「xxさんに関わるとロクなことがない」といえば「xxさんに 関係すると〜」の意味• 「国家の大事に関わる事件」といえば「国家の大事に 関係する事件」の意味 というようにつかいます。 「 とても忙しい最中にも関わらず」という意味ですので、目上なり上司を気づかうフレーズとして使われます。 使えるシーンはたくさんありますが代表的なものを箇条書きにしてまとめます。 【基本】お礼返信ビジネスメールなど(冒頭に使う) 「ご多忙中にもかかわらず」の使い方、まずは基本。 上司や目上・社外取引先に何かしらお願いしたり、問い合わせしたり、教えてもらった後。 返信メールでお礼する時によくつかわれるフレーズです。 「ご多忙中にもかかわらず+お礼」でひとつのお礼フレーズとして メール冒頭・書き出しにつかいます。 たとえば、• 「 ご多忙中にもかかわらずご返信いただき、ありがとうございます」とすれば「とても忙しいにも関わらず返信してもらい、ありがとう!」の意味。 「 ご多忙中にもかかわらずご出席いただけるとのこと、ありがとうございます」とすれば「とても忙しいにも関わらず出席してもらえるとのこと、ありがとう!」の意味。 というように使います。 「ご返信」の部分をシーンごとにいろんなフレーズに置き換えて応用しましょう。 【例文】ご多忙中にもかかわらずご返信いただきありがとうございました。 【例文】ご多忙中にもかかわらずご返信いただき恐縮です。 【例文】ご多忙中にもかかわらずお返事いただきありがとうございました。 【例文】ご多忙中にもかかわらずお返事いただき大変恐縮です。 【例文】ご多忙中にもかかわらずご連絡いただき感謝申し上げます。 【例文】ご多忙中にもかかわらずご回答いただきお礼申し上げます。 【例文】ご多忙中にもかかわらずご回答いただき恐れ入ります。 というように、まずメールの冒頭・書き出しでお礼すると相手への配慮が感じられて好感がもてます。 なお著しく相手に負担をかけたのであれば… ありがとうではなく「申し訳なく思います」の意味で「 恐縮です」「 恐れ入ります」のようなフレーズを使ったほうがよいでしょう。 これから出席(参加)してもらうのであれば… 例文「ご多忙中にも関わらずご出席 ご参加 いただけるとのこと、有難うございます」 例文「ご多忙中にもかかわらずご出席 ご参加 いただけるとのこと、大変恐縮です。 」 例文「ご多忙中にもかかわらずご出席 ご参加 いただけるとのこと大変恐れ入ります。 すでに終わったことであれば… 例文「先般はご多忙中にも関わらずご出席 ご参加 いただき、ありがとうございました」 例文「ご多忙中にもかかわらずご出席 ご参加 いただき感謝申し上げます。 」 例文「ご多忙中にもかかわらずご出席 ご参加 いただきお礼申し上げます。 」 というように、まずメールの冒頭・書き出しでお礼すると相手への配慮が感じられて好感がもてます。 なお著しく相手に負担をかけたのであれば… ありがとうではなく「申し訳なく思います」の意味で「 恐縮です」「 恐れ入ります」のようなフレーズを使ったほうがよいでしょう。 「ご多忙中にもかかわらず+いろいろな敬語フレーズ」をくみあわせてお礼フレーズをつくることができます。 よくつかうものだけを以下に紹介しておきますね。 教えてもらった後のお礼返信メール 例文「ご多忙中にもかかわらず、ご教示いただきありがとうございました。 」 例文「ご多忙中にもかかわらずご教示いただき、感謝申し上げます。 対応してもらう(もらった)お礼返信 例文「ご多忙中にもかかわらず、早速ご対応いただき誠にありがとうございました。 」 例文「ご多忙中にもかかわらず、お取り計らい頂きありがとうございました。 送付してもらったお礼返信 例文「ご多忙中にもかかわらず送付いただき恐縮です。 」 例文「ご多忙中にもかかわらず送付いただき、誠にありがとうございます。 」 例文「ご多忙中にもかかわらず送付くださいましてありがとうございます。 」 上記はほんの一例。 ビジネスシーンにおうじて無限のバリエーションがあります。 あなたの語彙が広がるほどにつかえる敬語も増えていくでしょう。 【敬語・意味の補足】 ・ご教示は「教えること」の意味 ・幸甚(こうじん)の意味は「この上もない幸せ。 大変ありがたいこと。 また、そのさま」 ・「恐縮」「恐れ入る」はどちらも「申し訳なく思うこと」の意味 ・「いただく」は「もらう」の謙譲語 ・「いただけるとのこと」は「もらえるとのこと」の意味の敬語(謙譲語) 【例文】ビジネスメール全文 こうして長々と読んでいてもイメージがつかみにくいかと思いますので、より実践的に。 ここでは 「ご多忙中にもかかわらず」の使い方をビジネスメール例文とともにご紹介。 どれも目上・上司・取引先にふさわしい丁寧な敬語にしています。 ご参考にどうぞ。 ・「受け取った」という意味の謙譲表現「拝受しました」を使うと丁寧。 先ほどお見積書のほう拝受しました。 ご多忙中にもかかわらず早々にご対応いただき、誠にありがとうございます。 それでは弊社内にてお見積もり内容につき検討し、結果につき改めて報告いたします。 また追加でご相談することもあるかと存じますが、その際にはお力添えいただければ幸いです。 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。 日時決定の連絡をするだけでなく、会議の目的や場所なども案内すると丁寧。 さて、ご都合につき承知いたしました。 それでは以下の通りに打合せを実施いたしたく、仔細につきご案内申し上げます。 ご多忙中にも関わらずお時間を頂けるとのこと、誠にありがとうございます。 それでは以下の通りにOB訪問をいたしたく、仔細につきご案内申し上げます。 メール件名: Re:Re:Re: 貴社訪問のお願い(転職・ノマド) 株式会社転職 営業部 ノマド 様 (社外取引先) ご多忙中にも関わらずご連絡いただき、誠にありがとうございます。 さて、日時等の仔細につき承知いたしました。 ご足労をおかけいたしますが、当日は何卒よろしくお願い申し上げます。 さらに返信メールでシンプルにお礼する転職メール例文。 面接の日程等、仔細につき承知しました。 こちらこそ宜しくお願い致します。 ビジネスメールではこれらの表現に言い換えすることもできますので、お好みの表現を用いてください。 どれも目上の人(社内上司・先輩)にはもちろんのこと、社外取引先にもつかえる丁寧な敬語にしています。 ご参考にどうぞ。 使い分けする必要はありませんが、すでに述べたとおり結婚や出産・その他めでたいシーンで「ご多忙」はNG。 【言い換え】ご多用にもかかわらず 例文「ご多用にも関わらずご参加 ご出席 いただけるとのこと、ありがとうございます」 例文「ご多用にも関わらずご参加 ご出席 いただけるとのこと、大変恐れ入ります」 例文「ご多用にも関わらずご返信 ご連絡・お返事 いただき、感謝申し上げます」 例文「ご多用にも関わらずご返信 ご連絡・お返事 いただき、お礼申し上げます」• 【言い換え】ご多用中にもかかわらず 例文は同上〃• こちらも使い分けする必要はありません。 お好みでお使いください。 【言い換え】お忙しいにもかかわらずご参加(ご出席)いただき、+お礼• 【言い換え】お忙しい中にもかかわらずご返信(お返事・ご連絡)いただき、+お礼• 【言い換え】ご多忙にもかかわらずご参加(ご出席)いただき、+お礼• 【言い換え】ご多忙の折にもかかわらずご返信(お返事・ご連絡)いただき、+お礼• 絶対にお礼しなけきゃダメ!というのではなくまぁちょっとした気づかい、心づかいとして「ご多忙中にもかかわらず+お礼」をつかうと丁寧ですね。 ほかにも返信ビジネスメールの冒頭・書き出しお礼に使える敬語フレーズとしては… 「 ご丁寧にご連絡いただきありがとうございます」などもあります。 ようは相手にメール返信してもらったり、なにかしら負担をかけたのであれば、どんな表現でもいいのでとりあえず感謝の気持ちをつたえましょう。 そうするとあなたの好感度もアップすること間違いなしです。 したがって実際にはヒマな相手にメールするときに使ってもOK。 この採用担当者はヒマそうだから「ご多忙中にもかかわらず」はメールに使えないよなぁ…。 このお客さんはいっつも忙しそうだから「ご多忙中にもかかわらず」をメールで絶対に使うべきだ!。 とか、そういう使い分けは必要ありません。 ビジネスメールでは 相手が誰であろうと等しく使えますのでご安心ください。 「ご多忙中にもかかわらず」は相手を気遣うときに使う表現=社交辞令でもあります。 としている人が結構います。 たしかに「忙」という字には「亡くなる」という文字がふくまれるため、縁起の悪い言葉として考えられます。 でもビジネスシーンでは「忙しい」「ご多忙」を使っても何ら問題はありません。 なぜなら「忙しい」「ご多忙」にはよい意味もあるから。 「忙しい・ご多忙」という言葉のニュアンスには2つあり、相手への配慮のほかに 「ビジネスが上手くいっているからこそ忙しい = よい意味」もふくみます。 したがってビジネスメールで「忙しい」を使うのは、しごく当たり前のことなのです。 「ご多用」に言い換えます。 参考になる記事:• まとめ 今回は「ご多忙中にもかかわらず」の意味と使い方、注意点について、これでもかというくらい語ってみました。 この表現はとても便利で、ビジネスメールでは万能に活躍します。 ぜひ、ありとあらゆる場面を経験し、使い倒してください。 頭でどうこうなるものではないので、ビジネスシーンで場数を踏んでくださいね。 ではでは~~。

次の

「かかわりませず」と「かかわりもせず」は同義語ですか?

ご多忙中にも関わらず

[スポンサードリンク] 基礎 意味 — 「あなたは今忙しい状況だと思われるが、」を丁寧に表現した敬語。 「あなたは今忙しい状況だと思われるが、」を丁寧に表現した敬語。 ビジネスの場面で相手に何かお願いをする時に「ご多用中とは存じますが、何卒よろしくお願いします。 」と表現して使われる決まり文句。 ご多用:お忙しい、ご多忙 存じますが:思われますが、思いますが 上手に使うには — 要望を出す時の最後に使う。 「貴方様は今お忙しいのだろうけれど、どうか私の要望を聞き入れてください。 お願いします。 」を簡潔に表現した敬語です。 「ご多忙とは存じますが」と同じ意味合いで使われます。 仕事でメールや電話を通じて、取引先や外注先、お客様に対して使う機会の多い表現です。 この表現を使うことで、「こちらでお願いをしたけれど、あなたが忙しい中にも関わらず無神経にしたわけではありません。 」という意思が相手に伝わるので、少しでも人間関係でトラブルを抑えるために使われます。 また相手がそんなに忙しくないことが明らかに分かっていても、あえて使われる表現です。 それだけ相手にお願いをするための表現として、無難に使えるからです。 基本的な表現として、「ご多用中とは存じますが、よろしくお願いします。 」であり、様々なパターンとして、「ご多用のところ恐縮ですが、よろしくお願いいたします。 」、「ご多用のことと存じますが、何卒よろしくお願いします。 」などがあります。 表現する際の注意点は、「ご多用中のところ」と言ってしまうことです。 「中」と「ところ」では同じ「状況」を意味するので、2回表現してしまっています。 「ご多用中とは」、もしくは「ご多用のところ」のいずれかで表現するようにしてください。 使い方/例文 「ご多用中とは存じますが、」でお願いする時に 11月の上旬頃にお会いすることは可能でしょうか?どうしても直接お話しないといけない要件がございます。 ご多用中とは存じますが、よろしくお願いします。 到着次第、ご確認くださいませ。 ご多用中とは存じますが、何卒よろしくお願い致します。 今月末にビジネスの基礎についてのセミナーを、2階会議室にて開催します。 社外の方からのご参加も受け付けております。 ご多用中とは存じますが、奮ってご参加くださいませ。 今月の会議の内容についての打ち合わせをそろそろしたいと思っております。 昨夜の件でご多用中とは存じますが、ご検討のほどよろしくお願いします。 「ご多用のところ」でお願いする時に 少し疑問に思う点があったため、先日メールをお送りしました。 ご多用のところ恐れ入ります。 よろしくお願い致します。 こちらで注文した数と実際に届いた品の数が一致しておりません。 ご多用のところ大変恐縮ですが、ご確認の程宜しくお願いいたします。 先日頂いた資料について分からないところがあり、問い合わせをさせて頂きました。 ご多用のところ、大変申し訳ありません。 よろしくお願いします。 「ご多用のことと存じますが」でお願いする時に 諸事ご多用のことと存じますが、何卒ご承引くださいますようよろしくお願い申し上げます。 突然ですが、明後日に飲み会を開くことになりました。 各位ご多用のことと存じますが、ご検討のほど、よろしくお願い致します。 お返事いただけますことお待ち致しております。 ご多用のことと思いますが、宜しくお願い致します。

次の