三井住友カード 還元率。 三井住友カードのポイント還元率を10%に上げる方法

【2020最新】Amazonユーザーにおすすめのクレジットカードは? 20枚を徹底比較!

三井住友カード 還元率

クラシックより付帯保険が充実して、クラシックカードAより年会費が安い• 最大2,500万円の海外旅行傷害保険• 携帯電話、PHS料金を支払うとポイントが2倍 女性向けのクレジットカード 三井住友VISAアミティエカードは三井住友VISAカードの女性向けクレジットカードです。 基本的な還元は三井住友VISAクラシックカードと同様で、1,000円利用ごとに1ポイントのワールドプレゼントがたまり、キャッシュバックや他のポイントへの交換をすることができます。 また電子マネー「iD」を搭載している点も三井住友VISAクラシックカードと同様です。 最大2,500万円の海外旅行傷害保険 クラシックカードとの違いは付帯保険にあります。 クラシックカードの海外旅行傷害保険は最高2,000万円ですが、アミティエは最高2,500万円。 最高2,000万円の国内旅行傷害保険も付帯します。 付帯保険の内容はクラシックカードAに近いですが、年会費が2年目以降1,450円 税別 となるクラシックカードAに比べて、アミティエは初年度無料で2年目以降1,250円 税別 となっています。 携帯電話、PHS料金を支払うとポイントが2倍 クラシックカードより付帯保険が充実していて、クラシックカードAより年会費が安いカードなのです。 さらに携帯電話、PHS料金を支払うとポイントが2倍となるのもアミティエカードだけです。 女性の方で三井住友VISAクラシック、三井住友VISAクラシックAに加入しようとしている方は三井住友VISAアミティエカードに入会されるとよいと思います。 三井住友VISAアミティエカードの使えない点、悪い点• 還元率はそこまで高くない• 年会費がかかる 還元率はそこまで高くない 三井住友VISAアミティエカードは三井住友VISAクラシックカードと同じ還元内容ですので、同様に還元率としてはそれほど高くなく、還元重視派には少し物足りない水準です。 還元率は0. 5%程度となっていますので、高還元カードとはいいがたく、還元を追及する場合には高還元カードをメインカードとして使い、アミティエカードはサブカード的に利用するなどが考えられます。 年会費がかかる また2年目以降は年会費が1,250円(税別)がかかりますので、保有するだけでコストがかかってしまいます。 クレジットカードの年会費を払いたくない人は年会費永年無料のカードを検討するのが良いでしょう。 結論(おすすめできるか) 結論:三井住友VISAクラシックを検討している女性におすすめ 三井住友VISAアミティエカードは三井住友VISAクラシックと年会費などのコストは同じですが、付帯保険が充実しているカードです。 三井住友VISAクラシックよりもサービス内容が充実しているのでクラシックを検討している女性の人はアミティエを作るのがおすすめです。 三井住友VISAクラシックは人気カードで検討している人も多いと思いますが、女性の場合はアミティエの方がお得ですので、女性向けカードの名前の通り、女性の方はアミティエを作るのが良いですね。 当サイトのおすすめクレジットカード.

次の

三井住友カード「いつもの利用でポイント5倍!」 コンビニ、マクドナルドなど対象店舗で還元率2.5%

三井住友カード 還元率

今回取り上げるカードは、三井住友プラチナカードだ。 筆者が保有している「ANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカード」と「三井住友プラチナカード」ではサービスが異なる。 基本サービスとしては一般的なプラチナカードの内容となっている。 コンシェルジュサービス、ホテルや旅行の割引、2名以上の予約で1名分のコース料理が無料となるレストランの利用など。 三井住友プラチナカードの特徴は、インビテーションなしでも申し込める事だ。 そのため、からステップアップなどという事はしなくても良い。 基本的な審査は、インビテーションが送られた場合と同じとなる。 三井住友プラチナカードのポイントプログラムとは 三井住友プラチナカードのポイントプログラムは「ワールドプレゼント」となる。 月間利用金額1,000円につき1ポイント獲得でき、1,000ポイントをVJCギフト券5,000円分に交換できる。 1ポイントの価値は5円相当と考えられるため、還元率は0. 5%だ。 ポイントの有効期限は4年と一般カードの2倍の有効期限が設定されている。 ワールドプレゼントには、年間利用額に応じて翌年のポイント付与率がアップするサービスがある。 50万円以上利用するとV1、100万円以上利用するとV2、300万円以上利用するとV3となる。 それぞれのランクでのアップポイントは20%、30%、60%だ。 8% 100万円以上 V2 50万円で150ポイント 以降10万円ごとに30ポイント 0. 65% 50万円以上 V1 50万円で100ポイント 以降10万円ごとに20ポイント 0. 8%還元のため獲得ポイントは24,000円分だ。 消費税8%時の年会費は54,000円。 実質年会費は3万円となる。 さらに、三井住友プラチナカードの場合は、カード利用代金のWEB明細サービスの登録で年会費が1,000円の割引がある。 割引を考慮すると29,000円が実質年会費だろう。 また、プラチナカードでリボ払いをする人は少ないだろうが、三井住友プラチナカードでもマイ・ペイすリボが利用できる。 リボ金利が発生すると獲得ポイントが2倍となる。 この場合の還元率は1. 3%だ。 マイ・ペイすリボ+WEB明細登録で実質年会費は13,920円と一般的なゴールドカード並みとも言えるだろう。 なお、マイ・ペイすリボを利用した場合は、年利15%のリボ金利がかかるため、普通に利用するのはおすすめできない。 リボ金利を最小限に抑える方法を知らない場合は使わないほうが良いだろう。 カード利用プレゼント 三井住友プラチナカードには、「カード利用プレゼント」がある。 6ヶ月間の支払金額が50万円以上の場合に0. 5%相当の三井住友カードVJAギフトカードが送られてくる。 例えば、年間300万円利用している場合は、半年で150万円の利用となる。 150万円の0. 5%は7,500円。 ただし、1,000円単位のギフト券のため、1,000円未満の端数は切り捨てられ、7,000円のギフト券が送られてくることになる。 年2回のため、14,000円分のギフト券が手に入る。 マイ・ペイすリボの利用とV3、カード利用プレゼントを考慮すると、最大還元率は1. 8%だ。 マイ・ペイすリボを利用せずに、V3とカード利用プレゼントだけで考えても1. 3%還元となる。 Visaは仕事用、MasterCardはプライベートと、使い分けることも可能だ。 年会費は5万円+税を2枚分、という事ではなく、追加料金は5,000円+税となる。 自分名義の家族カードのようなイメージだろう。 通常のクレジットカードは、申し込める国際ブランドは1つとなるが、2枚保有することで、Visa、MasterCard独自で用意されている特典(ビザ・ワールドワイドの特典とMasterCard Worldwideの特典)をそれぞれ利用することができる。 2枚のカードを申し込む場合は、三井住友プラチナカードの申込用紙の「ご希望のカード」の「VisaとMasterCard」にチェックをすれば良い。 なお、三井住友プラチナカードの場合は、カード中央の「パルテノン神殿」、「ICチップ」の色を「ゴールド」と「プラチナ(シルバー色)」で選択が可能となっている。 多くの場合、MasterCardブランドはゴールドを、Visaブランドはシルバーが選ばれる事が多いようだ。 確かに、MasterCard+ゴールド、MasterCard+シルバー、Visa+ゴールド、Visa+シルバーを比較してみたが、MasterCard+ゴールド、Visa+シルバーがしっくりくる。 それぞれのブランドのロゴの色によるものだろう。 メンバーズセレクション 1年に1回メンバーズセレクションと言うカタログギフトが送られてくる。 2014年のメンバーズセレクションにはプライオリティパスや名医によるセカンドオピニオンサービス、ソメスサドルの本側制パスポートケース等が用意されている。 カタログギフトの価格は5,000円? 1万円程度と思われる。 コンシェルジュサービス ANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカードのコンシェルジュデスクと三井住友プラチナカードのコンシェルジュデスクは同じため、筆者が実際に体験した感想を書きたい。 いくつかコンシェルジュデスクには電話したことがあるが、三井住友プラチナカードのコンシェルジュデスクは正直使い勝手が悪い。 コンシェルジュサービスのノウハウがないという事で外部委託を行っているのが原因だろう。 電話応対は一般的なクレジットカードのゴールドデスクよりも悪い場合がある(応対する人によってばらつきがある)。 また、VisaやMasterCardのプラチナ会員向けサービスを利用する場合も、基本的にはすべて三井住友カード コンシェルジュデスクを通す。 ホテルの検索を依頼すると、様々な条件で情報を収集し、適した情報を知らせてくれるという流れになっているようだが、実際にホテル検索を依頼したときはVisaプラチナクラブに丸投げのようだった。 変更依頼に関してもVisaプラチナクラブとの直接やり取りを行った。 結果的には満足しているが、今後利用する場合は、三井住友カード コンシェルジュデスクに電話すれば良いのか、それともVisaプラチナクラブに直接電話すれば良いのか不明だ。 こちらを確認した所、基本的には全て三井住友カード コンシェルジュデスクを利用することになっているそうだ。 今回のオペレーションは通常ないパターンとの事だった。 三井住友カード コンシェルジュデスクについてはもう少し改善してくれることを願っている。 プラチナ プレミアム グルメ クーポン プラチナカードには良くある、2名以上の利用で1名分のコース料理が無料となるクーポンだ。 こちらも外部委託のため、ANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカードと三井住友プラチナカードと内容は同じと思われる。 プラチナ プレミアム グルメ クーポンは年2回送られてくる。 例えば、フランス料理の「GINZA kansai」を2名以上で利用すると、「シェフおまかせコース」は通常1人25,000円(税・サ別)となっているが、1人分無料となるサービスだ。 対象のレストランは100店舗弱。 このサービスを使うだけでもおトクと言える。 ただし、筆者には未就学の子供がいるためこのサービスを使ったことはない。 やはり注意書きには「未就学児童不可」や「13歳以上」などの注意書きがあるものが多い。 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのエクスプレス・パスが1日1枚(5枚まで) 三井住友カードはユニバーサル・スタジオ・ジャパンのオフィシャルスポンサーだ。 そのため、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでアトラクションの待ち時間を短縮するためのチケット「ユニバーサル・エクスプレス・パス」が1日に1人1枚もらうことができる。 同伴者は最大4名まで利用が可能だ。 特に予約も必要なく、ゲストサービスに三井住友プラチナカードを持って行くと手に入る。 年間利用回数は決まっていないため、年間パスポートを持っている場合は、毎回入手可能だ。 また、制限は1日1枚のみのため、複数日の利用があっても、毎日1枚は獲得可能となっている点も魅力的だろう。 宝塚歌劇の貸切公演・三井住友VISA太平洋マスターズの入場券 三井住友カードの貸切公演で、プラチナカード会員の場合はSS席が優先的に販売される。 また、三井住友VISA太平洋マスターズの入場券も申し込めば2枚までもらうことが可能だ。 宝塚歌劇のファン、ゴルフファンには魅力があるのかもしれないが、筆者はゴルフをしないため、正直このサービスが魅力的な特典なのかは不明となっている。 なお、宝塚歌劇のSS席は一度申し込んだが落選した。 非常に人気の特典のようだ。 その他会員限定イベントを開催 特に、公開されているサービスではなく、定期的なサービスでもないが、不定期に三井住友プラチナカード会員限定のイベントが開催されている。 プラチナカード会員内でも抽選となっているため、カード保有者全員が参加できるわけではないが、通常見ることのできないオペラのゲネプロ(本番前のリハーサル)を見たり、有名シェフの料理教室などが今まで開催されたようだ。 同じイベントは開催されることはないようで、通常体験できないイベントに参加できると言う特典がある。 プラチナカードでよく使われるだろうコンシェルジュサービスについてはJCBのザ・クラスの方が上と言えるだろう。 ただし、ポイントやおトク面、インビテーション無しで申し込める事を考えると、三井住友プラチナカードのメリットも大きい。 菊地崇仁 1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。 社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。 同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。 2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。 ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。 ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。 ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。 一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。 すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

次の

【2020最新】Amazonユーザーにおすすめのクレジットカードは? 20枚を徹底比較!

三井住友カード 還元率

クレジットカードの還元率とは? クレジットカードにはカード会社の実施するポイント制度があり、買物などでの利用金額に応じて、ポイントが還元されるようになっています。 クレジットカードの還元率とは、利用金額に対してポイントが還元される割合のことを指します。 1ポイント=1円の前提でポイント還元率0. 5%であれば、200円(税込)の利用につき1ポイント還元されることになります。 ポイント還元率1%であれば、200円(税込)の利用につき2ポイント還元されます。 一般的なクレジットカードのポイント還元率は0. 5%ほどで、いわゆる「高還元率カード」と呼ばれるのは還元率1~1. 25%程度のクレジットカードです。 これは、クレジットカードの還元率を比較する際の、基準のひとつとなるでしょう。 高還元率カードのメリット ポイント高還元率のクレジットカードは、下記のようなメリットがあります。 利用額が増えるほど得られるポイントの差も大きくなる 年間利用金額がさほど高くない場合でも、同じクレジットカードを5年、10年と使い続けていれば、当然それなりの利用金額になっていきます。 その結果、ポイント還元率の高さによって、ポイントの合計獲得数にも大きな差が生じます。 利用額が増えるほど、獲得できるポイントの差もどんどん開いていきますから、長期的な目線でクレジットカードを選ぶことも大切です。 特典やカード会社独自のサービスで高還元率になる ポイント還元率の高さは確かに魅力的ですが、カード会社によってはさまざまな特典が得られる独自のサービスを実施しているところもあるため、 通常の還元率以外のポイント付与サービスにも注目してみましょう。 例えば、還元率が平均的だとしても、特定店舗での利用でポイントが数倍になるというクレジットカードは多いです。 自分がよく行くお店で還元率が高くなるクレジットカードを探してみるのもおすすめです。 高還元率カードの注意点 高還元率のクレジットカードにはメリットがある一方で、注意点がいくつかあります。 それぞれ確認しておきましょう。 年会費と還元率の損益分岐点に注目 クレジットカードの還元率を比較する際には、年会費もいっしょに考えてみましょう。 例えば、年会費2,000円で還元率1%のクレジットカードは、年間20万円(税込)以上利用すれば、年会費の元をとることができます。 20万円分を超えて還元されたポイントが、利益として計上されるのです。 反対に、年間利用金額が20万円(税込)に満たない場合は、高還元率カードだとしても損をすることになってしまいます。 リボ専用カードなどは要確認 クレジットカードには、「リボ払い専用」のものもあります。 リボ専用カードは、毎月の支払い額を一定にすることができ、高還元率なものが多いです。 しかし、リボ払いには金利手数料が発生するため、使いすぎには十分注意しましょう。 毎月の手数料や返済期間なども考慮して、計画的に利用することが大切です。 三井住友カードのポイントプログラムの特徴 三井住友カードが提供するポイントプログラムをご紹介します。 ポイントを貯めて、1ポイント=1円相当で景品との交換や他社のポイントに移行ができますので、どのポイント交換がいいのか、検討してみましょう。 なお、三井住友カード、三井住友カード デビュープラスなど、三井住友カードが独自に発行するカード(プロパーカード)については、一部のコンビニやファストフード店でポイントが5倍になります。 三井住友カードのクレジットカードでポイントを貯めるコツ クレジットカードの使い方を少し工夫するだけで、もっとおトクにポイントを貯めることができます。 三井住友カードを例に、ポイントを貯めるコツをご紹介しましょう。 なるべくクレジットカードで支払うようにする 自動車税、固定資産税、住民税、毎月の携帯電話料金、光熱費、プロバイダー料金、自動車保険をはじめとする損害保険料、生命保険、日々のショッピングなど、決まって支払わなくてはいけない固定費はクレジットカード払いを利用するようにしましょう。 月々の支払いは少なくても、1年トータルで見ると多くのポイントが貯まります。 ネットショッピングご利用時に「ポイントUPモール」を活用する 購入する商品によっては、ネットショッピングを利用するといいでしょう。 ショップによってはポイントが通常の何倍も貯まります。 三井住友カードの場合、「ポイントUPモール」を経由していつものネットショップで買物をするだけで、楽天、Amazon、Yahoo! ショッピングはポイント2倍、ショップによっては最大20倍のポイントが貯まります。 街でのご利用時に「ココイコ!」を活用する 「ココイコ!」とは、エントリーして街で特定の店舗でクレジットカードを利用すると、おトクな特典が受けられるサービスです。 「ココイコ!」であらかじめ行きたいお店にエントリーし、お会計時にお使いの三井住友カード発行のクレジットカードをご利用いただくだけで、 キャッシュバックもしくはポイントが受け取れます。 提携カードを活用する 提携カードでの支払いの場合は、三井住友カードのポイントだけでなく、提携先のポイントが同時に貯まる場合があります。 各種ポイントが同時に貯まる提携カードは、おもに下記のようなものがあります。 ANAカード(マイル)• 紀伊國屋三井住友VISAカード(Kinokuniya Point)• 京王パスポートVISAカード(京王グループ共通ポイント)• 必ずご確認ください。 ポイントが倍付となる対象店舗でプロパーカードを利用する 三井住友カード、三井住友カード デビュープラスなど、三井住友カードが独自に発行するカード(プロパーカード)を利用することで、 一部のコンビニやファストフード店で常にポイントが5倍付与されます。 また、あらかじめ対象の店舗を最大3つまで登録していただくと、その店舗でポイントが2倍付与されます。 ポイント付与に関する詳細や対象店舗に関する情報は、下記のリンクよりご確認ください。 条件により、一部ポイントが倍付とならない場合があります。 ポイント重視で三井住友カードを選ぶなら 最後に、ポイントが特に貯まりやすい三井住友カードのクレジットカードをご紹介します。 三井住友カード デビュープラス 三井住友カード デビュープラスは、18~25歳限定なので、初めて持つクレジットカードとしておすすめです。 常にポイント2倍、さらに入会後3ヵ月間はポイント5倍になります。 友達や恋人との連絡でついついケータイ料金がかさんでしまう人にぴったりでしょう。 三井住友カード RevoStyle 三井住友カード RevoStyle(リボスタイル)の支払い方法は、ショッピング1回払いご利用分が自動的にリボ払いになる「マイ・ペイすリボ(残高スライドコース)」となっています。 今回の記事のまとめ クレジットカードの還元率とは?• ポイントに還元される割合のこと• 一般的なクレジットカードのポイント還元率は0. 5%ほど• 高還元率カードと呼ばれるのは還元率1~1. 25%程度のクレジットカード 高還元率カードのメリット• 利用金額が多い場合、ポイントの合計獲得数も多くなるので、メリットを感じやすい• 特典やカード会社独自のサービスにより、条件付きで高還元率になるクレジットカードもある 高還元率カードの注意点• 年会費と還元率の損益分岐点に注目する• リボ専用カードは毎月の金利手数料や返済期間なども考慮する 三井住友カードのポイントプログラムの特徴• ポイントは、ご利用金額の合計200円(税込)ごとに1ポイントが付与される。 一部のコンビニやファストフード店でポイントが5倍になる。 iDバリューや、Visaが発行するギフト券「VJAギフトカード」との交換の場合、1ポイント=1円相当になる• 「マイ・ペイすリボ」の登録でポイントが貯まりやすくなる特典がある 三井住友カードのクレジットカードでポイントを貯めるコツ• なるべくクレジットカードで支払うようにする• ネットショッピングご利用時に「ポイントUPモール」を活用する• 街でのご利用時に「ココイコ!」を活用する• 提携カードを活用する• ポイントが倍付となる対象店舗でプロパーカードを利用する クレジットカードのポイントを貯める際の注意点• 毎月必ず支払いをする固定費や、日々のショッピングなど、必要なものの支払いにクレジットカード払いを利用する.

次の