ルルルン ヒリヒリ。 【おネエガチレビュー】白のルルルンの口コミ~敏感肌NG

【ルルルン白】リニューアル後に再挑戦!次はヒリヒリしみることなく使えるか!?~敏感肌JIROの成分解析

ルルルン ヒリヒリ

青のルルルンの特徴 青のルルルンは高保湿タイプのフェイスマスク。 3層構造の極厚シートに美容成分がたっぷり含まれています。 青のルルルンはシートを貼ることで化粧水を浸透させるフェイスマスクなので、シートにもとってもこだわっています。 シートは3層構造で潤いをたっぷり貯蔵しています。 青のルルルンの美容液は? ルルルンシリーズのシートマスクは美容目的に合わせて種類があるのですが、青のルルルンは高保湿タイプなので保湿成分がたっぷり含まれています。 ・吸着型ヒアルロン酸 肌にイオンの力でピタッと密着して、肌表面に層を形作る保湿成分です。 汗や水でも流れないので、長時間潤いがキープします。 ・グリセリルグルコシド アフリカ原産の「復活の木」と呼ばれている「ミロタムヌス」の保湿成分です。 厳しい砂漠を生き抜くために自らが持っている保水力が、肌の保湿力をサポートしてくれます。 また、グリセリルグルコシドにはコラーゲンが固くなってしまうのを防ぐ、メラニンの産生を抑制する(シミ予防)、肌のバリア機能を作るタンパク質である「フィラグリン」の産生をサポートするなどの効果があります。 ・真冬の乾燥する季節でも青のルルルンを使えばすぐに回復します。 安いのに優秀だと思う。 ・シートに伸縮性があるので、目の周り、小鼻周りもしっかりと覆うことができます。 シートがとても良くできていると思います。 ・分厚いシートなのにやわらかくて密着します。 大容量なので毎日惜しみなく使っています。 ・シートの形が好きです。 目の周りの穴が広すぎないので、しっかりケアした目の周りにもちゃんとフィットしてくれます。 ・お風呂上りにとりあえず青のルルルンを貼って、着替えたりした後にスキンケアをしています。 乾燥しないしパックしてる時間も有効に使えますよ。 保湿力も問題なしです。 ・はがした後に全身を保湿できるくらいシートが極厚で美容液が染み込んでいます。 ・シートの密着度が高いので、肌がごわついているときも1回パックすればしっとり潤います。 ・青のルルルンを使い始めてから化粧のりがとても良くなりました。 ・スキンケアを手抜きしていたら肌がガサガサになってしまったのですが、青のルルルンを使ったら少しずつ回復してきました!毎日続けます。 ・コスパも良いし、1回10分のパックで肌がうるうるになるのでとても気に入っています。 悪い口コミ ・高保湿タイプということで期待したのですが、思っていたほど潤いを実感できませんでした。 パックなのに残念。 ・肌がヒリヒリして、シートを貼った部分が赤くなってしまいました。 自分の肌には合っていませんでした。 ・使ったら余計に乾燥するし、肌がゴワゴワします。 期待外れでした。 ・パックとしては普通だと思います。 1箱買ったのでとりあえず使ってるという感じです。 リピはないです。 ・肌がゆらいでいる時期に使用すると、ピリッとした刺激を感じます。 私には合わないようでした。 ・肌が弱っているときに使用するとピリピリとした刺激を感じて、かゆみがでてきます。 ・高保湿タイプということで保湿力に期待していたのですが、パックしている間にだんだんヒリヒリしてきます。 ・パックしたあとも顔がヌルヌルして美容液が浸透している感じがありません。 ・ルルルンのピンクを使ってみて良かったので、冬に高保湿タイプの青を使ってみたらすごくしみました。 ピンクに戻します。 ・乾燥してるときに使いたいのに、乾燥してる部分だけがヒリヒリしてしまいます・・・。 ・青のルルルンを使い始めてからニキビが増えてきたような気がします。 肌を甘やかしてしまったのかもしれません。 <私のコメント> 悪い口コミでヒリヒリした、赤みがでた、かゆくなるなどの肌刺激を感じた方がやや目立ったのがとても気になります。 青のルルルンが合わなかった方の中には、ピンクのルルルンの「バランスうるおいタイプ」なら大丈夫だった方も多くいらっしゃったので青のルルルンの高保湿美容液が合わなかったのかもしれませんね。 こういうことって、すごくよくあるんです。 私も無印良品の「化粧水・敏感肌用・さっぱりタイプ」は大丈夫なのですが、「化粧水・敏感肌用・しっとりタイプ」を使うと顔中がかゆくなってしまいます。 敏感肌向けのしっとりタイプも刺激になることがあるくらいなので、美容液がたっぷりしみこんだパックが合わない方がいるのも十分考えられることです。 肌が弱い方は気を付けて下さいね。 肌に合う方にはとても褒められていました。 青のルルルンは化粧水代わりのシートマスクなので、朝と夜の1日2回、365日使うことが推奨されています。 化粧水のように日常使いするということは、まず大事なのが続けやすい価格だと思うのですが、青のルルルンは価格がとても安く設定されています。 コスパが良いのにシートは極厚で、使った後の肌がしっとり潤えば文句ナシですよね。 私もさっそく「青のルルルン」を使ってみます! 青のルルルンを買ってみた 私が購入したのは7シート入りのものです。 これで400円なので、1枚あたり約57円になります。 これでもシートマスクの価格にしてはお安いのですが、大容量の32枚入りはさらに安いんですよ! パッケージはチャック付きになっているので、シートの潤いをちゃんと守ることができますよ。 封をあけてみました。 美容液がジュワッと溢れてきそうなシートがきちんと整列しています。 1枚取り出してみました。 パッケージの奥から指先でつまみ出さないといけないので、出しやすくはありませんが何枚も1度に取れてしまうということはありませんでした。 化粧水がシートにしっかり染み込んでいて、垂れてきそうなくらいです。 すごく贅沢ですね~! シートを広げてみました。 ちょっと怖い 笑 今まで使ったことがあるシートマスクと比べると、目・鼻・口の穴がかなり小さい気がします。 向かって左が青のルルルン、右がクオリティファーストの「」になります。 穴の大きさが青のルルルンの方が小さくないですか? マスク全体の大きさも小さいですね。 シートマスクには美容成分がたっぷりの「美容液マスク」と、化粧水をたっぷり含んだ「化粧水マスク」があるのですが、青のルルルンは化粧水マスクになります。 保湿成分は吸着型ヒアルロン酸とグリセリルグルコシドの他に、リピジュア、加水分解サンシキスミレエキス、グリコシルトレハロース、加水分解バオバブエキス、レモングラス抽出液、PCA-Na、ゼニアオイ花エキスなど。 化粧水代わりなので特別なケアではなく、化粧水同様に朝晩使うことができます。 青のルルルンの使い方 1.青のルルルンは洗顔後の清潔な肌に使います。 2.青のルルルンをお顔にのせます。 3.目と口の部分を合わせながらフィットさせます。 4.指を顔の中央から外側に滑らせながら空気を抜いていきます。 5.5分~10分ほどパックします。 このとき、手のひらで包み込むようにあたためるとさらに効果的です。 6.青のルルルンをはがしたら、マスクを折りたたんで軽くパッティングします。 7.美容液、乳液、クリームなどで肌を整えます。 青のルルルンは化粧水代わりなので、夜だけでなく朝も使うとさらに良いですよ! 青のルルルンを使ってみた感想・評価 青のルルルンの後、乳液で整えただけの状態です。 肌の内側に水分がしっかり入った感じがします!モチッとした弾力が感じられて嬉しくなりますよ。 私はコットンパックやシートマスクを「ダイソー シリコンマスク」と一緒に使うのが好きなんです。 シートマスクにシリコンマスクを重ねると保湿力がグッと上がりますし、パック中の乾燥も気になりませんし。 青のルルルンを使う前もダイソー シリコンマスクが要るだろうなーと思っていたのですが、これがとんでもなく見当違いでした。 この写真、10分間顔にのせていた青のルルルンをギュッとしぼっているところです。 美容液が下にたまるくらい溢れていますよね! 10分間顔にのせておいてもシートマスクがはじっこからはがれてくることもないし、待っている間の乾燥が気になることもなかったんです。 良い口コミで言われていたとおり、シートには厚みもしっかりあります。 この分厚いシートマスクに化粧水がたっぷり含まれているので、パック中の乾燥がないのだと思います。 ダイソー シリコンマスクを使わないでOKと感じさせるシートマスク、私の中ではかなりポイントが高いです! 夜のお風呂上りにも使ってみました。 顔だけ拭いた後に青のルルルンをのせて、それからゆっくり髪と体を拭いて保湿して・・・と、いつもどおりのケアをしていたら10分のタイマーがなりました。 必要なことをやっている間にパックもできるし、あとは美容液やクリームなどをサクッと塗るだけでスキンケアは終わりです。 化粧水を手でつけるよりも保湿効果が高いのに簡単なところもとても気に入りました! ただちょっと気になるところもあったので、こちらもご報告しますね。 ・マスクが微妙に小さい! シートマスクが、ほんのちょっとだけ小さいんです。 フェイスラインを覆ったらおでこ部分がちょっと足りなくなって、おでこを覆ったらフェイスラインが物足りなくなる感じ。 厚みのある1枚のシートを広げないといけないので仕方がないとは思うのですが、あと1cmくらい大きいとベストなのに!と思ってしまいました。 ・刺激を感じる 悪い口コミで言われている肌刺激を私も感じました。 といっても顔全体ではありません。 フェイスラインにもともとポツッとした湿疹のようなものがあったのですが、そこだけがヒリヒリしたんです。 青のルルルンには高保湿成分がたっぷり含まれていますが、こういった成分は逆に肌を疲れさせてしまうこともあります。 肌の調子が悪いときにはお休みした方が良いかもしれませんね。 もしかしたら高保湿タイプではんく、バランスタイプの「ピンクのルルルン」の方が肌に合う方が多いかもしれません。 気になったことはこの2つくらいで、あとはかなり好きです! 10分経ってはがして、いつもの乳液などをなじませればベタつくこともないですし、メイクにも入れるので朝も使いやすいですよ。 朝、洗顔をしてとりあえず青のルルルンを顔に貼ったら、あとはお湯を沸かしたりお弁当の準備をしたりできるってすっごく便利じゃないですか? ドタバタしながら化粧水をつけるよりも時短になる上に保湿力はアップするなんて最高です! シートマスクで「貼る化粧水」。 本当に気に入りました! 美容液タイプのシートマスクを使ったことがある女子は多いと思いますが、化粧水タイプのシートマスクは、あまり種類がありません。 まだ使ったことが無い方にはぜひ試してみて欲しいです。 ちなみに青のルルルンの価格は.

次の

ルルルンパックの効果的な使い方と口コミは?ヒリヒリする原因を調査。

ルルルン ヒリヒリ

極度に肌が乾燥している• 敏感肌 肌に刺激を感じた人は、かなりの乾燥肌と言っている方もチラホラいました。 乾燥している肌はバリア機能が低下しているので、刺激を受けやすい状態なんですよね。 敏感肌の方は、普段から使う化粧品にも悩む方が多いかと思います。 そういう人の場合は、敏感肌専用の化粧品を使用するのがおすすめです。 私の場合は乾燥肌ですが、特に刺激を感じることなく使えましたよ。 では、青のルルルンの3つの特徴を見ていきましょう! 1、しっかり浸透するふっくらシートの秘密 3層構造で美容成分をたっぷり含ませたうるおい貯水槽で、肌のすみずみまで浸透。 潤いを持続する美容成分配合。 2、ピッタリ肌へ密着 マスクが乾きにくい構造で、厚みのあるシートだから時間が経過しても潤い持続。 3、取り出しやすいパッケージ 5秒で取り出せるパッケージを独自開発 パックを取り出す時に意外と面倒なのがこの工程。 うまく取り出せないと広げるだけで時間がかかり、その間にお肌が乾燥してしまうことも。 ルルルンは、サッと取り出せる構造なので素早くお手入れができます。 本当に保湿される?実際に青のルルルンを使用してみた感想は? 青のルルルンのここがおすすめ!• とにかく潤いたっぷり高保湿• 極厚シートなのに滴り落ちない• シートが取り出しやすい• 大体パッケージを開けるとそのままシートを取り出すのに対して、ルルルンは中央を押して開けるようです。 本当かな?って半信半疑でしたが、本当にサッと取り出せました。 正しい使い方が公式サイトに載っているので参考にしました! したたり落ちたりはしませんが、かなりしっとりしているので、腕から足まで全身に塗りたくりました。 シートは、肌にピッタリと貼りつくので、10分後まで始めの潤いを持続していました。 シートの大きさは、やや小さめに感じましたが、これもピッタリと密着させるためなのかなと思います。 気になる仕上がりですが、使用直後は、かなり保湿されてる!って感じました。 これだけヒタヒタなマスクなら保湿されてて当たり前でしょ!って事で、 乾燥肌のわたしが気になるポイントは、時間が経過してからの肌。 30分後に触ってみてもかなりしっとりしていました。 メイクをしてビックリしたのが、スルスルっと下地が伸びていく!! 気になる価格は?どこで購入できる? 商品名 青のルルルンフェイスマスク 価格 32枚入 ¥1,500円(税抜) 取り扱い店舗 全国のバラエティショップ・ドラッグストア・オンラインショップ 毎日1枚使用した場合、1日換算すると約50円。 朝晩の洗顔後のお手入れにもいいですが、朝はバタバタしているので、わたしは夜のみのお手入れをメインに取り入れました。 あとは、かなり保湿力が高いのでメイク前の保湿に取り入れました。 おわりに 今回は 貼る化粧水 青のルルルン もっちり高保湿フェイスマスクを試しましたが、 高保湿と書いてあるだけに、とってもお肌が保湿されてしっとりもちもちになりました! 普段乾燥肌に悩むわたしでも乾燥知らずの仕上がりだったので、肌質に合わせて使い分けるのがおすすめです。

次の

【ルルルン白】リニューアル後に再挑戦!次はヒリヒリしみることなく使えるか!?~敏感肌JIROの成分解析

ルルルン ヒリヒリ

ルルルンフェイスマスクは、6種類の大きなテーマから選べて、さらに1つのテーマの中に肌質や肌悩みに合わせていくつかのタイプが存在します。 全ての商品を挙げていったら数えきれないほどです。 そのため、ルルルンフェイスマスクのユーザーにはそれぞれお気に入りのフェイスマスクがある様子。 やはり たくさんのフェイスマスクの中から「選べる」のはポイントが高いということが分かりました。 効果で選ぶルルルンフェイスマスク 種類が多く選ぶのに迷ってしまうルルルンフェイスマスクですが、ここではルルルンフェイスマスクから3種類、ルルルンプレシャスから3種類、合計6つの商品をご紹介します! ルルルンフェイスマスク ルルルン バランスうるおいタイプ ピンク そのほか、自然パワーをプラスした「ルルルンプラス」シリーズ、即効性重視、時短で使える「ルルルンワンナイト」シリーズ、ミルフィーユシートを使って肌を更に綺麗にする「ルルルンワン」シリーズ、地域の特色が楽しめる「地域限定プレミアムルルルン」と、それぞれのシリーズの中でも豊富なタイプでフェイスマスクが展開されており、きっと自分の肌にあうルルルンのフェイスマスクが見つかるはずです。 ルルルンフェイスマスクを効果的に使うには いくら良いフェイスマスクを選んでも、使い方が間違っていたら台無しになってしまいます。 ルルルンフェイスマスクの効果的な使い方をご紹介します。 洗顔の後にルルルンのフェイスマスク! フェイスマスクを使用する前には必ず 肌を清潔にすることが大切です。 とは言え、洗顔の際にゴシゴシこするのはNG。 肌をこすりながら洗うと肌が傷ついてしまい、ルルルンのフェイスマスクをのせた時にもヒリヒリしてしまう恐れがあります。 洗顔料をふわふわに泡立てて、指に力を入れずに優しく洗顔を行うようにしましょう。 この方法はエステ業界用語で ODTと呼ばれるものです。 ODTとは、医療用語でOcclusive Dressing Therapy (閉鎖密封法)の頭文字から名づけられました。 塗り薬をつけて、浸透を良くさせることで治癒が早くなるという理論に着目し、エステ業界でも使われ始めました。 お家で簡単に試せる方法なのでぜひ試してみてくださいね。 シリコーンマスクは耳にかけて固定するのでフェイスマスクが取れてしまう心配がなく、雑誌を読んだりしながら使えるのでおすすめです。 フェイスマスクの後には必ずケアを フェイスマスクをつけて10分間経ったら、マスクを折りたたみ軽くパッティングしましょう。 ルルルンのフェイスマスクをしたあとは、美容液がお肌に浸透していますから、潤いがお肌に溢れています。 潤いたっぷりのお肌をキープするためにも、 ルルルンモイストジェルクリームや乳液でふたをして、肌の水分が逃げないようにしましょう。

次の