車検 場 お盆 休み。 車検を土曜日・日曜日にディーラーで通せる?【祝日や休日に依頼する方法】 | 車査定のトリセツ

民間車検工場開業への道 第1回

車検 場 お盆 休み

車検の日程調整が難しくなりそう 平成と新元号「令和」の節目となる大型連休。 かつてない10連休が続くことに、自動車関連の現場にも緊張が満ちている。 最も影響を受けるとみられるのが、車検に関わる現場だ。 自動車登録の窓口となる関東運輸局 東京運輸支局に聞いた。 「日曜祝日が重なる関係で、確かに今年は10日間、登録窓口が閉まります。 受付業務は短くなりますが、これによる特例はありません」 すでに登録済みの車両を車検を受けて乗り続ける場合、車検証に記載されている満了日の1か月前にならないと、検査を受けることができない。 運輸支局や自動車検査登録事務所が休業する期間は4月27日土曜日~5月6日月曜日まで10日間。 最も影響が大きい5月6日に満了日を迎える車両の場合、大型連休前の土日を差し引くと、1か月間の稼働日は15日しかない計算になる。 通常月であれば、22日前後は稼働するので、車検を依頼するユーザーも日程調整が難しくなるが、それ以上に登録業務の現場は多忙を極めることが予想される。 そんなタイトな日程を見越して救済措置を求める声も上がるわけだが、特例が認められないのは前述の通りだ。 ただ、通常通りの判断をした国土交通省自動車局も、大型連休の影響を心配しないわけではない。 「特に4月25日と26日、10連休の直前となる稼働日には混乱が予想される。 支局や事務所の窓口だけでなく、整備団体や販売団体にも事前周知活動を行うことで注意を呼び掛けている」(整備課) 『大型連休前に余裕を持って車検を受けましょう』という呼びかけは、国土交通省自動車局のホームページにも掲載され、誰でも見ることができる。 早めの車検依頼を心がけたい 車検サービスを担う整備工場と整備士団体「日本自動車整備振興会連合会」も、かつてない10連休に気をもんでいる。 「国からも連絡があって、大型連休前は申請が多くて混雑するでしょう。 その後は混乱するかもしれない、という連絡があったので、そうした情報を整備工場などにも流している。 (ユーザーもこうした状況に)注意して車検に出してほしい」(調査企画部) 整備関係者は休日に検査場が閉まることがわかっていても、ユーザーが気が付かなければスムーズに検査を終わらせることはできない。 早めに車検を依頼することが、最も有効な対策といえよう。 さらに大型連休中は多くの整備工場も休業する。 連休中の遠出で故障が起きても、なかなか対応できない状況にある。 こうした故障は日頃から点検を行うことなどで、ある程度防ぐことができるが、それも注意が必要だ。 「法定点検などの依頼も連休前後は混み合う。 10連休は初めての経験なので、仕事量の変動がわからない。 ディーラーであれば連休中の対応に選択肢があるかもしれないが、不意な故障修理は、連休明けの入庫をお願いするしかない」(前同) 史上空前の10連休前の車検や点検は、ユーザーのゆとりある依頼が必要。 では、10連休中に故障が発生した場合、ユーザーはどうすればよいのか。 その対応について次回、お伝えする。

次の

車検は土日・祝日でも出来るか|車検の速太郎

車検 場 お盆 休み

車検を土曜日・日曜日に受ける方法:3行まとめ 車検を土曜日・日曜日に受けるには「指定工場」に持ち込めばよい 主な指定工場は「ディーラー」「車検専門チェーン店」である 書類関連は陸運支局で行うため後日発行されるが車利用に問題はない 車検を陸運支局で受ける場合には平日しか行うことが出来ず、休日においては行うことが出来ません。 しかしながら、陸運支局での車検でなければ土日でも受けることは可能です! さっそくですが、どこで依頼すれば土日でも車検を通すことが出来るのかをみていきます。 車検を土日に受けたいなら指定工場に依頼 自動車:自動車整備工場には認証工場と指定工場があります。 その違いは? — 国土交通省 出典: 車検を土日に受けたいならば、指定工場で依頼をすれば大丈夫です。 指定工場とは 指定工場とは、整備工場の中に検査に必要な設備を備え、保安基準適合証を発行できる自動車の整備工場を指す。 (民間車検場ともいう) 陸運局と異なり、土日において営業を行っていれば車検を受けることは可能である。 なお、保安基準適合証は後日、車検証と交換する。 主な指定工場は、ディーラーや車検専門チェーン店、大手カー用品店が該当しますので、土日に車検を受けたい場合はこれらの車検場に持ち込むことで、車検を受けることが出来ます。 店舗によって土日に車検が受けられるのか変わってきますので、オートバックスで車検を受けようと考えている方は、近くのオートバックスが指定工場か認定工場か確認しておくとよいでしょう。 主に指定工場の探し方は「土日に車検が取れる」と告知している場所で、認定工場(後に詳しく説明します)との差別化もあって指定工場であることはしっかりとアピールしています。 なお、指定工場のほかに、認定工場があり、こちらは解体などの許可は持っていますが、自社の設備で車検を行うことが出来ないので、土日に車検を受けることは出来ません。 車検証は後に郵送 保安基準適合標章 出典: 指定工場の説明で話したように、指定工場においては保安基準適合証が発行されます。 これは後に郵送される車検証のかわりになり、2週間ほどは保安基準適合証によって公道を走ることが可能です。 書類は陸運支局に行って発行するしかできないため、保安基準適合証を利用することになります。 そもそも、指定工場での車検自体が車検手続きを簡便にするためのものでもあり、書類の発行まではできないというわけなのですね。 とはいえ、陸運支局でしか車検が通せないとなれば、平日しか車検が受けられない人にとっては平日に休みを取ったりしなければならないために、指定工場で車検を受けられるのは大変ありがたいことですね。 ユーザー車検(陸運支局)と認定工場 自動車:自動車整備工場には認証工場と指定工場があります。 その違いは?2 — 国土交通省 出典: 運輸支局で検査を行うのはユーザー車検と認定工場では、陸運支局は土日に車検を行っていませんので、土日に車検を通すなら認定工場には依頼しないようにしましょう。 認定工場とは 認定工場とは、自動車の解体・整備などを行う整備工場を指す。 一般の人がイメージしている自動車整備工場はこちらに該当し、車検は陸運支局において行われる。 認定工場の例としては、町の自動車整備業者である。 どの業者が認定工場・指定工場かどうかは看板で判断できますが、先ほどのオートバックス車検同様に、現在ではホームページを見ることで分かる場合があります。 また、基本的には指定工場は土日でも車検が受けられることを売りにしているため、土日で車検が受けられる表記が無ければ認定工場である可能性が高くなります。 もちろん、土日に車検を通さなければいけない事情では指定工場を選ぶべきですが、車検整備の質についてどちらが劣るというわけではありません。 土日に車検が通せないディーラーもある 一般にディーラー車検は高いという印象と土日に出来るのか?という疑問があります。 結論からいえばディーラーは指定工場もあれば認定工場もあります。 したがってディーラーによっては土日で車検を通せないという状況もあること、そして最近流行りの車検専門チェーン店は指定工場が多いので、そちらのほうが土日対応しているイメージがあるということです。 また別の観点からいえば、ディーラーでの車検整備は細かく行うことが多いので1日で終わらない可能性があります。 もちろん、整備自体は1日で終わらないということはないでしょうけれども、他の車も整備をしなければいけない状況で、1日で終わらせるということが少ないとも言えます。 対象的に車検専門チェーン店は車検の早さと便利さを売りにしているので、確実に土日で当日に終わらせたい場合には、ディーラーで事前に相談している場合を除けば、車検専門チェーン店がおすすめです。 車検専門チェーン店がオススメな理由 ホリデー車検とは I ホリデー車検は一歩先の安心を考えます 出典: ホリデー車検などの車検専門チェーン店は早い・安い車検を提供しているので、多くの方にとってオススメです。 オススメではない方というのは、整備を余りしていない車について車検を通すときに、整備自体を期待しているときでしょうか。 この場合には、結局時間もお金もかかりますから、これを安くしたいなんて思わないほうが良いでしょう。 そのため、整備を目的としているなら車検専門チェーン店ではなくディーラーで車検を受けるのが望ましいでしょう。 車検費用を安く済ませたいなど融通が利く また、少しでも安く、少しでも早く車検を受けたいという方は最近流行りの車検チェーン店で見積を依頼してみましょう。 比較することであなたに合う車検かどうか一目瞭然だと思いますので、まずは見積を請求してみてください。 もちろん、土日祝日に車検が受けられるかも確認してみてください。 車検専門チェーン店のデメリット 車検専門チェーン店は、土日に当日で車検が受けられることが多く、費用も融通が利くということで重宝しますが、当然デメリットもあります。 最も大きなデメリットとしては、車検のプランに融通が利くということで、簡単な整備で終わらせてしまうことです。 このことは車オーナーが望むことではありますが、そもそも車検の趣旨は車の定期点検を行うことで、実はこの義務は車オーナーが負っています。 整備されていない車で公道を走ることは整備不良などの不法行為を行ってしまう可能性があり、車検を簡易的に行うことはこのリスクを大きくしてしまう可能性があるということです。 車は機械部品であるために壊れるときは壊れるわけですが、故障したときに生じた損害で賠償を負った場合には、当然に車オーナーに責任があるということになります。 したがって、車の整備を定期的に行っていない場合には、簡易的に車検整備を行うよりもお金と時間をかけてディーラーで見てもらうほうが望ましいと言えます。 車検を土曜日・日曜日に受ける方法:まとめ 質問者はユーザー車検を想定しているということですから、その場合は車検を土日祝日に受けることは難しいでしょう。 私も昔はユーザー車検派だったのですが、近年は車検代行を利用する利用するようにしています。 実際、ユーザー車検では無駄に費用がかからないという利点は最高ですが、私も忙しくて車検場に平日車を持っていくことが困難になりましたし、わざわざ有給を取ることもないと考えています。 他方、指定整備工場においては費用も安いので、ユーザー車検と比べると高く感じますが代行してほどほどの整備をして10万円台で済む場合も多いです。 このことから、車検整備費用を節約してさらに時間も節約となれば指定整備工場に車検を申し込むことが望ましいといえます。 どうしても平日にユーザー車検をしたいならば有給を取るしかありませんね^^; お役立ていただけたら幸いです。

次の

車検は年末年始でも受けることができるのか|車検や修理の情報満載グーネットピット

車検 場 お盆 休み

土日に受けられる車検と受けられない車検 土日に受けられる車検は上記でご紹介した「民間車検」になります。 民間車検の場合、指定自動車整備事業の指定を受けた指定工場で点検整備から車検まで完結します。 そのため、運輸局に関係なくその指定工場が営業していれば車検を受けることができます。 多くの指定工場が依頼の集中する土日には営業をしています。 一方、運輸局へ持ち込んでの車検の場合、土日は車検を受けることはできません。 運輸局自体が土日、祝日が休みのため、これらの曜日には車検を受けることができないからです。 また、運輸局へ持ち込んでの車検を受ける場合、平日でも受付時間が8:45~11:45と13:00~15:45となっているので注意する必要があります。 そのため、指定工場での民間車検に比べると、どうしても曜日や時間などに制約が出る場合があります。 このように指定工場(民間車検)で車検を受ける場合、土日にも車検を受けることができます。 夜遅くまで営業している工場もあり、忙しい人にとっては大助かりです。 しかし、どうしても土日が混雑してしまうため、車検の有効期限の1ヶ月前から余裕を持って予約を入れることをおすすめします。 予約自体は1ヶ月前以前から取ることのできる工場も多くあります。 車検有効期限のギリギリになって慌てることがないよう、計画的な車検の実施計画をたてるようにしましょう。

次の