ああいえば。 「ああ言えばこう言う人」と付き合うコツ【切り返しの考え方】|MINE(マイン)

ああ言えばこう言う相手にイライラ!男女・部下・子供別の対処法

ああいえば

会話をしているといちいち屁理屈で返してくる人っていますよね。 自分では気づいていないかもしれないけれど、まわりはうんざりしている場合も。 今回は絶対に「友だちは少ないだろうな」と思ってしまう、屁理屈で返してくる女性の特徴について、同性目線で語ってもらいました。 「でも」「だから」から話がはじまる ・「姉。 『だから』ではじまるのが口癖で、やたらと知識を披露したがる」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職) ・「高校生のとき、いつも『でも…』で切り返してくる屁理屈女子がいて苦手だった」(24歳/医療・福祉/専門職) ・「どんな言葉にも『でも』で反論してくるので、あまり話しかけたくありません」(30歳/小売店/秘書・アシスタント職) 話しはじめる前に相手の言ったことを否定するような「でも……」という言葉からスタートする女性、あなたのまわりにもいませんか? 否定から入られると会話を続けようという気持ちもなくなりますよね。 プライドが高い ・「自分がミスしても謝らない等」(22歳/その他/事務系専門職) ・「自分が一番と思っている人」(32歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系) プライドが高く自分が一番と思っている女性も屁理屈が多そう。 とにかく相手に負けたくないという気持ちが道理の通らない理屈になるのかもしれません。 アドバイスを聞かない ・「人に相談をしておきながら、アドバイスをすると屁理屈ばかりで絶対に聞き入れない女性がいます」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職) ・「よかれと思って言っているのに、『でも』とか『だって』とかいちいちうるさい」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系) 相談を持ちかけておきながらアドバイスを聞こうともせず屁理屈で対抗しようとする女性も。 こういう人は自分の中に答えを持っていて、それ以外はすべて受け入れられない、自分に同調してくれる言葉だけしか聞こうとしないものですよね。 ひと言多い ・「私が言ったことに対して分析をして返してくる人」(27歳/団体・公益法人・官公庁/専門職) ・「1に対して10で返してくるので何も話さないようにしている」(32歳/金融・証券/事務系専門職) 相手の言葉に対して何倍もの言葉で返してくるような女性は、きっと負けず嫌いなんでしょうね。 対抗意識が高すぎて話していても疲れそうな相手です。 まとめ 屁理屈というのはそもそも道理の通らないことなのですから、こういうタイプの女性は話していることに一貫性がないことも多いもの。 まともに取り合っても時間のムダになることが少なくないので、適当にスルーしておくのが正解かもしれませんよ。 有効回答数196件(22歳~34歳の働く女性) ただの屁理屈も、ほんの少し言い方を変えれば思わず相手を納得させる論理的な話にすり替えることができます。 そのためには、説得力のある表現をすることが必要です。 ですから、本来は肝心な部分が破綻していて筋の通らない話なんですね。 それを相手に対して屁理屈ではない、いかにも筋の通った話であるようにみせるには、数字をうまく利用すると効果的です。 例えば「ポイントはこの3つです」というように、いかにもそこに3つの意味があるかのような言い方をすれば、相手は思わず「なるほど」と納得してしまいます。 また、3段階に話を分けて「事実はこう。 それはなぜか。 だからこうなる」というように筋道を立てて話すのも説得力を増すことにつながります。 屁理屈とは大多数の人に支持されない理屈なので、このようにして味方を増やしていけばやがて屁理屈も本当に屁理屈ではなくなります。 あまりだらだらと長くなるとボロが出やすくなるので、数は3つぐらいがちょうどいいのではないかと思います。 数字を使って説明をすると、相手にこれから話す内容についてきちんと把握しているという印象を与え、「ちゃんとした話なんだな」と思わせることができるのです。 もし、途中で気付かれて「ちょっと待って。 それは屁理屈なんじゃないの?」と言われたら、オドオドするとバレてしまうので「そんなことはない。 こういう理屈でちゃんと筋が通っている」と自信を持って言い切ってしまうとたいていはうまくいきます。 なぜなら人は疑問を持っていることでも「こうだ!」と言い切られると「そんなものなのかな」と思ってしまうからです。

次の

「ああ言えばこう言う人」と付き合うコツ【切り返しの考え方】|MINE(マイン)

ああいえば

ああ言えばこう言う、こう言えばああいう。 こちらからの指示に、「はい、わかりました。 」とすませることができない、言い返してくる部下に頭を悩まされていますか? 何かと口答えをしてくる部下。 どう対処するのが良いのでしょうか。 その言い返しは本当に聞く必要のないもの? まず、しっかりと確認しておきたいこと。 その言い返してくる部下の言い返しは本当にただの言い返し? 確かに管理職である自分の指示や発言に対して素直にはい!わかりました!と言われたら気持ち良いものです。 でも、あなたもいつも正しいわけではないですよね? そして正しいかどうかはあなたが決めることではなくてあくまで周りが評価することです。 その部下の言い分や言い返しが本当にただの煩わしいものなのか、振り返って考えて見てください。 管理職のあなたからすれば、その部下へ威圧的に叱責することは簡単です。 でももしその部下の言い返しの受け取り方を間違っていたとしたら、それはもっと大きな問題になります。 誰も声をあげない職場は避けるべき 言い返してくる部下、確かにいい気持ちはしません。 でも、部下を黙らせることが果たして良いことなのでしょうか? 言い返してくる部下を疎ましく思うことは、心理的にはわかりますが、組織の発展のためには必ずしも正しいとは思えません。 逆を言えば部下が立場が上の人間に対しても意見ができる環境であるとも言えると思うのです。 人と人が関わり合い、知恵を出して刺激しあって組織は活性化していくものです。 なので、部下が言い返してくるというその事実は、ある意味あなたは良い職場環境を作ることができている管理職でもあるのではないでしょうか。 部下全員を黙らせることになってしまったら、それこそその組織が発展することをやめて死んでしまいます。 そんなチーム望みませんよね? 言い返してくる部下の性格や個性を最大限活かす方法を探る 言い返してくる部下、そういったタイプの部下にはどんな性格や特徴があるのでしょう。 管理職としてはその言い返しがただの言い訳であったら聞くに価値のないことであれば正しく指導すべきです。 ただそれだけではなく、そのいつも言い返してくる部下の性格や特性を理解して活かしてあげることが管理職としての最大の役目ではないでしょうか。 ただ黙らせるのではなく、言い返す部下にはどんなポジティブな特徴のある人が多いかみてみましょう。 自分の意見を常に持っている 組織は、いつの間にかその中でのマイナールールというものができがちです。 ある上司が言うことはいつも正しいと言うイメージがあり、それば組織内に浸透したら、もうその人のワンマンプレイで物事が進んでいってしまうこともあります。 言い返してくる部下は、どんな組織の中にいても目の前の物事に対して自分の意見をもてる目を持っていると言えます。 立場に左右されない人間関係を築ける あなたと言う上司に対して意見したり、間違っている場合には指摘したりする部下。 立場に左右されず、正しいことを主張できる人です。 日本の古くからの組織の中ではもしかするととっつきにくい人と敬遠されることもあるかもしれません。 その、とにかくたとえ少し間違っていたとしても年長者の意見を重んじる長くから続く悪しき習慣を打ち破ってくれるのもまた、このタイプの人間です。 組織の中で、長いものに巻かれて群れたりすることもないので陰湿な人間関係のトラブルの当事者ニはなりにくく冷静に物事を俯瞰できるタイプです。 自分に自信があり自己肯定感が高い 自分の意見を物怖じせずにはっきりと伝えることができるのは、自分に自信があるタイプです。 自分のやっていることに自信を持てると言うのはとても良いこと。 こういったタイプにはプロジェクトのリーダーを任せてみるのもいいかもしれません。 信じた道を突き進むので、他人の意見を聞く耳を持つようサポートさえしてあげれば力を発揮できる、チャレンジ精神の持ち主です。 逆境に強く、ストレス耐性も高い 他人と言い合いになると言うことは、大きなストレスに感じる人の方が大多数です。 それを恐れずに上司に対して意見できたり、言い返すことができると言うことは、ストレスを感じにくいタイプで、負けず嫌いです。 仕事で少々の負荷がかかっても、自分で対処し、自ら成長に対して意欲的であることが期待できます。 どうしても肯定的に捉えられない!否定や言い訳する部下に対してどうするか ここまで、言い返してくる部下を肯定的に受け取り検証してきましたが、本当にただ単に言い訳や、否定してくるだけの場合もあります。 そんな場合、どう対処していけば良いのでしょうか。 ただの言い訳パターン とにかく相手にしてはいけません。 最初の言い訳フレーズに、まともに返答するとそこから言い訳はエスカレートして行き、自分の失敗やミスを他人や環境のせいにして無責任に仕事をするくせをつけさせてはいけないからです。 毅然とした態度で、とにかく「言い訳は必要ない、聞きたくない。 」と制止してください。 建設的ではなく、とにかく常に否定的に言い返してくる どんな指示や方針を伝えてもとにかく否定的。 なぜそんなことしないといけないんですか? それって意味あるんですか? こんなことを言ってくる場合、とにかく従え!と力づくでわからせようとしても絶対に納得しません。 そしてその後も繰り返します。 常に否定的な反応をしてくる、否定的な言い返しが癖のように口から出てくる。 そんな時は、その否定的な意見の原因を探ってください。 「嫌だ嫌だと言うが、では、なぜそう感じてそう思うのか?」 「嫌だと感じないためには、どのような工夫が必要だと考えているのか?」 あくまで誘導するのみで本人に、その反論の原因と対策を練らせるのです。 そうすれば考えなしにただただ否定をしているのか、それともしっかりとして意見の元否定的な言葉を返してくるのかが、その本人が良くわかるからです。 こちらから、あーしろ、こーしろ、口答えはするな!と言っても逆効果。 部下それぞれが主体性をもって物事に取り組むことを促しましょう。 ただ自分の思い通りにことを運びたい どんな小さなことでも、とにかく自分の思い通りにしたいタイプの人はいます。 部下がそのタイプの場合、たとえ小さな物事の進め方であっても自分のやり方を主張してつき通すために言い返してくることもあるでしょう。 その場合、そのやり方や意見が、より良いものならばしっかり認めて採用してください。 とにかく認められたいと言う承認欲求の現れでもあります。 しかしそうではなく、ただ利己的な意見であった場合は上司として視点を助けるということを意識してみてください。 こちらからの指示や指導に言い返してきた、それは必ずしも正しいとは思えない時は、部下の主張を理解したと言うことを伝えた上で、「こういったやり方では、どうだろうか・?どう思うか?」と第3の案を提案して意見を言わせて見てください。 その部下の、意見を取り入れたやり方に上司であるあなたの助けと議論を経た上でたどり着けます。 そうすることで、部下の自分のやり方を通したいと言う思いや、承認欲求も同時に満たすことができるのではないでしょうか。 まとめ 言い返してくる部下、あまりいい気分ではありませんよね。 ただ頭ごなしに黙らせたい!という思いを持っている場合は一度捨ててください。 今日紹介したように、そのいつも言い返してくる部下をうまく活用できる方法や、お互いに気分良くやりとりを終える方法があるかもしれません。 この記事があなたの職場をより良いものにする助けになる事ができれば幸いです。

次の

ああ言えばこう言う人の対処法とは?特徴や心理を知っていれば楽勝です!

ああいえば

「ああ言えばこう言う」の意味とは? 「ああ言えばこう言う」というのは、 相手の言うことを素直に受け入れず、いちいち理屈をこねて反論するさまのことを言います。 相手の発言に対して何かにつけて文句を言ったり、言葉で言い争いをしたりすることです。 ああ言えばこう言う人の中には賢い人もいて、負け犬の遠吠えのように相手のことを「ああ言えばこう言う人だなぁ(怒)」と思っている人のほうが幼稚な人のこともあります。 しかし、ああ言えばこう言う人と話していると不快な気分にさせられたり、場の空気を読めない人だったりするので、人間関係を築く上ではハードルとなってしまうことが多く、友達が少なかったり集団行動が苦手な人が多いのも事実です。 「ああ言えばこう言う人」の特徴 ああ言えばこう言う人は、話し方だけでなくその性格にも特徴があります。 その性格の特徴は、他人から好かれるようなものではなくて、どちらかと言えば嫌われてしまうような特徴が多いです。 対抗心が強い• プライドが高い• 自己中心的で場の空気を読まない• よく「でも」「だから」と言う• 人の話を聞かない 以上5つのああ言えばこう言う人の特徴について、詳しくみていきましょう。 しかし「正しい」というのはあくまでも本人の主観でしかなく、世間一般的に見たら必ずしも正しいとは言えないことが多いです。 でもああ言えばこう言う人にとってはそんなことは関係なく、相手が言うことに対して正反対のことを言って負けさせたい、優位に立ちたいと思っているのです。 そして他人を見下しているので、相手の意見を素直に聞き入れることができません。 特に忠告されたり意見をされることが嫌いで、それが自分のこととなると絶対に認めようとはしません。 プライドが高いので向上心は高いのですが、他人のアドバイスを受け入れようとはしないので、独りよがりで方向性を間違ってしまうこともあるのですが、そのことに本人は気付いていない厄介なところもあります。 また、話し合いなどで他の人が意見を述べている時にも、その話に割って入ろうとします。 たとえば、グループでどこに行くかを相談している時に、大多数の人の意見が一致して決まりかけているにも関わらず「でもそこって遠くない?」と否定してしまう場の空気を読めないところがあります。 「でも」は逆接の接続詞で、文章ではなく会話ではよく使われますが、この言葉を言う人が何かに反対する気持ちが直接的に表れている表現です。 この言葉を多用すると、弁解や言い訳を言っているように聞こえてしまい、「ああ言えばこう言う」と思われてしまうのです。 つまり、そもそも相手が何を考えているか、どう感じているかを気にしていないのです。 だから相手が話していてもその内容の粗探しをしてきて、その突っ込みポイントが見つかると話している途中でも割って入って、その否定したい点を指摘してきます。 人の話をちゃんと最後まで聞かずに、どうやって反論するかばかりを考えながら会話しているのです。 「ああ言えばこう言う人」の心理 ああ言えばこう言う人は、人間関係でもあまりいい印象をもたれないのは多くの人が納得できるでしょう。 しかし、なぜ「ああ言えばこう言う」と感じられてしまうようなことを言ってしまうのか、その心理には以下のようなものがあります。 負けたくない• 認められたい• 自分に自信がない、劣等感がある• ネガティブな心理状態で余計に攻撃的になる 以上4つのああ言えばこう言う人の心理について、詳しくみていきましょう。 そこには 話す相手に対して「負けたくない」と思っている心理があるからです。 自分が慕っている人、または自分が絶対に勝てないと思っている人と話す時は、「ああ言えばこう言う」と思われるような発言はしません。 負けず嫌いで相手も反論すると余計にヒートアップして言い合いになってしまいますが、それは会話の中だけで、スポーツやゲームなどの実際の勝負ごとでも負けず嫌いなのかといえば必ずしもそうではありません。 しかし正論を言って「確かにそうだ」と認めてもらうのではなく、なんでもいいから自分の意見のほうを肯定してもらいたい、そして自分の存在を認めてもらいたいと思っています。 相手の意見を聞き入れることは、他人の言いなりになってしまって自分の意見や存在を否定されたと思ってしまうのです。 何かに対して自分のほうが負けているという被害妄想的な考え方をしてしまう傾向があり、相手の意見を否定して言い負かすことで自分のほうが優位に立っていると思いたいという心理があるのです。 このタイプの人に対しては、優劣を比べているわけではないのに相手が勝手にそう思ってしまうので、相手をおだてたり褒めたりすることが有効な対処方法です。 なので、相手が特に意識して発したわけではない発言にもかかわらず、そのネガティブな心理状態から、「でも」という逆接から始まる、食ってかかるような言い方をしてしまい、結果として「ああ言えばこう言う」状態になってしまうのです。 「ああ言えばこう言う人」がよく言うセリフ それでは、ああ言えばこう言う人がよく言うセリフにはどんなものがあるのかみていきましょう。 もし自分の口癖になっていたり、よく使っているかもしれないと感じるなら、自分自身がああ言えばこう言う人になっている可能性があるので要注意です。 とにかく相手が言ったことを真っ向から否定したくなるので、「でも」「違う」という言葉を多用します。 会話の中では「でも」ですが、これを文章にすると「でも」より硬い感じの「しかし」という言葉に置き換えられます。 真面目な文章中では必要な言葉ですが、会話の中で多用すると感じ悪くなってしまいます。 なので大人になってからも、つい口にしてしまうセリフなのです。 しかも 相手が言ったことをすべて否定し、なかったことにしようという意図が感じられるので、言われた方としてはいい気がしないし、より不快に思ってしまいます。 結構簡単に口から出てしまうセリフなので、一度相手のことを肯定するクッションを置くような言葉をはさんでから言うような会話を心がければ、このセリフは出てこなくなるでしょう。 これまでのセリフよりもまだ相手を理解しようという姿勢は感じられますが、言われた方としてはちょっとムッとしてしまいますよね。 ちょっとネチネチしたタイプの人のように感じられるかもしれません。 言い合いが続いてちょっと不利になった時や手の内がなくなった時に、形勢逆転するためにはさんでくるセリフです。 視線を違うところに持って行くことで、新たな反論のネタを出してきています。 「それはちょっと論点とずれてるでしょ」と思ってもそんなことはお構いなしなのです。 「ああ言えばこう言う人」への対処法 職場でも学校でもご近所でも仲よくしている友達グループの中にも、どこかにはああ言えばこう言う人がいると思います。 しかしその人とまったく関わらないというわけにはいかない場合もあるでしょう。 それでは、そのような人にはどう対処すればいいのでしょうか。 褒めてあげる• あまり関わらない• 聞き流して会話を続けない• 感情的にならない• 納得する正論で言い返して相手に何も言えなくさせる 以上5つのああ言えばこう言う人への対処法について、詳しくみていきましょう。 「そうなんだ、すごいね!」「なるほど、そういう考え方もあるんだね」と、本心ではそう思っていないとしても肯定してあげましょう。 特に男性に対しては効果的です。 もし彼氏が「ああ言えばこう言う」タイプの性格なら、上手く褒め殺して逆に手のひらで転がしてしまえばいいのです。 毎日会ってしょっちゅう会話するような仲だと、いちいち相手の発言が気になってしまうので、会っても挨拶する程度、話すのは必要なときだけにすれば、それだけその人と会話するストレスが減ります。 ああ言えばこう言う人は友人が多いとか人気者ではないので、そこまで親しくする必要はないと割り切ってしまいましょう。 相手は自分が望んでいる答え以外は受け入れないので、真面目に話すだけ無駄です。 「へぇ~そうなんだぁ」くらいに適当に相槌をうっておけば相手も否定する気を失くしますし、そもそも否定するポイントがありません。 会話もあまり続かなくなるので、そうしたらそそくさと切り上げてしまえば、不快な気持ちにならずにすみます。 自分が言ったことに対して「でもそれはさぁ・・・」と否定してきたら、カチンときてつい怒りたくなってしまいますが、そこで強い口調で反論してしまうと、相手は決して譲ろうとはしないのでますますヒートアップしてしまいます。 聞き流すことができればいいのですが、もしどうしても「違う」と否定したくなったら、まずは「確かにそうだよね、でも私はこう思うの」と一度肯定してから冷静に意見を言いましょう。 このほうが、相手が納得するか、落ち着いて話し合うことができます。 かなりレベルの高いテクニックになりますが、これができれば今後いっさいあなたに対しては何も言ってこなくなります。 しかし「ごくまともな正論」を言うのは頭の回転の速さや知識量などが必要です。 中途半端に言い返すと余計にああ言えばこう言うようになって逆効果になってしまいます。 「ああ言えばこう言う性格」を改善する方法 もしかしたらあなた自身が「ああ言えばこう言う人」ということはありませんか? 誰かと会話しているとその人のことを一度否定してしまいたくなる、「でも」「だけど」という言葉をよく使っているなど身に覚えがある人は、人間関係に悪影響を与えてしまっているかもしれません。 それでは、どのようなことに気を付けて、どうしたら改善することができるのでしょうか。 相手の話すことを最後まで聞く• 一度相手の意見を受け入れる• 冷静になる、一呼吸置く• 素直になる• 意識して同調する「確かに」「そうだよね」 以上5つのああ言えばこう言う性格を改善する方法について、詳しくみていきましょう。 その割り込み方も「でも」などの逆接から入ってしまうので、相手を否定するような発言としてとらえられてしまいます。 そこで、まずは 相手が話すことを最後まで聞くようにしましょう。 何か反論したいことがあっても、違うと思っても、グッと我慢します。 相手の話の展開が思ったことと違うこともあるかもしれませんし、そうすることで、自分の中で相手の話を受け入れることができやすくなります。 たとえば「時間通りに起きなかったから遅刻したんじゃない?」と言われたとき、「でも目覚ましは止めて一回起きたんだよ」ではなく、「確かに目覚ましが鳴った時間に起きられなかった」と受け入れるようにします。 そうすることで、反射的に言い訳がましいことや屁理屈を言うのを避けることができます。 そこで、もし会話中にカッときても、 一呼吸置いて冷静さを取り戻すように心がけましょう。 感情が沸騰型なので、自分の感情を上手にコントロールして意識してトーンダウンするようにするのです。 これは長い人生でさまざまな人と関わり、人間社会で心地よく生きていくために必要な能力なので、気づいた時点で意識して身に付けるようにしましょう。 つまり、素直ではないのです。 それならば 「素直な人」になることができれば、ああ言えばこう言うことはなくなります。 あなたの周りにいる、付き合っても感じが良く、誰からも好かれている人は素直な人ではないでしょうか? この性格を直したいなら、素直な人間になれるよう心がけましょう。 そうすると、何か言いたくなってもとりあえず相手の意見を一度飲みこめるようになり、割って入ることもなくなります。

次の