白州ウィスキー。 山崎・響・白州が超高額で売れる!異常な高騰をみせるジャパニーズウイスキーの実態

銘柄ウイスキー 人気ブランドランキング2020

白州ウィスキー

各種酒買取紹介• ブランデー Brandy• ウイスキー Whiskey• ワイン Wine• シャンパン Champagne• 日本酒 Sake• 焼酎 Distilled spirits• その他 Other• サイトメニュー• お酒買取ジャンル• ブランデー Brandy• ウイスキー Whiskey• ワイン Wine• シャンパン Champagne• 日本酒 Sake• 焼酎 Distilled spirits• その他 Other• 日本を代表するシングルモルトウイスキー「白州」。 飲んだことがある人も多いのではないでしょうか?世界的な賞を多数受賞している白州。 せっかくの国産上質ウイスキーですから、美味しく飲みたいですよね。 飲み方次第で、白州の楽しみ方はどんどん広がっていきます。 それでは、「白州とはどんなウイスキーなのか?」と、美味しい飲み方を厳選して三つ紹介していきます。 そもそも白州ってどんなウイスキーなの? 白州は、1994年に発売開始されたウイスキーです。 サントリースピリッツが製造していて、1994年の「白州12年」を始め、2006年の「白州18年」、2008年の「白州25年」とラインナップがあります。 種類と蒸留所について 白州は、ウイスキーの中でも「シングルモルトウイスキー」という種類に分類されます。 シングルモルトウイスキーとは、「モルト(大麦麦芽)」のみを原料にして発酵させ、一つの蒸留場で蒸留した原酒のみをブレンドしてつくられたウイスキーです。 白州は山梨県北杜市の豊かな森の中にある蒸留場でつくられています。 この豊かな自然環境は、白州の味や香りをより良いものにしています。 白州の美味しさと香り 白州の一番の特徴は、自然を感じる味と香りにあります。 豊かな自然の中で熟成された白州には、新緑のような香りがあります。 また、甘みと柔らかさを感じるスモーキーさと果物のフルーティーさを兼ね備えています。 一般のウイスキーはアルコール度数が高いお酒なので、どうしてもアルコール臭さを感じてしまいます。 しかし、白州はアルコール臭さが少なく、癖がありません。 まろやかな口当たりでスッキリとしています。 ウイスキー初心者やウイスキーが苦手な人でも、オススメできるのが白州です。 白州の美味しい飲み方 せっかく白州を飲むのなら、美味しく飲みたいですよね。 いろいろな飲み方があり、それぞれ白州の美味しさを感じることができますが、中でもオススメの飲み方を三つ紹介していきます! ハイボール ウイスキー初心者、ウイスキーが苦手な人にもオススメできるのが「白州ハイボール」です。 アルコール度数の高いお酒が苦手な人や若い人でも、飲みやすい飲み方です。 冷えたハイボールは、白州のコクをしっかりと感じることができます。 また、様々な料理に合わせることができ、料理の味を引き立ててくれます。 何度もまぜてしまうと、炭酸ガスを逃げてしまって、ハイボールが台無しです。 縦に1回まぜるだけで十分です。 最後につぶしたミントをそえて香りづけすると、白州の爽やかさがさらに引き立てられます。 ストレート ウイスキー中・上級者には、是非ともオススメしたい飲み方です。 ストレートという飲み方は、ウイスキーに何も加えず、そのまま飲みます。 最もシンプルな飲み方ですが、ウイスキー本来の味や香りを楽しむことができます! 白州をストレートで飲むと、自然由来のフルーティーな味と香りをじっくりと感じることができます。 もちろん、アルコールの辛さもありますが、後味には酸味や柔らかい甘みを味わうことができます。 ポイントは、グビグビ飲むのでは無く、舐める程度の量をゆっくりと飲むことです。 ウイスキーはアルコール度数の高いお酒なので、一気に飲むと、悪酔いしてしまいます。 また、お水などのチェイサーを用意しておくことで、悪酔いを防げるとともに、口の中がリフレッシュされ、ウイスキーをさらに楽しむことができます。 ウイスキーの倍量以上は飲むようにしましょう。 ロック 「白州本来の美味しさを味わいたいけど、ストレートはちょっときつい」という人にロックがオススメです。 あらかじめグラスを冷やしておくと、さらに美味しく飲むことができます。 お酒があまり強くない人はチェイサーも用意しておきましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか?白州の飲み方や特徴について、十分に理解していただけたかと思います。 白州は、上記でも説明した通り、ウイスキー上級者だけでなく、初心者の人や、ウイスキーをほとんど飲んだことがないという若者や女性でも飲みやすいのが特徴です。 せっかく日本に生まれたのですから、世界に誇れる上質なシングルモルトウイスキー「白州」をどんどん楽しんで飲んでいきましょう!くれぐれも悪酔いしないように、飲み方や量には気をつけてくださいね。

次の

山崎・響・白州が超高額で売れる!異常な高騰をみせるジャパニーズウイスキーの実態

白州ウィスキー

コンビニでも買えるサントリーの美味しいウイスキーに山崎、竹鶴、そして今回、買ってみたがあります。 コンビニによって置いてある商品が異なりますが、間違いなく美味しいジャパニーズウイスキーの3種だと思います。 ウイスキーを蒸溜するために美味しい水も確保しているんですね。 白州の公式サイトを見るとハイボールを押しています。 サントリー=ハイボールのイメージを植え付けているんですかね?ウイスキーを飲むならストレート一択の私ですが、ストレートでウイスキーを飲むのはハードルが高いのかもしれません。 白州の商品の特徴としてはいくつかの原酒をブレンドしたタイプのウイスキーです。 日本人は繊細な味が分かる人種だと思うので、外国製品よりブレンデットは美味しいウイスキーが造れると個人的に思ってます。 商品は今回の白州以外にも12年や25年とありますが基本デザインは同じで年数表記が異なります。 ビールほどアピールが必要ないのでラベル作りは楽そうですね。 色 透明感がある黄金色で美味しそうです。 香り グラスに注いだ瞬間に、上品なウイスキーな香りが立ち込めます。 ウイスキーによくあるアルコール臭さもなく、注いだ瞬間に早く飲みたい気持ちにさせます。 味 これは美味しいです。 スッキリ、まろやかな口あたりのウイスキーで、まろやか過ぎて飲み過ぎてしまいます。 本当に全く癖がないので、ウイスキー初心者にもお薦めの1本です。 個人的にはハイボールにするのではなく、ロックやストレートで楽しむと風味が分かるウイスキーだと思います。

次の

【2020年】私が絶対おすすめするウイスキーランキングベスト10(ウィスキー)

白州ウィスキー

白州ウイスキーが選ばれる3つの特徴 サントリーウイスキーといえば、代名詞とも言うべき『山崎』や『響』を想像する人が非常に多いです。 しかし、シングルモルトでありながら、スッキリした風味が魅力の白州ウイスキーも決して、『山崎』・『響』に負けない特徴・魅力を持っています。 その特徴を知るだけでも、白州ウイスキーの楽しみ方が変わってきます。 では、早速、抑えておきたい白州ウイスキーの主な特徴3つをご紹介していきますね。 1.自然を体感させてくれるスッキリ透き通った風味が魅力 ウイスキーは、独特のスモーキーフレーバー、円熟味溢れる甘く・フルーティな味わいなど、独特のクセ・個性を持つ『大人のお酒』。 そんな印象を持つ人が非常に多いのですが、この概念を大きく覆してくれるウイスキーが、白州ウイスキー。 白州ウイスキー最大の魅力は、透明感あふれる透き通った風味にあります。 何故、このような風味のウイスキーが生れているかと言うと、それは南アルプスの恵みをそのまま受けて、至極の一杯を作り上げているからです。 確かに、ニッカウヰスキーの代表格でもある余市ウイスキーも自然の恵み(環境)を得た上で、ウイスキーづくりに生かしています。 しかし、白州ウイスキーは他と異なり、大森林の中の蒸溜所で作られているため、透き通った空気と南アルプスの天然水が、透明感を演出。 まさに、自然が作り上げた至極の一杯というべきウイスキーなのです。 スモーキーフレーバーが特徴の余市ウイスキーや、口当たりの良い山崎・響も、非常に魅力高いウイスキーです。 しかし、これらのウイスキーには、白州ウイスキーほどの透明感・スッキリした風味はありません。 スッキリという意味合いでは知多ウイスキーが一番近いですが、知多ウイスキーはグレーンウイスキー。 シングルモルトウイスキーで、これほどの透明感あふれるウイスキーは白州ウイスキーだけなのです。 もちろん、グレーンウイスキーとは大きく異なり、独特のスモーキーフレーバーがほのかに香ります。 また、様々な樽で蒸留しているので酸味・甘さも満喫可能。 シングルモルトならではの魅力は持続しながらも、スッキリした喉越し、まるで森林浴をしているかのような心を洗い流してくれる透き通った香りは絶品。 山崎・響とはまた異なる心を癒やしてくれる自然食豊かなウイスキーなので、ぜひ、一杯試してみてくださいね。 2.アレンジ力の高さが魅力 これは、グレーンウイスキーの一つである知多ウイスキーにも匹敵する話ですが、白州ウイスキーも同じくアレンジ力が非常に優秀です。 先程もご紹介したように、とにかく透明感あふれる自然を彷彿するような特徴を、白州ウイスキーは持っています。 そのため、非常にクセがなく、20代のお酒があまり得意でない女性にさえ、気軽に飲めるウイスキーなのです。 そして、その癖の無さ・透明感は、そのまま、どんな色にも染まることが可能。 ある種の白無垢(夫の色に染まりますという意味を込めて、花嫁が着る衣装)のような出で立ちをも想像させてしまうウイスキーといえます。 炭酸ソーダと割ったハイボールで飲んでも良し、レモンジュースと割ってレモンサワーとして飲んでもよし… その他にも、白州ウイスキーは、ストレート・ロックなどいろんな飲み方が堪能できます。 なので、パーティー感覚で飲むと、より一層楽しめますよ。 3.爽やかで口当たりの良い飲みやすいウイスキー 冒頭から、白州ウイスキーは、自然食豊かなウイスキーとご紹介してきました。 そのことを一番感じさせてくれるのは、やはり、口当たりの良さや爽やかさにあるといえます。 何故、白州ウイスキーが、『森香るウイスキー』と呼ばれているのか、皆さんご存知ですか? もちろん、南アルプスの大森林の中にある蒸溜所で作られたことも一つの理由に挙げられます。 しかし、決してそれだけが理由というわけではありません。 ほのかに香る、シングルモルトウイスキー特有のスモーキーフレーバーが、口の中に含まれた瞬間、ミントのような爽やかな香りに一部変化していきます。 もちろんスモーキーさは、若干残しつつも、ミントの爽やかな風味が新たに現れ口の中をスッキリ爽やかにしてくれるのです。 そして、森林で深呼吸したかのような香りが鼻に抜け、心を十二分に満たしてくれます。 だからこそ、白州ウイスキーは、『森香るウイスキー』と呼ばれているのです。 先程もお話したとおり、知多ウイスキーも同じように爽やかなウイスキーとして有名ですが、爽やかさだけで言えば、白州のほうが断然上。 爽やかさの中に、フルーティで甘く口当たりの良さが体感できる知多ウイスキー。 それとは異なり、スモーキーでフルーティでありながらも、爽やかで透明感が非常に高い白州ウイスキー。 どちらも和食に最適で、どんなアレンジにも最適な柔軟性を持ったウイスキーですが、寄りっきりした爽やかな風味を楽しみたいなら白州がおすすめ。 ぜひ、機会を作って、白州ウイスキーと知多ウイスキーで飲み比べしてみると良いでしょう。 間違いなく、より爽やかな白州ウイスキーの魅力に笑顔がこぼれますよ。 以上、3つの白州ウイスキーの特徴・魅力をご紹介いたしました。 何度も言いますが、白州ウイスキーの最大の魅力は、透明感・爽やかさにあります。 その魅力を演出する、南アルプスの大自然の中で蒸留・熟成されていることや、ほのかに香るスモーキーフレーバーやフルーティな香りも最高! これら全てが、加味され、初めて『森香るウイスキー』は誕生しました。 ぜひ、大自然の恵みを、白州ウイスキーで体感してみてくださいね。 白州ウイスキーの種類 ウイスキー独特のクセも少なく、お酒が苦手な人でも飲みやすい、爽やかで透明感の高い白州ウイスキー。 ただ、そんな白州ウイスキーにも年代物を含め、いくつか種類が存在します。 では、白州ウイスキーの種類それぞれの特徴・魅力や、定価・販売価格をご紹介していきます。 サントリーシングルモルトウイスキー白州 700ml Amazonの情報を掲載しています サントリーシングルモルトウイスキー白州は、白州ウイスキーの基軸にあるウイスキー。 ボトルを開けると、すだち、ミントの香りが周囲を包み込み、実に爽やかで清々しい印象を強く受けます。 味も、実に爽やかでスッキリしていますし、その中にほのかに感じる酸味が非常に癖になる味となっています。 年代物の白州ウイスキーと比較して、透明感が実に高いので、いろんなアレンジに対応できるところは実に魅力的。 ハイボールにしても良し、レモンサワーや、カクテルに使っても良し。 いろんな飲み方で楽しめる上に、口当たりが爽やかで非常に飲みやすいので、お酒が苦手な若い女性でも楽しく飲めちゃいます。 一口飲んだ最後に感じるスモーキーな香りも楽しめるので、これからシングルモルトウイスキーを楽しみたい若者たちには、ぜひ一度試飲してほしいですね。 なお、定価は4200円ですが、実際の平均販売価格は、約7000円します。 というのも、やはり原酒不足が否めないために、ベーシックなサントリーシングルモルトウイスキー白州とはいえ、少し価格が高騰します。 なので、白州を味わいたいと感じたら、できる限り速やかに入手するようにしてくださいね。 サントリーシングルモルトウイスキー白州12年 700ml Amazonの情報を掲載しています 『森香るウイスキー』と呼ばれ、南アルプスの大自然の中で育まれたシングルモルトウイスキー白州 そんなシングルモルトウイスキー白州の原酒を、12年以上熟成させブレンドさせたウイスキーが、『シングルモルトウイスキー白州12年』です。 ノンエイジと呼ばれるシングルおるというスキー白秋と異なり、フルーティでクリーミーな優しい香りが全体を包んでくれています。 それでいて、透明感の高いスッキリした味わいと、シングルモルト独特のスモーキーフレーバーが、ウイスキーファンにはたまりません。 本来、ウイスキーの魅力は、それぞれの品種のウイスキーが持つ独特のクセ(個性)にあります。 年代物ほどそのクセは強く、歴史をも体感させてくれる奥深さがウイスキーから感じられるのです。 だからこそ、じっくり時間をかけてのむ『大人のお酒』と呼ばれているわけ。 ただ、白秋は、少しテイストが違います。 ウイスキーが持つ独特のクセを最小限に抑えているために、非常に透明感高く口当たりが最高! 若者でも飲みやすく、ウイスキーを初めて飲む方には、非常におすすめの一本です。 しかも、シングルモルトウイスキーなので、スモーキーフレーバーをほのかに感じることが出来、物足りなさを感じることはありません。 そして、シングルモルトウイスキー白州12年は、ノンエイジと異なり、透明感の中に住むウイスキー独特の風味・甘さがより強く体感できます。 新緑のような若さの中に、これから大人へと成長していこうとする熟練の味わいが醸し出されていく… そんなウイスキーなので、特に20代後半~30代前半の大人たちにおすすめ。 ただし、原酒不足の影響もあり、定価8000円に対して、平均販売価格が約25000円と高騰しています。 時間が経てばますます販売価格も高騰されますので、ぜひ、お早めに購入し、シングルモルトウイスキー白州の楽しさを満喫してくださいね。 サントリーシングルモルトウイスキー白州18年 700ml• メロンやマンゴーのような果実独特の甘酸っぱい風味• シングルモルト独特のスパイシーでスモーキーなほろ苦さ• はちみつのような独特の甘い味わい 以上3つの奥深いシングルモルトウイスキー白州18年ならではの特徴が引き出され、その中に、爽やかさが混在しています。 もちろん、これらの特徴が爽やかさと融合こそしているも、決して邪魔しあっていることはありません。 18年物で大人のお酒に進化しながらも、口当たりは良く飲みやすいので、大人の風味を体感したい若者には非常におすすめですよ。 ただし、シングルモルトウイスキー白州18年となると、価格はかなり高くなります。 定価こそ、25000円と、まだ多少手が届く範疇にありますが、実際の平均販売価格は、さらに上をいきます。 やはり、原酒不足ゆえの高騰なので仕方ありませんが、約52400円と、ほぼ2倍も価格が跳ね上がります。 なので、もし購入するなら、特別な記念日のための一杯と腹をくくり、早めに購入してボトルキープしておいてください そして、結婚記念日や何かのメモリアルに、大切な人と飲み交わすと、いろんなことが走馬灯のように蘇り、感慨深い一杯を楽しめますよ。 比較的、シングルモルトウイスキー白州18年は、20代の若者から、60代以降の年配の方々まで、幅広く飲みやすいウイスキーです。 ぜひ、大切な人とメモリアルな日に、最高の一杯をお楽しみくださいね。 サントリーシングルモルトウイスキー白州25年 700ml Amazonの情報を掲載しています 白州蒸溜所で製造され、25年以上熟成されたシングルモルトウイスキーのみを厳選してブレンドした『シングルモルトウイスキー白州25年』。 深みも18年よりも熟成され、クリーミーでウッディーな香り漂う原酒と、ピート独特のスモーキーを効かせた原酒を絶妙にブレンド。 赤みがかった琥珀色に変色し、熟成を目で感じさせるだけでなく、フルーティな甘さ・余韻を残しつつ、徐々にスモーキーな香りが包み込む… まさに、年代を感じさせてくれる珠玉の一杯へと変貌し、私達ウイスキーファンを楽しませてくれます。 もちろん、シングルモルトウイスキー白州のみを用いに製造されているため、口当たりは非常になめらか。 クセも無く、20代の若者でも飲みやすいです。 俳優・妻夫木聡さんが、大人エレベーターに乗って、各世代の著名人・有名人にインタビューする『サッポロビール』のテレビCM。 このCMでは、高田純次さんや岸部一徳さん、ビートたけしさんなど、多くの世代の人達にいくつかの質問を仕掛けています。 『大人とは?』• 『人生とは?』• 『落ち込んだときはそうしますか?』• 『今の職種以外の職種に就くなら何?』 以上の、人生を謳歌していくのに必要な質問をぶつけていくわけです。 まさに、大人エレベーターとは、人生のバイブルを得るためのツールとも言えるのかもしれません(実際には存在しませんが…) さて、少し話がそれましたが、シングルモルトウイスキー白州25年は、まさに大人エレベーター的存在とも言えます。 シングルモルトウイスキー白州25年を片手に、20代の若い世代たちが、50代60代、またそれ以上の年代の大人たちと飲み交わしていく… そして、その中で、人生とはどういうものかインタビューする良いツールとなり、世代間交流が進んでいくことも可能なのです。 シングルモルトウイスキー白州25年は、大人のウイスキーでありながら、若い世代にも馴染みやすい一風変わったウイスキー。 しかし、その誰にでも馴染みやすい変わったところが最大の魅力であり、多くのウイスキーファンから慕われる証でもあります。 ただ、多くのファンから慕われ人気のシングルモルトウイスキー白州25年ですが、原酒不足による価格は高騰。 定価:125000円のところ、平均販売価格が326,950円。 ざっくり勘定しても約2. 6倍も高騰しているのですから、如何に原酒不足なのかが伺えますよね。 流通量が少なく、オークションなどでの取引が多くみられるだけに、飲む機会があったらまさに幸運。 ぜひ、そのチャンスを逃さず、至極の一杯を堪能してくださいね。 以上が、白州ウイスキーの主なラインナップ(種類)です。 ノンエイジ(シングルモルト白州)に関しては、まだ、価格もそれほど高騰しているわけでもなく、入手しやすいですがその他は入手困難。 響・山崎よりも入手しやすいとしても、飲む機会はそう簡単に訪れません。 それだけに、飲む機会があれば絶好のチャンスと見て、一度、白州ウイスキーの魅力を堪能してみてください。 口当たりも良く、いろんな飲み方が楽しめるだけに、ウイスキーへの概念も大きく変わり、非常におすすめですよ。 白州ウイスキーをより楽しむために知っておきたいこと 熟成期間の長いものほど、原酒が足りず販売価格が高騰している白州ウイスキーだけに、せっかく味わうなら、より美味しく楽しみたいものです。 そこで、おすすめの飲み方や、より美味しく楽しめる雑学・知識をご紹介しますね。 飲み方 白州ウイスキーをより楽しみたいのであれば、やはりハイボールが超オススメです。 スッキリした爽快感の高いシングルモルトウイスキーなので、レモンやライムを添えて、ハイボールにして飲むと、さらに爽やかに美味しく味わえます。 ただし、どちらかと言うと、その手のタイプの飲み方は、ノンエイジやシングルモルトウイスキー白州12年までのおすすめの飲み方です。 ちなみに簡単なレシピをご紹介すると、白州ウイスキー1に対して炭酸ソーダ3~4を加えマドラーで縦に1回混ぜるだけ。 至ってシンプルなレシピでハイボールが楽しめます。 一方、18年・25年タイプは、ハイボールも美味しくいただけるのですが、できればストレート・ロックでじっくり味わうのがおすすめ。 例えば、ロックの場合、グラスに大きめの氷を敷き詰め、その上からグラスの半分ほどの量の白州ウイスキーを注ぎます。 その後、マドラーで縦に一回混ぜて完成。 ゆっくり氷にウイスキーが解ける時間を楽しみながら、時間をかけて飲むのが、白州ウイスキーの楽しみ方。 もちろん飲みやすさは折り紙付きですが、ハイボールのようにガブガブ飲むと悪酔いするだけなので、ゆっくり大人の楽しみ方を味わいましょう。 その他、白州ウイスキーは、グレーンウイスキーの一つである『知多ウイスキー』と同じく、アレンジ力も高いです。 カクテルにしても十分楽しめますし、焼き鳥や牡蠣料理などにも絶妙な相性を持ちます。 まさにいろんな楽しみ方ができ、シングルモルト特有のスモーキーフレーバーが楽しめるウイスキーなので、ぜひ、自分流の飲み方を見つけてくださいね。 白州の工場見学体験 白州ウイスキーを製造している白州蒸溜所でも、随時、工場見学を受け付けています。 もちろん、有料・予約制ですが、事前に受付を済ませておけば、年末年始・工場休業日を除いていつでも見学可能。 基本的な白州ウイスキーの製造過程を見学し、最後は白州ウイスキーを試飲することもできるので、非常に楽しめるスポットとなっています。 料金は一人当たり1000円ですし、デートスポットとしてもおすすめですよ。 ただし、蒸溜所の工場見学なので、20歳以上が大前提。 そのことだけは忘れないようにしてくださいね。 サントリーウイスキー白州のCM ウイスキーが森の蒸溜所で製造されている理由は、南アルプスの天然水が、ウイスキーの概念を覆し爽やかな風味を醸し出すのに必要だったため。 そのことは、冒頭からもお話しているとおりですが、それでも、『森の蒸溜所である必要はあるのか?』と勘ぐってしまいたくなる気持ちもあります。 そんな人にこそ見ていただきたいのが、白州ウイスキーのテレビCMです。 白州ウイスキーのテレビCM(『なぜ、この場所なのか。 』篇には、たった30秒という時間で、その理由を十二分に説明してくれています。 たった30秒のCMでも、偉大な大自然の恵みを受けて白州ウイスキーが生れていると五感に訴えかけて来ます。 その圧巻なCMをバックに、白州ウイスキーを味わうのも、また、乙なものです。 せっかく白州ウイスキーを楽しむなら、白州ウイスキーがどんなウイスキーなのか知って飲むほうが美味しく味わえますし、ぜひ、一度CMを御覧ください。 サントリー 白州以外の有名なウイスキー サントリーのシングルモルトウイスキーの中では、かなり特殊なカラー(個性)を持つ、白州ウイスキー。 ウイスキー独特のクセも少なく、お酒が苦手の若者でも飲みやすい、珍しいタイプのウイスキー。 しかし、サントリーのウイスキーは、他にもたくさんの個性豊かな品種が存在しています。 白州同様シングルモルトながら、スモーキーフレーバーが魅力的な大人のウイスキー『山崎』。 シングルモルトやグレーンの良さをブレンドし飲みやすさを追求したブレっデッドウイスキー『響』。 そして、グレーンウイスキーながら、白州同様、爽やかでスッキリした飲み当たりと、アレンジに対する対応力の高いグレーンウイスキー『知多』。 白州とともに、サントリーを代表とする3つのウイスキーが、きっと多くのウイスキーファンを虜にします。 ぜひ、白秋と共に飲み比べしてみてください。 サントリーが、如何に飲みやすさを追求した魅力あるウイスキーを輩出しているか、十二分に堪能できるはずですよ。 白州ウイスキーは、爽やかさを売りにした至極なシングルモルトウイスキー サントリーのシングルモルトウイスキー白秋は、まさに自然の恵みが創生した至極のシングルモルトウイスキーです。 爽やかでスッキリした口当たりは、たとえお酒が苦手な人でも、そのことを気にすること無く気軽に飲むことを可能にしてくれます。 今回は、白州ウイスキーの魅力や、飲み方、あるとより楽しめる知識・情報をまとめてご紹介しました。 白州ウイスキーは、まさに、誰でも楽しくお酒を味わえるウイスキーという魅力あるウイスキーです。 それだけに、機会を見つけ、一度、白州ウイスキーの魅力に触れていただけたら幸いです。

次の