うっ血 性 心不全。 うっ血性心不全とは?原因・症状・治療・手術方法|ニューハート・ワタナベ国際病院

29

うっ血 性 心不全

心不全・肺水腫 慢性腎臓病による心不全や肺水腫について調べました。 どのような症状や治療法があるのかを紹介します。 心不全・肺水腫とは? 慢性腎臓病になると、心不全・肺水腫の合併症になることがあります。 特に心不全については、慢性腎不全の患者の死亡原因でトップになるほど多い合併症です。 何故死因が高いのか 心臓は酸素を含んだ血液を全身に送り出す重要な機能を持っていますが、心臓の動きが低下することによって血液の流れが悪くなってしまい滞ります。 この滞った状態を「うっ血」と呼び、心不全は「うっ血性心不全」とも呼びます。 一方、肺水腫とは、血液の液体成分が血管外へしみだした状態を呼びます。 これらの症状が現れるのは、慢性腎臓病を発症してかなり進行した人が発症するものです。 ステージでいうと4期で尿毒症期に現れます。 このステージになると透析が必要で、身体のちょっとした変化にも注意が必要になってきます。 そのため、発症しやすく結果的に死に至るケースが多くなっているというのが現状です。 どちらにも共通しているのが、呼吸が苦しくなるということです。 呼吸が苦しくなり、酸素を必要以上に取り込もうとして、結果として心臓に負担を与え心不全になるケースもあります。 心不全と慢性腎臓病の関係性を調べた研究も多々あり、その死亡率は症例が少ないのでまだ断定するまでは至ってませんが、大きく関係していると言われています。 参考文献• 何故慢性腎臓病と心不全が関係しているのか 一見無関係にみられそうな2つの症状ですが、どうして慢性腎臓病を発症している人が、心不全になってしまうのでしょうか。 それは、腎機能が悪化すると心臓に悪影響が生じるからです。 腎機能の悪化により、像法弁輪石灰化、大動脈弁硬化が悪化します。 その結果、大動脈に雑音がみられ不整脈や心不全のきっかけを作ります。 腎機能が低下することで、血液の循環に悪影響を与えることが最終的に心不全へとつながるため、慢性腎臓病の人は、心不全の発症に注意をする必要があります。 肺水腫の関係は 腎臓機能が低下すると、心臓に悪影響があることがわかりました。 その結果として血液の流れが悪くなり最終的に肺水腫を発症してしまうのです。 この2つの病気は、すべて慢性腎臓病から発症してしまう病気なので注意をする必要があります。 2つの病気と慢性腎臓病の関係性がわかったところで、それぞれの症状や原因、予防方法について紹介していきましょう。 心不全・肺水腫の症状 心不全・肺水腫ともに代表的な症状は呼吸困難です。 しかし、呼吸困難以外にも細かい症状があります。 慢性うっ血性心不全 慢性うっ血性心不全になると心臓の機能が弱まるため血液の流れが悪くなり、肺が正常に機能できずに呼吸困難に陥ります。 また全身がうっ血すると血圧が高くなり血液中の水分が漏れ出して全身にむくみが現れます。 軽傷の場合は、体を起こしている場合よりも寝ていた方が楽ということがありますが、重症になると寝ている状態の方が辛いということがあるので、注意が必要です 肺水腫 肺水腫の場合、呼吸音が独特です。 ゼーゼーという荒い呼吸やヒューヒューと音がなることもあります。 低酸素状態が続いていると、呼吸音だけではありません。 身体の目に見える部分にも変化が起きていきます。 代表的なのは、皮膚や唇が紫色に変色します。 また、急な血圧低下やショック状態、意識障害が起きてしまうのもの特徴です。 また、ピンク色の泡状の痰が出ることがあります。 これは、心臓が原因で肺水腫が起きる症状でもあります。 心不全・肺水腫の原因 心臓のポンプ機能が慢性的に低下すると、血液循環が上手くいかず、全身にしっかり酸素を送れずに血液の流れが渋滞して「うっ血」となります。 慢性うっ血性心不全の原因で最も多いのは「虚血性心疾患」です。 虚血性心疾患になると、心臓の働きに必要となる栄養が不足して心臓機能も低下してしまいます。 他にも多い原因としては大動脈弁狭窄症などの心臓弁膜症です。 心臓弁が硬くなり、血液が通りにくくなることでうっ血します。 また、食塩の摂取過剰もナトリウムが血液中に増えすぎるため体液過剰となりうっ血します。 また、他の要因としては、睡眠時無呼吸症候群も大きく関係していると言われています。 睡眠時に無呼吸状態が続いていると、体内の血液状態が不足した状態になります。 この時に呼吸が再開されると、必要以上に酸素を体内に送ろうと働きます。 この時心臓に負担をかけるので、結果として引き起こす要因となっています。 原因は2種類 肺水腫の原因は大きく分けて、非心原性肺水腫(肺の毛細血管静水圧の上昇で液体成分が漏れ出ること)、心原性肺水腫(肺毛細血管壁の病的変化により液体成分が漏れ出ること)の2つがあります。 非心原性肺水腫の場合、原因は肺炎や敗血症、重症外傷といった外部要因で引き起こされます。 高山病などもその原因の1つとしてあげられます。 どちらかというと、慢性腎臓病が原因ではありません。 しかし、心原性肺水腫の場合はそうではありません。 心不全、虚血性心疾患、心臓弁膜症、重症高血圧症など心臓に関わる病気が原因で発症されます。 心臓に負担をかけることで、左心室の働きを低下させます。 そして、血液の循環が停滞することにより、結果として肺静脈に血液が停滞して肺水腫を起こす要因につながります。 つまり、2つの病気の要因をたどっていくと、腎臓病が原因で心臓の働きを低下させてその結果、肺水腫まで引き起こしてしまうということになります。 そのため、腎臓病の進行がひどい人はこのような病気に注意をする必要があると言えます。 薬物治療以外では睡眠時無呼吸症候群(SAS)を歯症している方に、陽圧呼吸療法や口腔内装置治療、在宅酸素療法を行い対応します。 肺水腫の場合は原因となる疾患の治療を行い、血液中の酸素濃度を上げるために酸素吸入や人工呼吸器を用います。 個人的にできる対策方法は それでは、心不全・肺水腫を予防する方法は無いのでしょうか。 それぞれの対策方法についても詳しく紹介していきましょう。 心不全 心不全に一度なってしまうと、心機能を再び復活させることはかなり難しいとされています。 そのため、心不全になる前に気をつけなければいけないのが、心臓に負担を与えるようなことをしないということです。 これは、心不全を発症したあとでも通用する方法なので、是非取り入れましょう。 たとえば、規則正しい生活をしたり、暴飲暴食を避けたり、塩分を控えたりとどれも腎臓病に通ずるような予防方法です。 このようなことに意識をして生活を送れば、心不全になることはありません。 もちろん、腎臓病の進行が進んでいる人は、病院に定期的に通い検査を受けることが重要です。 肺水腫 肺水腫の場合、対策は1つしかありません。 手遅れにならないうちに病院にいくことです。 発作や呼吸困難が起きた状態になると、かなり進行が進んでいて死に繋がる場合があります。 病院での処置が救命率を高くします。 また、普段寝る時に座った状態の方が楽という人は、肺水腫にかかっている可能性があります。 寝苦しさを感じた段階で、一度病院に行くのもオススメです。

次の

心不全(うっ血性心不全)│病気事典│ここカラダ

うっ血 性 心不全

(1)左心不全では肺水腫がみられる。 右心不全では、うっ血性心不全が起こる。 (2)血漿BNP(脳性ナトリウム利尿ペプチド)濃度は、上昇する。 (3)交感神経系は上昇する。 交感神経の興奮によって、心拍数が増加するため。 (4)血中アルドステロン濃度は上昇する。 図.血圧上昇の機序とレニン・アンギオテンシン・ア ルドステロン系 うっ血性心不全によって、心拍出量は減少するとともに腎への血流量も減少する。 するとレニンが分泌され、レニン・アンギオテンシン・ア ルドステロン系を活性化されることで、最終的にアルドステロンが分泌される。 (5)悪液質を伴う患者の予後は、不良である。 悪液質では、悪性腫瘍末期や慢性腎臓病、慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの基礎疾患をもとに、に体重減少や、食欲不振、貧血などの症状が起こる。

次の

心不全の診断基準と重症度分類‐見て!わかる!病態生理と看護【花子のまとめノート】

うっ血 性 心不全

うっ血性心不全の症状 うっ血性心不全の初期症状は疲労感・息切れ・浮腫といったものになります。 この症状は突発的にでてくることは稀で、たいていの場合は 数ヶ月から長いときは数年かけてゆっくりとでてくるようになります。 この病気の怖いところはいくつかありますが、このように知らない間にゆっくりと進行しているところもポイントとなるでしょう。 初期症状として一番知られているのが疲労感と息切れになりますが、 うっ血によって体液量が増加してしまい尿素が減ってしまって体重が急激に増加して下肢に浮腫が生じるようにもなります。 ある程度症状が進むと運動時にしか起きなかった 息切れが頻繁に生じるようになり、日常生活中にもでてくるようになります。 そして肺の病気である 肺水腫になってしまって呼吸困難を引き起こしたり、就寝時に息苦しくなる 夜間発作性呼吸困難になることもあるでしょう。 その他にも咳が出るようになって、ピンク色の痰が出るようになり、冠動脈循環不全による頻脈・不整脈の症状も出るようにもなるでしょう。 浮腫みに関しましては次のページを参考にしてください。 原因について まず心不全とは心臓のポンプ機能が何らかの原因によって損なわれることを意味しております。 うっ血性心不全は心機能障害のひとつで心臓病の最終病態ともいわれており原因は様々なのです。 こうしてみると非常に多岐にわたっていることが分かると思いますが、 これらの原因の根本には高血圧・肥満・運動不足の他にも高脂血症や糖尿病があるため、生活習慣病とも結びついてくることが分かっております。 高血圧に関しましては次のページを参考にしてください。 診断方法について うっ血性心不全の初期症状である疲労感や息切れを病気と感じることは非常に少なく、浮腫といった症状が出て初めて自分は何らかの病気になっていると自覚することが多いのが現状です。 実際にこの病気を診断するときは、病院に行って フラミンガム研究の「うっ血性心不全診断基準」をもとにした問診と診察の結果をもって確認します。 それ以外にも家族の病歴や患者の病歴及び生活習慣も確認されることになるでしょう。 これらの診断をもって判断されることも多いですが、再度の確認として別の検査と併用されることもあります。 その際に多いのは 胸部X線検査・胸部レントゲン検査・心電図・心エコー検査といったもので、これを行うことでより正確に病状を確認することができます。 胸部X線検査では肺のうっ血や水の貯まりの有無と心臓が大きくなってないかを確認することでうっ血性心不全の存在を確認し、心エコー検査では心臓の動きと排出量などからうっ血性心不全の存在を確認します。 これ以外にも心臓から分泌されるホルモンであるBNPとNT-proBNPという物質を測定するために血液検査を行うこともあるでしょう。 糖尿病に関する内容につきましては次のページを参考にしてください。 治療方法について 呼吸困難の症状がひどかったり血圧や意識の低下を伴うようになった場合は入院することになり、手術を行うこともあります。 症状の重さにより治療方法は変わりますが、一時的に機械による人工呼吸を行うこともあるでしょう。 同時に血圧や心電図の検査や心臓カテーテル検査を行って患者の容態の確認をして心臓のポンプを強める強心薬や利尿薬を用いたりもします。 症状がそこまで重くないなら、内服治療が中心になります。 投与される薬は心臓の働きを補助する「ジギタリス剤」、心臓への負担を軽減する「血管拡張剤」、体内の余剰水分を吐き出す「利尿剤」などになります。 この投薬による治療を進めるにあたって、心臓の働きを低下させた原因をはっきりさせて、そちらの治療も並行して行われることになります。 そうしないと症状が改善したとしても再発する可能性がいつまでも残り続けてしまうためです。 また、内服治療中、ある程度重い場合は運動制限がされるので、その場合は心臓に負担がかかることはしないようにしてくださいね。 逆にある程度症状が回復したなら運動を促されることになります。 Sponsored Link もし運動制限が長い期間に及んでいた場合、筋力低下や体力低下が発生して日常生活に支障が出てしまうためです。 運動療法は息切れなどの症状が軽くなるため必ず取り入れられるプログラムの一つとなっています。 心筋梗塞の内容につきましては次のページを参考にしてください。 食事について うっ血性心不全の人には食事制限もついてきます。 まず必ず行われるのが 塩分制限、これは 食塩の摂取量が多いと体内の水分が増えて浮腫がでやすくなってしまうからです。 具体的な数値は 1日の塩分量は6g以下と言われており、かなり厳しい数値となっています。 そのため塩分以外の調味料を使うようにしたり、汁物は具を多めにするなどの工夫をして塩分を減らす努力をする必要がるでしょう。 それ以外の制限として 水分制限があります。 心不全では体の中に水が貯まり過ぎている状態になってしまうため水分摂取量も制限されてしまうのです。 具体的には 一日の総量で、1000mL~1200mL程度になります。 これには水分の多い果物・味噌汁・かき氷などの水分を摂取できるものすべてが含まれているため飲み物のみで考えないようにしてくださいね。 癌の内容につきましては次のページを参考にしてください。 予後・余命について うっ血性心不全は生活習慣の改善を行わないと再発する危険性が伴うため、予後の過ごし方が大切になります。 必ず食生活や塩分摂取量に気を付けて、運動を行う習慣を身に付けましょう。 特に注意が必要なのは高齢者の方々で、このうっ血性心不全によって 運動が禁止になると筋力が一気に低下して寝たきりになってしまう可能性があります。 そのため必ず 早めの症状改善と運動療法を取り入れる必要があるのです。 しかしその余命も治療によって引き延ばすことができるので早めの発見と正しい治療法を行うことが大切になるのです。 その他、心不全に関しましては次のページを参考にしてください。 左心不全と右心不全について 心不全にも実は種類があり、左心不全と右心不全というものが存在します。 しかも右と左では症状が異なるのです。 まず、左心不全になると 肺水腫になってしまう可能性もありますし、喘息状態のようにゼーゼーというようになり、頻脈になって尿量が低下するようになったりします。 左心の機能低下によって左心の排出量低下や肺うっ血が発症するため、このような症状が出るようになるのです。 最悪の場合意識障害となるでしょう。 右心の機能低下によって引き起こされる右心不全は右心の排出量の低下と体静脈うっ血状態になってしまう状態で、体静脈うっ血を引き起こし、 全身の静脈圧が上昇するようになってしまいます。 左心の症状と比べるとわかりにくいですが、 食欲不振や腹水や胸水、悪心や便秘などいろんな症状が出てしまうようになります。 うっ血性心不全につきましては、次のサイトも参考にしてみて下さい。 ツカザキ病院 最後に 以上、いかがでしたか? 今回はうっ血性心不全の症状や原因・治療についてご記載してきました。 この心不全について知らない方もいるかもしれませんが、アメリカでは毎年約50万人が発症、約30万人が死亡していると言われていて非常に危険な病気となっているのです。 しかも症状が気が付かないうちに進行するものであるため、気が付いたら症状が重くなっていたということもあるので生活習慣および生活習慣病にはくれぐれも気を付けてくださいね。 カテゴリー•

次の