面長 手術。 ルフォー(中顔面短縮・Lefort

【顔面輪郭形成術】オトガイ(顎削りなど)の整形手術|恵比寿のリッツ美容外科

面長 手術

オトガイ部の解剖 下顎骨はL字型の左右両半からなり、水平の骨部を下顎体、垂直の骨部を下顎枝といいます。 下顎の正中部の前面には両半部が癒合した部位を示す細い隆線が上下方向に走りますが、この隆線の下端近くにはオトガイ隆起という三角形の輪郭をした高まりを作っています。 この隆起の中心から外側へ2㎝弱隔たったところは特に膨隆するので、オトガイ結節と呼ばれています。 これらはいずれも境界が不鮮明な高まりですが、正中にあるオトガイ隆起と左右のオトガイ結節とは全体として下顎底の前方への突出を形成しています。 これをオトガイ MENTUM,CHIN と称します。 下顎体の正中線から3㎝程離れたところで、オトガイ結節の斜め上方にはオトガイ孔が開口しています。 これは下顎管の出口ですが、オトガイ孔はむしろ後方に向かって開いています。 オトガイ部の解剖 オトガイ部 下顎結合部 は顔貌を特長づける重要な部位であるため、正面顔 正貌 、横顔 側貌 においてさまざまな悩みがあります。 1.減量術:Reduction オトガイが長い、突出している、大きい 巾広 、左右非対称、の改善など 実際にはこれらの形態は複合的に存在することも多々あり、それぞれの要素をしっかりと把握して、バランスを見て手術法を検討する必要があります。 またオトガイ形成術は単独で行われることもありますが、下顎角 エラ 形成術、顎矯正術としばしば同時に行われます。 ここでは単独手術に関して詳述します。 術前の評価 オトガイ形態(正貌・側貌) 横顔において顎の突出度合いを評価する際、鼻尖と口唇との関係ではRikettsのE-lineが一般に知られています。 正面顔では、オトガイの理想的な長さに関しては、鼻下点からオトガイ下端までの長さが女性では70mm 男性では75mm を平均とし、下口唇 赤唇 下端~オトガイ下端まで女性で35㎜、男性では38㎜を理想値として骨切りデザインを決定しています。 オトガイ幅径は左右光彩内側縁間から左右鼻翼間幅径の間であることが望ましいとされています。 術前検査としてセファロ正・側面像とパノラマが一般的に撮影されています。 当院では、CTを撮影したうえで、3次元的な骨、軟部組織形態を把握したうえで、さらにオトガイ神経、下歯槽神経の走行を精密に把握するために3次元実体模型 3D MODEL を準備しています。 手術手技 オトガイ減量術:Reduction 1. 水平骨切り後に、末梢の骨片移動させることにより位置・形態を修正します。 主にオトガイの短縮に用いられますが、その他前進、後退、左右差の改善を行います。 これらを下顎前突といいます。 オトガイが突出している方は、同時に歯の噛み合わせも反対咬合 の方もいらっしゃいます。 その場合にはオトガイのみではなく、分節骨切りで下顎の歯も含めて全体に下げていく必要があります。 前者はオトガイの手術だけで改善可能ですが、後者は顎全体を後退させる手術と歯科矯正を併せて行う必要があります。 前額断 frontal section という言葉は聴きなれないかもしれませんが、簡単に言いますと、オトガイの突出部を後退させるような平面で骨を切ることです。 手術前にマーキングした骨突出部の範囲で、骨鋸を用いて骨切りを行います。 通常骨の厚みとしては6mm~10mm程度まで、骨切りが可能です。 輪郭形成術の中でもVライン形成術として希望をする方が増えている施術です。 下顎全体が細くなり、小顔効果がはっきりと現れる施術です。 オトガイ垂直骨切り術 垂直方向の骨切りを行います。 通常8~12mm程度の骨片を切除しますが、サジタルソーを用いて全層に縦方向に2本骨切りを行います。 左右の骨片をチタンプレートで固定します。 両端の段差は、オステオトームを用いて丁寧に時間をかけて、なめらかに均します。 1)水平骨切り術 オトガイが長くて後退している患者様では、水平骨切り術 中抜き でオトガイ高を短縮しながら前進させる必要があります。 適応を誤ってインプラントを用いると、術後に長さがより強調されるため注意が必要です。 顎が後退している患者様では正面からではその長さが見落とされやすいため、必ず横顔での計測をすべきです。 2)インプラント法 短く後退しているオトガイの場合には、前進させることによりオトガイ高が長く見えるためインプラント法が適応となります インプラントによるオトガイ形成は局所麻酔下で行えるため、また術後の腫れを考えますと患者様にとっては低侵襲な方法です。 あご先が短くて平坦な場合には、顎の長さを足して、少し細くしながら長くするとバランスが良くなります。 オトガイ・スクエア骨切り術では、オトガイ中央部下端でBOX型に骨切りを行って、下方に延長してその両端を細くします。 術後のオトガイの長さは基本的には35㎜を理想とします。 なおその他の方法としては、インプラント挿入法があります。 シリコンインプラントなどで下方向へ延長する方法で、シリコンなどの細工は3次元実体模型に合わせることで微妙な調整まで可能です。 シリコン以外では、メタクリル酸メチル、ハイドロキシアパタイトが用いられます。 症例 オトガイ Vライン形成術 +下顎形成術(拡大下顎角切除+外板切除) オトガイ水平骨切り術+下顎枝矢状分割法 SSRO オトガイ Vライン形成術 +下顎形成術+頬骨縮小術 オトガイ水平骨切り術 オトガイ Vライン形成術 +下顎形成術 オトガイ Vライン形成術 オトガイ短縮術 水平・垂直骨切り術 オトガイ水平骨切り術 2段水平骨切り術 水平骨切り術:7mm 短縮 2段水平骨切り術 double step horizontal osteotomy :5mm短縮、10mm前方移動 顎プロテーゼ 顎プロテーゼ オトガイ前額断骨切り術 後退術 オトガイ前額断骨切り術 後退術 +下顎形成術 オトガイVライン形成術+下顎形成術 オトガイ垂直骨切り術+下顎形成術 オトガイVライン形成術+下顎形成術.

次の

ハチ張りを治す方法や面長の前髪はこうしろ!縮毛矯正だけはするな!

面長 手術

このページのご紹介内容• 手術当日 手術後は1泊入院していただき、病室にてゆっくりお休みいただきます。 手術直後より、シーネとゴムにて顎間固定を行い咬合の安定を図ります。 術後の来院 7日目:咬合チェック、口腔内清掃を行います。 14日目:創部の抜糸を行います。 顎間固定を解除して、口腔内を丹念に清掃します。 咬合状態はかなり安定した状態です。 以降は2週間に1回、来院していただき、咬合状態をみていきます。 以後1ヶ月までは、夜間顎間ゴム固定を行っていただきます。 口腔内の衛生について 食事の後は、うがい薬(POIC WATER)で30秒うがいし、ブラッシングをして、口腔内の清潔を保ってください。 POIC WATERは、強力な殺菌作用がありますので、顎間固定中の口腔内衛生には最適のうがい薬です。 歯磨きに関しては、OPE後専用の歯ブラシで、傷にあたらないように行ってください。 顎間ゴム牽引について 上顎の外科的矯正治療において、良好な咬合状態と顎機能の安定を得るカギは、骨片の強固な固定と、術後の顎間ゴム(トレーニングエラスティック)などの後療法にあります。 手術当日より顎間ゴム牽引にて咬合の安定を計ります。 顎間ゴム牽引は、上下数ヶ所の歯(ボタン)で、垂直方向のエラスティックで行います。 はじめの2週間は終日、続く1ヶ月間は夜間のみ継続してもらいます。 開口訓練は、最初は食事の前後に自力開口による開口訓練のみとしますが、より積極的に開口訓練を開始します。 流動食に関して 手術後1ヶ月間は流動食で栄養管理します。 流動食はクリニックで処方(エンシュアなど)することが可能です。 その間は体重減少に注意ください。 食事の後は必ずお渡しするうがい薬で口腔内の清潔を保ってください。 手術後1ヶ月経過しますと、咬合はかなり安定しております。 普通食を召し上がっていただきます。 一般的な術後経過 術後の腫脹 おおまかな腫れは2週間程度(術前と同じぐらいに戻るという意味)です。 厳密な意味での完成(むくみが完全に消失)は3~6ヶ月を要します。 術後2週間はご自宅でフェイスバンテージによる圧迫を指導しています。

次の

顎・あご 短縮(水平骨切りなど)

面長 手術

本来面長の人は下顔面が長い事が多く、特に上白唇が長いなら口周りの手術の適応者となりますし、下顔面の上口唇と下口唇から頤が共に長くても先ずは上白唇切除術の適応性はあります。 最近では丸顔の症例も増えました。 丸顔なのに下顔面特に上口唇が長いとアンバランスだからです。 本症例はその点で典型的な適応症例です。 従って結果は良好でしょう。 面長で白唇長 人中部 18㎜。 15㎜以上は長いので4㎜切除の適応ではあります。 上顔面60㎜:中顔面55㎜:下顔面65㎜と下顔面が長い面長タイプ。 上口唇 白唇+赤唇 25㎜:下口唇 赤唇〜頤尖 40㎜で黄金分割比の5:8に合っているが下顔面長いものは長い。 頤骨切りも検討はしている。 歯槽が前突で内反した上口唇。 人中が浅く上口唇が3次元的に貧弱。 上赤唇が薄くキューピット,Cupidの弓がなだらかで酷薄感も呈している。 白唇短縮に追加して人中部を0.5㎜ずつ寄せたい。 弓も急峻にしたい。 赤唇も露出させたい。 重瞼切開しているが、内眼角は生来近い。 目が大きい。 鼻中隔延長で鼻柱は下げたから鼻唇角は喰い込んでいないし、鼻翼より下方にある。 画像を見ましょう。 上に術前の正面像。 上右は笑ってもらいました。 上に術前の近接画像とデザイン画。 右斜位と左側面。 上に術直後の正面像、右斜位像、左側面像。 血が滲んでいます。 上に手術翌日の近接像、右斜位像、左側面像。 血は着いていませんが腫脹は亢進しています。 上には術後1週間で抜糸した直後の正面像、近接像、右斜位像、左側面像。 創の線の周囲が発赤しています。 腫脹はピーク時の50%程度になりました。 今回正面近接像の比較をします。 左から術前微笑んで撮影すると口角の位置が判ります。 その右のデザイン画では口角の挙げる方向が判ります。 その右の手術直後は白唇短縮術の腫脹の結果、口が開いているので相対的に口角が下がります。 さらに右の手術翌日は腫脹が亢進するので、ぼってりしている赤唇縁と挙がった口角の角が見えます。 最右の術後1週間では腫脹はピーク時の50%程度です。 術前の微笑みを湛えた口角の如く、口角のカーブが綺麗に見えて来ました。 しかも白唇が短縮して冗長感が無くなりました。 つまり上口唇を短縮する際に口角挙上の併用はこんなに印象を変えます。 本症例は面長です。 全身像は契約上載せませんが、身長が高く、抜群にスタイルが良い。 そう言う人は面長のことが多いのですが、成長ホルモンのバランスです。 しかも見ために身体に減り張りがあって要するにグラマラスなのです。 白人社会に行っても通用するでしょう。 少なくとも面長の人は美人の要素を備えています。 対して丸顔の人は可愛いのです。 アジア人に於いては面長の人のほとんどは中顔面に比べ下顔面が長く、しかもその中で上白唇+赤唇:下赤唇〜頤尖の比率が黄金分割比の5:8に近い人が多いのです。 つまり頤も上口唇も長いのです。 でも下は高価な骨切り術しか方法がありません。 対して上白唇は短縮出来ます。 こうして私に罹る人が後を断ちません。 最近は丸顔でも上白唇だけが長い人と、面長で下顔面を短縮したい人が半々くらいです。 どちらも美容学的に良好な形態を呈します。 診断が適切だからです。 同時に中長期的に創跡と口周りの機能の回復は確実です。 患者さんは皆さん知っています。 こうして口ばっかりの毎日を過ごしています。 この一年の手術のうち半数は口周りです。 今回は術後1週間まで提示しました。 上に書きました様に中長期的経過が診せところで、重要です。 次回をお楽しみに! 今回術後2週間の画像を頂く筈でしたが、台風の余波で停電し診療不能となりました。 なのに、わざわざ術後3週間で診せに来て頂けました。 有り難うございます。 正面像と近接像。 右斜位像と左側面像。 むしろ術後3週間の方が創跡が目立たなくなります。 日にちが薬です。 機能的にも口は閉じますし、頤がある人ですから当初から下口唇に力を入れないでも、口が閉じていました。 梅干しの種が出来ませんでした。 鼻翼の位置は寄って来ました。 口輪筋の回復でトーヌスが働きます。 鼻が下に引かれたのに対する回復は、上唇鼻翼挙筋等が間よしますが、これらの表情筋は弱いので、時間がかかります。 でも必ず位置は復します。 バラバラに働きます。 しかし覚醒時にはトーヌスと言って表情筋 全身の姿勢制御筋群もですが見えません。 に脳から微弱な信号が流れています。 精気を保つ為です。 しかも人間は頭がいいので、自律的に不随意に感情や環境にも左右されながら、信号のバランスが保たれます。 だから何れは、表情のバランスが取れて顔面部品の位置も復するのです。 それにしても、素敵な女性です。 面長の人は美人要素を備えています。 その中で上口唇が長いのは所謂「鼻の下が長い。 」印象を呈しますから、この手術の適応性が最も高いのです。 今後は創跡の経過に個体差があります。 次回以降をお楽しみに! 今回術後6週間で別の部位の相談を兼ねて来院されました。 画像を戴きました。 傷跡がより目立たなくなりました。 ノーメイクでも出歩けるそうです。 腫脹も軽快して、表情筋の機能は回復しています。 診察時に面していると自然で明るい表情で、こちらもニコニコしてしまいます。 キャラクターがいいのでしょう。 また下口唇を挙げなくても口は閉じます。 そして間違いなく長い下顔面が改善されています。 今後の経過が楽しみです。 更なる美しさを求めて私に罹っていきたいとのお申し出にむしろ私がウキウキしてしまいました。 医療法を遵守した情報を詳しくお知らせするために、症例写真・ブログに関しましても随時追加修正を行っていきます。 症例写真の条件を一定とし、効果だけでなく、料金・生じうるリスクや副作用も記載していきます。 ブログにも随時表現や補足の説明を付け加えていきます。 施術のリスク・副作用について ・麻酔薬にて、アレルギー反応を起こす場合があります。 その場合は適切な処置を行います。 ・腫れは個人差がありますが、手術直後から少し腫れがあり、翌日がピークで徐々に引いていきます。 目立つほどの大きな腫れは1~2週間程度です。 ・術後のむくみや細かな左右差の改善には、3ヶ月程度かかります。 ・内出血が起こった場合は完全にひくまでに2週間程度かかることがあります。 ・感染予防のため、抗生剤を内服していただきます。 ・抜糸までの間、鼻下を伸ばす表情はお控え下さい。 ・口唇部の違和感は、2~4週間程度かかります。 ・手術後2週間は、口を大きく開けることはお控え下さい。 ・手術直後は、つっぱりを感じることがありますが、2週間程度で改善していきます。 ・手術当日は、洗顔をお控え下さい。 ・手術後3日間は、飲酒・激しい運動・サウナ・入浴など、血流が良くなることはお控え下さい。 ・手術後1週間(抜糸まで)は、鼻孔部位のお化粧はお控え下さい。 ・ケロイド体質の方は傷跡が残りやすい場合があります。 6月から費用の説明も加えなければなりません。 上口唇短縮術は28万円+消費税。 口角挙上術は25万円 +消費税。 ブログ掲載の契約を受けてもらえたら、出演料として20%オフとなります。 カテゴリー: , , , , , , , , , , , , , 投稿日: 投稿者:• 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020.

次の