国家公務員 ボーナス 何ヶ月分。 ボーナスは平均何ヶ月でいつどんな基準と計算方法で決めるか企業で異なる支給額ズバリ公開

【最新】公務員の夏・冬ボーナス平均支給額と支給日について

国家公務員 ボーナス 何ヶ月分

賞与の種類と支給の時期について まずは、賞与にどんな種類があるのか、いつ支給されるのかについて解説します。 賞与(ボーナス)とは 賞与を支給している企業の多くが、年間に2回、時期としては6月・12月にボーナスとして社員に支給しています。 名称こそ『賞与』や『ボーナス』ですが、会社側に支払いの法的義務はなく、会社の賃金規定に基いて支払われる給与の一種です。 そのため所得税の課税対象となります。 決算賞与とは 決算賞与は、会社の業績により支払われ、黒字が発生した際に『社員に還元』する節税対策の一種。 まるまる法人税として社会還元するのではなく、日頃から貢献している社員に直接的に還元、いわば臨時収入といえます。 賞与と同じく、賃金規定にある会社かつ、業績が好調なときに支給される給与です。 そのため所得税の課税対象となります。 賞与は平均で何ヶ月分?支給額は? 平成26年度 賞与支給額グラフ:厚生労働省『表2 』より作成。 賞与(ボーナス)の平均的な支給回数は、会社単位で定める賃金規定があり、一概には何ヶ月分が支給されるという話はできかねます。 しかし、大企業と中小企業であれば、概ね以下のような月数となっている傾向です。 大企業: 2. 5ヶ月』という計算式となり、算出額がイコールと考えて問題無いでしょう。 ただし、業績・個人実績による査定でブレる場合はあります。 賞与が増額されることがある さきほど説明した『決算賞与』が賃金規定に組み込まれていない場合、業績好調期の社員還元として、通常『2ヶ月分』と規定されていた賞与支給月数が3ヶ月に増えることなどがあります。 賞与「あり/なし」トリックで差が歴然? 基本給で35万円をもらっていても、基本給29万円の人よりも年収が低い場合もあります。 賞与「あり/なし」のトリックや、実際に起こりうる年収差について考えてみましょう。 賞与「あり/なし」トリック賞与の有無で収入の差が歴然 以下、年齢30歳・IT企業勤務であるあるな、基本給を例に挙げて比較してみると、将来設計が立てやすく損のリスクが少ないのはどちらなのか分かります。 安定企業を想定しての例ですので、野心家の方や、実力成果主義のイケイケ企業を志望されている方には響かないかもしれないですね。 30歳 固定給 賞与なし(退職金制度なし)• 差は歴然!年収に『450,000円』が発生することも。 本記事は大企業と中小企業の比較は行いませんが、賞与の有無で、実は大きな差が生じているということ。 業績好調を積み重ねながらも、堅実経営を重んじ、社員への還元を考えている企業の社員には普通に働いていても、なかなか敵わないのかも知れません。 賞与なしの会社でよくあるメリット• 良し悪しはあるが、実力主義• 良し悪しはあるが、歩合給あり• 同年代より、手持ちが多い 賞与なしの会社でよくあるデメリット• 普段の給与支給額が(賞与ありの)同業他社よりも多い• 退職金制度を整備していない会社が多い 将来設計が立てやすいのは『賞与あり』 これは一般論ですが、会社組織や利益規模が大きい会社で、『賞与:年2回/決算賞与:年1回』という場合、年収で考えたとき、賞与なしの会社に勤めている社員よりも、年収トータル額は50万~100万ほど差がつくことが多いです。 中小企業で利益規模が大きくても、組織拡大路線を走っている会社ですと、どうしても社員への還元は小さくなりがちです。 当然ですが、中小企業でも大企業顔負けの待遇を用意している会社も、実際に存在しますので一概には言えませんし、限りは作りたくはありません。 そう考えると、車や住宅の購入、積立など安定した将来設計をしたいという方は、賞与ありの会社の方が設計はしやすいですね。 (あると使ってしまう方は特に) その他、賞与に纏わる『あるある』• 新入社員1年目は支給されない• 新入社員1年目でも日割り支給される場合あり• 賞与は立派な給与なので税金かかります• 業績連動型で賞与算出する会社あり• 決算賞与が凄いので賞与なしもあり• 賞与をもらって退職する人は多い• ベンチャーでは変わった制度も多い• 年俸制だから成績が賞与に加味されない 上記9点は、求人票を確認する際、誤った判断をしないためにも頭の片隅に置いておくことをオススメします。 業績悪化で賞与が支給されないことも! その昔、バブル崩壊と言われる経済を揺るがす事態が発生、近年では米国経済を起点として始まったと言われる、リーマンショックは記憶に新しい経済変動ですね。 それらは、恐慌にも近い大きな経済変動ですが、企業が経済活動をする過程では単純に自社の業績が悪化することは、十分に考えられることです。 会社の業績が悪化した場合、賞与が支払われるのか、今まさにご自身の会社の業績不振が発生しており、『今回のボーナスは支給されるの?』という不安を感じられている方も少なくないのではないでしょうか。 法律上、賞与の支給を行うか否かは、使用者(会社側)に任されており『任意による支給』というのが方の定めとなっていますので、業績が悪化した際には賞与不支給ということ自体に違法性は無いと考えられます。 ただし、就業規則で何らかの保障を定めている場合があるので、そのような規定がある会社に所属している方は、人事や経理担当者にそれとなく確認をするようにしてみましょう。 いかがでしたか? 仕事探しの中で『賞与』という制度がどんな特性をもったものなのか、また、どのような場合に有無の選択をすると良さそうか、答えは見つかりましたか? 焦りも出ますが、将来のこと、自身の特長をよく考えて向き合うようにしましょう。 筆者も頑張ります。

次の

【最新】公務員の夏・冬ボーナス平均支給額と支給日について

国家公務員 ボーナス 何ヶ月分

男性 女性 金融業・保険業 185. 2万円 85. 0万円 電気・ガス・熱供給・水道業 145. 7万円 104. 7万円 情報通信業 126. 3万円 69. 8万円 学術研究・技術サービス業 教育・学習支援業 122. 4万円 71. 9万円 製造業 118. 9万円 49. 2万円 複合サービス事業 102. 8万円 55. 6万円 卸売・小売業 79. 0万円 24. 6万円 建設業 75. 7万円 38. 3万円 医療・福祉 64. 9万円 52. 5万円 不動産業・物品賃貸業 63. 0万円 25. 6万円 運輸業・郵便業 58. 1万円 37. 9万円 サービス業 53. 1万円 21. 9万円 農林水産・鉱業 48. 3万円 32. 3万円 宿泊業・飲食サービス業 27. 6万円 7. 9万円 男性で最も平均ボーナスが多いのは 金融業・保険業、女性では 電気・ガス・熱供給・水道業になります。 また、最も賞与額が低いのは、男女共通して 宿泊業・飲食サービス業になります。 このように、業種は平均の賞与額に大きく影響することがわかります。 それでは、企業規模ではどうでしょうか。 事業所規模 男性 女性 100人以上 90. 0万円 48. 4万円 500人以上 113. 4万円 52. 3万円 1,000人以上 137. 7万円 51. 9万円 5,000人以上 156. 2万円 44. 0万円 によると、2017年度で最もボーナスが多かったのは、五大総合商社の一つである住友商事の 468. 8万円でした。 そのほかの有名企業では、日本の情報・通信を支えるソフトバンクで259. 0万円、大手化学メーカーの花王で246. 1万円と、やはり 大手有名企業ではボーナス額も高い傾向があります。 このように、平均賞与額よりも大幅にボーナス額が高い大手企業ですが、月給になおすと何ヶ月分になるのでしょうか。 大手企業では平均月給も高いため、平均賞与額は 月給の2ヶ月分~2. 5ヶ月分の計算であることが多いようです。 事業所規模 男性 女性 10人以上 51. 0万円 28. 9万円 30人以上 67. 4万円 40. 3万円 中小企業の賞与額が月給の何ヶ月分にあたるかで計算すると、 約1か月分程度になります。 企業規模が100人以上の企業では男性のボーナスの平均額が90万円、月給の2~2. 5ヶ月分だったことを考えると、 大手企業と中小企業ではボーナスに大きな違いがあると言えます。 さらに、厚生労働省の「」によると、企業規模が100人以上の94. つまり、中小企業では平均1ヶ月分のボーナスが支給されている一方で、 ボーナスが支給されない可能性もあるようです。 ボーナスは一般的に、 夏と冬の年2回支給されます。 新社会人の人やこれから働く就活生の人は、早ければ夏にボーナスをもらえる可能性があるということになります。 しかし、働き始めたばかりでは「ボーナスが何ヶ月分もらえるのか」というのは聞きにくいものです。 そこで、社会人1年目の場合のボーナスについて紹介していきます。 まず、ボーナスの支給には 査定期間という条件があります。 上半期と下半期の 査定期間内の評価によってボーナス支給額が決まります。 一般的に、夏の賞与が6月、冬の賞与が12月に支給され、それぞれ査定期間は4月~9月、10月~3月となっています。 社会人1年目の夏のボーナス 結論から言うと、 社会人1年目の夏の賞与はもらえないことが多いです。 なぜなら、上半期の査定期間が足りていないからです。 運よく支給されたとしても、 寸志程度であることが多いので、社会人1年目のボーナスはあまり期待しない方がよいでしょう。 夏季賞与の支給について最も多いのは「 一定額(寸志など)」となっており、平均支給額は大卒で 8. 8万円、高卒で 6. 9万円となっています。 社会人1年目の冬のボーナス 一方、冬のボーナスに関しては 満額支給されるようになります。 企業規模や業績にもよりますが、平均的な冬の賞与額は 月収の約2ヶ月分だと言われているので、40万円前後が平均額となります。 なかには、「 賞与を年2回支給し、決算状況に応じて決算賞与を年1回支給する」、と定めている企業もあります。 では、 決算賞与とは何を意味するのでしょうか。 決算賞与とは、 企業の業績に応じて支払われる賞与のことです。 企業は黒字になると一定額を法人税という税金として国に納めなければなりません。 この時、課税対象となる黒字から「 賞与」という形で社員に還元することで、企業側としても節税対策を行っています。 会社としては節税効果があり、社員としては自分たちの頑張りが目に見える報酬で返ってくるので双方にメリットがあると言えます。 しかし、一部の中小企業では 「決算賞与」という名目で年1回のボーナス支給を行っている場合もあります。 このような賞与に関する情報は 求人票に記載されているので、よく確認するようにしましょう。 それでは、地方公務員ではどうでしょうか。 地方公務員の場合は 条例によってボーナス支給日とその計算方法が決められていますが、多くの自治体で、国家公務員に準じた日付・数値となっています。 そのため、実際に月給何ヶ月分の賞与支給になるかは、 国家公務員のボーナス支給月数によって変わることが多いようです。 ただし、東京都や特別区については、 人事院勧告よりも支給月数が0. 1ヶ月分多くなることが多く、財政が厳しい自治体では人事院勧告よりも低くなる場合があるなど、自治体によって多少の違いあるようです。 公務員の月給やボーナスは高いイメージがありますが、これは企業規模が50人以上の企業の平均値を参考にしているからです。 平均賞与額が一番多い結果となっていたのが 金融業です。 しかし、製造業と同じように、職種や業種によっては大きな差があることも多くなります。 特に 銀行系では 年功序列の制度が根強く残っていると言われ、20代や新卒などではあまりボーナスは期待できないようですが、年齢や役職が上がるほどにボーナスの金額も上がっていくと言われています。 さらに、地方銀行と都市銀行では、都市銀行の方がボーナスが高く、一般職よりも総合職の方がボーナスが高いなど、同じ銀行系でも違いがあります。 また、 外資系や 証券会社では個人の成績が良ければボーナスも高くなる傾向にあり、若くても実力がある場合は外資系の方がボーナスを多く貰えることになります。 どのくらい貰えるかは個人の実力次第ということですね。 電気・ガス業も平均ボーナスの高い業界となります。 電気・ガス業と言われても、あまりに身近にありすぎてどのような業界なのかいまいち分からないかたも多いと思います。 電気業は火力発電や水力発電など、発電することで電力を得、それを各家庭や会社に供給する事業です。 ほとんどの方がお世話になている業種ですね。 ガス業は電気業と同じように、ガスを各家庭や会社に供給する事業です。 発電するための火力発電にはガスが使用されているため、電気業・ガス業は共にボーナスも高くなる傾向にあるようです。 現在では1、2を争う勢いでボーナスの高い電気・ガス業ですが、この業界は 国の政策に影響を受けることが多いと言われているため、ボーナス目的で就職を考えている場合は国の政策にも目を向けておくようにしましょう。 給料の何ヶ月分かを受け取れるボーナスですが、ボーナスは 額面通り全額受け取れるわけではありません。 そこから 所得税などが引かれることになるためです。 ボーナスから引かれるものは、• 所得税• 厚生年金保険料• 健康保険料• 介護保険料• 雇用保険料 などになっています。 住民税は引かれません。 では、いくらくらいを受け取ることができるのでしょうか?所得税などが引かれた後の手取りは 約8割と考えておきましょう。 扶養家族の人数や、地域によっても多少違いはありますが、およそ8割となります。 また、ボーナスが100万円を超える場合など、所得税が増える場合もあり、このような場合はボーナスの約7割が手取りとなります。

次の

【2020年】公務員の夏と冬のボーナスは何ヶ月分、日にち、支給額はこれだ!【令和2年】|赤ずきんくんのみんなで公務員になろう

国家公務員 ボーナス 何ヶ月分

国比較 月数 自治体 多い 4. 35 横浜市 同じ 4. 3 札幌市、仙台市、さいたま市、 千葉市、川崎市、相模原市、 新潟市、静岡市、浜松市、 京都市、大阪市、堺市、 神戸市、岡山市、広島市、 北九州市、福岡市 少ない 4. 25 名古屋市 4. 3月でしたね。 国より多いのは53件(すべて4. 4月)で、 国より少ないのは206件で、最低月数は夕張市の3. 5月でした。 2007年に財政破綻した 夕張市は例外として除くと、3. 95月が2件ありました。 実質の最低月数は3. 95月だとすると、最高との差は0. 45月なので、都道府県と同じになりますね。 2016年のボーナスの支給月数は、8割以上の自治体で国と同じ• 過去10年でも国と同じ自治体がほとんど こうして実際に調べてみると、 ほとんどの地方公務員は国家公務員と同じ支給月数だったことが分かりました。 ぼくも公務員だった頃は国と同じ月数もらってたみたいです。 公務員の方なら、こうやってボーナスや給料の額をある程度予想できるので、 ライフプランを立てる際に便利ですね。 公務員専用「お金のメルマガ」あります ぼくは元公務員のファイナンシャルプランナーですが、 公務員時代は「お金」に無頓着で、結果的にいろいろ損してました。 あのころ、今の【お金の専門家】としての知識があれば、損せずに公務員のメリットを最大化できていたのになぁ…と後悔してます。 そこで、 現役の公務員の方向けに、お金の知識やスキルが身につく無料のメールマガジンを配信してます。 ボーナスの税金を取り戻す効果的な方法や、 公務員の方しか使えない裏技など、いろいろとお話ししてますので、ぜひ詳細をチェックしてみてください.

次の