たまちゃん アザラシ。 アザラシ全19種類を画像付きで徹底解説!あなたのお気に入りはどの子?

懐かしのたまちゃん

たまちゃん アザラシ

明日は「アゴヒゲアザラシのたまちゃんが発見された日」 2002(平成14)年のこの日、東京と神奈川の県境にある多摩川で、アゴヒゲアザラシが発見されました。 ニュースでも取り上げられ、「たまちゃん」と名付けられるなど大きな話題となりました。 2004年の4月以降は姿を消し、同年7月には海に帰ったと言う報道もされています。 コミュニケーションのネタとして 2002年に報道されていたアザラシのたまちゃんを覚えておられますか? とお尋ねになられてはいかがでしょう。 また合わせてアザラシをご覧になられた事はありますかとお尋ねになることで会話が広がります。 生活リハビリ(レクリエーション)のネタとして 近くに水族館があるならば、そちらにアザラシを見に行かれてはいかがでしょう?料金がかかりますが、普段見ることのない生物を見ることで脳への刺激となり、認知症予防に効果が期待できます。 また施設内を歩くことで体力維持にもつながります。 近くに水族館が無い場合は、動植物を見に出かけられるのもいいかもしれません。 さんによるからのイラスト.

次の

「タマちゃん」の愛称で親しまれたあのアザラシの種類は?

たまちゃん アザラシ

2月12日11:00、ほのぼのしたイベントが横浜市の西区役所で行われました。 タマちゃんに住民票を発行、さらに「西区まちのセールス大使」に任命するというイベントです。 タマちゃんとは、もちろん、あのアゴヒゲアザラシのタマちゃん。 西区を流れる帷子川(かたびらがわ)の護岸にちょくちょく姿を見せることから、西区のきれいなまちづくりを呼びかけるキャラクターに任命されたのです。 ニュースではちょっとしか報道されなかったので、イベントの一部始終を詳細にレポートしてみます。 何かとお騒がせなタマちゃん関係のイベントとあって、会場となった西区役所には見物客より報道陣の方が多数押し掛けていました。 11:00前、近所にある南浅間保育園と杉の子幼稚園の園児たち約50名が入場、さらに会場は喧騒とした雰囲気に。 11:00、司会の女性の「みなさん、こんにちは~!」のかけ声で、イベントが始まりました。 「ただいまから、西区の帷子川に姿を現しているアザラシのタマちゃんに『まちのセールス大使』の任命をする式を開会いたします」 なんと! 住民票を発行するイベントではなく、任命式が主題でした。 「まずはじめに、タマちゃんの代理として西区の幼稚園・保育園の皆さんから戸籍課長へ転入届を出していただきます」 先生の誘導で園児代表2名がとことこと前へ進み出て、戸籍課長に転入届を出しました。 戸籍課長はそれを受け取り、住民票を発行する手続きをしに部屋の外へ出ていきました。 その間、今回のイベントの趣旨を説明するため、君塚西区長があいさつ。 「タマちゃんが去年の9月から帷子川に住み始めました。 これは帷子川がキレイだということです。 また、周りの住民の人たちもやさしく見守っています。 皆さんもゴミを捨てないように約束してくださいね。 みんながまちをきれいにするのを守れるように、タマちゃんに力を貸してもらうため、セールス大使に任命します。 また、タマちゃんが住んでいる証拠として住民票を渡したいと思います」 戸籍課長と先ほどの園児2名が再び前へ。 一人の園児がA3サイズのタマちゃんの住民票をうれしそうに受け取り、もう一人の園児は大きなタマちゃんのぬいぐるみをもらいます。 うれしそうに列に戻っていきました。 「次に、西区長から「まちのセールス大使任命証」を交付します。 任命証は「タマちゃんを見守る会」会長の田中さんに、タマちゃんの代理として受け取っていただきます」 タマちゃんを見守る会というのは、タマちゃんが縁で知り合った方々が集まってできたグループ。 多摩川に出現した時から見守っている人もいるそうです。 毎日、タマちゃんが帷子川に現れないか、観察を続けていらっしゃいます。 続いて、見守る会の相談役・相沢さんがごあいさつ。 通算37回、タマちゃんは姿を現しました。 観察していると、そのうち中潮は19回、日曜日は9回、月平均8回、というデータ出ています」 おぉ、なるほど。 神出鬼没のタマちゃんを見守るのって、ホント、たいへんそう。 ちょこっと行ってみるだけでは、とてもタマちゃんに会えそうもありませんね。 さらにお話は続きます。 「タマちゃんの現状ですが、11歳で男の子です。 体重は120kgぐらい、身長は150cmぐらいです。 護岸で休息していますが、ゼッタイに大きな声を出したり、フラッシュをたいて写真を撮ったりしないでくださいね」 その後、予定されていなかった出来事が! また、どんな住民票が発行されたのか! 続きは次ページで!.

次の

あらちゃん、タマちゃん、アザラシが荒川を好む理由は何? : カラパイア

たまちゃん アザラシ

2002年夏、多摩川に迷い込んだ野生のアゴヒゲアザラシ 【時系列の記録】 2002年 8月7日、多摩川で発見。 8月17日、姿が見えなくなる。 8月25日、鶴見川に登場。 8月31日、姿を消す。 9月12日、横浜駅近く帷子川に登場。 9月13日、姿を消す。 9月15日、大岡川に登場。 9月18日、大岡川に再登場。 9月29日、帷子川に再登場。 以下、登場話は割愛。 2003年 2月12日、横浜市西区がタマちゃんに「ニシ・タマオ」の住民票を発行。 も付番した。 当時の横浜市長は参加を見合わせていた。 3月11日、市民団体「タマちゃんのことを想う会」がタマちゃん保護を目的とした捕獲活動を行うが「タマちゃんを見守る会」などに阻止された。 タマちゃんは3月14日を最後に姿を消す。 4月20日、越谷市の中川、河口から30kmの場所でアザラシが目撃される。 4月27日、荒川でアザラシが目撃される。 5月、写真集「タマちゃん」けやき出版 が発売される。 2009年 7月、タマホームの宣伝でキムタクが「たまちゃん?」とツッコムCMが流れる。 アザラシのタマちゃんとは関係ない。 10月、大田区下丸子周辺を巡回するコミュニティバス、愛称「たまちゃんバス」が運行開始。 イメージキャラクターの「たまちゃん」はアゴヒゲアザラシのイラスト。 東急バスが運行しているが、東急バス全線定期は使えない。 2014年4月1日 「たまちゃんバス」が運行ルートを変更した 2010年6月撮影 「 タマちゃんは 今日は出たかと 社会面」 moto蔵 心の俳句.

次の