コロナ禍 ころなか。 コロナ禍 (ころなか)とは【ピクシブ百科事典】

コロナ禍の読み方がわからないので意味とかも一緒に調べてみた話【うず?なべ?】

コロナ禍 ころなか

コロナ禍とは|読み方や意味、使い方・「災」との違い・コロナ禍の影響を受けた業界、働き方の変化を解説• 2020年6月30日• , , , , , , ,• この記事では「コロナ禍」の読み方や意味について解説いたします。 感染者や死者が増加の一途を辿る新型コロナウイルスは、その言葉を見聞きしない日がないくらい連日報じられているのは周知の通りです。 その報道の中で、「コロナ禍」という言葉が使われるようになりました。 しかしこの言葉の読み方や意味がよく分からないという人も少なからず見受けられます。 そこで今回は「コロナ禍」の読み方や意味、使い方や報じられ方などをピックアップしてまとめました。 この記事の内容が、コロナ関連のニュースを見聞きする上での参考になれば幸いです。 ・コロナ禍は学生の就職活動にも大きな悪影響を与えている。 新型コロナウイルスによる売上減などを理由に、内定取り消しや会社説明会の中止などが現実として起こっています。 この例の通り、「コロナ禍」は学生の就職活動に大きな悪影響を与えているといえるでしょう。 「禍」と「災」の違い 「禍」と似た意味を持つ言葉として「災」を思い浮かべる人も多いかもしれません。 どちらも同じ意味だと思われるかもしれませんが、厳密には以下のような違いがあります。 ・「災」は防ぎようのない天災 ・「禍」は人為的な努力によって防ぐことができる事柄 上記を踏まえて考えると、新型コロナウイルスは防ぎようのない天災ではなく、政府や医療などの連携や協力によって防ぐことができるものだと解釈できます。 また早期対策を適切に打ち出すことができていれば、これ程まで拡散するものではなかったという見方もできるかもしれません。 なお「口は災いの元」という言葉があるのように、人為的に防ぐことができるものであっても「災」を使うケースが少なからずあります。 したがって言葉の意味や使い分けに対して過度に神経質になる必要もないでしょう。 「コロナ禍」の影響を受けた業界 「コロナ禍」の影響を受けたのはほとんど全業界といっても過言ではありません。 この項目では、その一例として4業界を取り上げました。 飲食業界 新型コロナウイルスは飛沫感染することが確認されているので、近距離で話したり他の人と飲食物を共有したりする飲食店では客足が遠のいている店舗が多く見られます。 中には前月の売上の半分以下になってしまったり、閉店に追い込まれたりした店舗もあるほどです。 採算度外視で破格のキャンペーンを企画したチェーン店もありますが、以前の水準まで客足を戻すまでには至っていないといえます。 特に所帯持ちのサラリーマンは、自身を経由して家族に感染させてしまうというリスクを恐れてまっすぐ帰路に着くという人が多いかもしれません。 宿泊業界 旅館やホテルといった宿泊業界では、海外観光客が大幅に減ったこともあり売上を落とした店舗が多いといえるでしょう。 特に海外観光客の依存度が高かった店舗では、廃業の憂き目にあったというケースも少なくありません。 またイベントやライブなどの自粛もあり、キャンセルが相次いだというケースも見られました。 イベント業界 人が密集したり近距離で接触したりすることから、中止を余儀なくされたイベントは多いでしょう。 チケットの返金対応やイベントに携わる人々の人件費など、関連する問題は山積みです。 そんな中でオンラインでイベントやライブを公開して収益を上げているアーティストやパフォーマーも現れるなど、業界のマネタイズ手段が多様化する一因にはなっているかもしれません。 小売業界 マスクや消毒用のアルコールなどを買い求め、ドラッグストアには毎日のように早朝から長蛇の列ができました。 スーパーでも生産停止による品薄を危惧してトイレットペーパーや食料を買い占めるというケースが多く見られます。 政府や店舗では注意喚起の情報を積極的に発信していますが、冷静さを取り戻させるには至っていないといえるかもしれません。 「コロナ禍」の影響による働き方の変化 「コロナ禍」をきっかけとして、働き方に変化があった例が少なからずあります。 この項目では、その事例として3つピックアップしました。 時差出勤 満員電車による従業員の新型コロナウイルス感染を防ぐことを意図して、出勤時間を前後にずらす「時差出勤」を導入した企業が多く見られました。 特に大都市圏では電車通勤がメインということもあり、より効果を発揮するとされています。 したがって満員電車の解消に一石を投じるきっかけになったといえるでしょう。 リモートワーク・テレワーク・在宅勤務 似た言葉ではありますが、それぞれ少しずつ意味が異なります。 まず「リモートワーク」は「働き方にかかわらず、オフィス外で働くこと」です。 場所は自宅やカフェなど、オフィス外である以外は特に限定されていません。 続いて「テレワーク」とは「離れたところで働くこと」を意味する造語です。 通勤したり会社で人と接したりすることなく、仕事を進めることができます。 そして「在宅勤務」は「自宅で働くこと」で、「テレワーク」の一つです。 インターネットを使ったオンライン会議やメールなどを使ったやり取りなどで仕事をすることで、家にいながら仕事をすることを指します。 オンライン配信 学習塾や英会話教室のように対面して行なっていた授業を、オンライン上で公開したり授業したりするようにしたケースが散見されます。 そうすることによって生徒は他の生徒や講師と近距離で接することなく授業を受けられるというわけです。 また先述のように、ライブやイベントをオンラインで公開することによって広告収入を得るというアーティストやイベンターも出現しました。 「コロナ禍」が収束しても、オンラインでの活動をメインにするという人もいるかもしれません。 まとめ この記事のおさらい ・「コロナ禍」は「ころなか」と読み、「コロナウイルスによってもたらされる不幸」という意味がある ・「災」は防ぎようのない天災なのに対し、「禍」は人為的な努力によって防ぐことができる事柄であるという違いがある ・「コロナ禍」の影響を受けたのはほとんど全業界 ・「コロナ禍」は働き方を変化させるきっかけになったという一面があり、その例として「時差出勤」や「リモートワーク」、「テレワーク」や「在宅勤務」などが挙げられる.

次の

コロナ禍(ころなか)を英語に訳す

コロナ禍 ころなか

KNNポール神田です。 突然ですが、ウェブの媒体で、『コロナ禍』という文字をよく見かけるようになりました。 『コロナ化する昨今…』とか、テレビニュースなどをよく聞く今日この頃…。 なので、『コロナか』と読む。 老眼でスマートフォンでガン見しても、『禍』も『鍋』も『渦』すべて一緒に見えてしまうから面倒だ。 テレビで聞いていた『コロナ化する社会』は『コロナ禍する社会』と言っていたのか…。 別に『コロナ化する社会』でも意味が通じるので、まったくよいのだが…。 むしろ、読めない文字は、打てないということの方が問題だ。 読めないと検索もできない。 しかし、まちがった言葉のという便利な世の中だ。 そう、まずは、まちがった読みかたで、なんでも検索してみよう! コロナ鍋『コロナなべ』というと、コロナビールで煮込んだ鍋をイメージできるが、検索すると、しっかりと『コロナ禍』が説明されて驚く。 それだけ読めない人が多いことの証でもある。 しかし、読み方がわかったけれども、書けるかというと、実はとっても書きにくい…。 『わざわい』で変換すると、『災い』が登場し、いくつか候補を探すと『禍』が登場する。 しかし、何度も、『コロナわざわい』を打ち込み『コロナ禍』を表記するのはとても大変だ。 そう、プログラマー的な発想で考えると、2回以上、面倒くさいことはプログラムを組んでしまえと発想するのだ! まずは、そんな時のための『単語登録』だ。 PCでの単語登録は知っているが、スマートフォンでの便利な単語登録が意外に知られていない…。 この『コロナ禍』を『ころなか』で登録するには、まずは、『コロナわざわい』を打ち込み、それを選択する…。 すると…ほら~! 『ユーザ辞書』で登録 出典 筆者 こんなところに『ユーザ辞書』が隠れていました…。 ここでは知られないはずだ。 そして、『よみ』を『ころなか』にすれば… よみ を打ち込みます 出典 筆者 次回から『ころなか』で『コロナ禍』が候補として現れます。 これであなたの残りの人生は余裕ができるはずだ! 問題は、アルファベットの辞書登録…だ。 そう、アルファベットや数字だけでは、『ユーザー辞書』では登録できない。 しかし、これはとても簡単なクリア方法がある。 とても簡単で、一番最後の語尾に『あ』などの日本語をいれて登録するのだ。 登録した単語で、 『ユーザー辞書』変換してから、カーソルがある最後の文末の『あ』だけを削除すればよいのだ。 長いURLも最後に『あ』を入れて辞書登録 あとで削除すればよい 出典 筆者 自分のブログやYouTubeアドレスなどもいちいちコピーペーストするのではなく、単語登録に『あ』を挿入しておくと、スマートフォンなどでもすぐに変換できて便利になる。 これで、自分のマイナンバーなども最後に『あ』を入れればすぐにでてくるようになる。 たった一回の『ユーザー辞書』の登録で人生の大幅な時間短縮につながる…。 一番の問題は、その時間短縮した効果を何に使うかだが…。 KNNポール神田です。 この度、2020年2月より、有料記事の定額サブスクリプションサービスを開始することとなりました。 シェアリングエコノミー時代、インターネットもソーシャルメディアを媒介として大きく変革してきました。 大手メディアとの接触時間よりもより尖った個人の時代へという流れは、もはやYouTuberにもこのYahoo! 個人ニュースの流れにもみえてきました。 現在のYouTubeのビジネスモデルは広告収益の7割をクリエイターに還元することにより、クリエイターへの報酬の『トリクルダウン型の分配』が上がり、プロとして自立し職業としてのYouTuberが育成されてきました。 現在は広告を掲載できるユーザーに制限を加えているほでです。 そう、Yahoo! 個人ニュースも同じ『トリクルダウン型の分配』モデルです。 そして、今度は『D2C(Direct to Consumer)』のような自社チャネル、いわば『個人チャネル』の時代へ向かう勢いがみえてきました。 note. muで販売する個人コンテンツで生計を立てられる人も、liveチャンネルで『LIVER』として生計を立てる人まで、また、『オンラインサロン』などのサブスクリプションも…。 今までであれば、ひきこもりや、オタク、低偏差値と差別や区別された人たちが、稼ぎはじめている。 この潮流はなかなか表層だけではつかみにくいものです。 かつてのエリートと言われた人たちが会社から、リストラを宣言されたり、副業を考えはじめた時に、まったく道の世界がすでに広がっていたりします。 しかし、その流れは確実に、インターネットの次なる潮流を照らしていると思います。 『ウェブ2. 0』の概念は、『SNS』のメディアを予見していました。 『IoT』やら、『AI』やら、『5G』やら、常にIT業界は売るためのバズワードで溢れています。 しかし、本質は常に、『ニッチ』から生まれていきます。 日々のニュースを深堀りしながら、新たな次世代の『ニッチ』な変化を一緒にさがしませんか? KNN総研リポートでは、日々のITニュースの潮流をリポートしながら、その裏で起きているビジネスのヒントやチャンスを具体的な事象のアイデアでのアプローチ手法を紹介していきます。

次の

コロナ禍って何て読んでどんな意味?コロナ渦間違いでコロナ鍋でもない!

コロナ禍 ころなか

コロナ禍(ころなか:コロナショック)で失職や収入減などでひどい目に遭っている人も多い。 来年の就職は超氷河期だろう。 自分の場合は貯蓄して寿命まで逃げ切れると踏んで退職して遊んで暮らそうと思っていたら癌が見つかって半年お休みでやっと落ち着いて旅行ができるかと思えば今度はコロナ禍でまた半年以上身動きできない。 外出できないので平日もフラフラ遊べないしスポーツジムでただでさえ少ない体力の維持すらできない。 そのうちコロナのストレスで精神面の体調不良だ。 これでは何のために早期退職したか分からなくなる。 癌については早期退職のおかげで病院に通って手遅れ前に発見できたという見方もできるがコロナ禍は違う。 自分の場合にはまだ2年間遊んだからいいものの今年早期退職してよし人生これからと企んでいた人はいきなり石ころに躓いた形だ。 会社によってはテレワークでいいのだから自分の仕事だったら家で遊んでいるのと大差がない😏 しかしそんなコロナ禍でも悪い事ばかりではない。 一つはコロナに限らずウィルスに対する国民の認識が変わりつつあること。 これまで風邪は感染された方が悪いという考え方が大半だった。 風邪やインフルを引いてもマスクはしないし咳エチケットをする人間も少なかった。 そんなもの免疫の弱い自分からすると頭おかしい。 風邪だろうが感染させる方が悪いに決まっている。 ウィルステロと変わらないし刃物を持って振り回しているのと大差ないのだ。 風邪による体力消耗はグーで3回本気で殴られる痛みと大差がないと考えている。 コロナは死者が発生するためようやくウィルスに対しても感染させる責任という概念とマスクをつける咳をする時には人に向かないという習慣が広がった。 この点だけ鑑みれば嬉しい。 今後も継続されるべきだ。 新型コロナウィルスは数年に跨って流行ることになるだろうから定着すると期待したい。 そしてもうひとつ変化したのが食生活だ。 今年から主食を米からオートミールに変えたのはコロナではなく高脂血症のためのスタチン薬が飲めなくなったからだ。 しかしおかずはコロナによって変化している。 コロナ禍で高級魚が売れないのでスーパーなどでお安く並んでいるという話はニュースで耳にする。 でも残念ながら田舎のスーパーでは見たことがない。 地方で見かけるのは毎年と変わらず高級魚だと鯛、ヒラメ、金目鯛あたりだ。 たしかにこのボリュームの鯛の塩焼きが300円台で食べられるのは嬉しい。 それでも高級品のクエ、ノドグロ、ホシガレイ、ハマダイあたりを鮮魚店で入荷されないか期待してチェックするのだが見たことがない。 田舎じゃ元々食材として存在しない魚を並べたところで売れるか分からないものは販売しないようだ。 一方で魚以外は見かけない食材をちらほら目にするようになった。 例えばウルグアイ産の牛肉だ。 食べてみたが赤身がしっかりした味がするものの臭みが無いし価格もリーズナブルでまた見つけたら是非買いたい。 調べてみると牧草育成なので本来あの豪州牛肉のような独特の臭みがあって然るべきだがペロリと食べられたことから与えている牧草の種類が違うのだろうか? 何種類も並んだ肉の中から目隠しで豪州肉だけを当てろと言われても100%の確率で当てられるほどあの匂いが苦手なのでウルグアイ産牛肉は明らかに味が違う。 アメリカ産牛肉は臭みが少なく大好きなのだが 肥育ホルモン剤をガシガシ使っているらしいので毎回食べるのには気が引ける。 最近食したウルグアイ産はおそらくコロナで客が寄りつかないステーキハウス・ブロンコビリーの仕入れ分が流れて来たと思われるができるなら今後もウルグアイ産をアメリカ産並みに流通させて欲しい。 アメリカ産も輸入しないとトランプ大統領の圧力が煩いから牛丼など加工食品だけに使ってくれればいいぞ😛 コロナがなければウルグアイ産の牛肉がおいしいなんて知ることはな無かった。 豪州肉は苦手といったが独特の香辛料で煮込まれているので臭みも飛んでいるしこのミートパイ価格の割においしい。 1個400円や500円するならおいしくて当たり前だがスーパーで販売していた時には200円だった。 追加購入しようと翌々日に出かけたが既に売り切れて再入荷は無かったものの調べるとコストコで6個約1000円で販売されているのでこれ目当てでまたコストコに入会し直してもいいくらい。 でも入会すると大好きなブラッドオレンジジュース、やわらか焼きいか、さくら鶏、冷凍タコ焼き、お寿司、でっかいティラミスあたりがもれなくついて来て無駄使いしそうで悩みどころだ。 中国食材中心で激安の業務スーパーか国産中心のお高めなコストコのどちらに通うのが安全かなんて敢えて答える必要もない。 ミートパイ以外にもトンブリを見つけて食べたり、 シオーナなんて聞いたことがない野菜も食べることが出来た。 原価120円のサラダ、価格の大半がトマトとシオーナ — 退職しよう retire00049 これはサクサクな葉っぱの中に薄っすらと塩分を持っている不思議な食感の野菜だった。 多分これらも中央(東京)の高級店などで消費しきれず流れてきたものだろう。 加工製品でも見かけない食品を販売していた。 米久の肉団子 247円 だ。 国産と書かれてこのボリュームで250円は安い。 美味かった。 レトルト肉団子であの独特の臭みがないのは衝撃だった。 もう少し軟骨が混ざっていれば食感も最高だったがこの価格で贅沢は言えない。 この食材もこれまで近所のスーパーで見たことがなかったのでコロナの影響による微妙な物流の変化が少なからずあるのではないかと思う。 日持ちもするのでセブンプレミアム食品を1,2つ削って冷蔵庫のストック用にしたいほどだ。 このウィンナーも見たことがなかった。 天狗ハムのサラミ風ウインナーだ 実のところウインナーはあまり好きではない。 サラミはピザに乗っていたりするので普通に食べる。 スーパーのポップでかなりおいしいと書かれていたので試しに買ってみた。 サラミ風ウィンナーというよりウィンナー風サラミでいいと思う。 天狗ハムは金沢のメーカーのようでこれも長年通っているスーパーで初めて見たのでコロナの影響だろう。 流通の変化だけではなく3日に1度しかスーパーに行かないため冷凍食材を使う機会も増えた。 その中でも定番になったのが焼売だ。 元々冷凍餃子は冷凍庫に常備していたがレンチンで済む焼売の方がサイドとして使い勝手がいいので利用が増えた。 よく食卓に並べるようになるのでおいしい焼売を求めて一時は黒豚シュウマイ、居酒屋焼売、エビシュウマイなど高級冷凍焼売にも手を出した。 しかしこれらの焼売は単価が高いのでメイン料理にせざるを得ないことから最終的に再度コスパでニッスイのかに風味シューマイ25 178円 に落ち着いている。 これも価格を考えればおいしい。 今後も流通が変容して新しい食材が地元に流れてくるのを楽しみにしている。 なにせコロナ禍の間は自炊の食事しか楽しみがないから。

次の