韓国 経済 2020。 韓国経済、【日韓通貨スワップはお断り】韓国とマレーシア 通貨スワップを3年延長へ 韓国は現在7カ国と通貨スワップ協定を結ぶ

韓国、経済成長率マイナスに転落…景気低迷が長期化の様相、早くもコロナ第2波の兆候

韓国 経済 2020

アメリカの後釜ですか、インド?中国?ダメだロクな駒が無い。 コレはあれですね。 さらに、日本の防衛に必要な情報も収集。 現在、正常に戻りつつある日韓関係にも注目。 韓国経済崩壊のプロセスを看取るサイトは新サイトへ移動しました。 読者様からのコメントも3万超え!コメント検索機能も追加。 2019年に韓国経済が破綻するという韓国経済危機説や韓国経済崩壊説が最近話題だが、実際はどうなのか。 膨大な記事と管理人こと、ジンボルトによる11年にわたる韓国経済の知識を総動員して分析していく。 また、最近の悪化の一途を辿る日韓関係に関わる事件にも要注目してほしい。 新着記事を一目でわかるようにした。 それと最初のリンクを新着記事一覧にしてある。 後、記事が埋まってしまったようにまとめリンクも作成した。 ただ、これが読者様にとって記事を探りやすいかどうかは未知数なので、感想や意見などがあれば教えていただきたい。 そのとき、PC,スマホ,タブレットから見てどうなのかを説明して貰えるとありがたい。 アーカイブ アーカイブ 最近の投稿• 人気記事• 127,661件のビュー• 76,200件のビュー• 63,900件のビュー• 59,900件のビュー• 57,500件のビュー• 51,400件のビュー• 51,200件のビュー• 47,600件のビュー• 47,200件のビュー• 44,800件のビュー 最近のコメント• に しぐなる より• に しぐなる より• に 零戦搭乗員 より• に 酔って候 より• に rom専 より 人気の記事〔1日〕• 1,300件のビュー• 1,200件のビュー• 800件のビュー• 700件のビュー• 500件のビュー• 400件のビュー• 300件のビュー• 100件のビュー• 100件のビュー• 100件のビュー 韓国経済のリンク(情報収集サイト).

次の

新型コロナ禍で資金流出「崩壊した韓国経済」の最悪シナリオ 渡航中止勧告で生産活動は大混乱に

韓国 経済 2020

「Getty Images」より 韓国で2020年1~3月の成長率が公表された。 季節変動や物価変動の影響を除いた季節調整済実質成長率は1. 4%減となり、この減少率が1年間続いたと仮定した場合の1年間の変化率である年率では5. 5%減となった。 そもそも韓国は現在でも潜在成長率が3%程度と高く、マイナス成長になることは珍しい。 1990年1~3月期から今期である2020年1~3期までの30年ほど、120の四半期のうち、前期比がマイナスになったのは10回しかない。 なかでも一番マイナス幅が大きかったのは通貨危機に直面した直後である1998年1~3月期であり、年率で24. 6%の減少となった。 当時は前年末に通貨危機が発生し、IMFから融資を受けるための条件を満たすためマクロ経済政策を超緊縮基調とした。 具体的には、コール金利をサラ金なみの高水準に引上げた結果、各種金利も大幅に高まり、設備投資がストップした。 さらにただでさえ税収が減るなか財政収支を黒字化させたため、政府支出を大幅に削減した。 その結果、総需要が急激に縮小して記録的なマイナス成長となった。 次にマイナス幅が大きかったのは2008年10~12月期であり、前期比で3. 3%減、年率で12. 5%の減少であった。 この時期は、リーマンショックによりウォンが急落し金融市場が混乱し、実体経済も大きなマイナスのショックを受けた。 総じてみれば低調に推移 2020年1~3月のマイナス成長幅は、通貨危機直後、リーマンショック直後に次ぐものであり、これはいうまでもなく 新型コロナウイルス感染拡大による影響によるものである。 2020年1~3月の成長率を、需要項目別に詳しく見てみよう。 今回、最もマイナス幅が大きかった需要項目は個人消費であり、前月比6. 4%減、年率では23. 2%にも達した。 一般的に個人消費は、消費の習慣性から景気変動に対して安定的な動きを示す。 すなわち、景気が悪くなってもそれほど不振とならず、景気が良くなっても大きく増加しない性質をもっている。 しかし、今回は一般的な動きとは異なり大幅減となった。 これは、新型コロナウイルス感染拡大により、人々が外出しなくなったため、飲食サービスや宿泊サービス、娯楽・文化サービスが急落したことによる。 一方、景気悪化時に大きく減少するはずの設備投資はプラスを維持している。 前期比では0. 2%増、年率では0. 9%増であり、決して高い伸びとはいえないが、GDP全体の成長率が大きなマイナスとなるなか、踏ん張っているともいえる。 これは、後述する理由で半導体の調子がよく、これに関連する設備投資が堅調であることが大きい。 また建設投資は前期比で1. 3%増、年率で5. 2%増と調子がいいが、土木工事がその要因であり、政府による景気下支えが行われていることがうかがえる。

次の

韓国がこれから直面する「IMF危機以上」の地獄 文在寅の経済失政の上にコロナショックは「複合危機」を招く(1/5)

韓国 経済 2020

この資料には、生産だけでなく、個人消費や設備投資など内需を示す指標が一括して掲載されることから、景気の動きを総合的に判断することができる。 3月末に2月の動きというとかなり遅いのではとの印象を持つ人もいるかもしれないが、実務上、2月の数値は3月に入ってからしか調査できず、生産を例に取れば、事業所から前月の生産数などの数値を受け取らなければ統計を作成できない。 よって実体経済に関する指標は、為替や株価と異なり、ある月の数字が翌月末に出れば、かなり早いといえる。 さて、2月の実体経済の数値からわかることは、 コロナウィルス感染拡大の影響は本格的には出ていないものの、一部ではすでに深刻な打撃が確認できる点である。 ここからは生産、個人消費、設備投資の順にみていこう。 まず生産である。 製造業の生産動向を測る指標である鉱工業生産指数は、季節調整済前月比で3. 8%減少した。 なお鉱工業生産については業種によって差が大きかった。 半導体はサーバー用のDMAR(記憶保持動作を必要とする随時書き込みおよび読み出しが可能な半導体記憶素子)は3. 1%増加した。 半導体需要は昨年秋ごろから回復の兆しが出ており、2月の段階ではまだ大きな影響は出ていなかった。 一方、自動車は27. 8%も減少したが、これはコロナウィルスの感染拡大により中国で生産される部品の供給が途絶え、現代自動車の工場の稼働が一時ストップしたことが要因である。 サービス業の生産動向を測る指標であるサービス業生産指数は3. 5%減少した。 サービス業は景気変動の影響を受けない業種が多く、景気には鈍感な指標であるが、2月は大幅減となった。 なかでも宿泊業と飲食業は18. 1%の大幅減となっており、すでに2月の段階で大きな影響が出ている。 また運送・倉庫は9. 1%減であるが、航空と鉄道の旅客輸送が減少した影響によるものといえる。 次に個人消費をみていこう。 個人消費を測る指標としては小売販売額指数があるが、これは2月に6. 0%減少した。 なかでも注目すべきは景気にきわめて敏感な耐久財の消費が7. 5%減少していることである。 衣料など準耐久消費財は17. 7%減少しているが、これは暖冬の影響で冬物衣料が売れなかった要因もあるが、コロナウィルス感染拡大により客足が鈍った影響もある。 最後に設備投資である。 設備投資を測る指標としては設備投資指数がある。 これも2月は4. 8%の減少であり、自動車など運送装備が15. 4%減となった。

次の