白血球 数 基準 値。 白血球数(WBC)の正常値は?多い・少ない場合の原因は?

白血球が少ない原因を解説!放置したら元に戻る?風邪をひきやすくなることも

白血球 数 基準 値

白血球数の基準値はどのくらいか 白血球数はその日の体調によって数値が大きく変化します。 また、個人差も大きいため、一概に基準範囲を想定することは現実的にはできませんが、以下の表から大きく逸脱して変化することはありませんので結果表がある場合は参照指標となるはずです。 白血球が多い原因 1.感染症 白血球は体内に侵入した細菌やウイルスなどの異物に対抗し、体を守るときに増加します。 よって、血液検査を行ったときに何か感染症にかかっている場合は白血球の数が多くなってしまう傾向があるのです。 感染症として多いのは細菌感染症、真菌感染症、ウイルス感染症があります。 また、これら3つに比べると少ないものの、結核、感染症心内膜炎、百日咳、梅毒、トキソプラズマなどが原因となる場合もあります。 このように風邪でも一時的に白血球の数が上昇することがあるのです。 咳や熱などの症状があった場合は、体調がよくなってからもう再度検査を受けるとよいでしょう。 2.生理的原因 喫煙、運動、興奮、不安、月経、出産などの生理的ストレスも大きな原因のひとつです。 寝不足や不規則な生活が続くと、一時的に白血球が増加することがあります。 白血球の数が多くなるのは短期的なストレスの場合が多いです。 このようなストレスでは白血球の数が多くして、免疫力を活発にしようとする体の動きがあるからです。 逆に、長期的なストレスを受けている場合は白血球の数が少なくなることが多いです。 3.薬の服用やアレルギー疾患 ステロイドなどの薬の服用や、体に合わない薬を使用した場合のアレルギー反応として、白血球が増加することがあります。 また、アレルギー疾患としては、花粉症、アトピー性皮膚炎、気管支喘息、じんましん、アレルギー性鼻炎なども白血球の増加に影響することがあります。 また、がんの骨髄転移・浸潤、膠原病、血液疾患など様々な理由により白血球の増加が見られます。 1.白血病 ごく稀に白血病が原因で白血球が増加している場合があります。 白血病は血液のがんです。 白血病は、がん化した細胞のタイプから「骨髄性」と「リンパ性」に分けられ、さらに病気の進行パターンや症状から「急性」と「慢性」に分けられます。 白血球というのは、顆粒球、単球、リンパ球の総称です。 このうち骨髄性白血病に関係するものは顆粒球と単球でリンパ性白血病に関係するものはリンパ球になります。 急性白血病は進行が早く、貧血や、出血が止まらなくなる、感染症にかかりやすくなるといった症状がみられます。 また、慢性白血病はゆっくりと進行し、初期はほとんど症状がみられないため、健康診断での白血球数の異常から偶然に見つかることもあります。 2.尿毒症 尿毒症とは腎機能の低下により起こる臓器、組織、さらには細胞機能(はたらき)の障害と体液異常により起こる症候群の総称で、末期腎不全 まっきじんふぜん の状態を意味しています。 腎臓は血液をろ過し、必要のない老廃物を尿として排泄する以外に水、電解質(ナトリウム、クロール、カリウム、カルシウム、リンなど)の血中成分を最適の状態にバランスをとることや赤血球の生産を促すホルモンを分泌および不活性化(はたらきを終わらせること)の機能など体にとってとても重要な働きをしています。 尿毒症では、これらの腎臓の機能すべてが阻害されています。 尿毒症になると体液の異常も起こり、白血球数の増加がみられます。 その他にも、以下のような症状があらわれるのが特徴です。 遺伝子検査サービス【MYCODE】 MYCODEは、唾液を採るだけで最大280項目の病気と体質の遺伝的傾向がわかる、遺伝子検査キットです。 東京大学医科学研究所との共同研究にて選定された科学的根拠を基に解析結果を提供しています。 この遺伝子検査によって生まれもった病気のかかりやすさなどがわかり、病気を未然に防ぐのに役立ちます。 病気は、遺伝子と生活習慣の影響で、発症が決まるといわれています。 このため、病気予防には、遺伝的にかかりやすい病気の傾向を知り、生活習慣の改善を行って、未然に防ぐ対策を行うことが重要であるといえます。

次の

血液検査・検査項目の見方と基準値

白血球 数 基準 値

私たちの体内の血液の量は、一般成人の場合4~5リットル、体重のおよそ7~8%を占めるといわれています。 それぞれの成分には正常値が定められており、中でも 白血球の数値は体内の異変を知らせる重要な役割をもっています。 では、白血球の数値が高い場合、どのようなことが考えられるのでしょうか。 血液検査の数値が 10,000~12,000の場合など気になっている方も多いようですので、ストレスとの関係性などについても詳しく調べてみました。 しかし、白血球の数値には個人差があります。 基準値外だからといって必ずしも異常があるというわけではありません。 計測した時間や持病などの有無、喫煙習慣、妊娠、または住んでいる地域によっても変わるといわれていますので、異常か否かの診断は自分で行わず、必ず医師の診断に従ってください。 白血球が多くなる原因はストレスのせい? 体内にウイルス等が侵入してきた時、血液中の白血球は直ちに反応し、その相手と闘う準備を始めます。 相手が何者なのかを迅速に調べあげ、いまの数値のままでは負けてしまうと判断した場合には自分達で数値を上げていく、という優れた能力をもっているのです。 しかし、時に白血球はウイルス等が侵入してきていなくても数値を上げる場合があるようです。 その原因のひとつとしてあげられるのが ストレスです。 ストレスがたまると自律神経が乱れ、その結果、白血球の数値が一時的に上昇するといわれています。 しかし継続して強いストレスがかかると、今度は白血球の数値は減少傾向になるともいわれています。 つまり一時的なストレスの場合には白血球の数値は高値になり、そのストレスが一定期間続くと白血球の数値は低値になる、ということです。 どちらにせよストレスは身体にとってよいものではありません。 ストレスの原因となるものを改善し、ストレスを減らすことを心掛けましょう。 ストレス以外にも考えられること また、白血球の数値が高値を示すと、体内に何かしらの異常がある可能性が高いのは事実です。 しかし、検査前日や当日のストレス、喫煙、妊娠、激しい運動などにより一時的に数値が高くなることもありますし、妊娠期間は10,000値を超えることも珍しくありません。 数値が高いのは一時的なのか、継続しているのか、そのあたりが判断のカギを握っていますので、一度の血液検査で診断するのは難しいでしょう。 数値に異常がある場合は白血球以外の成分数値なども関係してきます。 白血球の数値だけでとらわれることなく全体的な数値を見てみることが大事です。 ですが、やはり正しい判断は医者にしてもらうのがよいでしょう。 スポンサーリンク 白血球が多い場合に考えられる病気 継続して白血球の数値が高い場合、以下の疾病が考えられます。 ・ウイルスによる感染症 風邪等 ・アレルギー疾患 ・結核 ・心筋梗塞 ・尿毒症 ・悪性腫瘍 ・骨髄性白血病 日が経つにつれて回復するものから手術などを伴うものなど、様々な対処が考えられます。 自己診断するのではなく、必ず医師に診断してもらい、適切な処置を行うことが大切です。 helocrn.

次の

【白血球の正常値について】 多くても少なくても病気になるって本当? Doctors Me(ドクターズミー)

白血球 数 基準 値

いくつかの種類がある 白血球には大きく分けて5つの種類(好中球・好酸球・好塩基球・リンパ球・単球)があり、その役割も異なっています。 それぞれが大切であり、どれか一つでも欠けてはいけません。 それぞれの働きを簡単に見てみましょう。 ・好中球 白血球の多くを成しているのが好中球です。 血管外にいる細菌などの異物のもとに駆けつける機能(遊走)と、それらを取込んで殺菌する機能(貪食)を持っています。 ・好酸球 好酸球は特に寄生虫の感染の際に能力を発揮します。 しかし一方で、ぜんそくやアトピーなどのアレルギー疾患の一因になりうるという側面もあります。 ・好塩基球 好塩基球はアレルギー反応などに関与しているとされていますが、その存在意義や機能についての詳しい研究はあまり進んでいませんでした。 しかし近年では、東京医科歯科大学の研究によって、好塩基球はマダニに対する免疫を作る役割があることが明らかになりました。 ・単球 単球はマクロファージともいわれ、好中球よりもやや長い時間血中に存在して、細菌だけでなく古くなった不要な細胞も食べて(貪食)除去します。 このため、単球は大食い細胞とも呼ばれることがあります。 ・リンパ球 リンパ球は特にウイルスなどの小さな標的を攻撃する役目があります。 骨髄やリンパ節、扁桃腺などのリンパ器官といわれる部位に多量に存在しています。 白血球の数値からわかること 白血球数が多い場合・少ない場合 白血球が基準値よりも多い場合は細菌感染・がん・白血病などの疑いが、逆に基準値よりも少ない場合は重症感染症や再生不良性貧血の疑いがあります。 白血球数の数値に異常がでた場合は、さらに詳しい血液像検査を受診することをおすすめします。 おわりに 白血球の数値は、風邪などの軽い感染症から血液病(血液のがん)といった重いものまで、様々な病気の可能性を示しています。 検査において白血球の数値を指摘されたら、必ず医師の診断をうけ、精密な検査を行うようにしましょう。 この内容は医師の監修のもと制作していますが、健康に不安のある場合は、正確な診断・治療のために医療機関等を受診してください。

次の