15 メタニウム dc。 メタニウムDC[Metanium DC]|両軸リール|リール|製品情報|シマノ

【シマノ15メタニウムDCインプレ】メンテナンスが重要!DC搭載機のおすすめはどれか

15 メタニウム dc

2017年にスコーピオンDCはモデルチェンジをし、何と15メタニウムDCと同じ「I-DC5」と言うブレーキシステムを搭載されています。 ぶっちゃけて言ってしまえば、 15メタニウムDCとキャスティング性能と言う意味では、ほぼ同等です。 そうなると 「17スコーピンDCと15メタニウムDC、どっちを買ったらいいんだ??」 と思ってしまいますよね。 17スコーピオンDCと15メタニウムDC、なんと価格差が20,000円程もあります。 どこにそんな違いがあるの?そんなにメタニウムDCは凄いの? 今回は17スコーピオンDCと15メタニウムDCの違いを比較しながら、「あなたに適したベイトリールはどちらか?」という事をお伝えしていきたいと思います。 迷われている方、必見です。 17スコーピオンDCはモデルチェンジ何が変わった? とりあえず17スコーピオンDCがモデルチェンジで最も変わったポイントを押さえておきたいと思いますが、やはり何を言おうとも ブレーキシステムでしょう。 最新のデジタルコントロールブレーキである 「I-DC5」と言うブレーキシステムを搭載し、従来のモノがどちらかと言えばトラブル回避、バックラッシュをしないという方向のセッティングだったのに対し、2017年のモデルチェンジによって搭載されたI-DC5と言うブレーキシステムは 飛距離も重視されるようになりました。 もちろんだからと言ってバックラッシュしやすくなったとかという訳では無く、 「スプールの回転数を制御する精度が抜群に良くなった」と思って頂ければ良いと思います。 あなたもご存知だと思いますが、デジタルの世界って進化のスピードが凄まじいですよね。 パソコン然り、あなたが持っているスマートフォン然り、一年に数回と言うペースでモデルチェンジを繰り返し、ついこの前最新だったモデルがもう旧型になってしまっている、と言うちょっと寂しい経験もしたことがあると思います。 DCブレーキも初めて登場してからもう10年以上と言う年月が経ちましたが、その分のノウハウの蓄積と現代の技術の融合は、やはり「ただ自動でブレーキを掛けてくれる」と言うだけには留まりません。 コチラは17スコーピオンDCに搭載されている「I-DC5」と言うブレーキ特性のイメージです。 最高回転数に達するまではノーブレーキで、向かい風などスプールの回転数に変化が生じたときにはブレーキ力をリニアに変化させてくれます。 ここまで状況に合わせてベストな状態に制御してくれるとなると、アナログ制御ではちょっと太刀打ちできないんじゃ・・・と言うのが僕の正直な感想です。 冒頭にも書きました様に、このシステムは メタニウムDCと同じブレーキシステムです。 シマノのフラッグシップベイトリールと同じシステム、つまり17スコーピオンDCには、現時点で 最新最高峰のブレーキシステムが搭載されている、という事です。 つまり、キャスティング性能と言う意味ではメタニウムDCとほぼ同等という事です。 それでいてこの価格な訳ですから、コストパフォーマンスと言う意味でも最高峰と言ってもいいんじゃないかと思います。 では実際にメタニウムDCとの違いを比較を検証してみたいと思います。 17スコーピオンDC、15メタニウムDC【比較】 出典:シマノ 両者のスペックの違いを見てみると、 ・マイクロモジュールギア ・フレーム素材 ・リール重量 ・ベアリング数 主にはこんなところです。 この違いを比較しながら 「あなたに適したベイトリールはどちらか」を考えていきたいと思います。 マイクロモジュールギア 出典:シマノ イメージ画像でも分かる通り、超細かいギアで滑らかな巻き心地を実現しているマイクロモジュールギアですが、17スコーピオンDCは 非搭載になっています。 マイクロモジュールギアの評判はあなたも知っているかと思いますが非常によく、ヌメヌメとした巻き心地を実現し、メタニウムだけでなくアンタレス、カルカッタコンクエストをなどのハイエンドクラスや、ロープロ版カルカッタとも言えるバンタムMGLにも搭載されています。 かと言ってマイクロモジュールギアを搭載していないから巻き心地が悪いのかと言ったら、 全く持ってそんなことはありません。 シマノ独特とも言えるヌメヌメとした巻き心地は初代スコーピンXTの頃から健在で、もちろん17スコーピオンDCにも引き継がれています。 確かにギアの精度、剛性などからくるカッチリ感、安心感などはマイクロモジュールギアに軍配は上がると思いますが、「17スコーピオンDCの巻き心地が悪い」なんて事はまずありませんので、安心して良いと思います。 フレーム素材・リール重量 15メタニウムDCのフレーム素材がマグネシウムに対して、17スコーピオンDCは アルミになっています。 リールの重量、15メタニウムDC 190グラムに対して、17スコーピオンDC 215グラムと言う差は、ほぼほぼフレーム素材の差だと思ってもいいと思います。 まあ、DCブレーキ搭載にも関わらず200グラムを切っているというメタニウムDCがどちらかと言うと凄過ぎな訳で、17スコーピオンDCの215グラムと言うのも 十分すぎる程立派な数字です。 少しでも軽く、という事を求めるのならこの差は気になるかもですが、価格を考えると十分すぎるパフォーマンスがあると思います。 ベアリング数 価格帯の違うベイトリールで、スペック表から最も違いが分かる部分がベアリング数ですよね。 17スコーピオンDCのボールベアリング数は 7個になっています。 対して15メタニウムDCは 9個、その差は 2個です。 2個の差をどう捉えるかではあるのですが、正直うと 僕はあまり気にしていません^^ とりあえず最も重要なスプールベアリングは最も高品質なモノを入れたいのですが、それ以外はそれほど気にしていません。 とは言え、ボールベアリングは回転する部分に取り付けるものなので、多ければ多いほど回転が滑らかになる事は間違いありません。 もし気になれば後から追加する事も出来るというのも、あまり気にしていない理由の一つです。 で、17スコーピオンDCのボールベアリングですが、 ウォームシャフトに1個、ハンドルノブに1個づつの計3個追加する事が出来ます。 メタニウムDCより増えてしまいましたね^^アンタレスDCと同等です。 ベアリング数は確かに多ければ多いほど滑らかになるのは確かですけど、ほとんど気にならないところであれば無暗に増やさない方がメンテナンスも楽ですし、重量増も避けられます。 7個というのも十分立派な数ではありますので、気にし過ぎない様にした方が良いと思います^^• 【結果】何が変わってくる?飛距離は変わるの? ざっくりとではありますが、以上の4点の違いを説明させて頂きました。 そう言った使い心地って、細かい部分の積み重ねで差がついて来ると僕は思っていますので、そう言う意味ではメタニウムDCはシマノのフラッグシップベイトリールとしての満足感、所有欲を満たしてくれると思います。 飛距離に関しては、 ほとんど変わらないと思っても良いと思います。 まあ、厳密な事を言えばボディ剛性が高ければスプールのブレもなくなりますし飛距離に貢献する事もありますが、もともとスコーピオンのボディ剛性自体が高いので、体感出来るほどの差は出てこないと思います。 17スコーピオンDC or 15メタニウムDC【まとめ】どっち買い? 正直、予算が許すのであれば 15メタニウムDCが欲しい所ではあります。 ですが、スコーピオンDCが性能面でそれほど劣っている訳でもありませんので、そこまで気合いを入れなくてもという事でしたら17スコーピオンDCで十分だと思います。 僕なら、 メイン機で使用するなら15メタニウムDC、サブ機として使用するなら15スコーピオンDC、と言った感じでしょうか。 予算が厳しいのであれば、無理にメタニウムを購入する必要もないと思います。 予算が浮いた分、ロッドの方につぎ込むというのも賢い選択かも知れません^^•

次の

シマノ 15メタニウムDCのDCユニットのベアリング交換方法

15 メタニウム dc

こんにちは。 はじめに私はメタニウムMGLは所持していません。 これは個人的に左なのでと言う理由でですが知り合いの右ハンドルは使わせて貰いましたと言う程度です。 そして13、15メタは所持しておりますがバーサタイルとしての扱い易さはやはりメタニウムDCですね。 これはルアーの重量と飛距離とキャストフィールの幅の広さで見た場合です。 13よりも確かに16メタは飛距離とブレーキの幅からして使用感としては全てが上ですのでメタニウムDCと比較した場合ですが。 メタニウムMGLはその名の通りスプールが更に軽量になった事で10g前後の比較的軽い方のキャストフィールが良く飛距離も風などの悪条件がなければメタニウムDCよりも更に飛びましたね。 ただし風がある場合と特に14g前後でそこから上の物はメタニウムDCの方が飛距離も安定感も確実に上で同じ事はあっても遠投する程重くなる程メタDCが劣る事はありませんでした。 まぁ、理屈で言っても軽量スプールの方が軽い物の扱い易さや飛距離は良いと言うのがセオリーなので予想通りなのですがこの価格差としてはそれ以上に良いなとは思いましたね。 私もメタニウムMGLは購入する予定ですがタックルとしてはMとなります。 そうすれば必然的にウエイトの許容範囲=メタニウムMGLの良いところ、となりますからね。 これは単にMHの方が個人的に幅広いウエイトを使うからキャストし易いし難いの幅も風などの影響も大きく受けやすい傾向なので既に所持していると言う点ではDCが必須ですね。 1本でよりバーサタイルにとなればメタニウムDCにします。 後は価格と相談で。 個人の取り扱いや経時変化による不具合以外の特別な不具合を感じた事がないのでリールとしての性能的な欠陥は考慮していませんのでご了承ください。 DCがおすすめですね。 最近は特にDCばかり使ってます。 今までノントラブルで使用しています。 一度 水に落とした事がありましたが なんの問題もなく使用できました。 メンテナンスは一度。 ベアリング交換のついでにオーバーホールしただけです。 MGLは スプール横に設けられた穴から水が入ってくるので どのメーカーもやってませんでしたが、いよいよ軽量化の為にシマノが踏み切りました。 今後 どのような弊害がでるか 見届けたいと思っています。 実際13メタでは 欠陥ブレーキの歴史もありますので 新しい技術はまず 疑ったほうがいいです。 DCの歴史はもう14年以上ですからね。 あと、あの MLGの安物くさいカラーがなんとも。。 私はメタニウムDCもメタニウムMGL両方使っています。 どちらのリールでも何のトラブルもなくバスフィッシングが出来ていました。 ですが最近DCにはとんでもない弱点がある事に気付いてしまいました。 先々週、朝から雨の中バスフィッシングをしていた時の事です、DCのブレーキが突然効かなくなってしまったのです。 この日メタニウムDCしか持っていなかった私はお昼から雨が止んだにもかかわらずバスフィッシングを断念する事となってしまいました。 自宅に帰りDCの事を色々ググっているとDCは水に弱いトラブルがある事を知りました。 今まで08のメタニウムDCコンクエストのDCも使っていましたが、DCリールでの雨天での釣行は今回が初めてだった事に気付きました。 これから梅雨に入ってバスフィッシングをするならDCはやめておいた方が良いとアドバイスします。 私は今まで銀メタと言われるメタニウムから初代アンタレス、その他色々なシマノのリールを使ってきました。 もちろんDCリールのブレーキ性能にも驚きこの知恵袋でもDCリールをかなりオススメしてきました。 でも今回のトラブルでDCを見る目が変わってしまいました。 ではメタニウムDCと13メタのファインチューニングされた16メタニウムを比べてみましょう。 まず巻き心地。 同じマイクロモジュールギアでギア比が同じなら一緒だと思うのが普通だと思いますが違うんです。 ハンドルノブが違う。 メタDCは一見スリットが入った見た目の良い物がついていますが左右対応の真っ平らなノブ、16メタは右なら右巻き専用のノブがついています。 これだけでも巻き心地は16メタの方が良い。 ちなみに私の15メタDCは16メタのハンドルノブに付け替えてあります。 次はキャストです、私自身ノーマルの遠心ブレーキは07メタニウム以来使っていなくて新しいインフィニティーブレーキは16メタニウムで初めて使う形になりました。 ダイヤルを回すとブレーキパイプが上下してブレーキの接触を多く少なくと理解しました。 同じフィールドで同じルアー、ロッド、ラインで使ってみました、16メタニウムの方がDCより飛距離は上でした。 向かい風でのキャストもダイヤルを回して調整、結果DCと何も変わらず難なくキャスト出来ました。 結果が同じなら、もうDCは必要ないんじゃないかと思うのが私の答えです。 スプールの穴はスプールの軽量化の他( 横に空いた穴はスプールの慣性力を抑える)に役割があります、ラインの水切りです。 スプールに穴がないとラインには水がついた状態が続いてしまいますナイロンラインは水を吸収しますからラインの比重が重くなってしまうんです。 まだ細かい事を言ったらキリがありませんが、私は今回の16メタニウムは絶対オススメのリールだと思います。

次の

17スコーピオンDCと15メタニウムDC【比較】飛距離は違うの?○○ならコチラがいい!

15 メタニウム dc

2 5. 2 5. 4 5. 4 5. 5 5. 5 5. ベストなブレーキ力をイージーにセレクト。 マイクロモジュールギア、X-SHIP、S3Dスプールといった先進の機構をまとい、ベイトリールの可能性を追求してきた「メタニウムシリーズ」に、新開発のI-DC5を搭載した「NEWメタニウムDC」が加わりました。 I-DC5とは、ナイロン、フロロ、PEとラインによって選択できる3モードの内部ダイヤルと、ルアーのウエイトによって選ぶ4ボリュームセミオート&フルオートの外部ダイヤルを備えた画期的なデジタルコントロールブレーキシステムです。 従来は組み立て式だったマグネットを1ピースの4極着磁リング磁石に置き換えることで、有効磁力面が増大。 約30%ブレーキ力がアップするだけでなく、リリース直後に一瞬のノーブレーキ帯を設けることでMAX回転数が約12%向上し、伸びやかかつ安定したロングキャストが可能になりました(数値はいずれも当社比)。 これぞ高性能バーサタイルです。 しかし、カラーがガンメタ調に変わっており16メタニウムより深みがかった色になっています。 サイドプレート側には、[MetaniumDC]と表記されています。 唯一、と差別化されたところかもしれませんね。 ダイヤルブレーキは 1.2.3.4.A(AUTO) が搭載されています。 かなり簡素な設定範囲になっています。 サイドプレート側の内側には、DCユニットがくっついています。 16アンタレスDCには、 スプール側にDCユニットがあります。 外部ダイヤルの他に、内部ダイヤルが搭載されています。 F・・フロロモード N・・ナイロンモード PE・・PEモード 実釣インプレ 今回購入したのは、 15メタニウムDCはHG(ハイギア) XGは、ハンドル系が長くなり、ギア比も8. 5とオールランドに使うにはちょっとしんどいかなと思いHGにしました。 と比較して投げた感想ですが、 そこまで大差ないかな?ってのがぶっちゃけありました。 ただ、 向かい風に投げた時は、やっぱり15メタニウムDCの方がバックラッシュなしで飛距離も伸びてくれました。 DC音は心地いいですが、でもいいと思います。 そのいいと思いますって理由が、 重量もの方が軽く・中古価格も安いってのがありますね。 また、巻き心地に関しては間違いなくの方が巻いてて気持ちいです。 巻きご心地・飛距離に関してもと大差ないのですが 15メタニウムDCは、ブレーキセッティングが楽。 また、バックラッシュもDCのおかげもあり軽減されています。 ブレーキセッティング 基本フロロしか使用しないので、 内部モードは【F】 外部ブレーキは【A】でほとんどのルアーが投げれてしまいます。 【A】は8g~30gの範囲。 8g以下はブレーキ4で対応できます。 ただ、ジャッカルTN60をキャストした際に、外部ブレーキ【1】に設定しキャスト するとバックラッシュしました。 ただ、サミングしながらキャストすると明らかに、【A】よりも飛距離がでましたね。 基本DCは、ブレーキセッティングが簡単なのも特徴ですね。 個人的に使い分けとしては、やっぱり、 小型~中型サイズを扱うには15メタニウムDCが一番ベス トかなと思いましたね。 まとめ 今回購入した、15メタニウムDC HG。 ブレーキ設定が簡単な上に、バックラッシュが少なく扱いやすいリールだと思います。 DCが搭載されたことにより、重要な場面でバックラッシュをすることなくキャストできる 場面が増えることは間違いありません。 中古相場も、2万8千円を切る金額で購入できるので一つDCリールが欲しい方には おすすめのリールです。

次の