コットン キャンパー。 【ヒルナンデス】コットンキャンパー!ワークマン春の新商品を紹介!

ワークマン共同開発商品「コットンキャンパー」全3色!工場生産の様子も公開

コットン キャンパー

こんにちは。 毎週キャンプに出撃している、ママキャンププランナー&ワークマンアンバサダーのサリー()です。 ワークマンとの商品開発第2弾。 キャンパーのキャンパーによるキャンパーのための「コットンキャンパー」を企画しました!「こんなのほしいんですよね~」と描いたデザイン画(落書き?)から製品になるまで、開発会議の様子などをご紹介します。 ワークマン本社へ 2019年秋ワークマン本社へ。 余談ですが、ワークマン本社には受付がありません。 受付嬢もいません。 毎回社員さんをお電話で呼び出して、ドアを開けてもらうスタイル。 秋冬ものを着ているマネキンを横目に、いつも対応してくれる広報さんとお話をしておりましたら、第1弾の開発を一緒に行った開発担当の社員さんがいらっしゃいまして・・・ 「の時はありがとうございました。 また何か作りたいですー!ちょっと、こんな感じのキャンプっぽい、火の粉に強いポンチョみたいなコートとか・・・」 焚き火の時ざっくり羽織れて、フルジップコットンパーカーよりもボリューム感あって、生地も厚めで・・・ なんか旅人が着ていそうなイメージの、ボタンも付いてる、こんなコートです! 社員さん「お~いいですね~!やりましょう!」 とこんな軽いノリで第2弾の企画がスタートしました。 ちょっとこのデザイン画だけではイメージが難しいので、他メーカーさんの商品を参考にしながら、こんな商品イメージなんですけど・・・とメールでやり取りを何度かしつつ。 社員さん「色とか、どんな感じがいいですかね?」 サリー「あ、じゃあこのハートマーク付けたあたりで!」 と、わりと適当に色をさくっと決める。 ええんか。 ちなみにカーキは絶対!で、あとはブラウンと黄土色系にしました。 キャンプだしね。 スポンサーリンク さらに開発会議 後日。 サンプルが上がってきたので会議に参加しました。 テレビも取材に入ってます(来年放送予定)。 私の適当なデザイン画から、社員さんがしっかりとした仕様書を作ってくださり、そこから実際に製造する会社のデザイナーさんがさらに細かく仕上げてくれました。 ちゃんとした写真が少なくて申し訳ないです(余裕がなかった)。 最初のサンプルということもあり、気になる部分がたくさん。 細かく修正をお願いしていくフェーズです。 カラビナループがあると、キャンプでもより使いやすいですね!最初はここにペグハンマーを通してもいいかも?という話がありました。 ただキャンプ場で実際に使用してみると、胸元にハンマーはちょっと危険ということで、場所を変えることに。 その代わりこのループ自体は便利そうなので、横に長くしてもらうことに。 ファスナーもなんだか銀色で細くてテカテカしていたので、太目のジッパーでさらにマットなブラックに変更。 タグも何色がいいか決めていきます。 フィールドコアのタグも、あまり主張しすぎず小さいものをチョイス。 カラーは一番下のベージュに決定。 ボタンは基本的にはあまり作業服には付けないそう。 そういえば、ワークマン商品でボタン付きウェアってあまり見たことないような・・・今回はデザインの関係でもぜひつけてほしい!とお願いし、火に強い素材でできているボタンで付けてもらえることになりました。 これも最初は色が黒で、少し小さめだったので、茶系で色がマーブルっぽく、さらに手袋をしていても開け閉めしやすい大きめサイズに決定。 ちなみにもうちょっと使い古した風合いにはできませんかね~?とお願いしましたが、ウォシュ加工って手作業だからすごく高くなっちゃうそう。 価格が上がっちゃうのはちょっと困る。 これは個人でたわしとかでごしごしこすって、味を出してもらうことにしましょ。 スポンサーリンク 価格はどうする? ワークマンの製品作りは独特で、まず販売価格を先に決定します。 私としては、3,900円くらいでいいのでは・・・と話していましたが、 社員さん「いや、フルジップが2,500円だったから、これは 2,900円にします!」と。 おお、安い!たぶんこういうファイヤーパーカーみたいなウェア、アウトドアメーカーだと軽く1万以上はするのに。 もちろん厚みとか細かい所はまた全然違うから一概に比較はできないですが。 2,900円でどこまで希望に沿ったウェアが作れるか。 わくわくです。 スポンサーリンク キャンプ場で着てみる 今回は実際にキャンプ場でもサンプルを着用してみました。 着心地、実際にペグを入れてみて使いやすいか確認。 ハマさん(ダンナさん)にも着てもらって、ペグを打ってもらい、「やっぱりハンマーの位置は腰の方が危なくないんじゃない?」と。 あとは土で汚れたペグで、ポケット内が汚れてしまいそうなので、なんとか縫い目に土がはまらないように縫製をしてもらいたいとか要望を出しました。 実際に使ってみることで、いろいろわかってくることがありますね~。 そして、さらに仕様に変更が加えられました。 で、こちらが3回目のサンプル。 かなり理想に近い形に仕上がってきました。 ハンマーループも腰に付きました。 ただ重いハンマーを下げるには、ちょっと強度が低そう?とのことで、縫製を強くしてもらうことに。 9~11月はなんだかんだで何回もワークマン本社に足を運び、新たなサンプルができるとまた検証して、変更して・・・の繰り返し。 でもこの作業ものすごく楽しかったです。 次回は「コットンキャンパー」の名前の由来と、工場での生産中の様子をご紹介します!(このネタに関しては、たぶん来週公開です^^) 先日顔出しを始めたばかりのYouTube。 フルジップコットンパーカー開発会議 関連記事:第1弾。 フルジップコットンパーカー開発会議2回目 関連記事:ワークマン2019年秋冬展示会に潜入。 応援のクリックお願いします。 twitter始めました。 フォローお願いします。

次の

ワークマンの最強キャンプ用パーカーはコットンキャンパーで決まり!

コットン キャンパー

多少の雨であれば上半身だけカッパを着て設営・撤収することが多いですが、大雨に降られた時には、上下カッパを着て作業しないと風邪を引く可能性があります。 ストレッチ素材で、取り外し可能な無縫製キルティングインナーとセットになったアイテム。 スノーボードウェアとしても使えるスペックなので、冬の防寒着としても使えます。 ワークマン2019秋冬新作発表会で、お土産として一点商品提供してくれるということだったので、数あるアイテムの中から我が家が選んだアイテム。 先程のレインパンツストレッチと合わせてみるとこんな感じ。 セットのキルティングインナーも、普段着と合わせて使えるのでお得感があります。 参考 2019-11-01 07:25 廃盤? スマートレインジャケット 細身なシルエットのレインウェア。 耐水圧10,000mm。 透湿度は記載なし。 シルエットがタイトが気に入ったのですが、汗をかくと自分の汗で濡れます 笑。 手袋 キャンプであると便利な焚き火用の手袋。 実は我が家は、牛革のおしゃれな耐熱手袋ではなく、指の小回りが利く軍手を愛用しています。 ただ軍手だと見た目がイマイチということもあり革の手袋も持っています。 キャンプで使えるワークマンのアイテム 我が家が使っているワークマンの商品を紹介しましたが、ここからは、キャンプで使えるワークマンのアイテムをピックアップしました。 靴、ブーツ、長靴• 焚き火をしている時に、火の粉が降りかかって服に穴が空くことがあります。 化繊素材だと、火の粉でジュッと溶けて穴が空いてしまいますが、綿なら穴が開きにくいです。 新色も定期的に販売されています。 防災の備えにもなって安心。

次の

ワークマンの最強キャンプ用パーカーはコットンキャンパーで決まり!

コットン キャンパー

アイキャッチ・記事中画像撮影:筆者 火の粉に強くてリーズナブルなウェアが欲しい! キャンプの楽しみのひとつである焚き火。 火のまわりにいる時間が長いほどウェアの耐久性にもこだわっておきたいところですが、ナイロンやポリエステル素材のアウトドアウェアは火に弱いのが通説です。 これは防水・防風性能を高めるためでもあるのですが、焚き火のときはビクビクしてしまうことも……。 化学繊維のウェアに火の粉が付くと、ご覧の通り溶けてぽっかりと穴が。 やはり焚き火に向いているのはアラミドのような難燃素材を使ったアウターなわけですが、特殊な素材を使っているとどうしても価格が高くなりがちです。 なんと!ワークマンがハイコスパの難燃性アウターを発売 これまでもキャンプに使えるウェアやアウターを低価格で次々と発売してきたワークマンですが、今度は焚き火に強い難燃性アウターをリリースしてくれました! 筆者はウワサを聞きつけるやいなや、さっそく入手。 テント外で焚き火をする時間も長くなるこれからの季節に活躍してくれそうな新作アウター、その詳細をキャンプで調査してみました。 ワークマンの新作アウター「コットンキャンパー」をキャンプでレビュー! こちらがワークマンの新作「コットンキャンパー」。 それだけでなくキャンプでの色々なシーンを想定した機能が盛り込まれているのだとか。 気になるスペックを、設営と焚き火シーンにおいてチェックしていきます。 着たまま設営開始。 動きやすさは・・・? コットン素材というと重くて動きづらそうなイメージがありましたが、インナーに裏ボアのパーカを着込んでも動作はいつもと変わらずスムーズ。 設営中特に動きづらいということはありませんでした。 生地はしっかりした厚みがありつつも、硬くゴワつきは無し。 裏地がついていない分軽やかで、動きやすいように感じます。 袖口に火の粉が飛んでもビクともしない! 最も期待値の高い「難燃性」を実感すべく、さっそく焚き火を開始。 今回は火への強さを実証するため、注意を払いながらあえて火挟を使わずグローブで積極的に火をいじってみました。 実際袖口あたりに火の粉が当たることもたびたびありましたが、火の粉程度では焦げる気配すら感じません。 難燃性アウターとして細部までこだわられているコットンキャンパーは、ボタンも耐火性のあるものが採用されているのだとか。 マジックテープではなくボタンを使うことで、デザイン的にもカジュアルな普段着に合わせやすい雰囲気になっています。 大小のポケットが機能的 火の粉に強いだけでなく、ポケットやループといった収納の工夫がされていることもキャンパーのためのアウターである大きな理由。 両裾には大型のポケットが2つ付いています。 広げてみるとご覧の通り、グローブやハンディサイズのLEDライトなどが余裕で入る大きさです。 ペグも入れられる…! 設営時にペグをこのポケットに入れてみましたが、突き抜けることはありません。 丈夫なコットン生地と縫製の強さを実感しました。 中には小さい隠しポケットもあり 、細かいものを分けて入れることもできます。 汚したくないハンドタオルやグローブとナイフを分けて……という入れ方ができるので、ポケットの中のものがごちゃ混ぜにならず便利ですね。 胸ポケットには見失いがちな小物をIN 胸元に付いているポケットは、携帯電話やコインケースのような貴重品を入れるのにちょうど良いサイズ。 ベルクロで留めることができるので、見失いがちな小物類を入れておくのにちょうどいい場所です。 さらに、驚きのアイテムまで身に着けられる工夫がされているんです……! 裾にはハンマーを携行できるループも 右の裾には、ハンマーを吊り下げることができるループが付属されています。 ハンマーとペグを同時に持ち運べば、設営効率が大幅にアップ! 今回はスノーピークのペグハンマーを使いましたが、同等サイズの一般的なハンマーなら問題なく引っ掛けられそうです。 さらにはカラビナループまで! 右胸の下あたりには、小物を吊り下げられるループもあります。 カラビナでもいいのですが、普段使っているROOT CO. のマグリールと組み合わせて頻繁に使うガストーチのような小物を引っ掛けておくと、とても便利でした。 火の粉に強いうえ設営などキャンプ中の様々なシーンを快適にしてくれるコットンキャンパーですが、アウターとしての防寒性能はどうなのかというと……。 防寒性能を上げるなら重ね着がオススメ コットンキャンパーには裏地はなく防寒性能はそれほど高くなさそうなので、雨や風が強い日は重ね着がオススメです。 今回はあらかじめ重ね着を想定していたので、1サイズ大きめのLLを選んでみました(モデル身長172cm)。 当日はあいにくの雪がパラつく天候で、最低気温は氷点下の寒さ。 ドローコードが付いた大きめのフードがあるので、小雨程度ならしっかり防いでくれます。 ただ防水素材ではないため、本格的な雨天には対応できません。 機能的でありながらベーシックなデザインなので、普段使いのアウターとしても活躍してくれそうです! コットンキャンパーのカラバリとサイズは? 出典:instagram by 最後に価格をチェックしておきましょう。 今やキャンパーにとって無敵のコスパブランドとして周知されているワークマンですが、今回のコットンキャンパーも例に漏れず、なんと2,900円! それも税込みです。 難燃性アウターは1万円を超えるものも多いなかこの低価格、さすがワークマンのひとことに尽きますね。 売り切れ続出中のコットンキャンパー、見つけたら迷わず手に入れよう! 難燃性で機能的、おまけに2,900円というハイコスパなウェアをキャンパーが放っておくわけはありません。 2月に全国のワークマン店頭で発売されるやいなや、あっという間に品薄状態になっているのだとか。 ちなみに2020年3月24日現在、ワークマンの通販サイトでの取り扱いは開始されていないようです。 ウワサの新作ウェア・コットンキャンパーは、店頭で見つけたら即購入が賢明です! ワークマンの店舗検索は この記事が気にいったあなたに、オススメの3記事.

次の