世間 は 許し て くれ や せん よ。 あの頃、駄菓子屋さんは「世間」を教えてくれた【オトナの駄菓子もんじゃ飲み入門】

木下優樹菜、フジモン夫妻が失う巨額マネーがヤバイ。「世間はそう簡単に許してくれませんよ」 : GOSSIP速報

世間 は 許し て くれ や せん よ

「世間」に生きていることを自覚する必要があります。 「世間」には負の側面があります。 太宰治の『人間失格』では、「世間が許さない」ととがめられた主人公が「世間というのは、君じゃないか」と、心の中で反論するシーンが描かれています。 誰しも経験があるでしょうが、大きな力を借りて自分の主張を通そうとすることがあります。 「自分が言ってるんじゃない。 世間一般がそう言ってるんだ」とね。 冷静に自分を振り返ることが大事です。 そうですね。 ですから、メディアもできるだけ冷静に行動してほしい。 パチンコ店の問題にいたっては、メディアも一緒になってパチンコ店をたたきました。 取材しているパチンコ店の向かいで飲食店が営業していたらどうしますか。 冷静に考えると、ちょっとおかしいですよね。 つまり、メディアも「世間」を意識し、「空気」を読んで報道しているわけです。 メディアは「空気」を醸成し、増幅させる影響力があります。 ですから、冷静な報道が求められます。 明治維新でも、太平洋戦争でも、東日本大震災でも、どんな体験をしても日本人は根っこの部分で変わっていません。 「喉元過ぎれば熱さを忘れる」が日本人気質です。 新型コロナによって、リモートワークが可能になり、いろんな無駄に気づいた社会人は多いはずです。 でも、個々人がそれに気づいたとしても、最終決定権は「空気」にあります。 そもそも、リモートワークが全国に広がったのも「空気」による決定があったからこそ。 コロナ以前に戻ろうとする「空気」が顔を出すと、抗うのは大変ですよ。 「世間」には良い面と悪い面があります。 諸外国と比べて日本の治安が良いのは「世間」があるからです。 ですから「世間」や「空気」の存在を意識して、もう少し「社会」の支配域を広げる努力をすべきです。 新型コロナウイルスはその契機にすべきなのです。

次の

松本人志「許したってくれへんか」ナイナイ岡村に心配される失言プレッシャー

世間 は 許し て くれ や せん よ

元衆議院議員の金子恵美氏が24日、フジテレビ系「ノンストップ!」で、妊娠中の夫の不倫について言及。 自身は出産した当日に病室で夫・宮崎謙介議員(当時)の不倫を知ったという過去がありながら、宮崎氏を許した理由を赤裸々に語った。 番組では、俳優の東出昌大が妻・杏の妊娠中に、女優の唐田えりかとの不倫が報じられたニュースについて議論。 金子氏は、自身も妊娠中に夫が不倫をしていたという体験から「私の場合」として、宮崎氏を許した理由を語った。 金子氏は、まずは杏に対し「(東出と唐田の)交際期間の長さに本気度を感じるし、(不倫相手が)同業と言うことで大きなショックを受けられていると思う」と同情を寄せた。 そして金子氏自身は、夫の不倫が発覚した際に離婚を考えなかったのか?という問いに「全くなかった」と即答した。 「仕事に対する尊敬と、彼のパーソナリティ、男性の友達が多く、後輩からも慕われていると比較したとき、(不倫は)裏切りかも知れないが、それを超えるものがあった」と、夫の人柄と不倫を比べ、夫の人柄が上回ったと明かした。 そして「私の場合ですけど、世間の方が私の代わりに叱ってくださった。 反省しきってると見れた」と、当時の猛バッシングも振り返り「(不倫期間が)長くないことも確認できたので、0歳の子どもがいて、この子が判断できないのに私が判断することはできない」と、子どもの事も考えたとコメント。 更には宮崎氏の性格から「いつかはやるかもしれないという、私の中に覚悟もあった」とある程度の心の準備もあったと明かした。 更には金子の実家のフォローも大きかった。 「親が孫を連れて実家に帰ってこいといったら悩んだと思うが、むしろ後押し。 子どもを中心に頑張りなさいといってくれた。 土下座しようとするお婿さんを前に、『頭を下げないで。 ここにある命を一緒に育てていきましょう』と…」と声をかけてくれたことで、離婚せずに家族でやり直す気持ちの整理がついたと明かしていた。

次の

木下優樹菜、フジモン夫妻が失う巨額マネーがヤバイ。「世間はそう簡単に許してくれませんよ」 : GOSSIP速報

世間 は 許し て くれ や せん よ

「世間」に生きていることを自覚する必要があります。 「世間」には負の側面があります。 太宰治の『人間失格』では、「世間が許さない」ととがめられた主人公が「世間というのは、君じゃないか」と、心の中で反論するシーンが描かれています。 誰しも経験があるでしょうが、大きな力を借りて自分の主張を通そうとすることがあります。 「自分が言ってるんじゃない。 世間一般がそう言ってるんだ」とね。 冷静に自分を振り返ることが大事です。 そうですね。 ですから、メディアもできるだけ冷静に行動してほしい。 パチンコ店の問題にいたっては、メディアも一緒になってパチンコ店をたたきました。 取材しているパチンコ店の向かいで飲食店が営業していたらどうしますか。 冷静に考えると、ちょっとおかしいですよね。 つまり、メディアも「世間」を意識し、「空気」を読んで報道しているわけです。 メディアは「空気」を醸成し、増幅させる影響力があります。 ですから、冷静な報道が求められます。 明治維新でも、太平洋戦争でも、東日本大震災でも、どんな体験をしても日本人は根っこの部分で変わっていません。 「喉元過ぎれば熱さを忘れる」が日本人気質です。 新型コロナによって、リモートワークが可能になり、いろんな無駄に気づいた社会人は多いはずです。 でも、個々人がそれに気づいたとしても、最終決定権は「空気」にあります。 そもそも、リモートワークが全国に広がったのも「空気」による決定があったからこそ。 コロナ以前に戻ろうとする「空気」が顔を出すと、抗うのは大変ですよ。 「世間」には良い面と悪い面があります。 諸外国と比べて日本の治安が良いのは「世間」があるからです。 ですから「世間」や「空気」の存在を意識して、もう少し「社会」の支配域を広げる努力をすべきです。 新型コロナウイルスはその契機にすべきなのです。

次の