さつまいも 置き換え。 さつまいもを使った置き換えダイエット

さつまいもダイエットの効果とやり方!デトックス効果が絶大 | 女性の美学

さつまいも 置き換え

朝さつまいもダイエット考案者は? 朝さつまいもダイエットは、朝食をさつまいもにして、昼・夜は通常の食事。 それだけのとっても簡単な方法です。 朝さつまいもダイエットを考案したのは、美容家の鈴木絢子さん。 鈴木絢子さんご自身がさつまいもを食べるようになったことでダイエットに成功し、毎朝さつまいもを食べているそうです。 彼女は痩せるために、昼食のお弁当に、低カロリーのこんにゃくやキャベツを食べるなどしてダイエットに挑戦しました。 しかし、キレイに痩せることはできませんでした。 また、夕方前にはお腹は空く、肌荒れや便秘に悩まされることになります。 ある日、昼食にさつまいもを食べる機会がありました。 すると、これまでのダイエットでは感じたことがなかった「腹持ちが良い」という体験をします。 この体験をきっかけに、昼食はさつまいもに切り替えることになります。 その結果、ニキビなどの肌荒れや便秘が改善され、体重は半年で8キロ減ったそうです。 その後も毎日さつまいもを食べて、30代になった今もリバウンドなくウエストは58センチをキープしているそうです。 実はこの体験談は、朝さつまいもダイエット考案者の鈴木絢子さんによるものです。 さつまいもを食べるようになったことで、ストレスなく8キロのダイエットに成功し、スタイルを維持してます。 さつまいもは準完全食品だった さつまいもを食べると太る、というイメージがあるかもしれません。 しかし、ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富な準完全食品。 また、太りにくいと言われる低GI値食品ですし、ダイエットや美肌効果に良い成分が含まれてる女性には嬉しい食べ物なんです。 【さつまいもに含まれる代表的な成分】• ビタミンB群…糖質や脂質の代謝をサポート• ビタミンE…抗酸化作用、血流促進• ビタミンC…美肌効果• カリウム…むくみ改善• 食物繊維…整腸作用、満腹感• ヤラピン…整腸作用• クロロゲン酸…糖質の吸収を抑制、脂肪燃焼 朝さつまいもダイエットのやり方は? 朝さつまいもダイエットの基本的なルールは以下のようになります。 朝食はさつまいもだけにする。 食べる量は150g。 (さつまいも半分程度)• 加熱して皮ごと食べる。 間食するならさつまいもにする。 朝食をさつまいもにすることを基本です。 間食したい時は、さつまいもにします。 昼食と夕食は特に制限はありません。 Sponsored Link 朝さつまいもがオススメな理由は? 自由がきく時間帯 昼食や夕食は、友人と一緒に食べる機会も多い時間帯なので、さつまいもだけ食べるのは難しい人も多いと思います。 これに対し、朝の時間は自由がききやすい時間帯。 継続してさつまいもを食べる時間に適しているためです。 腸の活性化 食物繊維が豊富なさつまいもはお腹に溜まりやすいので、毎朝食べることで腸のリズムを作り、お通じ習慣が身につくためです。 ビタミンの吸収が良い 朝はビタミンを吸収しやすい時間帯です。 「朝の果物は金」と言いますが、ビタミン・ミネラルが多いさつまいもも、朝にぴったりの食べ物です。 朝さつまいもの基本調理法 朝さつまいもダイエットでの基本的な調理法は以下のようになります。 さつまいもを皮ごと洗う。 熱したフライパンにオリーブオイルを軽く伸ばす。 さつまいもを3センチ角に皮ごと切り、弱火で3分焼く。 さつまいもを裏返して水を加え、3分焼く。 水が蒸発したら完成。 こちらの動画も参考になります。 動画内で鈴木絢子さんが紹介しているのが、著書『』です。 朝さつまいもダイエットの詳しいやり方や、さつまいもレシピも紹介されています。 朝さつまいもダイエットスムージーもおすすめ 朝さつまいもダイエットは、とっても簡単にできる置き換えダイエット。 でも、さつまいもを調理するのが面倒。 朝に食べる時間が無いという人もいると思います。 そのような人には、朝さつまいもダイエットスムージーがオススメです。 朝さつまいもダイエットスムージーは、鈴木絢子さんが会長を務めるさつまいも親善協会認定のダイエットスムージーです。 朝さつまいもダイエットスムージーなら、粉末を水か牛乳に溶かすだけなので、時間のない朝にもさつまいもの栄養をしっかり摂取できます。 1杯18kcalの低カロリーで食物繊維たっぷりなので、満腹感を得られるものになっています。 詳しくはこちらで確認してみてくださいね。 まとめ いかがでしたか?さつまいもを食べることで8キロのダイエットに成功した鈴木絢子さん。 太るイメージがあったさつまいもは、食べ方を工夫すればダイエット食品になります。 また、朝食にさつまいもを食べることで、継続しやすいのも良いですね。 さつまいものカロリーや栄養については、以下の記事でもご紹介しています。 あわせて読んでみてくださいね。 置き換えダイエットについては、以下の記事でも参考にしてください。 \ SNSでシェアしよう! / 美ダイエッ子ちゃんの 注目記事を受け取ろう•

次の

さつまいもを使った置き換えダイエット

さつまいも 置き換え

1さつまいもダイエットとは ごはんやパンなどの主食をさつまいもに置き換えるダイエット法です。 ごはん一杯150gのカロリーは約250kcal、さつまいも150gのカロリーは約190kcalと 約60kcalのカロリーを一食でカットすることができます。 カロリーカットだけなら他食材でも可能ですが、さつまいもは栄養価が高く、満腹感も得られやすい点で優れているのです。 2 さつまいもダイエットを失敗した人がとっていた行動 2-1 さつまいもの過剰摂取 さつまいもだからと言って過剰に摂取してしまうと失敗につながります。 栄養があるからと言って普段の食事にさつまいもをプラスすることも過剰な摂取になりますので控えましょう。 また、さつまいもを食べすぎると消化不良で便秘になってしまうこともありますので注意が必要です。 2-2 脂質や糖質の多い調味料でのアレンジ さつまいもを食べていればどんな食べ方でも痩せられるというのは間違いです。 飽きが来ないようにたまにアレンジをして食べる場合も、 揚げ調理での摂取、砂糖やバターは控えましょう。 2-3 置き換える時間帯を間違えている さつまいもを主食のかわりとして置き換えるのは エネルギーとして消費されやすい朝食か昼食にしましょう。 夕食で置き換えてしまうと、消費しきれなかった糖質は体に蓄積されてしまい、肥満につながる恐れがあります。 3さつまいもダイエットの正しいやり方 3-1 主食をさつまいもに変える (時間帯と米やパンと比較してのカロリー計算必須記載) 夜にさつまいもをたべると消費しきれなかった糖質は体に蓄積されやすいので置き換えるのはエネルギーとして消費される朝食か昼食がおすすめです。 ごはん 白米 150g あたり約250kcal、さつまいも150gあたり約190kcalと同量のごはんとさつまいもでは主食をさつまいもに変えた方が、約60kcalのカロリーカットとなります。 3-2 調理方法 なにも加えずに調理できて余分なカロリーを摂取せずにおいしく食べられる やきいもが置き換えにおすすめです。 ダイエット中は甘いものにはなかなか手を出せませんが、砂糖を使わなくてもスイーツのように甘いやきいもで満足感を得るができます。 <さつまいもをレンジを美味しく調理する方法はこちら> <さつまいもをオーブンを美味しく調理する方法はこちら> <さつまいもをトースターを美味しく調理する方法はこちら> 3-3 皮ごと調理する さつまいもは皮ごと食べるのがおすすめ。 皮と身の間に栄養素が多く含まれているので、皮を捨ててしまうのはもったいない! ぜひ皮ごと調理して食べましょう。 3-4 冷やして食べると効果アップ やきいもをさらに 効果的にダイエットに役立てる方法としてやきいもを冷凍するというものがあります。 一度やきいもを作り、冷凍することで、レジスタントスターチというでんぷんが増えるといわれています。 レジスタントスターチとは、難消化性でんぷんとも呼ばれ、消化されにくいでんぷんです。 消化されずに大腸まで届くので、さつまいもダイエットにぴったりの調理法といえます。 脂質や糖質の多い調味料も不使用で、 1袋150gと小分けパックになっているので過剰摂取になることもありません。 ただし、焼き芋にすると水分が抜ける分、生のさつまいもよりも焼き芋の方が同じ量でもカロリーが高くなってしまいます。 そのためさつまいもの置き換えダイエットでは、 美腸やきいもをまるごと1袋食べきるのではなく、少し残すようにしましょう!.

次の

さつまいもダイエットの効果的な食べ方!夜がおすすめ?

さつまいも 置き換え

おやつのさつまいもで太る食べ方1つ目は、焼き芋にすることです。 スーパーや屋台などで売られている焼き芋は、甘くて美味しいため子供にも大人気のおやつです。 しかしこの焼き芋は、さつまいもの太る調理法だと言われています。 焼き芋は、さつまいもを高温で熱した食べ物です。 高温で加熱された焼き芋はGI値が高くなり、血糖値が上昇しやすくなるのです。 血糖値の上昇は、体脂肪蓄積の原因になります。 焼き芋は脂肪を蓄えて太る食べ物です。 ダイエットはおろか、どんどん脂肪を蓄えて太る体が作られてしまいます。 もしさつまいもを食べて痩せたいと思っているのなら、焼き芋は食べない方が良いでしょう。 焼き芋ではなく、蒸したものや干し芋などを食べることがおすすめです。 こちらに干し芋ダイエットのやり方についてまとめた記事がありますので、気になる方は参考にしてくださいね。 腹持ちが良くて痩せる芋の食べ方5つ目は、ヨーグルトに混ぜて食べることです。 意外かもしれませんが、ヨーグルトとさつまいもは相性の良い食べ物です。 ヨーグルトに茹でたさつまいもを入れれば、ほのかに甘みのあるスイーツのような味わいが楽しめます。 ダイエット中は糖質を制限する必要があります。 しかしこの方法は、過度な糖質摂取の心配はありません。 ダイエット中、どうしてもスイーツが食べたくなった時は是非このレシピを作ってみてください。 必ずダイエットの役に立つはずですよ。 またヨーグルトも食物繊維が豊富に含まれている食品です。 さつまいもと合わせて食べることで強い便秘解消効果が期待できるでしょう。 頑固な便秘にお悩みの方にぴったりのレシピです。 ただし腸が弱い人にとっては刺激が強すぎる可能性があります。 その場合は量を調節してください。

次の