アルカンタラ fp。 FPティアゴ・アルカンタラ (Club Selection 4/13) 【ウイイレアプリ2020】能力と評価

【ウイイレアプリ2020:代表FPガチャ(11月21日)】クリロナ爆誕!ケインとアザールも決まり!?

アルカンタラ fp

特に ミランとユベントスのCSは桁外れの性能でした。 ドイツ、ブンデスリーグで栄光の歴史と伝統を誇る バイエルンには数多くのスター選手が在籍しています。 能力アップで勢力図を書き換える可能性もあるのではないでしょうか。 次回はどのような選手が選出されるのか3選手を予想します。 能力値は予想値になります。 マヌエル・ノイアー 新たなGKスタイルを確立!現役最強GK! バイエルンの顔とも言っていい選手です。 何度もCSに登場していますが、再度参戦してもおかしくはないですね。 これまでのGKとは一線を画した選手であり、 リベロとしての動きもできるのが特徴です。 適格な判断と飛び出しのスピード。 2014年W杯ではメッシをフィールドプレーで止めるという正に異次元の動きを見せましたね。 GK界に新風を巻き起こす選手です。 純粋なGK能力も高く、判断力に瞬発力、反射神経と現役GKで最も完成度の高いです。 ミスが少ないのもまた素晴らしいところ。 日本との縁も深く、元日本代表内田選手が東日本大震災時に見せたメッセージを後押しした話も有名ですね。 非常に紳士的な選手でもあります。 能力 数値予想 オフェンスセンス 50 コントロール 76 ドリブル 64 キープ 60 グラウンダーパス 75 フライパス 83 決定力 50 ヘディング 77 フリーキック 70 カーブ 65 スピード 70 瞬発力 65 キック力 94 ジャンプ 93 フィジカル 95 ボディコントロール 75 スタミナ 75 DFセンス 70 ボール奪取 60 アグレッシブネス 68 GKセンス 99 キャッチング 99 クリアリング 99 コラプシング 99 ディフレクティング 99 逆足頻度 2 逆足精度 3 コンディション安定度 7 怪我耐性 3 GKスキルオールカンスト! CSの能力アップの影響を受けると、 GKスキルがカンストしてもおかしくないと思います。 ACミランのドンナルンマがカンストしている以上は、ノイアーカンストの評価は妥当です。 パス能力もGKの中ではトップレベルを予想。 フィールドプレーヤーとしても十分に戦いぬける力があるノイアーなので、これまた妥当な数値かなと思います。 GKとしての完成度の高さと隙の無さがノイアーの良さですから、これくらいは見積もるべきなのかもしれません。 コンディション安定度も高いので、安定して戦えますね。 フィリペ・コウチーニョ バイエルンの攻撃を支えるドリブラー! テクニカルな選手かと思いきや時折放たれる ミドルシュートも強烈。 バイエルン所属の豪華な攻撃陣の中でも一際輝く選手ですね。 今季もブンデスリーグに加え、欧州CLにも出場し、チームの中心戦力とも呼べるのではないでしょうか。 多彩な攻撃パターンを持っている選手なので、ワクワクさせてくれますね。 豪快に放たれるミドルシュート、細かく素早いボールタッチで相手守備の隙を見つけると、即座にパス、ドリブルで局面を打開します。 攻撃の起点にもなり、終点にもなる。 世代を代表する選手の一人になります。 能力 数値予想 オフェンスセンス 92 コントロール 99 ドリブル 99 キープ 99 グラウンダーパス 96 フライパス 90 決定力 85 ヘディング 70 フリーキック 93 カーブ 92 スピード 88 瞬発力 80 キック力 90 ジャンプ 75 フィジカル 70 ボディコントロール 99 スタミナ 87 DFセンス 58 ボール奪取 60 アグレッシブネス 67 GKセンス 40 キャッチング 40 クリアリング 40 コラプシング 40 ディフレクティング 40 逆足頻度 2 逆足精度 3 コンディション安定度 5 怪我耐性 3 弱点ほぼなし! どんな局面でも対応可能なテクニック! CSでの能力大幅アップが続いています。 コウチーニョの収録時にももちろん能力アップが見込めますよね。 特筆すべきはカンスト値が多くなった ドリブル関係です。 スピードもあるので、抜いて良し。 ボールをこね回して味方につなげるなど考えうる攻撃パターンのどれでも通用できる能力をもっています。 スキルも優秀ですね。 ダブルタッチなどのフェイント系に加え、 コントロールカーブにミドルシュートとシュートレンジは広め。 単独で得点を狙うことも可能です。 ワンタッチパスにスルーパス、アウトスピンキックも持っているので、起点としての役割も十分に果たせそうです。 ベンジャマン・パヴァール 安定した守備と卓越した攻撃力でチームを支えるSB! 特筆すべきはゴールへの貢献度です。 今季は23試合に出場し、2ゴール3アシストとSBとして最高の成績を残しています。 足元の技術の高さに加え、 鋭い読みからのインターセプトもうまく守備面でも活躍しています。 今後のバイエルンを担うSBに成長するかもしれません。 能力 数値予想 オフェンスセンス 77 コントロール 88 ドリブル 83 キープ 81 グラウンダーパス 89 フライパス 93 決定力 75 ヘディング 91 フリーキック 69 カーブ 83 スピード 94 瞬発力 84 キック力 84 ジャンプ 96 フィジカル 90 ボディコントロール 84 スタミナ 92 DFセンス 93 ボール奪取 92 アグレッシブネス 88 GKセンス 40 キャッチング 40 クリアリング 40 コラプシング 40 ディフレクティング 40 逆足頻度 2 逆足精度 2 コンディション安定度 6 怪我耐性 3 万能性の高いSB! スタミナとコンディション安定度もうれしい! とびぬけた能力は多くはありませんが、非常にバランスが良い選手になります。 サイドを担当する選手として十分すぎるスピードに攻守両面の能力も中々ですね。 スタミナも大台の90越え。 コンディション安定度も6と高評価。 CBとRSBのほかにもLSB、DMF、CMF、RMFをハイレベルにこなせます。 SBの攻め上がりにほしいクロスにかかわるスキルはありません。 少しだけ物足りなさを感じますが、 バックスピンロブやインターセプトなど優秀なスキルをもっているのはうれしいところ。 全体的にみるとかなり優秀な選手なので収録時には手元にほしいですね。 SBとしてバランスが良く非凡な選手となっていますね。 攻撃面でも守備面でも力を出せる非常に優秀なパラメーターです。 特筆すべきはそのスピード! 94と高速化するウイイレに対応しており、瞬発力も大台の 90になっています。 ドリブル能力も 90なので単騎で持ち上がることも可能です。 クロスに期待大 攻撃面で大きく期待されるのはクロスでのチャンスメイクですね。 フライパスの数値が95、カーブ89とクロスの精度は非常に高いです。 スキルの ピンポイントクロス、バックスピンロブ、ワンタッチパスなど優秀なスキルがあるので、攻撃時にはパスの出し手として活躍できそうです。 なんといっても スピードと瞬発力のカンストは大きいですね。 スピード勝負な負けないことを示しています。 ドリブル能力も95と高く、高速ドリブルでサイドを縦に切り刻むことが十分に可能です。 スピードに乗せたら止まりません。 ボディコントロール、スタミナも高めではあるので、長くピッチで戦ってくれそうですね。 残念な点も…… 攻撃、スピード面では大きく貢献してくれそうですが、残念ながら 守備能力の低さが痛いですね。 超攻撃的SBとして起用するならいいのですが。 守備能力に期待するとなると、心もとないですね。 あくまでも攻撃要員としてカウントしてほしい選手です。 GKスキルがほぼカンスト! 身長193センチとキャッチング98、クリアリング98以外のGKスキルは全て99とカンストしています。 セービングエリアが広いので、絶体絶命のピンチも防いでくれる可能性が高いですね。 ジャンプ91、フィジカルコンタクト94とフィジカル面でも高い数値になっています。 GKとして非常に頼もしい能力になっています。 攻撃につなげやすいスキルも! セービング能力のみならず、 フライパス81とキック力92から繰り出される反撃ののろしは多くの場面でチームを助けることになりそうです。 低弾道パントキックも持っているので、性格無比なゴールキック、カウンターにつなげられますね。 ドリブルはカンスト、ボールキープ、コントロールは97とかなりハイレベルにドリブル関連能力が高いです。 飛び出してこね回し、これまたカンスト値であるグラウンダーのパスでの展開にも対応できますね。 決定力は少し物足りないので、パス、ドリブルで局面の打開に使用したいところです。 ドリブルスキルの多さが光る! ドリブルでの局面の打開はしやすいはずです。 ダブルタッチ、エラシコ、ルーレット、軸裏ターン、足裏コントロールなどドリブルスキルはなんと5つ! パススキルでもスルーパスにワンタッチパスもあるので、使いやすさは抜群ですね。 ジャンプ96とエアバトルで負けることは少ないです。 攻撃時のビルドアップとしてグラウンダーパス85もうれしいですね。 展開力もそこそこあります。 スタミナ93なので途中交代は必要ないと思われますね。 俊足を誇るCB 前述したマンマークで裏とりをカバーするだけではありません。 スピードも92、瞬発力93とラインブレイカーキラーというべき選手になっています。 今も昔もウイイレの最強戦術の一つに数えられる 裏抜けを防いでくれるCBです。 手に入れれるならほしい選手です。 当たり負けしないラインブレイカー 絶大な信頼を勝ち取っているストライカーですね。 オフェンスセンス97に加え、決定力が95、ヘディング91とどのような場面でもゴールが期待できます。 今回のCSでは フィジカルコンタクトが強化されました。 簡単に倒れることがなくなったのでより、ゴール前での攻防で力を発揮できそうです。 高いコンディション安定度で戦力として計算しやすい うれしいのは コンディション安定度8です。 絶不調になることは早々なく、戦力として常にベストの状態で戦ったくれます。 レベマ時最大総合値97、高い オフェンスセンスで相手ディフェンスの裏へ飛び込み、破壊力抜群のシュートでボールをゴールに沈めるバイエルンの エースストライカーです。 2位はキミッヒがランクインです。 パス精度の高さとスピ瞬も高数値。 中盤の位置ながら攻守に貢献し、 スタミナ量も豊富なので試合開始から終盤まで長く活躍出来る選手となっています。 破壊力抜群のシュートでクラブの エースストライカーとして活躍するレヴァンドフスキや、中盤の位置でパスや守備に奮闘し 攻守に貢献するDMFキミッヒなど、 オフェンスからディフェンスまで 粒揃いの選手が多数所属しているのがブンデスリーガの首位を快走する強豪クラブ 「バイエルン」です。 クラブセレクションガチャは基本的に8人の選手の登場となりますが、 実装される選手はどの選手も強力なので、是非ともこの機会に入手し、スカッドのパワーアップを目指して下さい!.

次の

【ウイイレアプリ2020】FPアルカンタラ(4/13)評価とレベマ能力!

アルカンタラ fp

ノイアー• クロース• レヴァンドフスキ• セルジオラモス• フンメルス• マルセロ• ケイン• ダヴィドシルバ• ベイル• ロイス• カンテ• イニエスタ• ビダル• サンチェス• ジエゴコスタ• ボアテング• ダグラスコスタ• チアゴアルカンタラ• ハメスロドリゲス• カゼミロ• クルトワ• ウンティティ• エデルソン• ブッフォン• ベナティア• ピャニッチ• ナバス• ミュラー• オタメンディ• アラバ• イスコ• パウリーニョ• ヴァラン• ピックフォード• マフレズ• キミッヒ• コンパニ• フェリペルイス• ミランダ• ウィリアン• アルデルヴァイレルト• シュチェスニー• ヴェルナー 黒玉選手のおよそ4割がFP未登場に ウイイレ2019ではレジェンドやFPを除くと、 黒玉がおよそ114名ほど存在します。 その中でまだFPになったことのない黒玉は全部で約 45名。 つまり黒玉選手の内の4割ほどは一度もFPにならずに今シーズンが終了しようとしています。 また、これらのFPになったことのない選手達の中にはとある共通点が存在するパターンがありますので、以下で紹介します。 FPになりやすい選手・クラブの特徴 ウイイレ2019の選手の所属状況は大きく分けて以下の3つ。 実名チーム(例:バルセロナ)• 偽名チーム(例:MDホワイト=レアルマドリード)• レアルのFPはいまだモドリッチとベンゼマのみ 2019年5月8日時点で、• バルサの選手がFPになった回数:およそ29回• レアルの選手がFPになった回数: たった3回 という特徴がありますが、これはウイイレのライセンス問題が影響していると考えられます。 ウイイレ2019ではレアルマドリードはMDホワイトという偽名で収録。 それに対し、バルセロナはウイイレとパートナーシップ契約を結んでおりウイイレのパッケージの表紙にも登場しています。 対してレアルは【週間FP(POTW)】のみとなり、これまではFPベンゼマ2回とFPモドリッチ1回。 このような感じで、「ライセンスのあるクラブとないクラブではFPになる回数が大きく異なる」というのが今作ウイイレ2019のFPシステムになります。 カタールリーグに移籍したベナティアも未所属扱い ベナティアというモロッコ代表の黒玉DFも所属クラブ【未所属】となっています。 理由はウイイレがライセンスを持っていないカタールリーグへ移籍したため。 なので、ウイイレ2019の内にFPベナティアが来る可能性がかなり低めです。 FPイニエスタはアプリで登場できる イニエスタはヴィッセル神戸に所属しています。 PS4版ではJリーグのライセンスがないため登場する可能性は低め。 しかし、アプリ版はJリーグが完全に収録されており POTW:JリーグというFPガチャで登場することが予想されます。 ポドルスキやヴジャなどもアプリ版ならばFPで登場するというのがPS4版とアプリ版の大きな違いに。 FPパウリーニョはそのうちPOTWで登場しそう ブラジル国籍でバルサに在籍したこともあるパウリーニョは現在、中国リーグに所属中。 中国リーグはウイイレのライセンスがありますし、つい最近も中国リーグからFPが選出されています。 FPテイシェイラは中国リーグから週間FP(POTW)に選出されました そのためパウリーニョも現実世界の活躍次第では週間FP(POTW)で登場する可能性はあります。

次の

兄弟でウイイレ2019に登録されている選手は誰だ!?能力値も公開!|LarkaGamesの目指せウイイレ日本一

アルカンタラ fp

ウイイレアプリ攻略サイト「ボランチ」 です。 今日はウイイレアプリ2020のFP選手の紹介をしていきます。 ティアゴ アルカンタラ選手のレベルマックス時の能力値や、選手スキル、みんなの評価などを紹介します。 同名選手の関連記事一覧• アウトスピンキック• エラシコ• スルーパス• ダブルタッチ• ヒールトリック• ルーレット• ワンタッチパス• 低弾道ロブ• 足裏コントロール• 軸裏ターン• アウトスピンキック• エラシコ• スルーパス• ダブルタッチ• ヒールトリック• ルーレット• ワンタッチパス• 低弾道ロブ• 足裏コントロール• 軸裏ターン• アウトスピンキック• エラシコ• スルーパス• ダブルタッチ• ヒールトリック• ルーレット• ワンタッチパス• 低弾道ロブ• 足裏コントロール• 軸裏ターン• アウトスピンキック• エラシコ• スルーパス• ダブルタッチ• ヒールトリック• ルーレット• ワンタッチパス• 低弾道ロブ• 足裏コントロール• 軸裏ターン• アウトスピンキック• エラシコ• スルーパス• ダブルタッチ• ヒールトリック• ルーレット• ワンタッチパス• 低弾道ロブ• 足裏コントロール• 99〜9. 00 S 即ガチスカ級の神引き当たり選手 評価点:8. 99〜8. 50 AA 使用感によってはガチスカ候補の良引き選手 評価点:8. 49〜8. 00 A 使用感とライブアプデによってはガチスカ候補に入る選手 評価点:7. 99〜7. 50 B 基本的には使わないがプレースタイルやスキルによっては使える可能性あり 評価点:7. 49〜7. 00 C 基本的には使わない選手 評価点:6. 99以下 【FP】ティアゴ アルカンタラ選手のみんなの評価アンケート 【FP】ティアゴ アルカンタラ選手の「みんなの評価」の投票結果です。 Twitterのアンケート機能を利用して集計しています。 総合値や能力値だけでは判断できない「使用感の良さ」や「希少性」などもを含めて、多くのユーザーの意見が反映された結果ですので、是非参考にしてみてください。 【ポジション別】ランキング• CATEGORY• 1,129• 最新記事•

次の