三菱ufj銀行 口座番号 8桁。 振込

口座番号が8桁のゆうちょ銀行を使用しています。会社口座情報に振込依頼人コードを追加する際、口座番号を7桁までしか入力することができません。対応方法を教えてください。

三菱ufj銀行 口座番号 8桁

口座番号8桁を7桁に変換する方法 ゆうちょの口座番号8桁を7桁に変換する方法は、口座番号の最後の1を取り除きます。 例えば、口座番号が「55543051」であれば、7桁の口座番号は「5554305」になります。 これだけです。 とても簡単ですね。 それにしても、なぜ最後が1と決まっているのに、8桁なのでしょうか。 最初から7桁にしていれば、迷う人はいなかったはずなので、本当に迷惑な話ですね。 ゆうちょは長い間、民営化されなかったため独自のルールが浸透し、その名残がいまだに残っているからです。 ちなみに、ゆうちょのページ(下記のURL)で、8桁の口座番号を入力すると、7桁の口座番号に変換してくれます。 時間のある方は、実際に変換して確かめてみてください。 スポンサーリンク 8桁の口座番号の最後が1の理由 ゆうちょでは、総合口座・通常貯金・通常貯蓄貯金の場合、番号の末尾は1と決まっています。 じゃあ8桁の最後の数字が1以外のものはあるか?というと今のところありません。 新しい種類の預金サービスができたときに1以外の数字を使うために、8桁にしていると予想されますが、実際いまのところ使っていないようですね。 7桁だと数字が足りないからでは?と考えた人もいると思います。 口座番号7桁で表現できる数字は、0~999万9999までの、1000万口座だからです。 日本の人口は1億2000万なので、一人一口座作ったとしても、1億2000万口座必要になるので、全く足りませんね。 しかし、これについては問題ありません。 すでに気づいている方もいると思いますが、ゆうちょには、5桁の記号番号というものがあって、同じ口座番号であっても記号番号でわけることができるからです。 これは他の銀行であっても同じですね。 他の銀行の場合は支店番号を使っています。 ゆうちょの記号番号は5桁ですが、そのうちの2桁が振込みで必要な店番号に使われています。 やはり、8桁にしているのは表現できる口座番号が足りないからではなくて、将来的な拡張のためというのが正しそうです。 スポンサーリンク 記号番号と店番号の変換 ゆうちょには店番号というものもあります。 店番号は、ゆうちょ以外の銀行から振込みしてもらうときに必要です。 これは、全銀システム(全国銀行データシステム)のためです。 全銀システムにより、各銀行間での振り込みを行うために、共通の形式が決まっています。 その形式というのが、4桁の金融機関コード・3桁の支店コード(店番号)・7桁の口座番号です。 ゆうちょ銀行も民営化後の2009年1月から全銀システムに接続可能となりました。 そのため、ゆうちょ銀行の5桁の記号と8桁の口座番号を、3桁の店番号と7桁の口座番号に変換する必要があるのです。 変換の際は、下図を参考に変換してください。 ゆうちょのHPに掲載されているものです。 相手に振り込みをしてもらうには、銀行名、店番号、口座番号を伝えればできます。 その際に、記号番号はわかるけど、店番号が分からないという場合があります。 その時は、図を参考に記号番号から、店番号に変換してください。 例えば、記号番号が「23140」とすれば、記号番号の2桁目、3桁目と、数字の8を並べたものが店番号となり、上の例でいえば「318」となります。 店番号の最後の数字は必ず8になります。 口座番号の最後が必ず1になるのと同じですね。

次の

銀行口座番号の桁数は?みずほやゆうちょのキャッシュカード確認方法は?

三菱ufj銀行 口座番号 8桁

振込先支店、預金種類選択 振込先支店、預金種類をプルダウンメニューからお選びください。 口座番号入力 入力ボックスに半角数字(最大7桁)でご入力ください。 8桁以上の指定がある場合は、お受取人さまにご確認ください。 当行本支店へのお振り込みの場合、口座番号は必ず7桁でご入力ください。 他行あてのお振り込みで口座番号が7桁以下の場合、先頭に「0」の入力は不要です。 先頭に「0」をつけて入力した場合、取引内容確認画面では「0」は省略されて表示されます。 右詰めでの口座番号入力は不要です。 お受取人名はご入力いただいた金融機関、支店名、口座種類、口座番号から該当する口座を検索し、次画面に自動表示されますので入力は不要です(ただし、一部の銀行を除きます)。 すべて全角でご入力ください。 全角48文字以内でご入力ください。 振込依頼人電話番号入力 ご登録の電話番号があらかじめ表示されます。 携帯電話番号等に変更する場合は、入力ボックスに直接ご入力ください。 振込金額入力 振込金額を引出可能額の範囲内で半角数字でご入力ください。 振込金額と振込手数料との合算金額を指定する場合は、入力ボックス下の「手数料を含む金額」を ご指定ください。 最初の設定は、「手数料を含まない金額」が選択された状態になっています。 振込金額の入力にあたっては、「¥」や「,(カンマ)」の入力は不要です。 また、金額を右詰にする必要はありません。 振込目的のご確認(非居住者のお客さまのみ) 「今回のお振り込みの目的」をプルダウンで選択してください(「その他」の場合は、お振込みの目的を20文字以内でご入力ください)。 法令・規制をご確認いただき、今回の振込が取引規制対象ではない場合はその旨をご申告ください。 連絡可能な電話番号は、国番号からご入力ください。 非居住者のお客さまのお取引について• 「外国為替及び外国貿易法」等の法令・規制に基づく適法性を確認したうえで、振込を実行いたします。 確認にあたっては、画面表示に沿って、項目をご入力ください。 適法性確認のため、振込を一旦保留し、お客さま宛に内容確認のご連絡をする場合がございます。 確認の結果、振込をお断りする可能性がございます(ご連絡がつかない場合もお断りいたします)。 Eメールアドレス Eメールアドレスをご確認ください。 ご登録済みのEメールアドレスが表示されます。 口座番号、受取人相違等により振込先金融機関から振込資金が返却された場合などは、表示されているEメールアドレス宛てにご連絡させていただきます。 また、お振り込みの受付完了後、表示されているEメールアドレス宛てに「お振込受付のお知らせ」をお送りいたします。 Eメールアドレスを変更する場合は、「Eメールアドレス変更」のリンクよりお手続きのうえ、再度お振り込みを行ってください。 ご依頼内容に間違いがないかご確認のうえ、お取引してください。 振込手数料が優遇されている場合は、振込手数料欄に優遇金額が表示されます。 ご依頼内容を訂正する場合は、「戻る」ボタンを押し、前画面に戻って再度ご入力ください。 お取引が翌営業日扱いになる場合は、画面上部に翌営業日扱いになる旨のメッセージが表示されます。 翌営業日扱いであっても振込資金は、ご依頼日当日にお引き落としとなります。 登録先振込の場合、ご登録のお受取人名が相違していた場合は、画面上部にその旨のメッセージが表示されますのでお受取人名を再度ご確認ください。

次の

ソニー銀行口座に入金する方法|MONEYKitご利用ガイド|MONEYKit

三菱ufj銀行 口座番号 8桁

口座番号8桁を7桁に変換する方法 ゆうちょの口座番号8桁を7桁に変換する方法は、口座番号の最後の1を取り除きます。 例えば、口座番号が「55543051」であれば、7桁の口座番号は「5554305」になります。 これだけです。 とても簡単ですね。 それにしても、なぜ最後が1と決まっているのに、8桁なのでしょうか。 最初から7桁にしていれば、迷う人はいなかったはずなので、本当に迷惑な話ですね。 ゆうちょは長い間、民営化されなかったため独自のルールが浸透し、その名残がいまだに残っているからです。 ちなみに、ゆうちょのページ(下記のURL)で、8桁の口座番号を入力すると、7桁の口座番号に変換してくれます。 時間のある方は、実際に変換して確かめてみてください。 スポンサーリンク 8桁の口座番号の最後が1の理由 ゆうちょでは、総合口座・通常貯金・通常貯蓄貯金の場合、番号の末尾は1と決まっています。 じゃあ8桁の最後の数字が1以外のものはあるか?というと今のところありません。 新しい種類の預金サービスができたときに1以外の数字を使うために、8桁にしていると予想されますが、実際いまのところ使っていないようですね。 7桁だと数字が足りないからでは?と考えた人もいると思います。 口座番号7桁で表現できる数字は、0~999万9999までの、1000万口座だからです。 日本の人口は1億2000万なので、一人一口座作ったとしても、1億2000万口座必要になるので、全く足りませんね。 しかし、これについては問題ありません。 すでに気づいている方もいると思いますが、ゆうちょには、5桁の記号番号というものがあって、同じ口座番号であっても記号番号でわけることができるからです。 これは他の銀行であっても同じですね。 他の銀行の場合は支店番号を使っています。 ゆうちょの記号番号は5桁ですが、そのうちの2桁が振込みで必要な店番号に使われています。 やはり、8桁にしているのは表現できる口座番号が足りないからではなくて、将来的な拡張のためというのが正しそうです。 スポンサーリンク 記号番号と店番号の変換 ゆうちょには店番号というものもあります。 店番号は、ゆうちょ以外の銀行から振込みしてもらうときに必要です。 これは、全銀システム(全国銀行データシステム)のためです。 全銀システムにより、各銀行間での振り込みを行うために、共通の形式が決まっています。 その形式というのが、4桁の金融機関コード・3桁の支店コード(店番号)・7桁の口座番号です。 ゆうちょ銀行も民営化後の2009年1月から全銀システムに接続可能となりました。 そのため、ゆうちょ銀行の5桁の記号と8桁の口座番号を、3桁の店番号と7桁の口座番号に変換する必要があるのです。 変換の際は、下図を参考に変換してください。 ゆうちょのHPに掲載されているものです。 相手に振り込みをしてもらうには、銀行名、店番号、口座番号を伝えればできます。 その際に、記号番号はわかるけど、店番号が分からないという場合があります。 その時は、図を参考に記号番号から、店番号に変換してください。 例えば、記号番号が「23140」とすれば、記号番号の2桁目、3桁目と、数字の8を並べたものが店番号となり、上の例でいえば「318」となります。 店番号の最後の数字は必ず8になります。 口座番号の最後が必ず1になるのと同じですね。

次の