封筒 返信 書き方。 返信用封筒の書き方

返信用封筒の宛名の書き方・折り方・入れ方・切手の貼り方

封筒 返信 書き方

そもそも、返信用封筒というのは、誰かに書類等を送った後、さらに送り返してもらうために同封するものです。 例)AさんとBさんが契約を結びたい場合 Aさんが契約書を作って、署名、捺印をしました。 この書類にBさんが署名、捺印することで、契約が完了します。 実際に会って手続きができればいいのですが、距離が遠い、タイミングが合わないなどの問題で難しいときは、契約書を郵送でBさんに送ることになります。 このとき、AさんはBさんが署名、捺印した契約書を送り返すための「返信用封筒」を同封するのが一般的です。 返信用封筒を同封することで、Bさんが書類を送り返すために必要な手間を省くことができるからです。 クレジットカードなどの申し込みをしたとき、手書きで記入しなければいけない契約書類一式が送られてくることがあります。 このようなときは、返送用の封筒が同封されていることが多いでしょう。 これが「返信用封筒」なのです。 相手から送られてきた返信用封筒を使って書類を送り返す場合の封筒の書き方についてご説明します。 【宛て名面】 相手の住所や氏名についてはすでに書いてあるはずですから、自分で書く必要はありません。 住所が合っているかどうか確かめる必要も普通はないでしょう。 ただし、通常は宛て名の後に「様」や「御中」がついていないか、「行」などと書いてあるので、敬称を書き足す必要があります。 その上で、隣に「様」を書き足します。 裏には、普通に郵便を送るときと同じように、自分の郵便番号、住所と氏名を書きましょう。 返信用封筒の中には、あらかじめ自分の住所と氏名を書く欄が作られていることもあるので、その場合は指示に従って枠内に書くようにしてください。 そうでない場合は、縦書きなら封筒の左側(もしくは中央の右側に住所と郵便番号、左側に氏名)、横置き横書きなら下部3分の1あたりに郵便番号、住所、氏名を書きます。 書類などを送るとき、返信用封筒を同封することを求められることがあります。 この場合は、封筒を作らなければいけません。 作り方を3ステップで解説します。 封筒の大きさを決める 返信用封筒は、A4サイズを3つ折りにして入れることができる長形3号というサイズの封筒を使用する場合が多くなっています。 一般的な書類の返送用であれば、これで問題ないでしょう。 ただし、製本テープで製本されている契約書など、折りにくい書類を返送してもらう場合や、折らずに返送してほしい場合は、送り返してほしい書類が入るサイズの封筒を用意する必要があります。 先方から返信用封筒のサイズ指定がない場合は、書類の内容や希望に応じて選択しましょう。 宛て名を書く 宛て名は、自分が郵便を送る場合と同じように書けば大丈夫です。 ただし、自分の氏名の後に「様」はつけず、「行」と書いてください。 切手を貼る 返送してもらう書類を送るのに必要な額の切手を返信用封筒に貼ります。 「切手を貼るように」と書いていなくても、貼るようにしてください。 返信用封筒を同封するときは、自分が送る分の送料と、返信用の送料の両方が必要です。 切手の料金については、次の段落でご説明します。 返信用封筒の切手代は、返送してもらう予定の書類と返信用封筒の合計の重量と、返信用封筒のサイズで決まります。 長3サイズで25g以内なら84円、50g以内なら94円です。 一般的なA4サイズが入る封筒の場合は、下記の通りです。 50gまで……120円 100gまで……140円 150gまで……210円 250gまで……250円 500gまで……390円 なお、自分が返信用封筒を作る場合だけでなく、相手から送られてきた返信用封筒を使うときも、切手代は自分持ちのことがあるので注意してください。 返信用封筒の表面左上に、「切手を貼ってください」と書かれていたり、何も印字されておらず空欄になっていたりする場合は、切手を貼る必要があります。 また、郵便局ではキャッシュレス決済で切手や封筒を購入することができます。 ではポイントを貯めることができ、様々な場面で利用できます。 詳細をチェックしてみてはいかがでしょうか。

次の

返信用封筒の宛名の書き方・折り方・入れ方・切手の貼り方

封筒 返信 書き方

「返信用封筒」とは? 返信用封筒とは、「封書の差出人が同封する封筒で、その封筒を使って差出人に返信するために封筒」です。 返信用封筒に決まった形式の封筒があるわけではなく、封書に同封されていて、宛て名に差出人の氏名が書いてあれば、それが返信用封筒です。 同封されてきた「返信用封筒」を送り返すときのマナー 返信用封筒の宛て名は「様」か「御中」に書き直す 返信用封筒の宛て名には、人名や部署名、会社名の下に「行」または「宛」という字が書いてありますので、それを人名には「様」、部署名や会社名なら「御中」に書き直します。 その際には「行」や「宛」の字は2重線で消した後、その下に「様」か「御中」を書き込みます。 返信用封筒の自分の氏名の後の「様」は2重線で消す 差出人の部分に自分の氏名の下に敬称で「様」、部署名や社名なら「御中」がつけられていますので、それらも2重線で消します。 雑ではなく、定規などを使いきれいな直線で消しましょう。 返信用封筒に自分の氏名が書かれていない場合は封筒裏に記入 もしも返信用封筒に自分の氏名や住所がかかれていない場合は、普通の封書のように返信用封筒の裏に自分の氏名と住所を書き入れます。 差出人から届けられた返信用封筒だから自分の氏名をわざわざ書く必要はないと思われる方もいるようですが、受け取る側からすればいくつもの封書を受け取るため、誰かから送られたのかを知る必要があります。 また封書が正しく届かない場合に送り返されることもありますから、必ず差出人の氏名と住所は返信用封筒の裏に記入しましょう。 封緘「〆」は返信用封筒に大切な情報が同封されている場合に記入 よくプライベートの手紙の封書の封に、封緘(ふうかん)と言われる「〆」がかかれていることがありますが。 ビジネスでやり取りされる封書にもこの「〆」の文字を書き添えることができます。 「〆」を書く場合は、大切な情報が同封されている場合や、その内容を宛て名の人だけに見てもらいたい内容の場合です。 返信用封筒を作成するときのマナー 返信用封筒を同封するのは相手への気遣い 返信用封筒を同封する目的とは、返送する手間を省くための相手への気遣いです。 また相手からの返送の誤送を防ぐこともできます。 返信用封筒の宛名に「行」か「宛」を忘れずに 返信用封筒にはあらかじめ、送り先となる自分の氏名もしくは社名や部署名を記入しておきます。 またその氏名や社名、部署名の下には、必ず「行」または「宛」の文字を少し小さめに書き添えることを忘れないでください。 切手も貼り忘れないように 郵便番号や住所も正しく書き、最後に相手の負担にならないように切手を貼っておくこともエチケットです。 切手料金については、下記に示した切手料金表を参照になさってください。 返信用封筒の裏は無記入で 返信用封筒には差出人となる氏名や住所を書き入れることはありません。 つまり返信用封筒の裏には何も書かないのがマナーです。 勝手に相手の氏名等を書き入れることは失礼にあたりますので書かないようにしましょう。 返信用封筒を折るときはきれいに折る 返信用封筒を封筒に入れるために折らなければならないことがありますが、その場合は封筒の角をきれいにそろえてまっすぐに折りましょう。 またその折り目は宛て名が表に出るように折ります。 そうすることで封筒を開封したときに、受け取った相手がすぐに返信用封筒であることが分かります。 速達で送り返してもらいたいのなら郵便番号上に「速達」を書き入れる もしも返信を速達で送り返してもらいたい場合には、郵便番号の上に赤いペンで「===速達===」のように書き入れます。 そして切手代金は速達料金を含む切手を貼るようにしてください。 もしも確かな速達料金が分からない場合には、多めの金額の切手を貼っておくのがマナーです。 返信用封筒の切手料金と切手がいらない場合 返信用封筒に貼る切手の金額 切手の金額は、返信用封筒の大きさと重さによって決まります。 また国内に発送するなら、距離に関係なく金額は一律です。 <定形郵便> 封筒の大きさが、タテ23. 5cm、横12cm、厚さ1cm以内の場合。 重さ 切手料金 25グラム以内 82円 50グラム以内 92円 <定形外郵便> 封筒の縦と横の厚みの合計が90cm以内で、一片の長さが60cm以内の場合。 重さ 切手料金 50グラム以内 120円 100グラム以内 140円 150グラム以内 205円 250グラム以内 250円 「切手不要」なら切手はいらない また返信用封筒に「切手不要」と書かれていれば、切手を貼らずに送ることができます。 なぜなら切手の代金はすでに送信元の会社が負担しているからです。 まとめ 「返信用封筒」とは封書の差出人が、差出人に送り返すために同封する封筒のことです。 返信用封筒で差出人に送り返すとき、または自分が返信用封筒を同封するときには、宛て名の書き方などの正しい手紙のマナーを守るようにしましょう。

次の

返信用封筒の返信の仕方!裏に住所や差出人名を書く?宛名の御中・様の直し方も解説!|つぶやきブログ

封筒 返信 書き方

「返信用封筒」とは? 返信用封筒とは、「封書の差出人が同封する封筒で、その封筒を使って差出人に返信するために封筒」です。 返信用封筒に決まった形式の封筒があるわけではなく、封書に同封されていて、宛て名に差出人の氏名が書いてあれば、それが返信用封筒です。 同封されてきた「返信用封筒」を送り返すときのマナー 返信用封筒の宛て名は「様」か「御中」に書き直す 返信用封筒の宛て名には、人名や部署名、会社名の下に「行」または「宛」という字が書いてありますので、それを人名には「様」、部署名や会社名なら「御中」に書き直します。 その際には「行」や「宛」の字は2重線で消した後、その下に「様」か「御中」を書き込みます。 返信用封筒の自分の氏名の後の「様」は2重線で消す 差出人の部分に自分の氏名の下に敬称で「様」、部署名や社名なら「御中」がつけられていますので、それらも2重線で消します。 雑ではなく、定規などを使いきれいな直線で消しましょう。 返信用封筒に自分の氏名が書かれていない場合は封筒裏に記入 もしも返信用封筒に自分の氏名や住所がかかれていない場合は、普通の封書のように返信用封筒の裏に自分の氏名と住所を書き入れます。 差出人から届けられた返信用封筒だから自分の氏名をわざわざ書く必要はないと思われる方もいるようですが、受け取る側からすればいくつもの封書を受け取るため、誰かから送られたのかを知る必要があります。 また封書が正しく届かない場合に送り返されることもありますから、必ず差出人の氏名と住所は返信用封筒の裏に記入しましょう。 封緘「〆」は返信用封筒に大切な情報が同封されている場合に記入 よくプライベートの手紙の封書の封に、封緘(ふうかん)と言われる「〆」がかかれていることがありますが。 ビジネスでやり取りされる封書にもこの「〆」の文字を書き添えることができます。 「〆」を書く場合は、大切な情報が同封されている場合や、その内容を宛て名の人だけに見てもらいたい内容の場合です。 返信用封筒を作成するときのマナー 返信用封筒を同封するのは相手への気遣い 返信用封筒を同封する目的とは、返送する手間を省くための相手への気遣いです。 また相手からの返送の誤送を防ぐこともできます。 返信用封筒の宛名に「行」か「宛」を忘れずに 返信用封筒にはあらかじめ、送り先となる自分の氏名もしくは社名や部署名を記入しておきます。 またその氏名や社名、部署名の下には、必ず「行」または「宛」の文字を少し小さめに書き添えることを忘れないでください。 切手も貼り忘れないように 郵便番号や住所も正しく書き、最後に相手の負担にならないように切手を貼っておくこともエチケットです。 切手料金については、下記に示した切手料金表を参照になさってください。 返信用封筒の裏は無記入で 返信用封筒には差出人となる氏名や住所を書き入れることはありません。 つまり返信用封筒の裏には何も書かないのがマナーです。 勝手に相手の氏名等を書き入れることは失礼にあたりますので書かないようにしましょう。 返信用封筒を折るときはきれいに折る 返信用封筒を封筒に入れるために折らなければならないことがありますが、その場合は封筒の角をきれいにそろえてまっすぐに折りましょう。 またその折り目は宛て名が表に出るように折ります。 そうすることで封筒を開封したときに、受け取った相手がすぐに返信用封筒であることが分かります。 速達で送り返してもらいたいのなら郵便番号上に「速達」を書き入れる もしも返信を速達で送り返してもらいたい場合には、郵便番号の上に赤いペンで「===速達===」のように書き入れます。 そして切手代金は速達料金を含む切手を貼るようにしてください。 もしも確かな速達料金が分からない場合には、多めの金額の切手を貼っておくのがマナーです。 返信用封筒の切手料金と切手がいらない場合 返信用封筒に貼る切手の金額 切手の金額は、返信用封筒の大きさと重さによって決まります。 また国内に発送するなら、距離に関係なく金額は一律です。 <定形郵便> 封筒の大きさが、タテ23. 5cm、横12cm、厚さ1cm以内の場合。 重さ 切手料金 25グラム以内 82円 50グラム以内 92円 <定形外郵便> 封筒の縦と横の厚みの合計が90cm以内で、一片の長さが60cm以内の場合。 重さ 切手料金 50グラム以内 120円 100グラム以内 140円 150グラム以内 205円 250グラム以内 250円 「切手不要」なら切手はいらない また返信用封筒に「切手不要」と書かれていれば、切手を貼らずに送ることができます。 なぜなら切手の代金はすでに送信元の会社が負担しているからです。 まとめ 「返信用封筒」とは封書の差出人が、差出人に送り返すために同封する封筒のことです。 返信用封筒で差出人に送り返すとき、または自分が返信用封筒を同封するときには、宛て名の書き方などの正しい手紙のマナーを守るようにしましょう。

次の