かわ の 駅 おち。 川角駅

「道の駅」津かわげ|三重県 中部の「道の駅」

かわ の 駅 おち

歴史 [ ]• (9年) - 開業。 (昭和62年) - 交換駅化。 同時に川角信号所は廃止。 駅構造 [ ] 2面2線を有するで、が可能である。 駅舎は方面ホーム側にあり、方面ホームとの間はで連絡している。 は方面ホーム中央にある。 2009年3月に跨線橋部、多機能トイレ、駅舎出入口部が設置された。 かつては1面1線で、寄りの付近に川角が設けられており、そこで列車交換を行っていた。 しかし、武州長瀬 - 間の化と当駅の交換設備設置に伴い廃止された。 のりば [ ] 番線 路線 方向 行先 1 越生線 下り 方面 2 上り ・ ・・方面• ただし、坂戸駅から先の東上本線は、坂戸駅で乗り換えとなる。 利用状況 [ ] 2018年度の一日平均は 15,264人である。 越生線の途中駅では第1位である。 近年の一日平均乗降・乗車人員は下表のとおりである。 年度別1日平均乗降・乗車人員 年度 一日平均 乗降人員 一日平均 乗車人員 1989年(平成元年) 17,706 8,967 1990年(平成 02年) 18,359 9,163 1991年(平成 03年) 18,379 9,132 1992年(平成 04年) 18,527 9,205 1993年(平成 05年) 18,288 9,110 1994年(平成 06年) 18,671 9,292 1995年(平成 07年) 18,341 9,172 1996年(平成 08年) 16,866 8,688 1997年(平成 09年) 17,053 8,503 1998年(平成10年) 16,301 8,125 1999年(平成11年) 16,117 8,054 2000年(平成12年) 15,548 7,741 2001年(平成13年) 15,087 7,614 2002年(平成14年) 14,533 7,328 2003年(平成15年) 14,361 7,235 2004年(平成16年) 14,312 7,199 2005年(平成17年) 14,181 7,137 2006年(平成18年) 14,225 7,161 2007年(平成19年) 14,380 7,257 2008年(平成20年) 14,806 7,440 2009年(平成21年) 14,370 7,219 2010年(平成22年) 14,496 7,286 2011年(平成23年) 14,393 7,229 2012年(平成24年) 15,027 2013年(平成25年) 15,786 2014年(平成26年) 15,094 2015年(平成27年) 15,401 2016年(平成28年) 15,838 2017年(平成29年) 15,663 2018年(平成30年) 15,264 駅周辺 [ ] 駅前には、、がある。 周辺にはが点在している。 境界線が近接するの市内循環バスは、駅前ロータリーがない関係で、若干離れた場所にある。 駅周辺には(特に)が多く、登・下校時間帯は徒歩で各学校へ向かう生の姿が駅前の狭い道路いっぱいに連なる。 学校はいずれも徒歩圏内にあるので、などの運行はない。 坂戸キャンパス• 坂戸キャンパス()• 路線バス [ ] 乗り場 系統 主要経由地 行先 運行事業者 備考 川角駅 ゆず号里コース 歴史民俗資料館 ・ 役場 もろバス 平日運行 川角駅入口 西コース 矢ノ上・・ 坂戸市役所 西コース 城山荘入口・・坂戸駅北口 坂戸市役所 坂戸市内循環バス 五丁目調整池 - 川角駅入口コース 城山荘入口 五丁目調整池 坂戸市内循環バス 夕運転 隣の駅 [ ] 東武鉄道 越生線 TJ 42 - 川角駅 TJ 43 - TJ 44 脚注 [ ].

次の

辛皮駅

かわ の 駅 おち

2019. 14 高知県越知町の新たな観光拠点 6月8日(土)、「スノーピークかわの駅おち」開業 食物産店舗、宿泊、アクティビティを備えた新業態 株式会社スノーピーク(代表取締役社長 CEO:山井太、本社:新潟県三条市、証券コード:7816)は、2019年6月8日(土)、高知県に新たな観光拠点「スノーピークかわの駅おち」を開業します。 「スノーピークかわの駅おち」は、食物産店舗、宿泊、アクティビティを備えた新業態の観光拠点です。 高知県越知町の観光の主役である仁淀川を「路線」に、そして、既設の「おち仁淀川キャンプフィールド」の上流に位置する宮の前公園を「かわの駅」と見立て、新しいコンセプトで開発した観光拠点です。 店舗エリアでは、高知県仁淀川流域の物産、日本各地で野遊びを楽しむスノーピークがセレクトした食品の販売に加え、スノーピークのキャンプ用品やアパレルも取り扱う直営店を展開します。 宿泊エリアには、モバイルハウス「住箱-JYUBAKO-」を7棟を配置(施設開業後、順次開始予定)。 さらに、カヌーアクティビティも提供し、野遊びの楽しさを通じて、越知町が誇る豊かな自然とその恵みを満喫できる特別な体験を提供します。 宮の前公園は、目の前に仁淀川が広がる景観に加え、秋には越知町の町花でもあるコスモスが咲き誇ります。 これまでも町民の憩いの場として親しまれてきたこの地に「宿泊もできる観光拠点」として展開することで、観光、ビジネスを含めた様々な来訪者に向けて越知町の自然、そして魅力をスノーピークのフィルターを通して発信します。 スノーピークは今後も自治体や地元企業との連携を深め、これまで培ってきたアウトドアの知見を活かして、地域活性化に貢献してまいります。

次の

「里の駅 かわにし」(由布市

かわ の 駅 おち

2019. 14 高知県越知町の新たな観光拠点 6月8日(土)、「スノーピークかわの駅おち」開業 食物産店舗、宿泊、アクティビティを備えた新業態 株式会社スノーピーク(代表取締役社長 CEO:山井太、本社:新潟県三条市、証券コード:7816)は、2019年6月8日(土)、高知県に新たな観光拠点「スノーピークかわの駅おち」を開業します。 「スノーピークかわの駅おち」は、食物産店舗、宿泊、アクティビティを備えた新業態の観光拠点です。 高知県越知町の観光の主役である仁淀川を「路線」に、そして、既設の「おち仁淀川キャンプフィールド」の上流に位置する宮の前公園を「かわの駅」と見立て、新しいコンセプトで開発した観光拠点です。 店舗エリアでは、高知県仁淀川流域の物産、日本各地で野遊びを楽しむスノーピークがセレクトした食品の販売に加え、スノーピークのキャンプ用品やアパレルも取り扱う直営店を展開します。 宿泊エリアには、モバイルハウス「住箱-JYUBAKO-」を7棟を配置(施設開業後、順次開始予定)。 さらに、カヌーアクティビティも提供し、野遊びの楽しさを通じて、越知町が誇る豊かな自然とその恵みを満喫できる特別な体験を提供します。 宮の前公園は、目の前に仁淀川が広がる景観に加え、秋には越知町の町花でもあるコスモスが咲き誇ります。 これまでも町民の憩いの場として親しまれてきたこの地に「宿泊もできる観光拠点」として展開することで、観光、ビジネスを含めた様々な来訪者に向けて越知町の自然、そして魅力をスノーピークのフィルターを通して発信します。 スノーピークは今後も自治体や地元企業との連携を深め、これまで培ってきたアウトドアの知見を活かして、地域活性化に貢献してまいります。

次の