布団 圧縮 袋 風船。 意外と見落としてた!布団圧縮袋に空気が入る原因と重要ポイント

DAISOの布団圧縮袋と風船でバルーンマットを作ってみた

布団 圧縮 袋 風船

【 本記事のターゲット 】• 子供と楽しく家で遊びたい• 圧縮袋と風船で作成出来る「バルーンマット」を作ってみたい• バルーンマットは割れる?割れない? 今回は先日子供と一緒に作成したバルーンマットに関して、どうやったら割れないように作れるのか、割れるものなのかどうかをご紹介します。 バルーンマット、圧縮袋・風船・そして家に必ずある掃除機の3つが揃っているだけで簡単に作れるという事で、屋内遊びとして高い人気を誇っています。 が、はじめて作る人にとっては、• 本当にそんなに簡単に作れるの?• 割れたりしないか心配 という人も多いかと。 という事で、実際にmog家で圧縮袋&風船&掃除機を使ってバルーンマットを作って色々検証してみました。 これからバルーンマットを作りたいという方は、本記事を参考にしてみて下さいね。 最初に風船を用意して、しっかりと膨らませて空気が抜けない様にしっかり結びます。 その後、手元に圧縮袋を用意して、下記の様な感じで風船を沢山いれます。 掃除機で圧縮袋の中の空気を全て吸い取る 風船を入れ終わったら、空気が中に入っているので、その空気を掃除機で吸い出します。 上記のような感じ。 ちなみにmog家が実施した時、初回のみ空気を吸いすぎて風船が割れてしまったので程々に... バルーンマットの出来上がり。 割れないコツをご紹介 がしかし... 次に大人が乗ってみたところ、見事に「パンっ!」と割れてしまいました。 上記のような感じ、右上の風船が割れてますよね... ちなみに、この後風船を補充して2〜3回試したのですが、ことごとく大人が乗った瞬間に割れてしまう... 子供もぴょんと跳ねた瞬間に「パンっ」と割れてしまいました... このバルーンマット、噂では「飛んでも跳ねても割れない」という人も大勢いるので、その人たちが作ったバルーンマットを見ながら、どうやったら割れないバルーンマットが作れるのかを考察してみました。 風船が少なすぎる(圧縮袋が小さすぎる) まず、風船が少なすぎる(バルーンマットの大きさが小さすぎる)という事が主な原因かと。 圧縮袋の中に風船をつめて、その上に乗るわけなのですが... 当然圧縮袋の中に風船が一つしか入っていない場合は割れますよね... なぜ割れないか?というと、上に乗った時にそれぞれの風船に力が分散されて、さらに圧縮袋によって風船の移動や膨らみが起きないという所から割れないような原理になっています。 なので... 風船自体が少なすぎる&圧縮袋が小さすぎると、分散出来る力が弱まって風船が割れてしまうという結果に... 上記圧縮袋は明らかに小さすぎましたね。 他の人のバルーンマットをみると、寝転がれるくらい大きいもので作成されているものがほとんどでした。 なので、多少大きめの圧縮袋(子供が余裕をもって寝転がれる程度)を用意した方が良さそうです。 そして、隙間なく風船を詰め込む。 これも重要な点かと思います。 風船の大きさがバラバラ、なるべく統一に。 重さが分散出来るように作成 これはもしかしたらあんまり関係ないような気もしますが... 大抵、風船の大きさはほぼ同じくらいの大きさで統一されて作られていました。 mog家で作ったバルーンマットは、子供と一緒に風船を作った&いろんな種類の風船で作ったので、大きさがバラバラ... これもうまく負荷分散出来ない原因になるかと。 圧縮袋の空気がしっかり抜けていない 最後に、圧縮袋の中の空気がしっかり抜けていないという点。 圧縮袋の中に空気が出来てスペースがある状態だと、風船が移動したり風船が横に膨らんでしまって、耐えきれず「パンっ」と割れてしまいます。 なので、しっかり空気を抜いて風船が動かない状態になっているのを確認してから、バルーンマットの上に乗るようにしましょう。 最後に 今回は屋内で遊べる「バルーンマット」に関して、割れる原因などをご紹介しました。 中には本当に大きい圧縮袋でバルーンマットを作っている方も多いので... ちょっと風船膨らませるのが大変ですが、子供は確実に喜ぶと思いますので、一度チャレンジしてみては如何でしょうか。

次の

使わなくなった布団の捨て方教えます!正しい布団の捨て方を8選紹介

布団 圧縮 袋 風船

「ベッドを買った」「引っ越しを機に新しものを買った」など、いらなくなった布団をどうやって処分したらいいのと布団の捨て方に悩んでいませんか?布団の捨て方は「手間をかけるか」「費用をかけるか」2通りあります。 自分にあった方法を選んで下さいね。 春になると引っ越しや転勤などで、生活環境が大きく変わる人も多くなります。 布団からベッドに変えたり、布団を新しいものに交換したり、 使わなくなった布団を処分する方法を知っていますか? 布団は意外に大きくて重いので、女性では簡単に処分するのが難しですよね? 布団の処分方法は大きく分けて、 2種類の方法があります。 それは、「手間がかかるが、費用がかからない方法」と「手間はないが、費用がかかる方法」の 2種類です。 今回は、 使わなくなった布団の捨て方や、圧縮袋を使って布団を収納する方法について紹介します。 この記事の目次• 【布団の捨て方】布団を捨てる時は「粗大ゴミ」で捨てよう! そもそも布団は、何ゴミになるのでしょうか? 何ゴミか知るにはまずは、 処分したいゴミの素材を知る必要があります。 布団の素材は綿や、布のものばかりです。 綿や布は燃えるものなので、布団は「燃えるゴミなんじゃないの?」と思いませんか? しかし、燃えるゴミで処分できるものは、大きさが制限されています。 多くの自治体では 30cm~50cm以上あるものは、 粗大ゴミとして区分されます。 ですので、 布団は大きさ的には粗大ゴミで、素材的には燃えるゴミとなります。 【布団の捨て方】費用のかからない布団の捨て方を5つ知ろう! いらない物を処分するのに、費用がかかってしまうと「捨てようか?」 悩む事はありませんか? 布団もその一つではないでしょうか? 手間はかかるけど、 お金をかけずに布団を捨てたい人にオススメの方法を 5つ紹介します。 【布団の捨て方】リサイクルに出して布団をお金をかけずに捨てる方法 あまり使用していない布団や、メーカーの布団を捨てたい時にオススメな方法がリサイクルです。 リサイクルする場合は、 リサイクルショップに持って行ったり、ネットオークションに出品するという方法があります。 リサイクルすると処分費用はかからず、逆にお金になる事があるのでお得ですね。 【布団の捨て方】布団を細かく切って燃えるゴミとしてお金をかけずに捨てる方法 粗大ゴミとして出す場合は費用が必要ですが、普通ゴミの燃えるゴミとして出せば、費用がかかりません。 布団を 30cm以下~50cm以下に切って、 燃えるゴミとして処分しましょう。 【布団の捨て方】布団販売店で引き取ってもらいお金をかけずに捨てる方法 新しい布団を購入が決まっている人にオススメな方法です。 新しい布団を購入する販売店で、 古い布団を引き取ってもらえる場合があります。 無料で引き取ってくれる販売店なら、処分費用はかかりません。 【布団の捨て方】布団を寄付してお金をかけずに捨てる方法 ネットで「布団 寄付」と検索すると 布団の寄付を募っている団体があります。 海外途上国の人々や、動物が暖を取るためなど、様々な使用目的で団体が寄付を募っています。 布団を無料で回収してくれる団体もあります。 動物保護施設や、動物孤児院などでも募っているので、必要なくなった布団を使ってもらえるのであれば寄付するのもオススメです。 【布団の捨て方】布団を無料回収してもらいお金をかけずに捨てる方法 無料で布団を回収してくれるところもあります。 引き取ってもらう方法は、宅配引き取りと、持ち込み引き取りの 2つの方法です。 宅配の場合は送料がかかります。 このように無料で捨てる法がいくつかあります。 自分にはどの方法が合っているのか考えて、 どの方法で布団を捨てるのか決めましょう。 【布団の捨て方】布団の処分費用はかかるが簡単に捨てれる方法 布団を「今すぐ捨てたい!」「どうしても捨てる時間がない!」「楽に捨てたい」という人もいますよね? 費用はかかりますが、 簡単に布団を捨てる方法を 3つ紹介します。 【布団の捨て方】各自治体の粗大ゴミとして出す布団の捨て方を知ろう! 粗大ゴミとして捨てる場合は、各自治体に従わなくてはなりません。 また、 粗大ゴミとして出す場合は、日程と時間を自治体から指定されます。 処分費用は大きさや、自治体によって異なります。 (例)2018年1月での東京都世田谷区で、布団を処分するのにかかる費用です。 布団(掛け)… 400円• 布団(敷き)… 400円 自治体の粗大ゴミとして出す方法は、粗大ゴミ処理手数料券をコンビニや、スーパーなどで購入し、 処分する布団に張り付けて指定日時と時間にゴミ置き場に出します。 この方法が簡単で、少額の費用で布団を処分できます。 【布団の捨て方】引っ越し業者に布団を引き取ってもらう捨て方を知ろう! 引っ越しを気に布団を捨てたい人にオススメなのが、引っ越し業者に有料で回収してくれる場合があります。 引っ越し業者によっては、回収サービスをやっていない会社もあるので事前に確認が必要です。 引っ越し費用にオプションで布団回収費用というものがかかってしまいますが、 引っ越しする時に同時に処分できるのでオススメです。 【布団の捨て方】不用品回収業者に依頼する布団の捨て方を知ろう! 費用は一番かかってしまうかもしれませんが、 不用品回収業者に依頼すると日程や、時間が合えばすぐ回収にきてくれます。 なので「今すぐ布団を捨てたい」「時間がない」という人にはオススメの方法です。 【布団の捨て方】不用品回収業者に依頼して布団を捨てる方法 日時や時間もこちらに合わせて布団を処分しくれる不用品回収業者は、 実際に依頼すると、料金はどのくらいかかるのでしょうか? 依頼するなら、料金もなるべく安く済ませたいのが本音ですよね 不用品回収業者に 安くしてもらうコツも合わせて紹介します。 不用品回収業者に依頼すると出張料金として 3,000円程度と、布団 1枚につき +1,000円程度かかるので 4,000円程度になります。 さらに安くしてもらう方法は、やはり布団の状態がキレイな事です。 不用品回収業者では、布団がキレイであればそれをリサイクルし、お金にするのでキレイであれば安くしてもらう事がありす。 また処分する布団が多い場合は、 全部まとめての金額にしてくれることもあります。 不用品回収業者によって値引き交渉すると、値引きしてくれる場合があります。 ダメもとで値引き交渉するのもいいでしょう。 《布団の捨て方のQ&A》布団の捨て方の疑問が多いものを紹介• 布団の処分について、もう少し詳しくお答えします! Q1. 布団を細かく切って燃えるゴミに出したらお得なの? A. 自治体によっては小さく切っても、 燃えるゴミとして出せない場合がありますので確認が必要です。 また、布団を細かく切って燃えるゴミとして処分する場合は、費用はかかりませんが、その分手間暇がかかってしまうので、それでもいいという人は燃えるゴミで処分してもいいでしょう。 布団を燃えるゴミで出すときの出し方は? A. 自治体によって違ってきますが、 布団圧縮袋に入れて小さくして処分するという方法が多いようです。 ある程度の大きさに切って布団圧縮袋に入れて捨てたり、サイズが小さい場合は、そのまま入れてもいいでしょう。 布団を粗大ごみか不用品回収業者か迷う A. 「時間がない!」「楽に捨てたい!」という人には、不用品回収業者がオススメです。 粗大ゴミに出す場合は、 日時も時間も決められています。 布団以外にも処分したいものがある場合は、出すのが面倒になります。 ベビー布団の捨て方はどうしたらいいの? A. 状態がいいものであれば、ネットオークションなどで高値で売れることがあります。 捨てたり、譲りたくない場合は、 リメイクして座布団などに作り替えるのもいいでしょう。 布団を寄付したいけどどうしたらいいの? A. 寄付を募っている団体などがネットを検索するとヒットしてきます。 また、 地域の動物保護センターなどに問い合わせてもいいでしょう。 【布団の捨て方を知ったら】布団を収納する布団圧縮袋を知ろう! 季節の変わり目になると 布団やタオルケットを出したり、片付けたりすることがありますよね? しかし、布団はかさばるので「布団の収納は大変だな」「場所を取って困るな」と感じている方も多いのではないでしょうか? 布団は布団圧縮袋に入れて収納すると、スッキリ収納できます。 使い方のポイントを頭に入れておくと 布団や、タオルケットの出し入れもスムーズになります。 布団圧縮袋はジッパー式とバルブ式の 2種類があり、 どちらも掃除機を使って圧縮します。 【布団を収納する】ジッパー式の圧縮袋について知ろう! ジッパー式の圧縮袋は布団を入れてジッパーを締め、 掃除機で中の空気を抜きます。 圧縮後の空気漏れが気になる場合もありますが、比較的リーズナブルなので、「できるだけお手頃にすませたい!」という方にいいですね。 お値段は 1枚200円前後のものが多く、 たくさん必要という人にもオススメです。 100円ショップで購入することも可能なので、気軽に購入できます。 【布団を収納する】バルブ式の圧縮袋について知ろう! バルブ式の圧縮袋は、 バルブに掃除機をセットして、空気を吸引します。 空気を吸い終わったら自動的に栓が閉まるので、ジッパー式よりも簡単にできます。 ジッパー式よりも数百円お高いですが、「使いやすいものがいい!」「安心・安全に使いたい!」という人は、バルブ式がオススメです。 布団を圧縮する作業が、とてもスムーズになりますよ。 【布団の捨て方を知ったら】圧縮袋を使う前の4つのポイント 「布団用の圧縮袋はどんなものがいいの?」と悩む時もありますよね? そんな時は、以下の 4つを 意識して選ぶといいでしょう。 【布団に圧縮袋を使うポイント】マチ付きのものを選ぶ! 布団用の圧縮袋を選ぶ時は、 マチ付きのものを選ぶようにしましょう。 マチ付き選ぶと、布団の出し入れがスムーズにできたり、布団の納まりがよかったり使いやすいです。 色々な種類があって迷うことも多いですが、どれにしようか悩んだ時マチ付きのものを選ぶことをオススメします。 【布団に圧縮袋を使うポイント】密閉性の高いものを選ぶ! 密閉性が低いものだと空気漏れをして、 圧縮した布団が膨らんでしまいます。 そうなると、布団がかさばるので収納しづらく、圧縮した意味がなくなってしまいます。 密閉性が高く、 空気漏れしにくいものがいいでしょう。 【布団に圧縮袋を使うポイント】収納する場所に合うサイズのものを選ぶ! 収納する場所に合うサイズのものでないと、スッキリ収納できなかったり、 収納時に布団を圧縮袋ごと折りたたむ必要があります。 そうならないためにも、 収納場所の幅、奥行き、高さを事前に確認して、その場所に合ったサイズを選ぶようにしましょう。 【布団に圧縮袋を使うポイント】ジッパー式はスライダー付きのものを選ぶ! ジッパー式の圧縮袋を使う場合は、スライダー付きのものがオススメです。 スライダーを使うと、 ジッパーを締める作業がとても簡単になりますよ。 【布団の捨て方を知ったら】布団を圧縮する前に予防する方法 大切な布団を清潔に保つためには、 布団を圧縮する前にダニやカビ予防をする必要があります。 【布団の予防】布団を干してダニやカビ予防してから使う! 布団は必ず天日干しまたは、陰干ししてから圧縮しましょう。 湿気の多い梅雨から夏場の時期に布団を圧縮する場合は、エアコン、除湿器、布団乾燥機などを使って、 取り込んだ布団の湿気を飛ばすといいですね。 しっかり湿気を取ることで、ダニやカビが生息しにくくなります。 【布団の予防】脱酸素剤やシリカゲルを使用する! 布団圧縮袋専用の脱酸素剤やシリカゲルがあるので、布団と一緒に入れておきましょう。 そうることで 、布団に残っている酸素や湿気が少なくなり、ダニやカビの予防につながります。 脱酸素剤やシリカゲルは、ホームセンターやインターネット通販、ドラグストアなどで手に入れられます。 【布団の予防】防ダニ効果がある圧縮袋を使用する! 布団の圧縮袋には色々な種類がありますが、 その中でも防ダニ効果があるものがオススメです。 衛生的に布団を保管できるので、アレルギーをお持ちの方や小さいお子さんがいるご家庭にもいいですね。 【布団の捨て方を知ったら】布団圧縮袋の3つの注意点を知ろう! 布団圧縮袋は適切に使わないと、 布団を傷ませてしまうことがあります。 大切な布団を長く使うためにも、 3つ の注意点を知っておきましょう。 【布団圧縮袋の注意点】布団を圧縮しすぎないようにする! カチカチになるまで布団を圧縮するのはやめましょう。 できるだけ小さくして、収納しやすくしたいと思う人も多いですが、布団が傷む原因になります。 フワフワな布団を維持するためには、元の厚みの 3分の1くらいに圧縮するのがいいでしょう。 また、羽毛布団の場合は、 2分の1くらいにとめておきましょう。 【布団圧縮袋の注意点】穴開きや破損に注意する! 穴開きや破損があると空気が漏れてしまい 、圧縮袋として使えなくなってしまいます。 持ち運んだり、掃除機を使って空気を抜く時は 、圧縮袋が傷つかないよう扱いに気を付けましょう。 【布団圧縮袋の注意点】1シーズンに1度は布団を出す! 使わない布団は長期間圧縮したまま、ということもありますよね。 しかし、圧縮したままだと布団が傷んでしまったり、 ダニやカビが増えやすくなったりします。 防ダニ効果のある圧縮袋を使っても長期間放置するとダニや菌を防ぎきれません。 そこで、 1シーズンに1度は圧縮袋から布団を出すようにしましょう。 【布団の捨て方を知ったら】羽毛布団も布団圧縮袋に入れていいの? 羽毛布団はかさばるものが多いので、「羽毛布団こそ圧縮して収納したい!」という方も多いのではないでしょうか? しかし、羽毛布団を圧縮したり、 掃除機で布団を吸引したりするのはやめましょう。 羽毛布団を圧縮すると、羽毛がとびでてしまったり、フワフワ感がなくなったりします。 また、保温性がなくなる可能性もあります。 ですから、 羽毛布団はできるだけ圧縮しない方がいいでしょう。 収納する時は羽毛布団専用の収納袋にしまっておくと、羽毛布団の傷みやダニやカビを予防できます。 それでも、「羽毛布団をどうしても圧縮したい!」「場所をとらずに収納したい!」という場合は、 羽毛布団専用の圧縮袋を使う必要があります。 その際、羽毛の軸が折れるのを防ぐため、羽毛布団は圧縮しすぎないようにしてください。 そして、圧縮袋から出して使用する時は、その前に 3時間程度陰干しましょう。 3時間程度干してもフワフワ感が戻らない場合は、 晴れた日に何回か陰干しすることによって、フワフワ感を取り戻せます。 ちなみに、羽毛は高温と低湿度に弱いという性質があるので、布団乾燥機を使う場合は低温設定を利用してください。 いらなくなった布団の捨て方がわからないなら業者に依頼しよう! 今回は、 使わなくなった布団の捨て方や、圧縮袋を使って布団を収納する方法について紹介しました。 「手間がかかるが、費用がかからない方法」と「手間はないが、費用がかかる方法」どちらの処分方法が自分に合っているのか、考える時に参考になれば嬉しいです。 「時間がない人」や「楽に済ませたい」というような人は、 費用はかかってしまいますが不用品回収業者に依頼をオススメです。 を探す時は、を使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。 まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。 不用品回収をプロに依頼するなら 不用品回収を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。 すまいのほっとラインなら、簡単にの業者を探すことができます。

次の

バルーンマットの作り方!100均グッズで風船マットをおうち時間に [雑貨] All About

布団 圧縮 袋 風船

2018年5月25日 更新• そのまま押入れなどにしまうと、かなりのスペースをとってしまいます。 そこでおすすめなのが布団圧縮袋。 今回は、布団圧縮袋の種類や使い方の注意点、おすすめの布団圧縮袋をご紹介します。 もしかしたら間違った圧縮の仕方をして、布団や掃除機に負担をかけてしまっているかもしれません。 布団と掃除機どちらも長く使えるように、この機会に改めて確認しましょう。 出典: 布団はボリュームがあるので、そのまま収納すると収納スペースが大きく占領されてしまいます。 圧縮袋は、布団以外にもオフシーズンの衣類やぬいぐるみなども圧縮できるのでおすすめです。 出典: 掃除機を活用できる圧縮袋には、チャックだけのタイプと、チャックを閉めてバルブから空気を抜くタイプがあります。 チャックだけのタイプだと、掃除機を引き抜いたあとにせっかく抜いた空気が逆流してしまい、また膨らんでしまうことがあります。 そのため、一般的な掃除機がある場合は、バルブ式のものが便利です。 また、チャックは使う前に水で濡らして固く絞った布で拭くと、ほこりがとれて密着性がアップし空気が入りにくくなります。 ただし、ダニやカビの原因になるので濡らしすぎないことが大切です。 出典: 最近ではハンディタイプの掃除機や海外製の掃除機を使っている家庭も多く、「圧縮袋が使用できない」と諦めている方もいるかもしれません。 ですが、最近では海外製の掃除機にも対応している圧縮袋も販売されており、他にも衣類用の小さな圧縮袋のように手で押して空気を抜くものや、付属のポンプで空気を抜くタイプの商品もあります。 この記事でも紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。 出典: 押入れの奥行きは80cm程度のことが多いですが、家庭によってサイズが違うこともあります。 押入れやクローゼットのサイズはあらかじめ測っておきましょう。 収納場所に合った布団圧縮袋のサイズを選べば、収納するときにはみ出したり折り曲げたりしなくてすむため、すっきり収納できますよ。 出典: 布団圧縮袋は気密性が高い分、湿気まで閉じ込めてしまい、ダニや菌が繁殖しやすい環境になってしまうことも。 圧縮袋自体にダニや菌の繁殖を防ぐ効果があるものを選ぶと、衛生的に保管ができるので安心です。 出典: 布団圧縮袋は、正しく使わないと布団や掃除機を傷めてしまうことがあります。 長く使うためにも、注意すべきポイントをみていきましょう。 ダニやカビなど、菌の発生を防ぐため、布団は圧縮する前に必ず一度干して乾燥させましょう。 また、夏は特に湿度が高いので、圧縮するときはエアコンや除湿機で室内の湿度を下げておくことをおすすめします。 かさばる羽毛布団こそ圧縮したいところですが、圧縮すると羽毛の羽軸がとびだしてしまったり、ふわふわ感がつぶれ、保温性が失われてしまったりするおそれがあります。 どうしても羽毛布団を圧縮したい場合は、羽毛布団にも対応している圧縮袋を選びましょう。 省スペースを重視するあまりカチカチになるまで布団を圧縮してしまうと、布団の中綿素材が傷んで元の形状に戻りにくくなってしまいます。 布団のふわふわ感を維持するために、圧縮は元の厚みの3分の1程度、羽毛布団は2分の1に留めておきましょう。 また、圧縮のしすぎは掃除機にも負担がかかります。 吸引時間は1分以内にし、何枚かの布団を連続で圧縮する場合は10分程度の間隔をあけ、モーターを冷やしましょう。 ダニやその他の虫を防ぐため防虫剤を入れたくなりますが、防虫剤が触れた部分ににおいが残ったり、変色の原因にもなるので圧縮袋には防虫剤を入れないようにしましょう。 来客用の布団は、使う機会がないと1年以上圧縮したままだった、なんてことがあります。 布団もずっと圧縮したままでは傷んでしまったり、防ダニ抗菌効果のある圧縮袋を使っても、ダニや菌の発生を完全に防ぐことはできません。 定期的に袋から出して陰干しするようにしましょう。 出典: 密封パックや圧縮袋を専門に製造している石崎資材の羽毛布団にも対応した圧縮袋専門店の日本製圧縮袋です。 オリジナルに開発した「逆流防止弁付き超薄型バルブ」は、バルブにキャップが装着されているので、ほこりや小さなゴミで弁がちゃんと閉じきれていなくても、キャップが空気の漏れを確実に防ぎます。 さらに、12mmという薄さのバルブは重ねて収納しても厚みが気にならず、底マチがあることによって袋がたるまないので、押し入れサイズにぴったりと布団を圧縮することができ、すっきり美しく収納することができます。 外形寸法 幅90cm 奥行85cm 底マチ46cm 出典: バルブを改良して海外の掃除機にも対応した圧縮袋です。 二重のチャックと掃除機を外しても空気が逆流しないオートロックバルブで、だれでも簡単に確実に圧縮することができます。 お得な10枚セットは、シーズンオフの布団のほかに衣類の圧縮にもお使いいただけます。 かさばるコートやセーター、ダウンジャケットも布団と一緒にコンパクトに収納しましょう。 外形寸法• 毛布・タオルケット用 2枚 幅70cm 奥行100cm• シングル布団用 4枚 幅90cm 奥行110cm• ダブル布団用 2枚 幅90cm 奥行130cm• この圧縮袋の最大の特徴は、超薄型のバルブ。 また、掃除機で空気を吸った後バルブの蓋部分をワンプッシュ押し込むだけで空気の逆流を防ぐことができます。 簡単な手順で圧縮することができ、さらに安心の1年保証つきなので、初めて圧縮袋を使う人におすすめです。 外形寸法 幅120cm 奥行92cm 出典: 圧縮袋と収納ケースが一体化した石崎資材の圧縮ボックスです。 ケースに入れることで中身が見えず、押し入れの見た目もすっきりと片付きます。 圧縮袋とケースはファスナーで取り外しできるようになっており、別々に使うこともできます。 たっぷり入る圧縮袋は、シングルサイズの掛け布団2枚、毛布2枚、枕2つをまとめて入れられる大容量。 複数の圧縮袋をまとめて移動するのが楽だったり、圧縮袋に空気が入ってきてもケースの大きさ以上に膨らまない点が好評です。 外形寸法 幅74cm 奥行56cm 高さ22cm 出典: 掃除機を使わずに圧縮できる圧縮袋です。 脱気用の大きめな弁が2箇所に付いているため、空気がスムーズに抜けるようになっており女性でも簡単に圧縮することができます。 また、外から空気が入らない特殊構造のチャック弁を採用。 フィルム同士がくっついて空気の侵入を防ぎ、さらにチャックを閉めることでしっかりと密閉することができます。 一人暮らしで掃除機を持っていない人や、掃除機を出すのが面倒な人におすすめです。 外形寸法 幅90cm 奥行110cm 出典: 専用の電動ポンプと圧縮袋2枚のお得なセットです。 全長15. 5cmのコンパクトな専用ポンプは、重さも630gと軽量で場所を取らず扱いやすいのがポイント。 片手で操作できるので圧縮しているときに布団の形を整えやすく、掃除機を使用したときよりも綺麗に圧縮することができます。 また、このポンプは他のバルブ式圧縮袋にも対応しているので、現在お持ちの圧縮袋が「超薄型バルブ」「フラットバルブ」「簡単吸出バルブ」のタイプであれば使うことができます。 防ダニシートも付いたお得なセットをぜひチェックしてください。 外形寸法• 圧縮袋 幅90cm 奥行120cm• ポンプ 幅11. 5cm 全高15. 5cm 取っ手を含む 出典: こちらは圧縮袋ではなく、コンパクトに収納できる布団収納袋です。 圧縮しないので布団を痛める心配がなく、羽毛布団もコンパクトに収納することができます。 使い方は簡単で、布団を丸めて紐で縛り、ケースに入れるだけ。 積み重ねて収納すると下のものが取りづらくなってしまうものですが、このケースは立てて収納することができるので取り出しやすく、持ち運びも簡単。 重い布団の出し入れは大変ですが、この収納袋なら隙間に立てて収納することができるので、持ちやすく力が入りやすいので、女性やご年配の方でもおすすめです。 外形寸法 直径45cm 高さ70cm いかがでしたか? 圧縮袋はとても便利ですが、間違った使い方をすると中に入れた布団が傷んでしまいます。 布団を長く使えるように、この記事の注意点を参考にして正しく圧縮してください。 また、羽毛布団対応のものやケースとセットになっているものなど、圧縮袋のタイプはさまざまです。 家庭の布団の種類や収納スペースに合わせて商品を選びましょう。 キーワード• 閲覧履歴• 関連記事• 人気の記事• 話題のキーワード•

次の