人 喰い グマ。 ヒグマによる獣害事件まとめ。人食い熊の怖さ実感【国内外】

「小学校庭で侵入グマ射殺」で批判殺到も、全て「県外の第3者」からの反発の声 ぶる速

人 喰い グマ

5ch. gif パーン、パーン。 自然豊かな山間の校庭に銃声が鳴り響いた。 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷の市立栃尾小学校(小谷好廣校長、児童64人)に9月、ツキノワグマが侵入し、駆けつけた猟友会メンバーが警察の指示のもとで射殺したのだ。 当時は授業中で学校側は児童を教室で待機させ、児童や保護者にその都度状況を説明したため、大きな混乱はなかった。 地元ではクマによるけが人も相次いでおり、今回の措置も「児童の安全を考えるとやむを得ない」との受け止め方だ。 ところがネットや報道で騒ぎを知った県外の人から「小学校で射殺とは…」と非難の声が寄せられ、市や学校側は困惑している。 児童らに大きな動揺はなかったものの、今回の一件が報道やネットで伝わったため、学校や市にはクマを射殺したことに対する批判の電話が相次いだ。 「麻酔銃を使う選択肢はなかったのか」「子供の目の前で射殺するなんて」「学校で射殺はいかがなものか」。 こうした声だ。 市の担当者も「ご意見は理解できるが、市民の生命、財産を守るのも行政の責務。 できれば殺したくなかったが、子供に被害が出ることは絶対に避けなければならなかった」と理解を求めた。 市によるとクマに限らず、有害鳥獣の捕殺には、常に数件の批判や苦情が寄せられるという。 担当者は「命に関わることですから、皆さんの気持ちはよく分かる。 たまに感情的な人もいるが、事情を説明すると納得してくれる」という。 しかし、今回は小学校で児童の在校時でのできごととあって、市や小学校への電話やメールなどは計20件を超えた。 ただそれらは保護者や地元の人からではなく、すべてが県外からだった。

次の

なぜヒグマは人を襲うか

人 喰い グマ

のチェリャビンスク州オジョルスクで狩りをしていた(41)さん家の前で骨だけになって発見された。 は、4年前に森の中で野生の子熊一匹を捕まえ、その子熊を犬と一緒に飼い始めた。 はクマに「メン」という名前を付けてのように育てた。 しかし、子熊はどんどん成長し野性味を見せ、たまに主人であるさんを攻撃するようになった。 これに対して周辺の人々は「熊を避難所に送れ」と勧めたがさんは忠告を無視した。 ある日さんは、家族の電話にも出ず、近所の人も全く目撃しないようになった。 の通報を受けた警察は、さんの家に行くとクマの檻の近くに刻まれた血痕と骨だけが残っている遺体を発見した。 一緒に飼っていた犬の2匹も骨だけが残った状態であり、クマは檻から脱出した痕跡が残っていた。 はさんと犬がクマに捕まり捕食されたと見て、血痕の跡をたどって一帯を捜索してクマを見つけた。 警察は現場で銃で熊を射殺した。 警察は「檻は開いていて、クマが逃げた経路にも男性の物と思われる血と骨を発見した。 発見したクマは攻撃しようとした」と説明した。 また「住民の安全のためにクマを射殺した。 これ以上の住民に脅威にならない」と述べた。 一度人間の味を知ってしまったクマはその味を求めて人を襲ってしまうために即射殺しないといけないという。 しかもさんが飼っていたクマはでクマの中でも最も巨大で凶暴なクマ。 北欧やなどに多く生息する。 関連ニュース•

次の

なぜヒグマは人を襲うか

人 喰い グマ

貧困が招いた悪夢だという者も多い、パプアニューギニアでの魔女狩り。 あまりの事件の多さに、2009年頃からメディアでも度々取り上げられるようになった。 問題を重く捉えた当局によって2013年には「魔術」を理由にした殺人の加害者にも「死刑」が適用されることに。 しかし、2014年になった今でも悲劇がなくなったわけではなく、今年に入ってからも度々事件が報じられている。 今回は、その中でも特に異質で悲劇的だった2012年の事件を紹介しよう。 2012年7月、パプアニューギニアのジャングル奥地で7人の魔術師が惨殺されるという事件が起きた。 地元警察によれば「人喰いカルト集団」によって身体の一部をむさぼり喰われていたという。 また、7人のうち4人の遺体の残骸は未だ回収されておらず、「恐らく、彼らが全部食べつくしてしまったのだろう」と推測されており、魔術師の脳を生のまま食べ、性器はスープにして消化したと伝えられている。 ではなぜこのような事件が起きたのか? それは「人喰いカルト集団」にとって、魔術師の臓器は、超自然的なパワーと、強靭な肉体を得ることができると信じられているからである。 パプアニューギニアの全国紙によると、この加害者29人(内、女性8人、13歳の少年1人を含む)が所属するのは、全体で約1,000人のメンバーがいる人喰いカルト集団であった。 彼らは、パプアニューギニア北東内陸部の村落に住み、メンバーのほとんどが、人肉(ロングピッグ="長い豚"と呼ばれている)を食べたことがあると推定されている。 しかし、警察が「こんな事件は、人生で初めてだ」とAP通信に伝えたように、この人喰い集団の存在は長らく確認されていなかった。 ジャングル奥地での人喰風習は、噂の域を出ていなかったのだ。 ではなぜ、この事件は明るみに出たのだろうか? それは、カルト集団による「悪徳魔術師成敗」の動きが活発化したことに起因する。 地元の政治活動家が「これらのカルト集団は、元々は貧しい村人から金品を搾り取る欲深い魔術師を取り締まるための自警団のようなものだった」と語っているように、本来は村人を守る集団として存在していたのだという。 しかし、次第に特別なパワーの虜となり、魔術師狩りへと変化し、こうした事件を引き起こしたというのだ。 北東沿岸部マダンから内陸に入ったタンギ地区のカルトリーダーはAFPの取材に対して「魔術師に死因の究明や悪霊払いをしてもらうには、現金で1,000キナ(475米ドル)を用意しなければなりません。 そのうえ、豚や米も要求され、魔術師によっては『身体で払え』という輩もいます。 これは我々の伝統的倫理観に反している。 他人の妻や10代の娘に肉体関係を迫るというのは人の道に外れていることでしょう」と糾弾している。 2014年の現在でも、パプアニューギニアではサングマ(魔術)と暴力は深く関わりあい、深刻な事態が続いている。 赤ん坊や子供が亡くなると魔女のせいだと無実の女性をナタで切りつけリンチしたり、ガソリンを浴びせて生きたまま焼き殺すといった事件、または今回のような「悪徳魔術師成敗」による事件は根絶されていない。 このような事件の背景には、住民の無知に加え、社会不安や経済格差、やっかみ、嫉妬や土地を巡る争いなども原因といわれている。 また、告発された人を庇おうものなら、今度はその庇った人や家族が攻撃されるという悪循環も浮かび上がってくる。 国連人権高等弁務官事務所によるパプアニューギニア政府に働きかけによって「魔術法」の廃止とともに死刑制度が復活。 黒魔術を使ったことを理由にした処刑行為が通常の殺人と同様に裁かれることになった。 これ以上被害者が出ないことを望むばかりである。 (文=佐藤ケイ) あわせて読みたい•

次の