メルカリ 手作り マスク。 メルカリやヤフオクで、「ハンドメイドマスク」「手作りマスク」が出品さ...

マスクの転売禁止ってハンドメイドマスクも販売禁止?クリーマやミンネはどうなる

メルカリ 手作り マスク

関連記事• いきなり!ステーキが急ブレーキしている。 出店計画を見直すとともに、44店舗の閉店を決定。 売り上げも大きく落ち込んでいる。 その裏で注目を集めているのが「やっぱりステーキ」という店だ。 名前こそ似ているが、単なる「パクり」で片付けるのは早計か?• 新型コロナウイルスの感染が拡大しており、各企業は柔軟な対策が求められている。 東京ディズニーランド、ディズニーシーではキャラクターと来園者のふれあい方法を一部変更。 エン・ジャパンでは、採用面接をWebに切り替えるなどしている。 マスク禁止で話題になったイオンは……• 日本で活動する企業の報酬状況が発表。 日系企業と外資系企業合わせて679社が参加した。 調査結果では課長職や部長職の平均年収も明らかになった。 日系企業と外資系企業の報酬格差も合わせて発表し、特に役職者以上で顕著な開きがあった。 インフルエンザが流行する季節になった。 その感染力の強さから、り患した場合には自宅で静養することが望まれる。 学校などでは出席停止の措置が義務付けられており、熱が下がったからといってすぐに登校できるようにはならない。 一方、職場では「季節性インフルエンザ」に関する明確な規定がない。 そのため、インフルエンザになっても無理を押して出社する人も少なからず存在する。 また、熱が下がれば「すぐに出社しないと」といった空気も存在する。 なぜ、はた迷惑な「インフル出社」が起こってしまうのか。 楽天市場の送料一部無料化問題が波紋を広げている。 3月18日に開始することを予定しているが、出店者の反発はおさまらない。 強気の三木谷社長だが、説得力には欠けるのが現状だ。 Amazon追従に何よりも必要な「出店者の理解」は得られるのか。

次の

手作りハンドメイドマスクはメルカリに出品していいの?問い合わせた人いる?回答は?

メルカリ 手作り マスク

よくメルカリで手作りマスクを販売してる方を見かけます マスクそのものやマスクカバーなど、 コロナウイルスによってマスク品薄になった今、 様々なものが販売されています。 しかし、私は思います。 そのマスクを発送する場所が東京や大阪だったり…。 手を除菌して作成したとしても、ウイルスは付着していないのでしょうか? そしてその購入者がそのマスクを洗わずに付けたら…と思うと恐怖を感じます。 店頭で販売されているマスクは機械が作っているので安心している面もありますが、どうしても人が作ったものにはそのような指先からのウイルスが付着しているのではないかと抵抗感があります。 作るなという訳ではありません。 否定している訳でもありません。 そのようなメルカリで出品されているマスクは必ずしも綺麗とは言えないのではないかと思ってしまいます。 おっしゃられていることもわからなくはないですが・・・。 しかし、機械生産の海外製マスクも同様ではないでしょうか? 本当にクリーンな状態で作られているかわからないし、マスク自体に ウイルスの付着はないとしても、梱包材などにウイルスが付着している可能性も ありますし。 数多く見る手作りマスクは、布製などが多いので、基本的に洗えるという 商品が多い気がします。 そこを考慮すると購入して即着用するというのは いかがなものかと、私も思います。 私は、市販のウレタンマスクなどを購入しても、開封してすぐつけることはありません。 一つはウレタン臭が気になるってのもありますが、付着云々を考慮すると、即着用は怖いので・・・。 あくまでも購入は自己責任ですし、着用の仕方なんかも個人の考え方ではないでしょうか? 現実、まだ使い捨てマスクの手に入りずらい状況ですし、とにかくマスクが欲しい。 って人には非常にありがたいことだと思います。 どのマスクにも言えますが、それで完全に感染を防げるわけではないので、自己防衛の一つとしては、いいんじゃないでしょうか? 何度もいいますが、それぞれの考え方でいいんじゃないですかね。 気になる方は買わないし、完全に防衛できるわけではない事を理解して購入する方は それでいいし。 おっしゃるように洗わずにつける方がいるのであれば、洗ってからの方がいいですよ。 って事かなぁと思います。

次の

メルカリ、マスクの出品を禁止に 手作りも対象 転売を禁じる政令の閣議決定受け

メルカリ 手作り マスク

関連記事• メルカリがマスクの出品を禁止に。 市販品、手作り品、セット販売の全てを禁じる。 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、政府がマスクの高額転売を禁じる政令を閣議決定したことを踏まえた。 マスクの替え玉出品とみられる商品の質問欄では、価格や数量などの交渉が行われている。 新型コロナウイルス感染症の拡大で品薄状態が続いているマスク。 高額転売を禁止する法律は定まったが、店頭に並ぶマスクはまだ少数だ。 そんなマスクの取り引きが、秘匿性の高いネットワークで構築された「ダークウェブ」で今も続いているようだ。 政府は4月1日、国内の全世帯(約5000万世帯)に布マスク2枚を配布する方針を示した。 なぜ布マスクなのか。 関連リンク•

次の