札幌 新型 コロナ ウイルス。 新型コロナウイルス関連情報/札幌市

新型コロナ:札幌に2棟目の「軽症者ホテル」、医療崩壊阻止へ全力 :日本経済新聞

札幌 新型 コロナ ウイルス

取材に応じたのは、入院が必要な救急患者を受け入れている札幌市中央区にある二次救急医療機関「斗南病院」の奥芝俊一院長です。 奥芝院長は、大型連休後の救急医療体制について「病室が空いたらすぐに新たな患者が入ってくる」と述べて、病床がひっ迫した状態が続き、新規の救急患者を受け入れられなくなるおそれがあることを明らかにしました。 奥芝院長によりますと、救急患者はもともと、けがや体調不良とともに、発熱の症状をともなうケースが多く「熱がある以上は新型コロナウイルスへの感染を疑う必要がある」としています。 このため病院では院内感染対策のため全員を個室に入れていて、その結果、およそ100床ある個室が、ほぼ埋まってしまう状態が続いているというのです。 さらに奥芝院長は、ふだんは救急患者を受け入れている整形外科などの単科の医療機関が、院内感染をおそれて発熱を訴える患者の受け入れを拒否するケースがあることも明らかにし「医療機関の本来の連携がとれていない」としています。 奥芝院長は「なんとか救おうと必死に受け入れているが、札幌市内の救急病院はどこも同じような状況ではないか。 今回、取材に応じた斗南病院は、ことし3月、外来の患者と看護師の2人が新型コロナウイルスに感染し、すべての治療をおよそ1週間にわたって中止した経緯があります。 最初に感染が確認されたのは、けん怠感を訴えて外来を訪れた患者で、感染した看護師は、この患者の車いすを押したり点滴の投与を補助したりするなどしていました。 看護師が患者と接した時間はおよそ1時間で、患者に発熱やせきなどの症状がなかったため、当初は感染を疑わず、手袋などは使用していなかったということです。 このため病院は、その後は、来院者全員を検温し、熱がある人は専用の部屋で隔離して診察するなどの対策を講じているとしています。 ただ、病院の奥芝俊一院長は、防護のための物資が限られるなか、すべての患者の感染を疑い、手袋やガウンなどでの防護を常に徹底するのは現実的ではないとも指摘していて、「全員が感染者だと思って対応していると防護用の物資があっという間になくなってしまう」と述べ、感染のリスクを完全になくすことは難しいと話しています。 札幌市を含む北海道内の救急医療の現状について北海道は「新型コロナウイルスの影響で、特に札幌市内では、救急患者を受け入れられる病院の数が全体として少なくなっていて、斗南病院など、二次救急医療機関の負担が増している」と指摘しています。 その理由について道は、ふだんは救急患者を受け入れている整形外科などの単科の病院や診療所が、院内感染をおそれて、発熱の症状を訴える救急患者の受け入れを拒否するケースがあるとしていて、道は「人員や設備にかぎりがある小規模の医療機関にとって、院内感染のリスクを考えれば、受け入れの拒否は避けることのできない事態だ」としています。 さらに、市立札幌病院や北海道医療センターといった地域の救急医療の中心ともいえる病院などが、新型コロナウイルスの患者の受け入れに集中せざるを得ず、その結果、斗南病院のような二次救急医療機関で救急患者の受け入れの負担が大きくなっているとしています。 道は、新型コロナウイルスの感染拡大の勢いがおさまらないかぎり、この状況を大きく変えることはできないとみていて、道の仲介で、医療機関どうしの話し合いを促進して、受け入れ体制の強化につなげたいとしています。

次の

新型コロナウイルス感染症の市内発生状況等/札幌市

札幌 新型 コロナ ウイルス

取材に応じたのは、入院が必要な救急患者を受け入れている札幌市中央区にある二次救急医療機関「斗南病院」の奥芝俊一院長です。 奥芝院長は、大型連休後の救急医療体制について「病室が空いたらすぐに新たな患者が入ってくる」と述べて、病床がひっ迫した状態が続き、新規の救急患者を受け入れられなくなるおそれがあることを明らかにしました。 奥芝院長によりますと、救急患者はもともと、けがや体調不良とともに、発熱の症状をともなうケースが多く「熱がある以上は新型コロナウイルスへの感染を疑う必要がある」としています。 このため病院では院内感染対策のため全員を個室に入れていて、その結果、およそ100床ある個室が、ほぼ埋まってしまう状態が続いているというのです。 さらに奥芝院長は、ふだんは救急患者を受け入れている整形外科などの単科の医療機関が、院内感染をおそれて発熱を訴える患者の受け入れを拒否するケースがあることも明らかにし「医療機関の本来の連携がとれていない」としています。 奥芝院長は「なんとか救おうと必死に受け入れているが、札幌市内の救急病院はどこも同じような状況ではないか。 今回、取材に応じた斗南病院は、ことし3月、外来の患者と看護師の2人が新型コロナウイルスに感染し、すべての治療をおよそ1週間にわたって中止した経緯があります。 最初に感染が確認されたのは、けん怠感を訴えて外来を訪れた患者で、感染した看護師は、この患者の車いすを押したり点滴の投与を補助したりするなどしていました。 看護師が患者と接した時間はおよそ1時間で、患者に発熱やせきなどの症状がなかったため、当初は感染を疑わず、手袋などは使用していなかったということです。 このため病院は、その後は、来院者全員を検温し、熱がある人は専用の部屋で隔離して診察するなどの対策を講じているとしています。 ただ、病院の奥芝俊一院長は、防護のための物資が限られるなか、すべての患者の感染を疑い、手袋やガウンなどでの防護を常に徹底するのは現実的ではないとも指摘していて、「全員が感染者だと思って対応していると防護用の物資があっという間になくなってしまう」と述べ、感染のリスクを完全になくすことは難しいと話しています。 札幌市を含む北海道内の救急医療の現状について北海道は「新型コロナウイルスの影響で、特に札幌市内では、救急患者を受け入れられる病院の数が全体として少なくなっていて、斗南病院など、二次救急医療機関の負担が増している」と指摘しています。 その理由について道は、ふだんは救急患者を受け入れている整形外科などの単科の病院や診療所が、院内感染をおそれて、発熱の症状を訴える救急患者の受け入れを拒否するケースがあるとしていて、道は「人員や設備にかぎりがある小規模の医療機関にとって、院内感染のリスクを考えれば、受け入れの拒否は避けることのできない事態だ」としています。 さらに、市立札幌病院や北海道医療センターといった地域の救急医療の中心ともいえる病院などが、新型コロナウイルスの患者の受け入れに集中せざるを得ず、その結果、斗南病院のような二次救急医療機関で救急患者の受け入れの負担が大きくなっているとしています。 道は、新型コロナウイルスの感染拡大の勢いがおさまらないかぎり、この状況を大きく変えることはできないとみていて、道の仲介で、医療機関どうしの話し合いを促進して、受け入れ体制の強化につなげたいとしています。

次の

新型コロナウイルス感染症関連情報|一般社団法人 札幌市医師会

札幌 新型 コロナ ウイルス

(新型コロナウイルス感染症対策チーム) ・ 道内の発生状況一覧 報道発表資料 令和2年6月12日発表分 令和2年6月11日発表分 令和2年6月10日発表分 令和2年6月9日発表分 令和2年6月8日発表分 令和2年6月7日発表分 令和2年6月6日発表分 令和2年6月5日発表分 令和2年6月4日発表分 令和2年6月3日発表分 令和2年6月2日発表分 令和2年6月1日発表分 令和2年5月31日発表分 令和2年5月30日発表分 令和2年5月29日発表分 令和2年5月28日発表分 令和2年5月27日発表分 令和2年5月26日発表分 令和2年5月25日発表分 令和2年5月24日発表分 令和2年5月23日発表分 令和2年5月22日発表分 令和2年5月21日発表分 令和2年5月20日発表分 令和2年5月19日発表分 令和2年5月18日発表分 令和2年5月17日発表分 令和2年5月16日発表分 令和2年5月15日発表分 令和2年5月14日発表分 令和2年5月13日発表分 令和2年5月12日発表分 令和2年5月11日発表分 令和2年5月10日発表分 令和2年5月9日発表分 令和2年5月8日発表分 令和2年5月7日発表分 令和2年5月6日発表分 令和2年5月5日発表分 令和2年5月4日発表分 令和2年5月3日発表分 令和2年5月2日発表分 令和2年5月1日発表分 令和2年4月30日発表分 令和2年4月29日発表分 令和2年4月28日発表分 令和2年4月27日発表分 令和2年4月26日発表分 令和2年4月25日発表分 令和2年4月24日発表分 令和2年4月23日発表分 令和2年4月22日発表分 令和2年4月21日発表分 令和2年4月20日発表分 令和2年4月19日発表分 令和2年4月18日発表分 令和2年4月17日発表分 令和2年4月16日発表分 令和2年4月15日発表分 令和2年4月14日発表分 令和2年4月13日発表分 令和2年4月12日発表分 令和2年4月11日発表分 令和2年4月10日発表分 令和2年4月9日発表分 令和2年4月8日発表分 令和2年4月7日発表分 令和2年4月6日発表分 15時00分現在、道内において新たな陽性患者は確認されておりません。 令和2年4月5日発表分 令和2年4月4日発表分 令和2年4月3日発表分 令和2年4月2日発表分 令和2年4月1日発表分 令和2年3月31日発表分 15時45分現在、道内において新たな陽性患者は確認されておりません。 令和2年3月30日発表分 令和2年3月29日発表分 令和2年3月28日発表分 令和2年3月27日発表分 令和2年3月26日発表分 令和2年3月25日発表分 令和2年3月24日発表分 令和2年3月23日発表分 15時00分現在、道内において新たな陽性患者は確認されておりません。 令和2年3月22日発表分 令和2年3月21日発表分 令和2年3月20日発表分 令和2年3月19日発表分 令和2年3月18日発表分 令和2年3月17日発表分 15時20分現在、道で行った検査において新たな陽性患者は確認されておりません。 行動歴及び濃厚接触者については現在調査中。 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- (1)年代:10代 (2)性別:男性 (3)国籍:日本 (4)居住地:上川総合振興局(中富良野町) (5)職業:小学生(中富良野小学校) (6)症状、経過: 2月18日 発熱(37. 行動歴及び濃厚接触者については現在調査中。 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 年代:40代 (2)性別:女性 (3)国籍:日本 (4)居住地:石狩振興局管内(千歳市) (5)職業:検疫官(小樽検疫所千歳空港検疫所支所) (6)症状、経過: 2月16日 微熱(37. (7)行動歴・滞在歴: 本人からの申告によれば、海外渡航歴は無し。 行動歴及び濃厚接触者については現在調査中。 (1)年代:40代 (2)性別:男性 (3)国籍:日本 (4)居住地:札幌市内 (5)職業:会社員 (6)症状、経過: 2月15日 悪寒、発汗、倦怠感、筋肉痛、関節痛が出現。 2月18日 発熱、筋肉痛、咳、痰が出現 2月19日 札幌市内の医療機関Cを受診。 すぐに帰宅し自宅待機を指示 医療機関Cからの連絡により保健所が患者情報を探知 札幌市保健所の指示で、市立札幌病院を受診させ、検体を採取。 引き続き、自宅待機を指示。 札幌市衛生研究所において、新型コロナウイルスの検査を実施したところ、 23時ごろに陽性と判明。 2月20日 感染症指定医療機関(市立札幌病院)に入院 (7)行動歴・滞在歴: 2月1日から2月12日までの期間、No. 3の男性(2月18日感染判明)とともに、雪まつり大通西2丁目の 事務所スペースで事務作業に従事。 海外渡航歴なし。 濃厚接触者は現在調査中(2月20日現在)。 和2年2月19日発表分 (2月20日更新) (1)年代:60代 (2)性別:男性 (3)国籍:日本 (4)居住地:渡島総合振興局管内(七飯町) (5)職業:七飯町議会議員 (6)症状、経過: 2月 3日 微熱、咽頭痛。 2月 7日 渡島総合振興局管内の医療機関Aを受診。 2月13日 医療機関Aを再診。 2月14日 同管内の感染症指定医療機関を紹介受診。 2月18日 同管内の感染症指定医療機関に入院。 2月19日 道立衛生研究所において、新型コロナウイルスの検査を実施したところ、陽性と判明。 (7)行動歴・滞在歴: 本人からの申告によれば、海外渡航歴は無し。 濃厚接触者48名について保健所が健康観察を行う。 【発症後の行動】 2月10日 七飯町議会の特別委員会に出席 2月17日 函館湾流域下水道事務組合議会に出席 引き続き調査中。 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- (2)性別:男性 (3)国籍:日本 (4)居住地:札幌市内(単身赴任者) (5)職業:会社員 (6)症状、経過: 2月 8日 倦怠感、筋肉痛、関節痛が出現 2月12日 発熱、咳が出現 2月13日 札幌市内の医療機関A、調剤薬局Bを利用、感冒薬の服薬を開始 2月15日 医療機関Aを受診、インフルエンザ検査陰性、胸部レントゲンで異常なし、調剤薬局Bを利用 2月17日 医療機関Aを受診、胸部CT上で両側肺炎像を認めた 同日夕刻に医療機関Aから保健所に相談、医療機関Aにおいて検体を採取し、自宅待機の指示 2月18日 札幌市衛生研究所において、新型コロナウイルスの検査を実施したところ、陽性と判明 2月19日 感染症指定医療機関(市立札幌病院)に入院 (7)行動歴・滞在歴: 2月1日から2月12日までの期間、No. 5の男性(2月19日感染判明)とともに、雪まつり大通西2丁目の 事務所スペースで事務作業に従事(2月20日現在)。 海外渡航歴なし。 行動歴及び濃厚接触者は現在調査中(2月19日現在)。 和2年2月14日発表分 (1)年代:50代 (2)性別:男性 (3)国籍:日本 (4)居住地:札幌市内 (5)職業:自営業 (6)症状、経過: 1月31日 発熱、咳、倦怠感が出現。 2月 3日 石狩振興局管内の医療機関Aを受診。 2月 4日 医療機関Aを再受診し、レントゲン上で肺炎像を認めた。 同管内の医療機関Bを紹介受診し、抗菌薬治療を開始。 2月11日 症状改善しないため、同管内の医療機関Cに入院。 胸部CT上で両側に肺炎像を認めた。 2月12日 呼吸状態改善せず、ICUにおいて人工呼吸器管理となる。 2月14日 札幌市衛生研究所において、新型コロナウイルスの検査を実施したところ、陽性と判明。 2月15日 感染症指定医療機関(市立札幌病院)に入院。 2月17日現在 人工呼吸器管理継続中。 (7)行動歴・滞在歴: 海外渡航歴なし。 濃厚接触者は、現時点で家族、同僚等43名を特定し、健康観察実施中。 令和2年1月28日発表分 (1)年代:40代 (2)性別: 女性 (3)居住地: 中華人民共和国(湖北省武漢市) (4)症状、経過: 1月21日に来日し、22日より北海道を観光。 1月26日 体調不良のため外出せず。 夜間に咳、発熱あり。 1月27日 道内の医療機関を受診、入院。 胸部レントゲン検査にて肺炎像。 1月28日 熱は残っているが、容態は安定している。 (5)行動歴・滞在歴: 1月21日、2名で来日し東京都内の知人宅に宿泊。 1月22日、3名で東京から北海道に移動して観光。 1月26日は体調不良のため外出せず。 ・なお、日本に来てからはマスク着用。 ・武漢市の華南海鮮城(海鮮市場)の訪問は無い。

次の